平成29年って西暦何年。 何年生まれはいま何歳がわかる年齢早見表

【みんなの知識 ちょっと便利帳】明治何年? 大正何年? 昭和何年? 平成何年? 令和何年?

平成29年って西暦何年

年度と何年分、事業年度の違い 学校や公官庁、あるいは大手企業などでは、1年の区切りを「4月1日から翌年3月31日」に設定しているケースが多いです。 この1年間の区切りは「 年度」と呼ばれています。 一方、単に 何年分といった場合は「平成何年の1月1日~12月31日」、あるいは「西暦何年の1月1日~12月31日」のことを意味しています。 年度の「度」の1文字があるかないかによって意味が違ってくるので注意しましょう。 ・平成28年分(平成28年1月1日~平成28年12月31日まで) ・平成28年度分(平成28年4月1日~平成29年3月31日まで) 例えば、学校行事の卒業式で年度が使われる場合、その年度の卒業式は翌年3月の式のことを指しています。 (平成28年卒) この年度には学校年度や会計年度、事業年度などの種類があり、一般的には4月から翌3月までが1年の区切りとされています。 課税期間や納付期間の「何年分」と「年度」の違い 個人事業の場合は 事業年度を自由には決められず、「1月1日~12月31日」までと決まっているため、課税対象となる期間は「何年の1月1日~12月31日」までとなります。 けれども、 納付期間については役所の会計年度である「4月1日~翌年3月31日」までが使用されるため、「何年分」や「何年度分」によって意味が違ってきます。 国の財政法第11条には以下のように記述されており、また、自治体についても会計年度は「4月1日~翌年3月31日」で変わりありません。 財政法 「第十一条 国の会計年度は、毎年四月一日に始まり、翌年三月三十一日に終るものとする。 」 地方自治法 「第二百八条 普通地方公共団体の会計年度は、毎年四月一日に始まり、翌年三月三十一日に終わるものとする。 例えば、「平成27年分の所得税を平成28年3月の確定申告で申告する。 」といった場合、平成27年1月1日~平成27年12月31日の所得に対する所得税を、翌年の平成28年3月の確定申告で申告するという意味になります。 所得税と同様、住民税についても課税対象となる期間は「1月1日~12月31日」までで変わりはありません。 けれども、住民税の普通徴収の場合、その年の4月から翌年3月までの役所の年度期間中に、第1期~第4期などの分割で払うことになります。 第1期は6月頃になりますが、翌年1月の第4期にかけて原則4回払いで納付することになります。 そのため、仮に平成27年の1月に大きな所得が発生したとすると、翌々年の平成29年1月まで関係してくるので注意しましょう。 住民税の場合は4回の分割払いですが、は7月~翌年3月までの10回に分割して支払うことになります。 こちらは毎月払いですので、4月~翌年3月の12回払いになります。 個人事業と法人の事業年度の違い 上記のように、個人事業の事業年度は「1月1日~12月31日」までとなっていますが、の場合は「4月1日~翌年3月31日」となっている会社が多いです。 けれども、法人は自由に事業年度を決めることができるため、必ずしも1年間の区切りが4月~翌3月末に設定されているわけではありません。 中小企業によっては税理士が忙しくなる3月末の時期を避け、事業年度の開始時期を8月や9月に設定し、対応してもらいやすい時期を決算期にしている会社もあります。 法人の3月決算や7月決算のように自由に決めることはできません。 また、一般的には年度ではなく「 何年分」の確定申告といった言い方をします。 例えば、平成27年分の青色決算といった場合、平成27年1月1日~平成27年12月31日の期間に対する決算になります。 あえて年度でいいますと、事業年度は1月1日~12月31日までの扱いなので平成27年度ということになります。 一般的な大企業は、公官庁や学校の年度と同じ4月1日~翌年3月31日のケースが多いですが、なかには9月1日~翌年8月31日などの会社もあります。 このの場合は「年度」が使われるケースもありますが、会社によってそれぞれ決算期が異なっていて紛らわしいため、通常は「 何年何月期決算」などという言い方がされています。 例えば、平成28年3月31日が決算日の場合は以下のようになります。 平成28年3月期決算(平成27年4月1日~平成28年3月31日) これは平成27年度決算と同じ意味です。 上場企業の場合、ホームページ上で決算公告がされていることが多いので、機会があれば確認してみるとよいでしょう。

次の

何年生まれはいま何歳がわかる年齢早見表

平成29年って西暦何年

このことから西暦の下二桁から25を引くと昭和何年かを求めることができます。 このことから西暦の下2桁に75を足すと昭和何年かを求めることができます。 1980年の場合 80+75=155 昭和55年• 昭和の63年分を平成に足すことで昭和何年にあたるのかを求められます。 1989年・平成元年:昭和64年• 1990年・平成2年:昭和65年• 1991年・平成3年:昭和66年• 1992年・平成4年:昭和67年• 1993年・平成5年:昭和68年• 1994年・平成6年:昭和69年• 1995年・平成7年:昭和70年• 1996年・平成8年:昭和71年• 1997年・平成9年:昭和72年• 1998年・平成10年:昭和73年• 1999年・平成11年:昭和74年• 2000年・平成12年:昭和75年• 2001年・平成13年:昭和76年• 2002年・平成14年:昭和77年• 2003年・平成15年:昭和78年• 2004年・平成16年:昭和79年• 2005年・平成17年:昭和80年• 2006年・平成18年:昭和81年• 2007年・平成19年:昭和82年• 2008年・平成20年:昭和83年• 2009年・平成21年:昭和84年• 2010年・平成22年:昭和85年• 2011年・平成23年:昭和86年• 2012年・平成24年:昭和87年• 2013年・平成25年:昭和88年• 2014年・平成26年:昭和89年• 2015年・平成27年:昭和90年• 2016年・平成28年:昭和91年• 2017年・平成29年:昭和92年• 2018年・平成30年:昭和93年• 2019年・平成31年:昭和94年• 2020年・平成32年:昭和95年• 2021年・平成33年:昭和96年• 2022年・平成34年:昭和97年• 2023年・平成35年:昭和98年• 2024年・平成36年:昭和99年• 2025年・平成37年:昭和100年 古銭や記念硬貨が高く売れるかも!?•

次の

それって昭和だと何年?簡単な計算方法と西暦・平成・昭和早見表 / icoro

平成29年って西暦何年

このことから西暦の下二桁から25を引くと昭和何年かを求めることができます。 このことから西暦の下2桁に75を足すと昭和何年かを求めることができます。 1980年の場合 80+75=155 昭和55年• 昭和の63年分を平成に足すことで昭和何年にあたるのかを求められます。 1989年・平成元年:昭和64年• 1990年・平成2年:昭和65年• 1991年・平成3年:昭和66年• 1992年・平成4年:昭和67年• 1993年・平成5年:昭和68年• 1994年・平成6年:昭和69年• 1995年・平成7年:昭和70年• 1996年・平成8年:昭和71年• 1997年・平成9年:昭和72年• 1998年・平成10年:昭和73年• 1999年・平成11年:昭和74年• 2000年・平成12年:昭和75年• 2001年・平成13年:昭和76年• 2002年・平成14年:昭和77年• 2003年・平成15年:昭和78年• 2004年・平成16年:昭和79年• 2005年・平成17年:昭和80年• 2006年・平成18年:昭和81年• 2007年・平成19年:昭和82年• 2008年・平成20年:昭和83年• 2009年・平成21年:昭和84年• 2010年・平成22年:昭和85年• 2011年・平成23年:昭和86年• 2012年・平成24年:昭和87年• 2013年・平成25年:昭和88年• 2014年・平成26年:昭和89年• 2015年・平成27年:昭和90年• 2016年・平成28年:昭和91年• 2017年・平成29年:昭和92年• 2018年・平成30年:昭和93年• 2019年・平成31年:昭和94年• 2020年・平成32年:昭和95年• 2021年・平成33年:昭和96年• 2022年・平成34年:昭和97年• 2023年・平成35年:昭和98年• 2024年・平成36年:昭和99年• 2025年・平成37年:昭和100年 古銭や記念硬貨が高く売れるかも!?•

次の