かっぱ 寿司 食べ ホー。 かっぱ寿司の食べ放題「食べホー」攻略。実食した感想!コース別の値段・メニュー・予約の注意点まとめ

かっぱ寿司で60分食べ放題に挑戦してわかった攻略法と注意すべきこと

かっぱ 寿司 食べ ホー

もくじ• かっぱ寿司食べ放題「食べホー」の概要 かっぱ寿司食べ放題「食べホー」の概要、メニューや値段を紹介します。 まず簡単に言うと、かっぱ寿司の食べ放題コースは3種類。 食べられるメニューの種類が多くなると値段は高くなります。 ただ、どのコースも共通して言えるのは• 制限時間は60分 30分500円で延長可• 平日のランチ、ディナータイムのみ実施• 前日の21時までに予約が必要• ドリンクバー付き また、 どの店舗でも食べ放題が行われているわけではなく、レギュラーコースのみの店舗もあります。 行きたい店舗で食べ放題が実施されているかは、かっぱ寿司の公式サイトから確認しましょう。 唐揚げやフライドポテト、麺類、デザートなどレギュラーメニューでも充分楽しめます。 我が家もレギュラーコースを選びましたよ。 ドリンクバー付きです。 出典: プレミアムコースの値段・料金 プレミアムコースはレギュラーコース、スペシャルコースのメニュー+大トロ、牛タン炙り、上煮穴子炙りなど厳選メニューが食べ放題。 また、本日限定のおすすめメニューを1人1皿ずつ選べます。 本日限定のおすすめメニューはその日によって違うので店舗で確認して下さいね。 ドリンクバー付きです。 出典: スポンサーリンク かっぱ寿司の食べ放題に行ってみた口コミ かっぱ寿司の食べ放題「食べホー」のレギュラーコースに家族4人で挑戦! はたして元は取れたのか…! 時間は60分、注文は1回4皿まで かっぱ寿司に着いて、店員さんから食べ放題の説明を受けます。 時間は60分、食べ残しはしないようになど特に問題なし。 席自体は時間が過ぎても多少ならゆっくりして良いそう。 注文はタッチパネルで対象の食べ放題メニューだけ注文できるようになっています。 間違って注文しなくていいし、わかりやすい。 もし食べ放題メニュー以外を注文したいのであれば、追加料金はかかりますが店員呼出ボタンで注文できますよ。 1回に注文できるのは4皿だけ。 ただ、注文確定後にすぐもう一度注文できるので気にしなくて大丈夫です。 スポンサーリンク 1歳の子供でも食べられるメニューがある さっそくいただきまーす! 子供たち用にポテトや唐揚げ。 1歳の子供でも巻き寿司や揚げ物、うどん、玉子焼きなど結構食べられるメニューがあって嬉しい。 お腹が空いていたので、あっという間になくなる。 美味しい。 食べ放題のお寿司は美味しい 第2段。 まだまだ余裕。 食べ放題って言われると心置きなく食べられる。 生たこって他の回転寿司であんまり見たことないかも。 ちょっとお寿司に飽きてきたかも… さらにお寿司や餃子、色々食べてデザートのアイスクリームで休憩。

次の

かっぱ寿司レギュラーコース食べ放題を1人で満喫|投資で生きていく道

かっぱ 寿司 食べ ホー

しかし、こんなことで驚いていてはいけないのかもしれません。 な、なんと、 お寿司食べ放題が存在しました! 今回は全国でも有名なチェーン店である かっぱ寿司の食べ放題 通称:食べホー を家族3人 私、嫁、息子 で堪能してきました! 控えめに言っても最高!! それでは食べ放題 食べホー の詳細と様子をお届けします。 かっぱ寿司の食べ放題 食べホー の概要 まずは予約必須です。 突然お店を訪問しても門前払いとなってしまうので、予約が出来るお店のHpか公式アプリをチェックしておきましょう。 予約は予約希望日の前日21時までの受付となっているので注意が必要です。 さて、食べ放題の仕組みですが時間制限があります。 時間は 60分食べ放題となっており、60分以上食べたいときは30分につき500円払えば可能です。 食べ放題のマナーではありますが、残すとその分別の支払いが発生してしまうので食べれる分だけ取るようにしましょう! かっぱ寿司の食べ放題 食べホー は3種類ある 一言に食べ放題と言っても、かっぱ寿司の食べ放題には3つのコースがあります。 全コースの値段とメニューを確認してみましょう。 レギュラーコース 一番リーズナブルなコースです。 レギュラーコースにはない商品 この中にどうしても譲れない・食べたい商品があるという方はレギュラーコースではなくスペシャルコースをおススメします。 個人的にはここまでしなくても良いかな??と言った印象です。 かっぱ寿司食べ放題 食べホー での戦績 なんだかんだで60分間食べ尽くしました! 終了10分前に店員さんが声をかけてくれるということでしたが、全く声掛けがありませんでした…。 気付かずに自動で延長料金発生!ということにはならないと思いますが、時間は自分たちでもチェックしておいたほうが安心です。 ただし、注意点があります。 おそらく、元を取ったか取っていないかで言うと、嫁さんは元を取っていません 笑 息子が食べた分と合わせてようやく元を取ったかな?という感じです。 食欲旺盛な男性であれば問題ないと思われますが、女性の値段が男性よりも一段階安くなっているとはいえ、女性陣は元を取るのはなかなか難しいのかもしれません。 しかし、未就学児がいるご家庭では気にしなくてOKです! 実際我が家でも息子君が貢献してくれたおかげで元を取れたと言っても過言ではありません。 未就学児のお子さんをお持ちの皆さん! 小学生になる前に、お得に一度体験してみてはいかがですか?? …最後に余談ですが、今回お邪魔した店舗ではレギュラーコースのみの提供だったようです。

次の

かっぱ寿司食べ放題※食べホーの予約方法・コースと料金・攻略法まとめ

かっぱ 寿司 食べ ホー

時間は60分間。 延長は10分500円。 タッチパネルは食べ放題専用の画面になります。 食べ放題の対象は、にぎり、軍艦はもちろん、一部のデザートやサイドメニューも含まれます。 回転レーンに流れているのは全部対象。 残した分は実費負担。 時間に注意しよう。 延長は追加料金 制限時間の60分は、店員さんによる開始の合図から始まり、タッチパネルから「会計ボタン」を押すまでの時間です。 60分をすぎると、以降は10分オーバーごとに500円の延長料金が取られるので注意しましょう。 終了10分前に確認がくるとのことでしたが、私の場合はきませんでした。 うっかりして時間を超過しないように把握しておきましょう。 500円とられるとお得感がだいぶ薄れます。 回転レーンにはフェア限定のネタあり タッチパネルでの注文以外で、回転レーンの寿司も全部食べ放題の対象なんですが、ここにはタッチパネルに載っていない限定ネタも回っています。 これを狙ってみるのもいいと思います。 ただ、食べ放題時間が昼の閑散期だったりすると、レーンに流れる寿司自体が少ないので、なかなか狙いづらくもあります。 ドリンクバーはお茶がおすすめ この食べ放題にはドリンクバーも含まれています。 ドリンクバーは、ファミレスにもあるようなラインナップで、コーラやメロンソーダなどがあります。 甘い炭酸系を飲むと、満腹度があがりやすくなってしまうので、多く食べたいという人はお茶系がおすすめです。 脂ののったネタを食べたら、お茶で流しましょう。 テーブル備え付けの熱いお茶もいつも通り飲めます。 熱いお茶は予備を複数作っておくと、食べてる間に冷めて飲みやすくなりますよ。 元を取るには何皿食べればいい?(原価で計算) 食べ放題の永遠のテーマ「どれくらい食べれば元を取れるか?」について。 かっぱ寿司は一皿100円なので、計算しやすいと思います。 値段分以上食べれば元を取ったことになります。 男性1700円なので17皿以上。 では原価で計算した場合はどうでしょうか? 回転すしの原価は50%といいます。 すると、皿一枚あたりは50円です。 つまり、かっぱ寿司の食べ放題では、「料金の2倍の皿食べたら元が取れる」ということになります。 男性だと1700円なので、 100円の寿司だけで34皿がラインといえます。 食べ放題系のお店にしては、現実的に達成可能なラインではないでしょうか。 食べ放題に行った感想レビュー さて、ここからは実際に行った際のレポートです。 入店後、店員に食べ放題ルールの説明を受け、開戦です。 タッチパネルを使い、連続でバンバン注文をしていきます。 減塩醤油とワサビを小皿にセットし、少し待ちます。 特急レーンで続々と第一陣が到着。 まぐろ、サーモン、はまち、タコ! まずはいつもの鉄板ネタから攻めます。 口にどんどん放り込みつつ、なくなる前に追加注文をします。 第二陣、いつもは食べないだろうネタをお試し。 サラダロール、貝、そしてなす。 なすは…うん、もうこれ頼まない。 さあさ、じゃんじゃん持ってきて! 開始20分で10皿を突破しました。 食べ放題の対象には、サイドメニューも結構多いです。 赤だしの貝味噌汁と、茶わん蒸しを追加注文しました。 今回は頼みませんでしたが、ラーメンメニューも食べ放題対象なのは驚きましたね。 単体だと300円以上のネタですよ。 カルビ、まぐろやまかけ、厚焼き玉子。 カルビうまいです。 ドリンクバーでウーロン茶を補給。 30分で20皿突破しました。 食べ放題の価格が1700円なので、もう最低ラインは超えましたね。 えび天、海鮮ユッケ、唐揚げ。 えび天は100円のわりにボリュームがあり、いつもは嬉しいんですが、さすがにこの局面ではキツかった。 ボディブローをかましてきます。 ぐはっ。 唐揚げにスタミナを奪われます。 唐揚げは一人で食べるにはボリュームありすぎでしたね。 満腹度をかなり消費するので、玄人向けです。 唐揚げのダメージが大きく、しばしレーンを眺めて放心しました。 昼だったんで、レーンは流れがさみしいです。 最後にデザートです。 いちご杏仁と、カスタードプリン。 プリンの甘みがすごくおいしかった。 カラメルの甘さがたまりません。 杏仁も優しい味でおすすめですね。 ここでタイムアップ。 会計ボタンを押し、店員さんを呼びます。 結果は、 23皿+唐揚げ1+お椀2つ+デザート2つでした。 唐揚げがきつかった。 これがなければもっといけたかもしれません。 終わってみると、寿司の味をほとんど覚えていませんでした。 60分間必死に詰め込むと、余裕がなくなりますね。 しかし、お腹的には大満足でした。 私はもうやらないと思いますが、大食いマンは挑戦してみてはいかがでしょうか。 食後は体を動かそう ちなみに、米は糖質がすごいので、食後は血糖値が一気にあがり、眠くなることうけあいです。 なので食後はストレッチや軽い運動をするのがおすすめです。

次の