農家 の 嫁 えだまめ。 農家が減少してきた原因と、農家で嫁不足の理由を考える!

えだまめ農家 岸健幸さんの職業インタビュー|EduTownあしたね

農家 の 嫁 えだまめ

こんにちは! 30代脱サラ農家の りょーです。 今日も農業に関する情報を わかりやすくご紹介します。 さて今回のテーマはというと 農家の嫁不足 についてです。 この言葉に「米不足か!」と ツッコみそうになってしまいますがw 実は現在日本の農業は 農家の跡継ぎ問題以外に 農家の嫁不足が問題の1つに なっています。 簡単に言ってしまえば、 農家を継ぐ人、始める人はいても 農家の嫁になってくれる人が 少ないってことですね。 僕自身も農家の身としては 何だか絶滅危惧種な気分ですが、 なぜ農家に嫁が来ないのでしょうか? そこで今回は 現役農家の 僕が農家の嫁不足の問題について なぜ嫁に来ないのか原因から対策を 考えてみたいと思います。 農家の嫁不足を現役農家が考察 ただでさえ人口減少に 少子高齢化が加速する日本。 誰もがどこか心に不安を抱えながら 生きている昨今、農家に関しては 農業人口の減少 に加え最近では、 農家の嫁不足という問題が出てきました。 最近では少しずつではありますが、 社会の在り方に疑問を持ち、• 農業や漁業といった自然を 生業とした職種に興味を持つ方• 農業を1から始めた方• 農業を継いだ方 が増えてきてる事は とても良い事ですが 受け継ぐ人が いないとなると日本の農業の衰退に 歯止めがかからないと感じています。 なぜ農家の職業に関して 嫁不足という言葉が出てきたのか? その原因に迫ってみたいと思います。 なぜ農家に嫁が来ないのか原因は? ゆったりの自由気ままな田舎暮らし。 緑に囲まれ、時間も忘れ ストレスフリーな農家の暮らし。 田舎暮らしを除いては 一見、問題点がなさそうな農業ですが なぜ農家に嫁が来ないのか? その理由をお得意のネットで 徹底的に探ってみたところ、 僕なりに結論を申し上げると 農家の嫁のイメージが悪いから になります。 ネット上で なぜ農家に嫁が来ないのか? を調べてみると農家の嫁になると• 男尊女卑• 家事・育児と農業の両立• 収入の不安定さ• 義理の両親との同居 といったケースに陥ることや 実際の農家の嫁なった女性の リアルな体験談として綴られています。 ネットがあれば若い人は すぐに情報収集ができる今の時代。 こういったネットの情報を受け止めつつ、 女農家の嫁として覚悟をもつ事はかなり勇気が 必要なことではないかと思います。 テレビを見ると• 都会がメイン• 今時、女子がリア充する様 農家に嫁が来ないは• 時代錯誤• メディア、ネットによる洗脳及び拡散 が主な原因ですが、 ぶっちゃけますとこのイメージ、 あながち間違ってません。 地方で農業を営む農家の多くが 今も昭和時代の風習が続いてるところが 大半なので噂ではなく事実であります。 時代は令和なのに昭和の在り方。 農家の嫁不足解消には 農業と言う職種のイメージを もっと身近にもっとリアルに 発信していく必要があるのではないか? と感じています。 嫁不足を解消する対策を考えてみた ここからは現役農家の 僕が農家の嫁不足を解消する為に 考えた対策になります。 あくまで個人的な意見ですので さらーっと読んでもらえたら幸いです。 ステップ1.農家の在り方改革 まずはじめに。 僕が農家の嫁不足を解決する為に やるべきこととして考えたのが 農家の在り方 です。 他の業種に比べ 農家の在り方は、働き方は かなり遅れていると思います。 農家の大半が• 男尊女卑• 義理の両親との同居• 嫁と二人三脚 といったあり方が多いので このイメージを払拭する 必要があります。 この昔ながらのあり方が 悪い訳ではありませんし、 別に全否定する訳ではありませんが、 真剣に農家の嫁を増やしたいのであれば、 女性が嫁にいきやすい環境を作る べきではないか?と思います。 例えば• 男女平等• 完全に別居• 農家の手伝いNG とかですね。 どうでしょう? 農家のイメージが 大きく変わらないでしょうか? うちはこうだからではなく、 大切な人に嫁に来てほしいから譲歩する! 本気でお嫁さんが欲しいのであれば 女性が農家の嫁になりたい!と思う、 メリットを作る必要があると 僕は思います。 ステップ2.農家の働き方改革 続いて対策は 農家の働き方改革 です。 これはすでにメディアでも 報じられているのでご存知の方も 多いと思いますが機械及びAIや IOTの導入ですね。 苗育成、定植• 温度管理、栽培管理• 収穫、出荷 等、今までは農業は 農家の経験と勘が重要なスキルでしたが、 時代が便利になってきたおかげで今では 農業の至る場面で数値化が可能になり栽培の 効率化、仕組化ができるようになりました。 昔ながらの経験や勘も必要ですが、 できるところは機械やネットに頼る。 アナログからデジタルへ! もっと1人1人の農家が新しい取り組みに 興味を持ち行動すれば、休みがないと 思われがちな農業も休みがありまくる 農業に変化していくのではないか? と思います。 ステップ3.行動、発信する 農業の嫁不足を解消する為に 農家のあり方・働き方を改革について お話ししましたが最後のステップは 農家自らの行動・発信 です。 僕自身、農業を始めて思ったのですが 多くの農家が農業以外の行動と 発信をしている人が少ない と感じています。 一体どういうことなのか?というと 本人は彼女や嫁が欲しいと思っていても、 そのために 行動・発信が0ということです。 友達と遊んだり、 お酒を飲みに行ったりするのに なぜか女性に出会う行動はなしw しかも相手任せで紹介をねだる。 結果、相性が合わなかったら諦め、 「いつか自分にふさわしい人が…」 とまた待ちぼうけ。 僕自身、「女子かっ!」と ツッコみたくなりますが、 これではいつまで経っても彼女、 いや、嫁なんてできるはずもありません。 嫁が欲しいなら自らで行動・発信すべきです。 今の時代、出会いなんてどうとでもなります。 リアルでは街コン、合コン、相席。 ネットでは出会い、婚活アプリ。 と幅広い出会いの場があるからこそ、 嫁不足を解消したいのであれば、リアル、 ネット関係なく女性と出会える場へ 足を運ぶべきだと思います。 多くの農家に足りない 出会いに対する行動と発信! この行動と発信を もっとプラスに動かす為にも 農家のあり方と働き方改革を 積極的に行っていきましょう。 農家のあり方が変われば、 女性の受け止め方が変わります。 農家の働き方が変われば、 時間ができ家族との時間が増えます。 行動・発信をすれば全てが変わっていきます。 と僕は思います。 終わり。 まとめ 農家の嫁不足をについて まとめてみましたがいかがでしたか。 現役農家の僕が僕なりに 原因を探り対策を考えてみました。 農家はその他の業界に遅れ、 何もかもが遅れている気がしますが 時代は刻一刻と変化しています。 大事な点は残しつつも、 悪い点は消していく。 昔は良かった!を よく先輩農家さんから聞きますが、 今は僕らが時代の中心です。 じゃんじゃん変えていきましょう! イメージをぶっ壊す、これ大事。 今回の農家の嫁不足について 簡単にまとめると ・嫁が来ないのは農家のイメージが悪いから ・対策は農家の在り方、働き方の改革、行動と発信 になります。 農業に関する疑問やお悩み、 その他ご質問・コメント等が ありましたらお気軽に下記よりご連絡ください。 最後までお読み頂きありがとうございました。

次の

農家に嫁ぐことって大変ですよね?

農家 の 嫁 えだまめ

昔の農家やっていませんか? ~嫁が来ない農家&嫁が出ていく農家~ 今は平成29年(2017年)です。 お嫁さんたちは平成生まれ?お舅さんやお姑さんは昭和終戦後生まれ!その上の大舅さんと大姑さんは昭和終戦前生まれでしょうか? 昭和終戦(1945年)から終戦後30年(1975年)くらいまでを「 昔の農家」と呼ばせていただいてよろしいでしょうか? 少し日本の農業の機械化の歴史を調べてみました。 より 戦前 日本では明治33年ごろ農用にエンジンが用いられはじめた。 その約10年後には「農発」の国産機が誕生し、 1920年頃には他の農用機関も国内生産が始まった。 とは言え 戦前は牛馬耕が中心であり、耕うん機など圃場で移動しながら作業する機械は皆無であった。 (後略) 終戦直後1945年(昭和20年)~戦後の農地解放により農家の大部分は自作農となり、(中略)とくに昭和25年(1950年)頃、アメリカから導入されたメリティラ(小型耕うん機は、家蓄用の犂トラクター用に改良した凌用犂をセットして耕うん作業に、また簡易トレーラーをセットし運搬業に使われ、爆発的に普及した。 (中略) かつての主役であった牛や馬から日本の水稲作の主役は、歩行型トラクターにゆずられ、とくに耕うん作業や運搬作業では完全に汗から解放された。 高度経済成長期 昭和35年ごろからの10年間は、いわゆる日本経済の高度成長期であり、農業においても規模の拡大と果樹・畜産の選択的導入などがはかられた。 (後略) 現在 (前略)より高度な機械化も進んでおり、 コンピュータ制御を駆使するコンバインや果樹の自動選別などが実用化されている。 農業ロボットについては、ほとんどがいまだ研究段階(後略) 1953年 昭和28年 に施行「農業機械化促進法」1961年(昭和36年)に「農業基本法」が施行。 少数の大農家と大多数の兼業農家という構図が出来上がっていった。 とのことです。 「昔の農家」のお舅さんやお姑さんたちが平成の時代でも存在することにときどきビックリしてしまいます。 平成時代の農家は、コンピューターやロボットが登場しているのです。 昔の農家の時代は、お嫁さんは大切な労働力。 ある意味、牛や馬と同等のような時代でした。 ある農業者の会合の時に、昔の農家タイプの70代の方が、まだお嫁さんが来ていない農家の男性に 「嫁もらえ ! 楽になっぞ!」 と声をかけたときに、ゾッとしたのを覚えています。 こんな農家に嫁に行ったら、たぶん、牛や馬のように労働させられる!と感じました。 さらに、女中さんのようにすべての家事をすることになると・・・。 嫁の来ない農家は、まだ 「昔の農家」の意識でお嫁さんを見ています。 自分の母親の姿を自分の長男の嫁にも重ねています。 嫁が出ていく農家も、まだ 「昔の農家」の長男意識でお嫁さんに接しています。 声を大にして言います。 平成の時代、お嫁さんは牛や馬=労働力ではありません。 家事を全部する女中さんではありません。 平成の時代のお嫁さんは、パソコンもできるし、トラクターの運転もできます。 牛や馬のような力仕事はできませんが、いろいろなことができるのです。 「昔の農家」をまだやっている農家の皆さん、一刻も早く意識改革をしないと、お嫁さんは来ませんし、もしかしたら、今いるお嫁さんがいなくなってしまう日が来るかもしれませんよ。 お舅さま・旦那さま お嫁さんを嬲る(なぶる)ことなく、大切にしてくださいね! つづく 佐藤 昭子(さとうあきこ) 1956年東京生まれ東京学芸大学教育学部美術専攻工芸専修 公立中学校美術教師を23年勤め早期退職 2002年4月より夫の故郷福島県西会津町奥川にて専業農家となる。 6次化による商品開発(焙煎椎茸「まぜらんしょ」・椎茸野草茶「會津ティー」・椎茸ふりかけ「おかわり」など) 2010年7月農業法人株式会社キノコハウス設立 翌年3月11日東日本大震災にて被災キノコ生産を中止する。 2013年自宅縁側にて「縁側カフェ」起業 メープル樹液採取成功 2015年メープルサップ(樹液)商品化 にいがた6次化大賞日本食糧新聞社賞受賞 2016年メープルサイダー商品化 フード・アクション・ニッポン・アワード2016入賞.

次の

農家の男性と結婚したい!農業男子の嫁になるための出会い・婚活成功方法

農家 の 嫁 えだまめ

概要 [ ] 農家とは農業()によって生計を立てている人、あるいはその家庭・のことである。 であった人類が農耕を発明したことで誕生し、爆発的な人口増加により増え続け、有史以来の人類の大半がある時代までは農業従事者だった。 現代ではへ移行して農業が機械化され、少ない農業従事者でも耕作が行えるようになったため、その数を減らしている。 とはいえ世界全体で見れば、家族やそれに近い単位での農業は依然として重要な存在であり、(FAO)などは2019年に「家族農業の10年」をスタートさせた。 初期の農民たち 専業農家と兼業農家 [ ] のの用語解説 によると、農家は販売農家と自給的農家がある。 販売農家は以下のように分類・されている。 主業農家:農業所得が主(農家所得の50%以上が農業所得)で、1年間に60日以上、自営農業に従事している65歳未満の世帯員がいる農家。 準主業農家:農外所得が主(農家所得の50%未満が農業所得)で、1年間に60日以上、自営農業に従事している65歳未満の世帯員がいる農家。 副業的農家:1年間に60日以上自営農業に従事している65歳未満の世帯員がいない農家(主業農家及び準主業農家以外の農家)。 専業農家:世帯員のなかに兼業従事者(1年間に30日以上他に雇用されて仕事に従事した者または農業以外の自営業に従事した者)が1人もいない農家。 兼業農家:世帯員のなかに兼業従事者が1人以上いる。 兼業農家はさらに第1種と第2種に分類がなされている。 からの勃発までの日本は、一貫して専業農家の数が兼業農家の数を圧倒していたが、戦後、兼業農家の比率が増加し始めた。 専業農家と兼業農家の数がほぼ同数になった1950年を境目にして兼業農家の比率が増加し続け、以後、日本では兼業農家の数が専業農家の数を圧倒するという構図を維持したまま現在に至っている。 7万戸が兼業農家である。 そのため、農家数と農業生産量は必ずしも比例しない。 また食料の純輸入国であり、他産業の利潤により、他国の農民から余剰の農産物を購入する形になっている。 定義 [ ] 日本では農家の定義は以下の通りである。 が10(1000)以上の個人世帯。 経営耕地面積が10a未満の時は、年間農産物販売金額が15万円以上の個人世帯。 このうち30a以上または年間の農産物販売金額が50万円以上の農家を販売農家、それ以外の農家を自給的農家という。 販売農家の中には農家構成員の就業状況に応じた主業農家と副業的農家という区分もある。 農家が栽培する植物のことを(または農作物)という。 日本における分類 [ ] 分類は農林水産省大臣官房統計部経営・構造統計課 センサス統計室農林業センサス統計第1班に基づく。 1940年以前の分類 [ ] 専業農家 生業として農業のみを営む農家。 兼業農家 生業として農業を営む以外に他の生業を営む農家。 1941年以降の分類 [ ] 専業農家 世帯員の中に兼業従事者、すなわち自家農業以外の仕事に従事する者がいない農家。 第一種兼業農家 農業以外の仕事で収入を得ている農家のうち、農業の収入が主である農家。 第二種兼業農家 農業以外の仕事で収入を得ている農家のうち、農業以外の収入が主である農家。 (の・) 編著『日本の階級構成』(、)114-115頁によると• かなり大きな農業経営を、しばしば農外の、所有などとも結びつけ、家族労働力だけでなく、一定の雇用労働力を恒常的に雇い入れ、搾取の可能性をもつ最上層のいわゆる的農民としての 富農。 通常的にはその農業収入だけで生活をようやく維持し、雇い雇われる関係が多少あっても、ほぼ相殺する程度のいわゆるとして典型的な、しかも上向と零落の分岐点に立つ、きわめて不安定な存在である 中農。 農業経営を行なうが、きわめて零細なため、生計補充の賃労働収入ないしそれに類似の勤労収入を不可欠とする、いわゆる半の農民である 貧農。 耕地をまったくもたないか、あってもごくわずかで、その生活を主として農業内外の賃労働によって維持するいわゆるプロレタリア(無産者)としての性格をもった 農村。 農業経営体としての農家 [ ] 農業を経営する主体としては、途上国におけるや旧における集団農場(やなど)など例外もあるが、世界的に家族が主流となっている。 こうした背景があるため、農業を経営する主体をさして使われる、農業経営体、農業経営者、農業者といった呼称も、それが家族によって担われている農家を想定している場合が多い。 日本の場合、第二次世界大戦後に実施されたが、現在の農家のあり方を大きく規定しており、農家が今日の姿に至るまでの変化を捉えようとした場合の一応の出発点とみなしうる。 こうした側面を強調する場合は、という呼称が用いられる。 この戦後自作農が戦前のようなへと転落することを防止することが、戦後の農業政策の主要な目的の一つであった。 そのため、農地に関する制度を中心として農家を保護する政策がとられる一方で、家族以外が農業経営体となることには様々な制限が加えられてきた。 しかし、こうした制限は徐々に緩和され、まずや農業協同組合法に基づくなどの形態で農家が化することが認められ、最近では、によっての農業への参入が認められている地域もある。 なお、などの目的で法人化した場合でも、経営の内実が家族経営と同等とみなしうる場合も多く、通常はこれらも農家とよばれている。 農業経営体としての農家の特徴は、農業経営を行う主体と家計の単位となる主体が未分離であることである。 やにおいては、このことが経営体としての農家の発展を阻害しているという考え方が主流であり、主要な研究テーマとなってきた。 農業政策においても、基本的には家族を主要な担い手と想定しつつ、その発展を図ることが意図されてきた。 1961年に制定されたではこうした考え方を反映し、農工間の所得格差が拡大したことを背景として、「自立経営の育成」が目標として掲げられた。 これは、規模拡大や機械化など、農業近代化の方向での経営の発展を目指したものであったが、近年では消費者ニーズの多様化、農産物価格の下落・低迷傾向、資材・燃料等の値上がり等によるコスト増加、食品の安全性、環境への配慮など、農業経営体が考慮すべき課題は多様化している。 農業基本法に代わって1999年に制定されたでは、「自立経営の育成」という文言にかわって、「効率的かつ安定的な農業経営」という表現で育成すべき農業経営体のあり方を示している。 家族で農業を営むと、日常生活との境界や各員の役割分担、労働時間、報酬が曖昧になりやすいという問題がある。 このため農林水産省は、経営方針や労働条件を明文化した「家族経営協定」を結ぶことを推奨している。 農具 [ ]• (すき)• (くわ)• (こううんき)• - 厳密にはや農業機械ではないが、上記の農機具や農業機械、苗床などの各種資材や、収穫したなどの運搬に欠かせないものとなっている。 脚注 [ ] [].

次の