マットレス 直 置き。 必ず抑えておきたい、マットレスの湿気対策

フローリングにマットレスの直置き厳禁。正しい対策でカビ無しに

マットレス 直 置き

マットレスを直置きする時の注意点とメリット・デメリット マットレス直置きのメリット• ベットで寝るのが苦手な方でも気持ちよく寝る事が出来る• ベットを買う必要が無い• 引っ越し時に手間が掛からない• お部屋をシンプルに使うことが出来る ベットで寝るのが苦手な方でも気持ちよく寝る事ができる 幼い頃から和室で布団を敷いて寝ていた週間があれば、ベットで寝ると浮いている感じがして安心して熟睡できない場合があります 幼い頃から寝るときは布団を敷いて寝ていた方の場合は断然マットレスも 直置きで寝た方が余計なストレスも無く熟睡できること間違い無しです ベット不要でお金も掛からない ベットを購入するとなるともちろんベットを購入するお金も必要になります マットレスを購入するだけでも決して安いとは言えないお金が必要になる上にベットも購入するのであれば、さらにお金が必要になります 少ないお金で睡眠の質を向上させるのであればベットの資金をマットレスに充ててより自分に合ったマットレスを購入した方がいいのでは? 引っ越し時も手間が省けます マットレス直置きであれば引っ越しも簡単ですマットレスを運ぶだけです マットレスは丸めて持ち運ぶことも出来ますが、ベットの場合は購入時は梱包された状態で自宅に届き、自宅内で組み立てますが、 引っ越しをする場合は組み立てたベットをバラさないといけません このバラして移動して再度組み立てるのが大変ですよね、購入時に梱包されていた専用工具なども何処に置いているのか忘れたなど非常に手間が掛かるので、引っ越しが多い方はマットレスの直置きが断然楽です マットレスの直置きでお部屋をシンプルに 特に、ワンルームに住んでいる方は、マットレスの直置きする事で部屋をシンプルに使うことが出来ますし、必要な場合は布団を片づけてマットレスを丸めて収納することで狭い部屋も広く使うことが出来ます ベットを置いてしまうとベットはバラすことも出来ないので 居住スペースが狭くなり圧迫感が出てしまいます マットレス直置きのデメリット• ハウスダウトを吸いやすくなる• マットレスの耐久性が低くなる• マットレスの底にカビが繁殖する ハウスダストを吸いやすくダニ対策も必要 マットレスを直置きで寝る場合や床に布団を敷いて寝る場合は寝る箇所が 床に近いのでハウスダストを吸いやすい状態になります 床はどんなに綺麗にしていても埃や塵が溜まります マットレスで厚みのあるマットレスなら軽減されますが、床に近い位置で寝ると言うことはハウスダスを睡眠時に吸う危険も多くなると言うことです さらに、ハウスダストが多い場所で寝ると言うことは ハウスダストが好物のダニが繁殖しやすいと言うことでもあります ダニが繁殖し、マットレスにダニの糞や死骸などがマットレスに増えると呼吸系の疾患のリスクも高まります ですが、ダニに対しては布団乾燥機や天日干しなどのメンテナンスをしっかりとする事でリスクを軽減する事が出来ます マットレスの耐久力が低くなる マットレスは直置きすることによって耐久力がやマットレスの寿命が短くなります ウレタンで出来ているマットレスは熱と水分が大敵なので就寝時の身体の熱や湿気をマットレスから逃がしてあげないとマットレスがへたれてしまいますし、反発力や弾力が無くなって凹んでしまったまま戻らなくなることもあります コイル式のマットレスは直置きに使用する事で 水分や湿気がマットレスに溜まりコイル部分が錆びたり折れたりする可能性もあります マットレスの底にカビが繁殖する マットレスを直置きで使用するにあたっての 最大のデメリットがカビが繁殖しやすい事です 直置きして使用する床がフローリングの場合はマットレスの上の部分は人が寝ているので温かく、下の部分はフローリングと接しているので冷たい状態が毎晩続きます そうすると、マットレスの上部と下部の温度差ができ、マットレスと床の接地部分に結露が出来てしまいます 結露と身体の汗でマットレスと床の接地部分は湿ってしまい高温多湿を好むカビやダニの温床になってしまいます 結露の他にも私たちは睡眠時に汗をかきます どれ位の汗をかくのかと言うと、200㎖程度の汗を寝ている間にかくのです この睡眠時にかいた汗は布団やマットレスに吸収されどうなるのでしょうか? マットレスにトッパーやパットなどで汗に対する対策がされていない場合はマットレスが直接汗を吸ってその湿気は身体に押されてマットレスの下に滞留します 直置きしている床が畳などの場合はその湿気を畳が吸ってくれますが、 フローリングの場合は湿気を吸うことが無いので湿気が溜まりマットレスと床部分にカビが繁殖してしまいます 畳とフローリングの直置きする際の違い 先ほどのマットレスを直置きするデメリットで、マットレスとフローリングに結露ができカビが繁殖する事を紹介しましたが、直置きする場所が畳の場合はフローリングとは違うのか紹介します 部屋が和室の場合は畳に保温性と吸湿性があり、フローリングのような結露の心配はありませんが、 畳は植物の繊維で出来ているのでダニの住処になりやすいのでダニ対策は必要になります マットレスを直置きする為の対策まとめ• マットレスの下にすのこを敷いて通気性を向上する• 除湿シートやパットを使用する• マットレスの下にアルミシートを敷く• 通気性に優れたマットレスを購入する• 毎日マットレスを壁に立てかける等の換気を行なう マットレスの下にすのこを敷いて通気性を向上させる マットレスの下にすのこを敷く事でフローリングとマットレスの間に隙間が出来て通気性が向上しますが、すのこは高さが低いために十分の換気とは言えませんが他の対策と組み合わせる事でより効果が高まります すのこもマットレスの下に敷く専用のすのこフレームも販売されています すのこは木なので、 通気性以外にも水分を吸収する役目も果たしてくれます 吸水シートやパットを使用する シリカゲルなどの吸除剤が入っている除湿シートやパッドも販売されているので有効に使えます 除湿シートはマットレスの下に敷いてマットレスの底部分に溜まる湿気を取ります 冬場は週に1度は除湿シートを取り出して乾燥させる手間は必要ですが、マットレスを直置きすると 底面に湿気が溜まりやすい方には必須のアイテムです 除湿パッドはマットレスの上に敷いて寝汗や湿気を除去します 手入れとしては日中にマットレスを空気にさらしておく等の手間は必要になりますが、 寝汗が多い方には必須のアイテムです マットレスの下にアルミシートを敷く 最も安く出来る対策としてはこのアルミシートです アルミシートを敷くことでフローリングとマットレスの間に温度差が発生しにくくなり、マットレスの下にすのこを敷いて通気性を向上し、 温度差で出来る結露の発生を軽減する事で、カビが発生する可能性を下げることが出来ます さらにフローリングからの冷気が上がりにくくなるので、布団が暖まりやすいメリットもあります 通気性に優れたマットレスを購入する マットレスも現在たくさんのメーカーから販売されており、海外製のメーカーはマットレスはベットで使用する事を前提として作っていることが多いですが、最近の日本メーカーは直置きすることも考えて作られているマットレスもあるので、直置きする事を前提にマットレスを購入するなら少しでも通気性に優れたマットレスを購入しましょう 毎日マットレスを壁に立てかける等の換気を行なう マットレスも厚みのあるマットレスから厚みが無く丸める事や畳むことが出来るマットレスもあります 少し面倒ではありますが、毎日布団を敷いたり畳んだりする事でフローリングに溜まる湿気を乾燥することが出来ます 直置きにおすすめのマットレス• ノンスプリングマットレス• 通気性にこだわっているマットレス• 簡単に折りたたんだり丸める事が出来るマットレス ノンスプリングマットレス スプリングを使用していないマットレスの事で、クッション材にウレタンやポリエチレン等、樹脂を用いたマットレスで【 】や【 】等が有名です スプリングを使用しているマットレスは中のスプリングが湿気や寝汗で錆びる事からも直置きには向いていません 直置きで使用するにはスプリングが入っていないノンスプリングマットレスを購入しましょう 通気性にこだわっているマットレス 特に日本のマットレスメーカーでは床に布団を敷いて寝る文化がある日本人向けに直置きする事も考えて通気性が高い【 】が沢山あります 除湿や寝汗でカビの繁殖を防ぐ為にも通気性にこだわったマットレスを購入しましょう 簡単に折りたたんだり丸める事が出来るマットレス 結露や湿気や寝汗でカビの繁殖してしまうのを防ぐ為にも毎日布団を畳んだり敷いたり出来る方は、収納できるマットレスを購入しましょう マットレスの中には布団を畳むように3点に畳めるマットレスや丸めて収納できるタイプのマットレスもあります マットレス直置きに関するまとめ マットレスは基本的にはベットで使用する目的で作られているので直置きでマットレスを使用する場合はダニやカビなどのデメリットが目立っていましたが、腰痛の改善の為にマットレスが注目されて、日本人に合ったマットレスの開発が進み、直置きで使用できるマットレスが増えてきました マットレスを購入するのにあたって大切なことは自分の使用環境や目的に合ったマットレスをしっかりと選んで購入する事です 睡眠は日々生活する上で非常に重要な役割で、良い睡眠が出来るかどうかでその日が頑張れるかどうか決まると言っても過言ではありません このサイトを参考にしてあなたに合ったマットレスを探して下さい.

次の

すのこの上にマットレス直置きはカビになる?カビを防ぐ3つの対策

マットレス 直 置き

マットレスを直置きする時の注意点とメリット・デメリット マットレス直置きのメリット• ベットで寝るのが苦手な方でも気持ちよく寝る事が出来る• ベットを買う必要が無い• 引っ越し時に手間が掛からない• お部屋をシンプルに使うことが出来る ベットで寝るのが苦手な方でも気持ちよく寝る事ができる 幼い頃から和室で布団を敷いて寝ていた週間があれば、ベットで寝ると浮いている感じがして安心して熟睡できない場合があります 幼い頃から寝るときは布団を敷いて寝ていた方の場合は断然マットレスも 直置きで寝た方が余計なストレスも無く熟睡できること間違い無しです ベット不要でお金も掛からない ベットを購入するとなるともちろんベットを購入するお金も必要になります マットレスを購入するだけでも決して安いとは言えないお金が必要になる上にベットも購入するのであれば、さらにお金が必要になります 少ないお金で睡眠の質を向上させるのであればベットの資金をマットレスに充ててより自分に合ったマットレスを購入した方がいいのでは? 引っ越し時も手間が省けます マットレス直置きであれば引っ越しも簡単ですマットレスを運ぶだけです マットレスは丸めて持ち運ぶことも出来ますが、ベットの場合は購入時は梱包された状態で自宅に届き、自宅内で組み立てますが、 引っ越しをする場合は組み立てたベットをバラさないといけません このバラして移動して再度組み立てるのが大変ですよね、購入時に梱包されていた専用工具なども何処に置いているのか忘れたなど非常に手間が掛かるので、引っ越しが多い方はマットレスの直置きが断然楽です マットレスの直置きでお部屋をシンプルに 特に、ワンルームに住んでいる方は、マットレスの直置きする事で部屋をシンプルに使うことが出来ますし、必要な場合は布団を片づけてマットレスを丸めて収納することで狭い部屋も広く使うことが出来ます ベットを置いてしまうとベットはバラすことも出来ないので 居住スペースが狭くなり圧迫感が出てしまいます マットレス直置きのデメリット• ハウスダウトを吸いやすくなる• マットレスの耐久性が低くなる• マットレスの底にカビが繁殖する ハウスダストを吸いやすくダニ対策も必要 マットレスを直置きで寝る場合や床に布団を敷いて寝る場合は寝る箇所が 床に近いのでハウスダストを吸いやすい状態になります 床はどんなに綺麗にしていても埃や塵が溜まります マットレスで厚みのあるマットレスなら軽減されますが、床に近い位置で寝ると言うことはハウスダスを睡眠時に吸う危険も多くなると言うことです さらに、ハウスダストが多い場所で寝ると言うことは ハウスダストが好物のダニが繁殖しやすいと言うことでもあります ダニが繁殖し、マットレスにダニの糞や死骸などがマットレスに増えると呼吸系の疾患のリスクも高まります ですが、ダニに対しては布団乾燥機や天日干しなどのメンテナンスをしっかりとする事でリスクを軽減する事が出来ます マットレスの耐久力が低くなる マットレスは直置きすることによって耐久力がやマットレスの寿命が短くなります ウレタンで出来ているマットレスは熱と水分が大敵なので就寝時の身体の熱や湿気をマットレスから逃がしてあげないとマットレスがへたれてしまいますし、反発力や弾力が無くなって凹んでしまったまま戻らなくなることもあります コイル式のマットレスは直置きに使用する事で 水分や湿気がマットレスに溜まりコイル部分が錆びたり折れたりする可能性もあります マットレスの底にカビが繁殖する マットレスを直置きで使用するにあたっての 最大のデメリットがカビが繁殖しやすい事です 直置きして使用する床がフローリングの場合はマットレスの上の部分は人が寝ているので温かく、下の部分はフローリングと接しているので冷たい状態が毎晩続きます そうすると、マットレスの上部と下部の温度差ができ、マットレスと床の接地部分に結露が出来てしまいます 結露と身体の汗でマットレスと床の接地部分は湿ってしまい高温多湿を好むカビやダニの温床になってしまいます 結露の他にも私たちは睡眠時に汗をかきます どれ位の汗をかくのかと言うと、200㎖程度の汗を寝ている間にかくのです この睡眠時にかいた汗は布団やマットレスに吸収されどうなるのでしょうか? マットレスにトッパーやパットなどで汗に対する対策がされていない場合はマットレスが直接汗を吸ってその湿気は身体に押されてマットレスの下に滞留します 直置きしている床が畳などの場合はその湿気を畳が吸ってくれますが、 フローリングの場合は湿気を吸うことが無いので湿気が溜まりマットレスと床部分にカビが繁殖してしまいます 畳とフローリングの直置きする際の違い 先ほどのマットレスを直置きするデメリットで、マットレスとフローリングに結露ができカビが繁殖する事を紹介しましたが、直置きする場所が畳の場合はフローリングとは違うのか紹介します 部屋が和室の場合は畳に保温性と吸湿性があり、フローリングのような結露の心配はありませんが、 畳は植物の繊維で出来ているのでダニの住処になりやすいのでダニ対策は必要になります マットレスを直置きする為の対策まとめ• マットレスの下にすのこを敷いて通気性を向上する• 除湿シートやパットを使用する• マットレスの下にアルミシートを敷く• 通気性に優れたマットレスを購入する• 毎日マットレスを壁に立てかける等の換気を行なう マットレスの下にすのこを敷いて通気性を向上させる マットレスの下にすのこを敷く事でフローリングとマットレスの間に隙間が出来て通気性が向上しますが、すのこは高さが低いために十分の換気とは言えませんが他の対策と組み合わせる事でより効果が高まります すのこもマットレスの下に敷く専用のすのこフレームも販売されています すのこは木なので、 通気性以外にも水分を吸収する役目も果たしてくれます 吸水シートやパットを使用する シリカゲルなどの吸除剤が入っている除湿シートやパッドも販売されているので有効に使えます 除湿シートはマットレスの下に敷いてマットレスの底部分に溜まる湿気を取ります 冬場は週に1度は除湿シートを取り出して乾燥させる手間は必要ですが、マットレスを直置きすると 底面に湿気が溜まりやすい方には必須のアイテムです 除湿パッドはマットレスの上に敷いて寝汗や湿気を除去します 手入れとしては日中にマットレスを空気にさらしておく等の手間は必要になりますが、 寝汗が多い方には必須のアイテムです マットレスの下にアルミシートを敷く 最も安く出来る対策としてはこのアルミシートです アルミシートを敷くことでフローリングとマットレスの間に温度差が発生しにくくなり、マットレスの下にすのこを敷いて通気性を向上し、 温度差で出来る結露の発生を軽減する事で、カビが発生する可能性を下げることが出来ます さらにフローリングからの冷気が上がりにくくなるので、布団が暖まりやすいメリットもあります 通気性に優れたマットレスを購入する マットレスも現在たくさんのメーカーから販売されており、海外製のメーカーはマットレスはベットで使用する事を前提として作っていることが多いですが、最近の日本メーカーは直置きすることも考えて作られているマットレスもあるので、直置きする事を前提にマットレスを購入するなら少しでも通気性に優れたマットレスを購入しましょう 毎日マットレスを壁に立てかける等の換気を行なう マットレスも厚みのあるマットレスから厚みが無く丸める事や畳むことが出来るマットレスもあります 少し面倒ではありますが、毎日布団を敷いたり畳んだりする事でフローリングに溜まる湿気を乾燥することが出来ます 直置きにおすすめのマットレス• ノンスプリングマットレス• 通気性にこだわっているマットレス• 簡単に折りたたんだり丸める事が出来るマットレス ノンスプリングマットレス スプリングを使用していないマットレスの事で、クッション材にウレタンやポリエチレン等、樹脂を用いたマットレスで【 】や【 】等が有名です スプリングを使用しているマットレスは中のスプリングが湿気や寝汗で錆びる事からも直置きには向いていません 直置きで使用するにはスプリングが入っていないノンスプリングマットレスを購入しましょう 通気性にこだわっているマットレス 特に日本のマットレスメーカーでは床に布団を敷いて寝る文化がある日本人向けに直置きする事も考えて通気性が高い【 】が沢山あります 除湿や寝汗でカビの繁殖を防ぐ為にも通気性にこだわったマットレスを購入しましょう 簡単に折りたたんだり丸める事が出来るマットレス 結露や湿気や寝汗でカビの繁殖してしまうのを防ぐ為にも毎日布団を畳んだり敷いたり出来る方は、収納できるマットレスを購入しましょう マットレスの中には布団を畳むように3点に畳めるマットレスや丸めて収納できるタイプのマットレスもあります マットレス直置きに関するまとめ マットレスは基本的にはベットで使用する目的で作られているので直置きでマットレスを使用する場合はダニやカビなどのデメリットが目立っていましたが、腰痛の改善の為にマットレスが注目されて、日本人に合ったマットレスの開発が進み、直置きで使用できるマットレスが増えてきました マットレスを購入するのにあたって大切なことは自分の使用環境や目的に合ったマットレスをしっかりと選んで購入する事です 睡眠は日々生活する上で非常に重要な役割で、良い睡眠が出来るかどうかでその日が頑張れるかどうか決まると言っても過言ではありません このサイトを参考にしてあなたに合ったマットレスを探して下さい.

次の

和室や畳の上でも使えるおすすめの高反発マットレスランキング!

マットレス 直 置き

フローリングに直置きのマットレスに取るべき処置 高反発マットレス、低反発マットレス、ラテックスマットレスが特にカビ発生の危険度が高いです。 が、その他のマットレスでもフローリングに直置きしていると、 カビが生える恐れがあるためおすすめできません。 なので、きちんとカビ対策を取ることが大切ですが、「これ1つで完璧!」というような対策はないので、 対策を上手に組み合わせる必要があります。 対策をより納得して行えます。 以下のイラストで、分かりやすく説明します。 布団・マットレスに湿気やカビが発生するメカニズム どういうことかと言うと、• 人間が睡眠中に発する気化熱(水蒸気の汗)によりマットレスが湿気る• マットレスの上面と下面の温度差により結露ができマットレスが湿気る• 特に、あなたの部屋が 以下のような状況に該当するならば要注意です。 朝起きた時、マットレスの底面が湿っている• 窓が結露でびっしょり濡れている それでは次に、具体的なカビ対策をご紹介していきます。 すのこベッドフレームを使う ベッドフレームの天板が「すのこ形状」になっているすのこベッドを使うことが得策ですが、何らかの理由でベッドが導入できない場合、床置きすのこベッドを使うことをおすすめします。 床置きすのこ 価格:5,990円 マットレスの下に通気スペースが生まれるため、湿気が溜まりにくくなりカビ対策ができます。 とはいえ、写真のような直置きすのこベッドは、あまり高さがないためこれだけで十分と言えるほど通気性を高められる訳ではありません。 そのため、他の対策も組み合わせる必要があります。 すのこフレームとフローリング、畳を比較すると、状況が分かりやすいです。 また、ベッドが木製であれば湿気を吸い取る役割も果たします。 そのため、布団を敷きっぱなしにすると、湿気が溜まる一方になります。 除湿シートやパッドを使う シリカゲルなどの吸湿剤が入っている除湿シートやパッドもカビ対策に有効です。 除湿シート マットレスの下に敷いて、底面に溜まる湿気を除去します。 冬場は週に1度、除湿シート自体を取り出し、乾燥させる必要があります。 マットレスの底面が湿気りやすい環境の人には必須です。 除湿パッド マットレスの上に敷いて、寝汗・気化熱による湿気を除去します。 日中にマットレスの上で空気に晒して乾燥させておく必要があります。 寝汗が多い人には必須です。 強力に汗を吸収するのでカラッと爽やかな寝心地です。 さらに、汗臭や加齢臭などの消臭機能もあるため、寝汗のベタベタだけでなくニオイまで対策できます。 自社製品で手前味噌ですが、自慢の一品です。 アルミシートをマットレス下に敷く 安上がりで行えるカビ対策としては、アルミシートをフローリングとマットレスの間に挟むことがおすすめです。 アルミシート 価格:448円 アルミシートの働きによりフローリングとマットレスの間に 強烈な温度差が発生しにくくなるので、結露によるカビ発生の可能性を下げられます。 さらに、フローリングから冷気が上がって来づらくなるので、 布団の中が温まりやすいというメリットもあります。 フローリング直置きにおすすめのマットレス 通気性にすぐれた素材、もしくは、吸放湿性にすぐれた素材のマットレス、または、歓喜のお手入れのしやすいマットレスであれば、 フローリングに直置きしてもカビ発生に悩まされにくいです。 高反発ファイバー素材• セルプールウレタンフォーム• 三つ折りマットレス などの素材・形状のマットレスであれば、完璧ではないにせよとても安心できます。 寝心地はもちろん快適です。 厚みが8cmなので敷布団のようにフローリングに敷いてお使いいただけます。 一般的なウレタンフォームとは一線を画する並外れた弾力性を持っているので、まるでスプリングマットレスの上で寝ているような浮遊感を味わっていただけます。 眠りの質にこだわりのある方におすすめの一品です。 弾力に富んだ素晴らしい寝心地です。 9cmの床起きマットレスなのにここまでふわっと高級ベッドマットレスのような寝心地を実現できているものは稀です。 これが高弾性か、とご納得しながら快眠いただけるはずです。 再販の予定がなく、在庫にある数十枚のみの販売となります。 セルプール枕、プロテクターとの 3点セットです。 敷布団のように床の上でご使用いただけます。 三つ折り形状のため、朝起きたらN字型に立てかけて換気させるようにすれば湿気ってカビが発生することを少なくさせられます。 質実剛健な作りで素晴らしいコストパフォーマンスを実感していただける優秀(エリート)な自信作です。 是非一度お試しください。 ただいま弊社サイトにて 「3週間返品無料トライアルキャンペーン」を設けておりますので、この機会をお見逃しないようご利用ください。 マットレスの湿気対策お手入れ 上記のような対策グッズに頼らず、その上、通常のマットレスを使用するならば、日々のお手入れをきちんと行う他ありません。 例えば以下のような 「マットレスから直接的に湿気を取る対策」が効果的なのでおすすめです。 睡眠中以外はマットレスを壁に立て掛ける• マットレスの底面に空気を当てる• 布団乾燥機でマットレスを乾燥させる(手間がかかるので、既に布団乾燥機をお持ちの人以外にはおすすめできません) マットレスの換気方法1 一方、以下のような「部屋自体の湿気を抑えるタイプの対策」はそこまで大きな効果はありませんが、可能であれば併せて行うようにしましょう。 加湿器の使用を控える• 除湿機を使用する• 観葉植物は寝室に置かない• 各対策の上手な組み合わせ 様々な対策をご紹介してきましたが、どの対策も1つだけでは物足りません。 なので、まとめとしておすすめの組み合わせてご紹介します。 起床時にマットレスの底面をチェックして、湿っているようなら、すのこor除湿シートを導入しましょう。 もしくは、こまめにマットレスの底面を乾かすようにしましょう。 起床時にマットレスの底面が湿気っていれば、除湿シートとアルミシートを両方使うか、マットレスの底面の乾燥をこまめにしましょう。 除湿シートの乾燥も忘れずに行いましょう。 また、夏場のカビ対策のためにもそうですが、マットレスの上に直接寝るのは良くないので、いずれにしても除湿パッドの使用をおすすめします。 家庭の湿度状況によっては完全にカビなしにすることはできませんが、かなり状況を改善させられるはずです。 ・しっかりと眠ったはずなのに朝起きると体が重い・・。 ・朝スッキリと目覚められない・・。 ・日中の眠気のせいで仕事に集中できない・・。 睡眠の質が悪くなっていることで、日常生活に支障をきたしていないでしょうか。 眠りを見直すためにも、正しい作りのマットレスを試してみませんか? 適切な寝心地で、適度な耐久性、そして手頃な価格をコンセプト「エコラテ エリート マットレス」を開発しました。 腰と背中にやさしい凸凹プロファイルカットによる体圧分散性• ウレタン密度32D、たくましい耐用年数 7年前後• あなたまでダイレクト、最高のコスパでお届けします!! 是非あなたの睡眠改善にお役立てください。

次の