自閉症 ブログ ランキング。 【自閉症】「療育をしても改善されない・・」どうしたらいいの?【後編】

ミニマリスト 人気ブログランキングとブログ検索

自閉症 ブログ ランキング

こんにちは、ぴょんたろうです。 高機能自閉症の子供を育てています。 今回は、療育がうまくいかない原因の後編を書きます。 基本的に筆者が思うのは、考えた支援が1回目でうまくいかないのがむしろ当たり前だということです。 もしうまくいったとしたら、あなたの療育のセンスが素晴らしいということです。 子供ができない、療育が効果がないのではなく、です。 その子供にあった支援というのは大前提なのですが、どうしても本人が使うのですから試してもらうということがあると思います。 1度試してはじめて「あっここはつまずくんだな」「これだと使いにくいな」という具体的な課題が見えてくるからです。 その課題を見つけるためのヒントが「原因」というわけです。 ですからうまくいかなくても問題ないのです。 療育がうまくいかない理由とは?【後編】 そもそも子供の調子が悪い日だった 調子が悪いときは誰にでもあります。 特に「注意力と集中力」は環境要因に簡単に左右されてしまいます。 少し寝不足だったり、疲れがたまっていたり、天気が悪く低気圧が近づいていたり、季節の節目だったり、感覚が過敏な日だったり、新しいできごとがあったり・・・ そのような状態では、なかなか作業に集中できないことと思います。 いつもできているからといって、その日のコンディションによっては全然できない・落ち着かないということもあり得るということを理解しておきましょう。 指示が簡潔ではない・多い・具体的ではない 指示を複数出したり、簡潔でなかったり課題をしているときに話しかけていたりしませんか。 これもうまくいかない原因になることがあります。 指示は短く、子供がわかりにくいようでしたら視覚的な手がかりも添えてやってみましょう。 課題の好子が効果的ではない 子どもの行動が増えるようなもの(活動も含)を好子といいます。 ご褒美のようなものですね。 療育のいちばん始めに「子供の好子になるものを探す」ことがいいと思います。 ここで注意しなければならないのは、大人や親が思う「これをしたら喜ぶだろう」というのは、好子ではないということです。 子供がその時に興味があることを探すのです。 まとめ 療育がうまくいかないと、「こんなに子育てに苦労しなくちゃいけないなんてそんな時間とれない!!」とすら思ってしまうことがあるかもしれません。 発達障害の子を持つ親は、「 手間・時間・お金・精神的エネルギー」どれをとっても色々なリソースを子供に割かなければなりません。 そのためうまくいかないと「こんなに色々やったうえにうまくいかないなら療育なんて時間とエネルギーの無駄じゃん!!」と思ってしまう気持ちになりませんか。 筆者はそうはなったことがあります。 むしろ、診断がついた初期の頃、 子供に効果的な療育ってどういうものか?知ったとき「とてもじゃないけどこんなことをしなきゃいけないんて無理!」と療育自体が身近ではなさすぎて、最初からできる気がしませんでした。 ですが、やらなければいつまでもゼロです。 効果がある療育のプログラムを子供一人にそってかんがえるのはとても難しいです。 ですが、もしそれが「子供に必要なもの」ならば迷わず親はやるでしょう。 視力が落ちたら眼鏡やコンタクトをします。 それと同じです。 自閉症の子供にとって支援やサポートは必要なものなのです。 「やってもやらなくてもいいよ」ではなくて、必要なものだと思っています。 それを不要だと決めて斬り捨ててしまう権利があるほど親は偉くないと思います。 だから、私は細々とやっています。 (苦笑) 親としての自信のなさが、そうさせているのかもしれませんね。 そう思うと「自信がある」から必ずしも物事というのは遂行できるわけでもないのですね。 わかっていること、できていることは「しない(不要)」のと同じなのかもしれません。 できないからこそ必要なのですね。 さあ、あなたのお子さんにとって療育とはなんでしょうか?.

次の

自閉症児育児 人気ブログランキング

自閉症 ブログ ランキング

こんにちは、ぴょんたろうです。 発達障害の子供を育てている親御さんならば、療育という言葉をご存知かと思います。 療育は、脳の臨界期的にも小学生低学年くらいまで(遅くても10歳くらいまで)に身に着けたいものです。 前頭葉(大人の判断や思考など、脳の司令塔)は成人を過ぎても発達します。 むしろ、25歳をすぎて30手前の頃になるとようやく「大人の判断」ができるようになってきます。 恋愛でもそうですよね。 10代後半のときと30手前くらいからでは異性を選ぶときの判断材料も変わってきます。 以上の理由(脳の臨界期)から、習慣に関わる身辺自立などの課題は小学校のうちには身に着けて置かないと、ずっと身につかない(身に着けるのが難しい)恐れがあります。 実際には小学校では遅いので、幼稚園の時期に発達支援を受けることが多いですよね。 小学生になってから療育(家事や自立するスキルを教える)では、遅い理由は以下です。 (筆者は全然できていません。 だからこそ皆さんはお子さんに早めに教えてあげて欲しいです。 ) ・自閉症はルーティン化しやすい ・そのため、 間違った学習も定着しやすい。 行動の手段として誤った学習をしていたり、それが本人にとって苦しいこだわりになってしまっていたり、概念の解釈や認知が歪んでいたら、 早めに改善してあげないといけません、あとで変容するのは大変だからです。 あなたは、箸の持ち方を突然変えられますか。 ランニングのフォームや、ラケットの持ち方打ち方の癖をすぐに変えられるでしょうか。 間違って覚えると、とても修正が大変なのです。 できないことはないのですが、認知の変容も行動変容も型が決まってしまったあとからでは修正することはもっとずっと大変になってしまうと思います。 一人では無理なこともあるでしょう。 ですから、療育は早く始めるのが正解です。 そして、最初から正しい方法(やり方)で教えることがとても大事なのです。 (スモールステップとは別の話です。 ) 今回はそんな療育を頑張っている人がうまくいかない場合の原因について公開していきます。 今回、参考にした本はこちら。 自閉症の療育がうまくいかない【原因】 子供の注意がむいていない 必ず最初に確認してください。 筆者もうっかりできてないことが多いです。 そもそも自閉症は人(親)がしゃべり始めたからといって 「あ、お母さんがしゃべっているから何をいっているのかよく聞かなくちゃ」と思わないことが多いと思います。 子供が何かに夢中になっていたり集中していたり、スケジュールで〇〇をしてる時間と決まっているならばなおさらです。 同じ理由でパニックやかんしゃくを起こしているときなどに指示を出しても子供の耳には音の大きさの刺激(ノイズ)が入ってくるだけで、理解までは及ばないでしょう。 ぐるぐる回ってたり、没頭する遊びをしているときも外に注意がむいていません。 ああ、おんも行きたいのね。 この場合は、「絵カード」で見せるよりも「靴」というのがお出かけのキューになっているのですね。 筆者の息子は、お風呂に入るとき入浴剤を選んでもらっていました。 ですから「入浴剤を選ぶ」=お風呂の合図 になっています。 (苦笑) このように「お風呂の絵カード」が実際に今、お風呂に入ることの意味を表すことが伝わりやすいかどうか?は子供の理解度によっても変わってくるのです。 また、理解度にあわせて支援を変えていくのも忘れないようにしましょう。 ずっと同じ支援を続けていくのではなく、理解があがったらフェーディングしていくといいのだそうです。 (これは療育のK先生がよく言ってくれていました。 ) そんなこといってもホテルじゃあるまいし。 1空間に1つのモノだけ優雅に置いたら、場所がとられてしょうがないのよね。 そうですよね。 そんな時には、大きい布で注意がそれやすい乱雑なものを覆ってしまうという手もあります。 日常でもよくやりますよね。 かごの上に布で目隠しをしたり。 そのように工夫して子供が集中しやすい環境を作りましょう。

次の

自閉症児育児 人気ブログランキング

自閉症 ブログ ランキング

こんにちは、ぴょんたろうです。 高機能自閉症の子供を育てています。 今回は、療育がうまくいかない原因の後編を書きます。 基本的に筆者が思うのは、考えた支援が1回目でうまくいかないのがむしろ当たり前だということです。 もしうまくいったとしたら、あなたの療育のセンスが素晴らしいということです。 子供ができない、療育が効果がないのではなく、です。 その子供にあった支援というのは大前提なのですが、どうしても本人が使うのですから試してもらうということがあると思います。 1度試してはじめて「あっここはつまずくんだな」「これだと使いにくいな」という具体的な課題が見えてくるからです。 その課題を見つけるためのヒントが「原因」というわけです。 ですからうまくいかなくても問題ないのです。 療育がうまくいかない理由とは?【後編】 そもそも子供の調子が悪い日だった 調子が悪いときは誰にでもあります。 特に「注意力と集中力」は環境要因に簡単に左右されてしまいます。 少し寝不足だったり、疲れがたまっていたり、天気が悪く低気圧が近づいていたり、季節の節目だったり、感覚が過敏な日だったり、新しいできごとがあったり・・・ そのような状態では、なかなか作業に集中できないことと思います。 いつもできているからといって、その日のコンディションによっては全然できない・落ち着かないということもあり得るということを理解しておきましょう。 指示が簡潔ではない・多い・具体的ではない 指示を複数出したり、簡潔でなかったり課題をしているときに話しかけていたりしませんか。 これもうまくいかない原因になることがあります。 指示は短く、子供がわかりにくいようでしたら視覚的な手がかりも添えてやってみましょう。 課題の好子が効果的ではない 子どもの行動が増えるようなもの(活動も含)を好子といいます。 ご褒美のようなものですね。 療育のいちばん始めに「子供の好子になるものを探す」ことがいいと思います。 ここで注意しなければならないのは、大人や親が思う「これをしたら喜ぶだろう」というのは、好子ではないということです。 子供がその時に興味があることを探すのです。 まとめ 療育がうまくいかないと、「こんなに子育てに苦労しなくちゃいけないなんてそんな時間とれない!!」とすら思ってしまうことがあるかもしれません。 発達障害の子を持つ親は、「 手間・時間・お金・精神的エネルギー」どれをとっても色々なリソースを子供に割かなければなりません。 そのためうまくいかないと「こんなに色々やったうえにうまくいかないなら療育なんて時間とエネルギーの無駄じゃん!!」と思ってしまう気持ちになりませんか。 筆者はそうはなったことがあります。 むしろ、診断がついた初期の頃、 子供に効果的な療育ってどういうものか?知ったとき「とてもじゃないけどこんなことをしなきゃいけないんて無理!」と療育自体が身近ではなさすぎて、最初からできる気がしませんでした。 ですが、やらなければいつまでもゼロです。 効果がある療育のプログラムを子供一人にそってかんがえるのはとても難しいです。 ですが、もしそれが「子供に必要なもの」ならば迷わず親はやるでしょう。 視力が落ちたら眼鏡やコンタクトをします。 それと同じです。 自閉症の子供にとって支援やサポートは必要なものなのです。 「やってもやらなくてもいいよ」ではなくて、必要なものだと思っています。 それを不要だと決めて斬り捨ててしまう権利があるほど親は偉くないと思います。 だから、私は細々とやっています。 (苦笑) 親としての自信のなさが、そうさせているのかもしれませんね。 そう思うと「自信がある」から必ずしも物事というのは遂行できるわけでもないのですね。 わかっていること、できていることは「しない(不要)」のと同じなのかもしれません。 できないからこそ必要なのですね。 さあ、あなたのお子さんにとって療育とはなんでしょうか?.

次の