国民 健康 保険 クレジット カード。 税金・社会保険料・公共料金をクレカで支払いマイルやポイントを獲得しよう

税金・社会保険料・公共料金をクレカで支払いマイルやポイントを獲得しよう

国民 健康 保険 クレジット カード

国民健康保険料(税)のクレジットカード払いはどこで? 国民健康保険料(税)は、ヤフー株式会社が運営する「」からクレジットカードで支払うことができます。 手続き方法を確認する前に「Yahoo!公金支払い」で国民健康保険料(税)を支払うときのポイントをまとめましたので、確認していきましょう。 平成31年4月5日現在、以下の市区町村で納付が可能です。 但し、 「2回払い」「ボーナス払い」はできません。 また、分割払いの場合、クレジットカード会社の契約内容によっては事前申し込みが必要な場合もありますので、支払可能回数など事前に確認しておきましょう。 「Yahoo!公金支払い」では、住民税のクレジットカード払い(分割払い)も可能です。 期限が過ぎている納付書は支払い手続きができませんので、注意してください。 領収書が必要な場合は、コンビニや金融機関、市区町村窓口での支払いとなります。 納付書1枚につき 10,000円までは無料で、 10,001円からは決済手数料が発生する市区町村が多いですが、中には1件目から手数料がかかる地域もあります。 決済手数料については簡単に確認する方法がありますので、このあとの納付方法で解説していきます。 公金支払い)が利用できるクレジットカードは以下の通りです。 公金支払い」は、Yahoo JAPANのIDを持っていない人でも利用することができます。 但し、貯まったTポイントを使う場合や支払手続き完了メールを受け取りたい場合はYahoo JAPAN IDでログインして手続きをする必要があります。 ) 国民健康保険料(税)のクレジットカード払い方法を確認 国民健康保険料(税)のクレジットカード払い(Yahoo! 公金支払い)の手続きには、納付書の「納付番号」と「確認番号」(市区町村によっては通知番号)が必要です。 また、クレジットカードの「カード番号」「セキュリティコード」「氏名(カナ)」「有効期限」」の入力が必要になるので、事前に 国民健康保険料(税)納付書と クレジットカードを用意してください。 納付方法 それでは、国民健康保険料(税)のクレジットカード払い(Yahoo! 公金支払い)の手続き方法を確認していきましょう。 (Yahoo! JAPAN IDでログインして手続きをする人は、事前にログインをしておいてください。 ) 「」のトップメニューから 『税目から探す』をタップし、次に 『国民健康保険』をタップします。 このとき 納付先の都道府県、市区町村が表示されていない場合は、クレジットカード払いを受付けていないということになります。 すると、手数料などの確認ページが表示されます。 正確な手数料金額を調べるには、その下の 『手数料・支払額シミュレーター』が便利です^^ 注意事項を確認し、チェックボックスにチェックを入れて 『お支払い画面へ』をタップ。 次に納付書を確認しながら「納付番号」と「確認番号」を入力して 『次へ』をタップします。 但し、同一税目を複数枚支払う場合は「Yahoo! JAPAN ID」でログインするか、決済結果通知用のメールアドレスの登録が必要です。 「納付金額と手数料金額の確認」 納付金額と手数料金額を確認します。 Yahoo JAPAN IDでログインしている人で利用可能なTポイントがある場合は表示されていますので、利用する場合はポイントを入力してください。 「クレジットカード情報を入力」 『支払いカード』を選択して、『支払い区分』で支払回数を選択します。 あとは、内容を確認して 『支払う』をタップすれば手続きは完了です。 支払完了の確認方法 無事に支払が完了しているかを確認する方法は、「Yahoo JAPAN IDでログインして支払った場合」と「Yahoo JAPAN IDでログインせずに支払った場合」とで異なります。 <Yahoo JAPAN IDでログインせずに支払った場合> 再度、納付情報(支払い時と同じ情報)を入力し、支払い情報の入力ページまで進みます。 支払い手続きが完了しているときは、 「お支払い手続きはすでに完了しています。 」と表示されますので、この時点で支払完了を確認することができます。 メリットとデメリットを確認 国民健康保険料(税)のクレジットカード払い(Yahoo!公金支払い)のメリット、デメリットをまとめましたので、確認していきましょう。 <メリット>• 分割払いが可能• 貯まったTポイントが利用できる• クレジットカードのポイントやマイルが貯まる• Yahoo JAPAN IDがなくても24時間いつでも納付できる <デメリット>• 決済手数料がかかる• 領収書が発行されない デメリットの「決済手数料」は気になりますが、メリットの「Tポイントで支払える」ことと「分割払いができる」点は大きいと思います。 決済手数料は貯まったTポイントで支払ってクレジットカードのポイントやマイルを貯めるなど、使い方次第でお得になると思います^^ 少しでも多くポイントやマイルを貯めたいと思っている方は、お住まいの市区町村が「Yahoo!公金支払い」に対応しているか調べてみてください。 それでは今日も最後までお読みいただきありがとうございました。 この記事が少しでもあなたのお役に立てたら幸いです。

次の

国民年金はクレジットカードで支払える!そのメリット・デメリットを解説

国民 健康 保険 クレジット カード

2年分支払い(前納) 4月分から翌々年3月分までの保険料をまとめて4月末に立替。 割引額は現金で2年分を前納する場合と同様です。 <ご注意事項>• お支払いいただける保険料は、「定額保険料」および「付加保険料込みの定額保険料」となります(保険料の一部を免除されている場合はご利用いただけません)。 前納(半年、1年または2年)をご希望の場合は、2月末日までにお申込みください。 3月1日以降に前納をお申込みいただいた場合は、次の前納期(4月または10月)までは、毎月支払いとなる場合があります。 クレジットカード払いは、口座振替割引が適用されません。 お支払回数は、1回払いのみとなります。 分割払いやリボ払いなどはご利用いただけません。 掲載の情報は2017年3月現在のものです。 申込用紙・お手続き方法は変更となる場合があります。

次の

国民健康保険はクレジットカード・電子マネーで支払える!

国民 健康 保険 クレジット カード

国民健康保険料のクレジットカード払い 国民健康保険料もクレジットカード払いが可能です。 税金のクレジットカード払いでは、「nanaco」「Yahoo! 公金支払い」「ちょコム送金」という3種類のオプションが利用できましたが、国民健康保険料の納付で利用できるのは「nanaco」と「Yahoo! 公金支払い」のみです。 但し、「Yahoo! 公金支払い」で国民健康保険料の納付ができる自治体は2013年1月8日時点で以下のたった20自治体のみです。 北海道(余市町、浦幌町)、茨城県(日立市、下妻市、守谷市)、栃木県(鹿沼市、小山市、さくら市)、埼玉県(新座市、北本市)、千葉県(横芝光町)、東京都(豊島区、足立区、武蔵野市、西東京市)、神奈川県(厚木市)、富山県(射水市)、三重県(いなべ市)、鳥取県(三朝町)、長崎県(波佐見町) 国民健康保険料のクレジットカード払いに利用できるオプションは実質的には「nanaco」のみと考えていいでしょう。 nanacoで国民健康保険料支払う nanacoで国民健康保険料を支払うためには、CVS収納用バーコードの付いた納付書が必要です。 口座振替による支払いをしている人以外には毎年6月に納付書が送付されてきますね。 口座振替している方はお住まいの自治体の国保・年金課に支払方法の変更を申し出てください。 このCVS収納用バーコードを持って、コンビニエンスストアに行けば、現金による国民健康保険料の支払いが可能です。 では、どうやって、国民健康保険料をクレジットカード払いするか? 「nanacoクレジットチャージ」でポイントの貯まるクレジットカードで、nanacoに入金し、そのnanacoでもってセブンイレブンでCVS収納用バーコードの付いた納付書を支払うのです。 と全く同じ手法です。 左記のリンク先には、「nanacoクレジットチャージ」でポイントが貯まるクレジットカード一覧が掲載してありますので是非入手してみてください。 現時点では、「nanacoクレジットチャージ」でポイントが貯まり、で「nanacoクレジットチャージ」を行い、そのnanaco電子マネーでセブンイレブンで国民健康保険料を支払うのがベストな選択です。 nanacoに入金できる金額に上限があることを気にされる方もあるかも知れませんが、以下に述べるように、国民健康保険料には法律により上限が設定されていますのでその心配は必要ありません。 国民健康保険料の上限 国民健康保険料とは、医療給付費分保険料と後期高齢者支援金分保険料と介護納付金分保険料(40歳以上65歳未満の方を含む世帯のみ対象)という3つの保険料の合計額です。 それぞれの課税額は、地方税法により、「課税額は、納税義務者間の負担の衡平を考慮して政令で定める金額を超えることができない。 」と定められています。 上限が設定されているわけですね。 そして、地方税法施行令の第56条の88の2(国民健康保険税の基礎課税額等の限度)では、• 法第703条の4第12項に規定する政令で定める金額は、51万円とする。 法第703条の4第21項に規定する政令で定める金額は、14万円とする。 法第703条の4第30項に規定する政令で定める金額は、12万円とする。 とあり、医療給付費分保険料と後期高齢者支援金分保険料と介護納付金分保険料の具体的な上限金額が定められています。 高額納税者番付に載るような人でも、77万円を超えて国民健康保険料が徴収されることはないということです。 多くの自治体では、1年分の国民健康保険料を、6月から翌3月までの10ヶ月間で納付するのが通例です。 つまり、国民健康保険料の一ヶ月分の上限は77,000円を超えることはありません。

次の