炭治郎イラストかっこいい。 《鬼滅の刃》煉獄杏寿郎がかっこよすぎ!かっこいいシーンやイラストまとめ

御幸一也のかっこいい画像イラスト10選!【ダイヤのA】【ダイヤのA】

炭治郎イラストかっこいい

イラストカード付きのお菓子「『鬼滅の刃』ウエハース2」を開封する様子を撮影した動画を公開しました。 コンビニでウエハースを買ってきたという花江夏樹さん。 「ガチャをやっていきたいと思います」と、5個のウエハースを順番に開封して、中身のイラストを確認していきます。 花江夏樹さんの狙いは、やはり自身が演じた主人公の炭治郎。 「炭治郎と禰豆子を狙います」と宣言し、開封スタート! すると、1個めからなんと見事、炭治郎が描かれたカードを引き当てます。 炭治郎、善逸、伊之助が描かれたイラストで、「めちゃくちゃいいやつだ」と大興奮。 そしてふたつめ。 さすがに2連続は……と思いきや、まさかの炭治郎! しかも炭治郎ひとりが描かれたイラストで、髪をおろした珍しいカットです。 続いて3つめ。 この勢いで、3連続、炭治郎を引き当ててしまうのでは? と思わせ、出てきたのは水柱・冨岡義勇のイラスト。 すかさず名言が飛び出します。 「生殺与奪の権を、他人に握らせるな!」 炭治郎ではなかったものの、開封の儀は大盛りあがりです。 そして4つめも、まさかの義勇。 しかも、端のほうに縛られた炭治郎の姿があるイラストです。 花江夏樹さんはここまでで3つ、炭治郎を引当て、しかも義勇の名ゼリフを2回叫んでいます。 そして奇跡は5つめで起こります。 袋から出てきたのは、炭治郎! なんと、5つ中「4炭治郎」を引き当ててしまいました。 このツイートに、ウエハースの販売元であるバンダイ「バンダイ キャンディ」の公式アカウントも「すんげえー!」と反応。 「驚異の炭治郎率!」と投稿しています。 ファンからは「炭治郎に愛されてる」「花江さんの声で、生殺与奪の……を聞けるなんて」と感激する声が多数寄せられました。 TVアニメ終了後も、コミックスが発売されるたびに部数が大きな話題になるなど人気が衰える様子のない『鬼滅の刃』。 劇場版の公開も予定されており、これからも注目され続けていきそうです。 (マグミクス編集部).

次の

【鬼滅の刃】かっこいい技ランキングTOP10!

炭治郎イラストかっこいい

引用:鬼滅の刃7巻 これは7巻55話に登場するシーン。 鬼の術で柱になった報告をしに父の部屋を訪れる煉獄さんですが、父は煉獄さんが柱になった報告を受けても煉獄さんを見ようともせず、「柱になったからなんだ。 どうせたいしたものにはなれないんだ」と冷たくあしらいます。 ショックを受けつつ部屋を出ると、弟の千寿郎と会い、「父上は喜んでくれましたか?」と聞かれます。 さらに、「俺も柱になったら父上に認めて貰えるでしょうか」と言われました。 その後の回想では優しくて強い父へのリスペクトと、現在の父がどうしてあんなに堕落してしまったかへの疑問、千寿郎への思慮が描かれており、その上で煉獄さんは父は自分が柱になったことを喜んでくれなかったことを正直に、前向きに千寿郎へ伝えました。 父の態度は煉獄さんにとって大変ショックだったと思いますし、その態度を受けたあとで千寿郎が父に認められたいと思っている事を聞いてしまうと、つい誤魔化したり、嘘をついたりしてしまうような場面だと思うのですが、煉獄さんはここで正直に千寿郎君へ認められなかった事を伝え、更に、認められる事が全てじゃない、同じ道を辿ろうとしなくていい。 千寿郎を信じていると諭すようにきっぱり伝えていた所が、煉獄さんの強さと優しさが表現されているようでとてもかっこいいなと思いました。 その強さが鬼になれば永久に死なずに、尚且つ強さを保持またはそれ以上にすることができる至高の領域に踏み入れることが出来ると話します。 しかし、煉獄は人間が老いることや死ぬことが儚さの中にある美しさであると言い、鬼になることを断ります。 怪我を負っている炭治郎が弱いと猗窩座は言いますが、煉獄は侮辱するなと言い放ちます。 確かに炭治郎は猗窩座の言う通り、下弦の鬼を倒すだけで立てない、刀も握れないほどの大怪我を負っています。 それに比べて柱でもある煉獄はまだまだ技も繰り出せる、強さが圧倒的に違います。 それでも一緒に戦い、鬼を倒すことで戦闘が難しくなっている状況を炭治郎は弱くないと、侮辱するなと言う、自分より下の人間の立場を理解できるからこそ炭治郎を庇う行動が出来るのだと思いました。 また、敵である猗窩座が褒め称えていることから煉獄杏寿郎の実力が遺憾なく発揮されているシーンだとも思います。 実力で敵わないのにも関わらず、日が昇る朝まで粘ろうとする根気が垣間見えるところも良いと感じています。 母親との約束を守り、後輩たちを助け、最後の最後まで先輩としての勇姿を見せ続けていました。 また、家族へも愛情のこもった遺言を残したシーンには、胸を打たれ煉獄さんの男としてのかっこよさを感じました。 全ての戦闘が終わり、瀕死の状態で炭治郎や列車の乗客を守り抜いたあとの余韻がカッコいいです。 そんな中でも、自分が死ぬことを気にしないで欲しいと炭治郎へ言葉をかけていました。 鬼殺隊の柱としての心構えも感じられるシーンでした。

次の

すごっ!『鬼滅の刃』声優・花江夏樹 ウエハースで驚異の「炭治郎率」を叩き出す

炭治郎イラストかっこいい

引用:鬼滅の刃7巻 これは7巻55話に登場するシーン。 鬼の術で柱になった報告をしに父の部屋を訪れる煉獄さんですが、父は煉獄さんが柱になった報告を受けても煉獄さんを見ようともせず、「柱になったからなんだ。 どうせたいしたものにはなれないんだ」と冷たくあしらいます。 ショックを受けつつ部屋を出ると、弟の千寿郎と会い、「父上は喜んでくれましたか?」と聞かれます。 さらに、「俺も柱になったら父上に認めて貰えるでしょうか」と言われました。 その後の回想では優しくて強い父へのリスペクトと、現在の父がどうしてあんなに堕落してしまったかへの疑問、千寿郎への思慮が描かれており、その上で煉獄さんは父は自分が柱になったことを喜んでくれなかったことを正直に、前向きに千寿郎へ伝えました。 父の態度は煉獄さんにとって大変ショックだったと思いますし、その態度を受けたあとで千寿郎が父に認められたいと思っている事を聞いてしまうと、つい誤魔化したり、嘘をついたりしてしまうような場面だと思うのですが、煉獄さんはここで正直に千寿郎君へ認められなかった事を伝え、更に、認められる事が全てじゃない、同じ道を辿ろうとしなくていい。 千寿郎を信じていると諭すようにきっぱり伝えていた所が、煉獄さんの強さと優しさが表現されているようでとてもかっこいいなと思いました。 その強さが鬼になれば永久に死なずに、尚且つ強さを保持またはそれ以上にすることができる至高の領域に踏み入れることが出来ると話します。 しかし、煉獄は人間が老いることや死ぬことが儚さの中にある美しさであると言い、鬼になることを断ります。 怪我を負っている炭治郎が弱いと猗窩座は言いますが、煉獄は侮辱するなと言い放ちます。 確かに炭治郎は猗窩座の言う通り、下弦の鬼を倒すだけで立てない、刀も握れないほどの大怪我を負っています。 それに比べて柱でもある煉獄はまだまだ技も繰り出せる、強さが圧倒的に違います。 それでも一緒に戦い、鬼を倒すことで戦闘が難しくなっている状況を炭治郎は弱くないと、侮辱するなと言う、自分より下の人間の立場を理解できるからこそ炭治郎を庇う行動が出来るのだと思いました。 また、敵である猗窩座が褒め称えていることから煉獄杏寿郎の実力が遺憾なく発揮されているシーンだとも思います。 実力で敵わないのにも関わらず、日が昇る朝まで粘ろうとする根気が垣間見えるところも良いと感じています。 母親との約束を守り、後輩たちを助け、最後の最後まで先輩としての勇姿を見せ続けていました。 また、家族へも愛情のこもった遺言を残したシーンには、胸を打たれ煉獄さんの男としてのかっこよさを感じました。 全ての戦闘が終わり、瀕死の状態で炭治郎や列車の乗客を守り抜いたあとの余韻がカッコいいです。 そんな中でも、自分が死ぬことを気にしないで欲しいと炭治郎へ言葉をかけていました。 鬼殺隊の柱としての心構えも感じられるシーンでした。

次の