ビー アンド ピー 株価。 株式会社ピーキューテクノ|三重県経営革新計画承認事業

ビーアンドピー (7804) : 個人投資家の株価予想 [B&P]

ビー アンド ピー 株価

4 特色 業務用インクジェットプリンタ使ったデジタル印刷に特化。 24時間生産体制や短納期に特長 URL - 時価総額 2,654百万 PER 20. 11 発行済株数 2百万 PBR 1. 02 最低購入代金 115,400 ROE 14. 09 単位株数 100 EPS 57. 38 売上高成長率 -17. 37 経常増益率 -54. 00 最終利益変化率 -57. 80 0. 26 MACDとSIGN ストキャスティクスS 69. 61 0. 21 雲との位置関係 サイコロジカルライン 41. 64 0. 30 遅行線と26日前の引値 ボリュームレシオ 113. 46 0. 25 基準線と転換線 HV20日 85. 06 26週移動平均 1,246 -7. 掲載情報の転用、複製、販売等の一切を固く禁じております。 当サイトのデータは、東京証券取引所、FactSet Research Systems ,Inc. 、日本経済新聞社、東洋経済新報社、ストックウェザー等から提供を受けています。 当サイトは投資勧誘を目的としたものではなく、あくまで情報提供を目的としたものですので銘柄や市場の選択の最終決定は、ご自身で判断されるようお願いいたします。 当サイト上の情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。 当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、株式会社DZH フィナンシャルリサーチ及び情報提供者は一切の責任を負いかねます。

次の

ビーアンドピー(7804)

ビー アンド ピー 株価

・ 信用残時系列データは、信用銘柄でない場合、表示されません。 ・ 信用残時系列データは、週1回の発表で、金曜日時点のデータを翌週火曜日に更新します 祝日などにより変動することがあります。 ・ 年初来高値・安値は、1月1日から3月31日までは昨年来高値・安値(前年1月1日からの最高値・最安値)を表示しています。 ・ 用語の意味については「」「」をご覧ください。 ・ 時系列データは東京証券取引所 ・ 大阪取引所 ・ 名古屋証券取引所 ・ 野村総合研究所 ・ モーニングスター ・ リフィニティブ・ジャパンからの提供を受けています。 【ご注意】• 市場を特定したい場合は、銘柄コードに続けて拡張子(例:4689. t)をつけてください。 各市場の拡張子、詳細についてはをご覧ください。 チャートについては、株式分割などがあった場合は分割日以前の取引値についてもさかのぼって修正を行っております。 前日比については、権利落ちなどの修正を行っておりません。 取引値は、東証、福証、札証はリアルタイムで、他市場は最低20分遅れで更新しています。 全市場(東証、福証、札証も含む)の出来高・売買代金に関しては、最低20分遅れで表示しています。 各項目の意味と更新頻度については「」をご覧ください。 Yahoo! ファイナンスは、、、、、、、からの情報提供を受けています。 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 当社は、この情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

次の

(株)ビーアンドピー【7804】:株主優待

ビー アンド ピー 株価

商号 株式会社 ビーアンドピー 設立 1985年10月22日 資本金 286百万円 従業員数 196名(2020年4月現在) 代表取締役社長 和田山 朋弥 取締役会長 和田山 英一 各拠点所在地 [大阪本店] 〒550-0002 大阪府大阪市西区江戸堀2丁目6-33 江戸堀フコク生命ビル3F TEL: FAX:06-6448-1802 [東京本社] 〒105-0004 東京都港区新橋5丁目10-5 Daiwa新橋510ビル4F TEL: FAX:03-3436-1855 [ニコール事業部] 〒221-0022 神奈川県横浜市神奈川区守屋町3-9 4号棟 TEL: FAX:045-450-5923 [名古屋営業所] 〒450-0002 名古屋市中村区名駅5丁目21番8号 船入ビル TEL: FAX:052-589-8403 [福岡営業所] 〒812-0011 福岡県福岡市博多区博多駅前4-20-23 セントラルビル215 TEL: FAX:092-477-3863 事業内容• 販売促進用サインディスプレイの制作• 屋外用大型サイン・広告の制作• 建物の内装、インテリア用品の出力、制作• 広告企画および制作に関する提案業務 主な取引先 大手広告代理店、広告制作会社、デザイン会社、ゼネコン ほか 認証資格• プライバシーマーク認定企業 認定番号:第20001462号• 屋外広告士• 防災加工専門技術者資格証• フォークリフト運転技能者• 高所作業車運転技能者• 有機溶剤作業主任者• MESSAGE 代表挨拶 インクジェットプリントで世の中をわくわくさせたい 当社は、インクジェットプリントサービスを事業とし、お客さまに多岐にわたる「カタチあるモノ」を提供する企業集団としてビジネスを展開しています。 ただ紙やモノに印刷するだけにとどまらず、表現方法や印刷技術も「時流適合」させていくことが私どもの使命であると考えております。 できるものだけをやるのではない、それが我々にとって、世の中にとって未来発展に貢献すると信じるから挑戦したいのです。 ビーアンドピーは、お客様との信頼関係を丁寧に築き上げ、常にきめ細やかなワンストップサービスをスピーディに提供する、そのような会社でありたいと常に心がけております。 これからも皆さまのご期待にお応えできるようこれからも努力してまいります。 温かいご理解とご支援を賜りますようお願い申し上げます。 代表取締役社長 和田山 朋弥 HISTORY 沿革 1985年• 和田山コピーセンター株式会社を資本金300万円にて大阪市西区阿波座に設立し、ゼロックス専用のコピーサービス事業を開始 1990年• 株式会社ビーアンドピーを設立し、大判フルカラー印刷機による大判カラープリント出力事業に参入。 和田山コピーセンター株式会社はコピーサービス事業専門に, 株式会社ビーアンドピーは大判カラープリント出力事業に事業を区分する 1991年• 大判カラープリント出力事業を和田山コピーセンター株式会社へ移管すると同時に、和田山コピーセンター株式会社を株式会社ビーアンドピーに社名変更し、旧株式会社ビーアンドピーを閉鎖する 1996年• 大判フルカラー印刷機を一新し、世界初の写真画質のインクジェットプリンターを導入インクジェットプリンターの導入により、大判カラープリント出力事業をインクジェット出力事業に名称変更 2001年• コピーサービス業から撤退し、インクジェット出力事業に全面的に参入 2002年• 南青山営業所を開設し、東京へ進出 2007年• 東京営業所を現在の住所である東京都港区新橋5丁目に開設 2009年• 従来のダンボールより丈夫でリサイクル可能な段ボール商品『リボード』の取扱いを開始 2010年• プライバシーマークを取得• 大阪本社を現在の住所である大阪市西区江戸堀へ移転 2013年• 5m幅までの出力を可能とする高速広幅UV出力機を大阪本社に導入し、西日本エリアのサイン業者を中心に屋外広幅出力サービスを開始する 2014年• 東京営業所を東京本社とし、一部本社機能を大阪本社より移管するネット通販サイト『ハイプリント』の営業を開始高速広幅UV出力機の最新鋭モデルを東京本社へ増設し、東日本エリアでも屋外広幅出力サービスを開始する 2015年• 江東事業所を東京都江東区東陽に開設し、大阪、東京、江東を生産拠点とする布地への出力を可能とする昇華転写出力サービスを開始する 2016年• 株式会社ニコールを買収し100%子会社とするプリントシール機の外装カーテン、壁紙等の生活資材製品が取扱製品に加わる生産拠点が大阪・東京・江東・横浜となる 2018年• 3Dプリンターを東京本社に導入し、3Dプリントサービスを開始株式会社ニコールを吸収合併し、ニコール事業部とする江東事業所をニコール事業部(横浜市神奈川区守屋町)の隣接地に移転し、ワイドフォーマットスタジオを開設 2019年• 福岡営業所を福岡市博多区に開設• 東京証券取引所マザーズに株式を上場• 名古屋岡営業所を名古屋市中村区に開設 CSR 社会的貢献 ビーアンドピーは、経済・社会の発展に貢献して、責任ある企業活動を行うことが、CSR(企業の社会的責任)と考えています。 つまり、法令・社会規範・社内規範を尊守し、ステークホルダーの皆様に信頼され、より良い関係を築くことで健全な経営の実現と社会的責任を果たせるものと考えております。 そうした思いのもとビーアンドピーは、環境・社会貢献活動を展開しています。 コンプライアンスの徹底 ビーアンドピーは、サインディスプレイ事業者として取り扱う個人情報の重要性を良く認識し保護することは、重要であるとともに社会的責任でもあるとも認識しております。 弊社では、個人情報保護マネジメントシステム(PMS)を制定し、社内への活動を日々推進しています。 また、2010年6月にプライバシーマークを取得し、規定に則った個人情報の管理を適切に行っています。 適正な情報開示 ビーアンドピーは、社会から信頼されるために、透明性が重要であるとの認識のもと、様々なステークホルダーに対して、企業情報を公正かつ適時・適切に開示しています。 環境への配慮 ビーアンドピーでは、地球環境に配慮した「リサイクル可能な環境配慮型エコ素材」「次世代インクの使用」「不燃インクジェット出力」などの取り組みを行っております。 地球環境保護・保全に取り組み、持続可能な社会の継続的発展に貢献します。 働きがいの向上 最新機械の導入とともに、力を入れているのが人材の採用・育成です。 長らくハードワークが続いてきた印刷業界。 当社もその一社でしたが、それではいい社員は育ちません。 そこで勤務体制を見直し、教育体制を整備。 大胆な職場改革の結果、残業が激減すると同時に業績がUP!社員の表情もみるみるうちに変わっていきました。 苦しい時代をともに頑張ってくれた社員には心から感謝しています。 有給取得率の向上に取り組むなど改革は現在も継続中。 事業拡大のターニングポイントを迎えている当社にとって人材は最も重要な財産ですから、大切に育てていきたいと思っています。

次の