アクセラレータ 死亡。 学園都市のレベル5で第1位!一方通行はダークヒーロー【とある魔術の禁書目録】【とある魔術の禁書目録】

岡本信彦

アクセラレータ 死亡

一方通行 アクセラレータ とは、『』の登場人物であり、格の一人。 : 概要 に7人しか存在しない の第。 の者、即ちの最優秀であり、常人をかにえた演算を持つ。 感情が昂ると暴な言動や残虐な戦い方をしたり、敵を痛めつけて快楽を感じる様な危うい面がある。 本名は不明。 作中では自身のである「一方通行(アクセラレータ)」の通称で呼ばれる。 本名は2で名前3の、らしいありふれた名前らしい。 新約15巻で去鳴から「意外とカイ名前」と言われている。 容姿はいとい眼が特徴で、では整った顔立ちと評価されている。 初登場は『』3巻(は10話)。 6をす絶対計画に参加し、1万人のを殺していたが、妨に来たに。 0のに負けたことにより関係者の間で疑念が生じ、はとなった。 この話は作品「」でも描かれている。 その後5巻の短編で再登場し、そこで初めてとしての活躍を見せる。 を救出する際にを損傷し、以降はの使用に制限が加わった 後述。 事件の裏側で暗躍する『 第2の』としては高く、とのいわば中間点に位置すると違い、側の人物として描かれているが、が進むにつれての領域にも踏み込んでいる。 作品「」では彼が単独でを務める。 は旧約5巻直後だが、この時起きた事件で『死』のを見ており、実は本人が認識してなかっただけでと関わっていた事が判明。 が挙げた『 三種の』の内の一人「 に大きな過ちを犯し、その罪に苦悩しながらも正しいを歩もうとする者」である。 足跡 同じ側に属する『第3の』のが「」としての側面から展開するのに対し、こちらは者としてのから展開する。 上述の5巻の一件でに損傷を受けて計算・言を失ったため、ミサカの波を借りることでそれを補っている。 との接続には状の専用機材を用いているが、専用は代替が利かないため普段は生活に不しない程度(それでもをつく必要はあるが)に節約している。 なお最大までしても、節約状態では時間、だと15分しか持たない。 演算の補助が失われると、を使用出来ないだけでく、言葉を理解する事や歩行すら出来なくなるため、の状態には常に気を使っている。 13巻では、とのにおいて切れに陥るも、外の『新たな』に覚め『い』を顕現させた。 半ば状態ながら圧倒的な破壊を見せた。 その後、暗部に確保され『』に所属することに。 ・()・と共に行動し『悪党』として精を出していたが、の現出に伴うの状態悪化を機にを脱出。 を治させるための方法を探して中のへ向かう。 では、追っ手の駆動をしたりにを抉られたりと殴り合ったりするうち、『』の存在に触れ、を治すためのがあると考え行動を開始。 カザキリから『歌』のを得ての救済に成功、自らの心にあった「何か」を取り戻す。 そして新たに『い』を発現させ、の最後の一手である『ベツレヘムの』の一撃を防ぐ事に成功。 彼の行動がを守る最後の一手を打ち、の趨勢を決める事となった。 超能力「一方通行(アクセラレータ)」 名は自身の呼び名でもある『一方通行(アクセラレータ)』。 作中においては、『』書き、『向き』とルビが振られており、量の方向を自在に操るなのであると理解できる。 勘違いされがちではあるが、あくまで、それも向き限定のであり、ーの操作は行えない。 なので、より正確に記すると「量のは操れないが、持っている方向を操ることができる」となる。 普段は『反射』に設定されていて、上で必要でないものや有なモノは全て自動で意識に反射される。 あくまで操作にすぎない為、余所からを集めても動かせるなども当然存在する。 「1のを限には出来ない」という事である。 的な接触に対しては上のを持つため、と言われることもあるが、の『』は絡め手が用いられた事もあり、では反射できなかったほか、のように技術と体術ですり抜けた者もいる。 それらとは別に、に対しては上手くが働かず、当初は攻撃を逸らす事でいでいた。 であるヒューズ=カザキリに関してはの根が場であった為、ある程度通じたが、根が『の テマ 』であり圧倒的なを持つ『』の『一掃』には全くが通用しなかった。 その他にもののに対しては認識すら出来ず、全く異なるので反射そのものを全て効化されていた。 を損傷する以前は「が滅んでも自分だけは立っていられる」としていたが、彼はあくまでであるため、飢餓・欠などの状況に陥れば当然ながら事では済まない。 さらにの時間も考慮すると、絶対のでないことがえる。 しかし、操作等のは単なる付加価値に過ぎず、彼ののは 『自身が観測した現から逆算して、限りなく本物に近い推論を導き出す事』・・・名が示す通り、粒子加速器 ター の如き演算である事が判明する。 の始まりとされるも、未だに大そのものが明された訳ではない。 直後にあったであろうと仮定される、いくつかの的な現が巨大な状の粒子加速装置内で・確認されただけだ。 者はそこから逆算していき、原初のを可な限りに頭の中で思い浮かべる作業を繰り返し、細部を少しずつ詰めていく訳である。 同じ事をすれば良い。 の『向き』を集中制御して攻撃に変換するなど、単なる付加価値に過ぎない。 おそらく彼の存在理由の核はここにこそ眠っている。 そのの名を。 とつけた時点で、きっと自分は本的に知っていた。 はもう一度、それをめて強く自覚し直しただけだ。 巻 第十一章 『にくにて』 P. 1地の文から抜 がこの名を冠したのは、自身のの核たる部分を本的に知っていたため。 作中では、や皮をはじめとする未知の存在の解析・再定義において、そのを垣間見る事が出来る。 副次的な問題点として、時はに頼りきっているため身体が低く、単純な戦ではのをもらっただけで吹っ飛んでしまう程に弱かった(もっともは常人のそれよりに強なのだが)。 暗部で活動するようになってからは、の使用を学んだりと善傾向にある。 意識のうちになども反射しているためかが崩れ、はくて眼は、体つきも 男か女かわからないものになっている。 で発現したのは戦、戦、戦、での戦の4回。 の意思が変調を来した時に発現する。 先述の<操作>との因果関係は不明。 このを発現してる時の彼は、の色の通りどすい「殺意」に塗りつぶされており、相手に対し一切の容赦がない。 ただし、戦においては、彼の意志によって最優先すべきへの安否を気遣う感情があったため、較的を持って行動・思考していた。 この状態であっても操作は可であり、と対峙した際にはいの持つ未知の領域から発生した『何らかの』を操作して、垣根をにたたき潰している。 によれば場としては『の(テマ)』に酷似していたが、実質が異なるものであったとのこと。 量は人ですら操りきれるか分からないにまで達していた。 によると「の時代」の、つまりセレマ教における十字教単一支配下の時代のらしく、その先の「ホルスの時代」をには一切の攻撃が通じなかった。 このと『6(絶対)』は別である様子を伺わせている。 6が現状では到達なのに対して、こちらはヒューズ=カザキリ・・をとする事で達成できるらしい。 白い翼 巻においての終局、生まれ変わったかのようにのいは純のへと変化し、頭上に純の輪が発生した。 いですらが多いの為、こちらは更にに包まれているが、的にはやはりに存在する・別位相の存在『』と同一のものである可性が高い。 で発現したのは現時点で3回。 上記の巻、新約7巻でが使用したの、新約10巻の戦で確認。 の持つ音速をかにえる高機動性と大なテマを保持している。 の一端として、• 一で上0mに到達する• 直後、更に上00mに上昇し、ユーラを消滅させるベツレヘムのの一撃を何らかので という描写がされている。 こちらはとなっている十字教のと異なり、の意識は残っており、ヒューズ=カザキリと同じ状態と言える。 この状態であっても操作は使えるが、テマに関しては未だ操作である。 に性質を変えるはの心理状態からも左右されており、この時の彼の精は狂気に満ちていた事が分かる。 しかし寸前のところでに止められ(のを確認し)、事なきを得た。 新約の一方さん 新約1~9巻 からの凱旋後は、、と共に宅に転がり込んでいる。 の『暗部』を解体させた影で、彼が所属する『』も上の活動休止。 新約1巻では表のに溶け込む努をしているもののと買い物に行っただけで精的に疲弊していた。 後に、とを交換。 やったね一方さんおが増えたよ! 宅にてからや共々、正式に『』の存在、の構成について教わる。 二度の戦では、によって複製されたと戦う事に。 を傷つけないとするの攻撃意欲を削いだが、駆け付けたの言葉で立ち直る。 最後は()に『』としての権限を乗っ取られた垣根の崩壊に、メを刺す形で辛勝する。 その後、「 」から、今の自身の在り方に疑問を抱いている事が摘された。 く、罪の償いの為に闘争のに浸る事を逃避としているとの事。 この傾向を踏まえ総体は「楽な方へ流されるな」と叱責した。 新約9巻でがを消滅させたが、彼も例外ではない。 がをに追い込むために創り上げた幾万・幾億ものの一つ「 o」ではと全に和解していた。 というよりも、このではは約2万人がしており、達の会話から事件はそもそも起こる前からに潰されていたようだ。 新約10~19巻 新約10巻ではを救う為に『』を敵に回したと再び交戦し、いを出したが。 しかし今度はある事情から(の為を想い)手加減していた。 を見た総体は「成長した」と評価している。 新約15巻ではのである去鳴から煽られてギレ。 にからは「とびきり面倒くさい」と認識されていた。 新約19巻ではの次代『書庫 』である「セッサ」を着用したA・O・カ(府)、を狙っていた。 途中でのことと交戦。 流石に系の人格で元演算装置のミナとは相性が悪かったのか、反射をすり抜けられにられている。 後、少しだけミナの放浪に付き添い、セッサを破壊する為に活動を再開する。 後に、()に制御を奪われた(自動)と対峙。 「……これは本来、の領分じゃァねェと思うンだがなァ」とボヤいてのもとへ吹き飛ばし、意図せず旧約1巻のを演出。 新約19巻で遂にと接触(ただし、化しているが)。 とはを取り出し、をおうとすると一触即発状態に。 と取引を終えたは・をに一旦預け、を携えたの眼前に出て「自分を殺す事の影と」をにを倒した。 物怖じしない彼? を見て、 「今のままじゃ何をやっても意味がねェ。 オマエに『恐怖』をさせてやる。 決着をつけるのはそれからだ」とひとまず決着を先延ばしにし、に協する事となる。 にした、そしてやと共にへ向かうべく動き始めた。 新約20~22巻リバース 新約最終巻 新約20巻、でのの途上、についての知識を補するため、による襲撃に備えてが用意していた人造「 ァ5」とし以降行動を共にするようになる。 ミンにてザースに遭遇した後は・と行動を共にした。 その後、を撃破する為にァを伴いして行動を開始。 新約巻にて、が『』を止めるために地脈・霊脈からの魔供給を遮断した影でそこからの魔供給を受け存在していたァが消滅しかけるが、以前使った技の応用でこれを回避。 以降ァは以上に忠を誓うようになった。 この時のの口説き文句はさながらである。 新約巻では途中の妨を受けながらも号に到着し、自身を経由してァをミサカに接続させる。 結果、ァは生命の とも邪悪の ォト とも異なる『 人造の 』をミサカから再定義し、に横たわる「 深淵」を乗り越えた。 深淵を越える作業はのが「の首領」という達人に生まれ変わるである。 8=3の位階で示されるビナーのセ、すなわち至高の三に到達したことを意味する。 ただしがえたのは、恐らくに横たわる深淵という違いがある。 なお、深淵を越えたこの間をもっていはと同質の「 透き通るざめたにく」に変貌を遂げている。 ちなみにァと接続し、にある程度の理解を示した状態の彼は、これまで以上にをに反射できるようになっている。 その大な圧でもってから実体を奪うことに成功した。 事件終息後、死に際のと対話し、の身柄と統括理事長の全権限を相続。 上の 統括理事長に就任した。 新約巻ではの脅しによって敵対する事となったードと対峙。 オジギなど最新技術を惜しみなく使い、そして自分自身すらのの一つに過ぎないと言い放ち、最後には右の拳でードを撃破。 本人くこれが「統括理事長としての外交」らしい。 その後諸々が終わりへと帰還。 統括理事会の面々の居る室へと堂々と入り込み、者をと呼んで憚らない『達』へと、堂々と""をした。 「 それじゃ注、統括理事長のです。 みンなよろしくね」 余談だが、今回の件にてとの「必ず戻る」をようやく自分ので果たす事となった。 ニコニコ動画での扱い 先述の通り、彼はを大切にしているダーなである。 で、ついたあだ名が。 他にも準拠でのとの関係から、 一方好意(ナレータ) での「のを剥いだ後を呼ばれピーポーピーポーの例の音をにでる」で作られた物だと思われる、 (サツヨタ) 同じく上記のでサツからタ てるだけであり、もしていないのでばっくれる、という言葉の意味としては正しくはいが呂がよければ全てよし! ので 一方逃走(ータ) 他にも、など各種にて独自の呼び名が登場している。 が、中でも扱いはもはや定番となっており、の一に挙げられるほどである。 当然ながら、あくまでである。 彼が本当にであると作中で示唆されたわけではない。 また、と戦った際に「 こっから先は(いっぽうつうこう)だ」というを放ったが有名であるが、これを言ったのは後にも先にもここだけであり、特に決めとして定着しているわけでもない…はずだったが、上記のである『』や向け『』のでは決めのように扱われている。 8巻では「 侵入は禁止ってなァ!! 」と続いていたりするが、残念ながら二期ではされている。 その事を残念がっている彼のもいるとかいないとか。 お絵カキコ 関連動画 アニメ初登場回 「」「」それぞれで初登場した回(より) MADなど については「 」の記事を参照してください。 関連静画 関連項目• ・・・の名称• ・・・•

次の

一方通行(アクセラレータ)とは (アクセラレータとは) [単語記事]

アクセラレータ 死亡

アクセラレータとは、加速器、加速装置、促進剤などの意味を持つ英単語で、ITの分野では機器やソフトウェア、システムなどに追加して性能を向上させる機材などのことを意味する。 アクセラレータによって性能を増強することを「」(acceleration)という。 コンピュータシステムにおけるアクセラレータはほとんどの場合、CPUとソフトウェアによる性能の限界を打ち破るために特定用途のなどのハードウェアを追加する「ハードウェアアクセラレータ」(hardware accelerator)の形で実装される。 ただし、分野や対象によっては処理方式などを根本的に入れ替えて本来のソフトウェアよりも大幅な性能向上を行う「ソフトウェアアクセラレータ」(software accelerator)が用いられる場合もある。 また、ネットワークの分野では、それ自体が単体で機能するサーバなどのシステムであっても、他のサーバやネットワークなどの性能やを向上させるために用いられるものはアクセラレータと呼ばれることがある。 当サイト「IT用語辞典 e-Words」 アイティーようごじてん イーワーズ はIT Information Technology:情報技術 用語のオンライン辞典です。 コンピュータ・情報・通信などを中心とする各分野の用語について、キーワード検索や五十音索引から調べることができます。 用語の意味や定義、概要や要約、略語や別表記、英語表記や綴り、フルスペル、読み方や発音、仕組みや役割、歴史や由来、語源、構造や構成、要素、特徴、機能や性能、諸元、規格や仕様、標準、原因や要因、手法や方法、方式、種類や分類、利点やメリット、欠点やデメリット、問題点、対義語や類義語との違い、用例や事例、具体例、画像や図表、関連用語、外部資料や別の辞典による解説へのリンクなどを掲載しています。 株 インセプトが制作・運営しています。 お問い合わせは まで。

次の

アクセラレーターとインキュベーターの違いは?

アクセラレータ 死亡

とある魔術の禁書目録の原作で上条さんが死んだそうですが 質問させて頂きます。 とある魔術の禁書目録はアニメでしか知りませんが、原作の文庫本では 主人公の上条さんが死ぬと聞きました。 しかし物語自体は続くようですが、これは上条さんは完全に死んで 変わりの主人公の視点で続くのでしょうか? また、上条さんが死ぬまでの経緯と。 インデックスや御坂周りの反応を教えてください。 ネタバレはかまいません。 補足ご回答有難うございます。 ネタバレを含む質問タイトルにして申し訳ありません…。 詳細な説明有難うございます。 原作を是非読んでみたくなりましたが、1巻から順に読んでいったほうがいいでしょうか? また、原作自体はまだまだ続くという認識で合っていますでしょうか? ネタバレ注意 原作では、物語の主人公は「3人」という事で進められています。 一人は上条さん。 一人は一方通行。 もう一人はまだアニメに出てきてない男(おそらく2期最終話らへんで出てきます)原作のあとがきでも、「主人公達」と書かれることが多いです。 例えば、15巻は完全に一方通行が主人公で一方通行視点が多いです(3人目の主人公も15巻では主人公的立場で大活躍します) 現在2期が放映されてますが、17話からの話(原作では12巻と13巻にあたります)は上条視点と一方通行視点の二つの出来事で作られています。 19巻は一方通行と3人目の主人公の二人の視点で。 20巻~22巻は上条、一方通行、3人目の主人公 それぞれ3人の視点で別々の出来事(全体的には同じ)が書かれています。 で、上条の「死」についてですが、憶測が飛び交っています。 明確に「死んだ」という記述はなく、曖昧なんですよね。 原作では「そして上条当麻は『二度目の死』を迎えることとなる」と書かれています。 この記述の前に、上条が記憶喪失になったことを「一度目の死」と例えている箇所がありました。 なので、『二度目の死』というのは二度目の記憶喪失という事の暗喩ではないか?という意見もあります。 上条さんが死ぬ経緯ですが、ほぼ完全にネタバレになりますので簡単に言うと、天使が暴れだし、このままでは世界全てが吹っ飛ぶ状況になり、上条さんが一人で天使に立ち向かいました。 見事世界を救いましたが、戦いの後海に落ちて終了。 その後のステイルたちの反応からして本当に亡くなったのだと思われます。 インデックスはまだ知らされてないと思います。 御坂については、2期17話で御坂と一緒に手に入れた、当麻のゲコ太ストラップが海岸に漂着してるのを偶然見つけて・・・という感じです。 補足 こちらこそネタバレしまくってすいません。 質問者様と、この質問を見ておられる方にお詫び申し上げます。 原作は、できれば1巻から読んでもらいたいですが、6巻までの内容は1期で終わってますし、アニメをみただけでも7巻以降の話についていけるのでお財布と相談してください。 2期の範囲は7巻から13巻+SS1巻との事なので、14巻からというのもアリですよ。 ただ、きちんとこの物語を把握しておきたいなら1巻からを奨めます。 原作についてはそろそろ終盤といったところですが、まだ回収しきれてないフラグが多いので最低でもあと5巻はあるかと。

次の