ソイプロテイン 下痢。 プロテインで下痢になる原因と対策4つ!下痢になると無駄になる?|DO IT(ドゥーイット)

ホエイプロテインを飲むと下痢してしまいます。だとしたら個人的に...

ソイプロテイン 下痢

冷たい牛乳を飲んだら、お腹がゴロゴロとしたことありませんか?胃やお腹に痛みや不快感が出ると、気分まで下がってしまいますよね。 ホエイプロテインの原料は牛乳です。 プロテインユーザーから、プロテインを飲むとお腹が痛くなったり、胃がムカムカしたりするという声を聴くことがあります。 身体に良いはずの食品が、どうして 胃痛や 腹痛につながってしまうのでしょうか。 その原因はプロテインにあるのか?それともお腹や胃腸などの身体にあるのか?今回は プロテインとお腹の関係について解説します。 プロテインで腹痛や胃痛になる原因 乳糖不耐症の可能性 プロテインの中でも主流なのは、牛乳を原料としたホエイプロテインやカゼインプロテインです。 牛乳には 乳糖(ラクトース)という成分があり、体内での消化にはラクターゼという酵素が必須です。 しかし人を含むほとんどの哺乳類は離乳と共に、このラクターゼの活性は低下していきます。 成人になっても、ラクターゼの活性を高い水準でキープしている人の割合は、国や地域によって異なりますが、牧畜が盛んな文化を持つ国の人は比較的ラクターゼの活性が高く、そうでない国の人は低いという研究報告もあります [1]。 つまり身体に入ってきたのはいいけれど、消化するための酵素がない……。 この症状を「 乳糖不耐症」といいます。 余分な水分を体外に排出しようとした結果が「 下痢」につながるのです。 ホエイプロテインやカゼインプロテインを飲むと高い確率で下痢や腹痛を起こす場合、この「乳糖不耐症」である可能性が考えられます。 あわせて読みたい• 腸内環境 腸には細菌がおよそ1,000種類、100兆個以上も存在するといわれており、腸内細菌のバランスが健康状態に大きく影響すると考えられています。 また「 脳腸相関」といって、 腸内環境(善玉菌、日和見菌、悪玉菌のバランス)が自律神経やホルモンの調整に関係していることも明らかになってきました [2]。 一度に摂取できるタンパク質量には限界があります。 プロテインが筋肉をサポートするからといって、一度に大量に摂取すると、消化吸収しきれなかったタンパク質は腸内に送られることになります。 余分なタンパク質は「悪玉菌」の格好のエサとなり増殖。 悪玉菌はタンパク質を腐敗させ、有害物質(ガスや発がん性物質)が発生することで、腸内環境が乱れてしまうのです。 これらにより便秘や下痢、腹部膨満感など胃腸にまつわるトラブルを起こしやすくなってしまいます。 摂取するタイミング 「プロテインを就寝前に飲むとよい」と聞いたので、寝る直前に飲んている方もいらっしゃるかもしれません。 しかし 飲食をした後、すぐに横になると胃腸への負担が大きくなります。 「 逆流性食道炎」といって、強い酸性の胃液や胃で消化される途中の食物が、逆流することで食道が炎症を起こし、胸やけや胸の痛みなどの症状があらわれる病気を引き起こしやすくなります。 また「トレーニング後すぐにプロテインを飲まないといけない!」ということにこだわり過ぎて、 トレーニング直後に息が上がったままプロテインをゴクゴク飲むことも負担が大きくなる原因です。 運動後、交感神経が優位な状態の身体は、胃腸の活動が低下している状態です。 「 ゆったりシャワーを浴びて、着替えを済ませてからでも間に合う」くらいの気持ちでいたほうが、交感神経の興奮がおさまり、胃腸も活動しやすくなるため、身体への負担は少なくなります。 ホエイプロテイン100 WPI バナナ風味 1kg• 大豆が原料のソイプロテインを選ぶ 乳糖不耐症の方には、乳糖が含まれない大豆を原料とした ソイプロテインもおすすめです。 ソイプロテインに含まれる食物繊維は、身体づくりをサポートしてくれます。 腸内環境が気になる方 生きた善玉菌「プロバイオティクス」を直接摂取する• ヨーグルト• 乳酸菌飲料• 漬物 など、「 ビフィズス菌」や「 乳酸菌」を食事に取り入れましょう。 善玉菌を増やす作用のある「プレバイオティクス」を摂取する• 野菜類• 果物類• 豆類 などに多く含まれる「 オリゴ糖」「 食物繊維」を食事に取り入れましょう。 便の状態を欠かさずチェックする 善玉菌がよく働いているときは、 黄色から褐色の便で、匂いがあっても臭くなく、形状は柔らかいバナナ状が理想とされています。 反対に 黒っぽく濃い色で悪臭がある便は、腸内細菌のバランスが悪くなっている状態ですので、観察の目安にしましょう。 胸やけや腹部膨満感が気になる方 少量を数回に分ける 一度に大量のプロテインを摂取することで、お腹が張ったり下痢をしてしまう方は、 数回に分けて摂取することをおすすめします。 吸収の効率を上げると同時に、内臓の負担を減らせます。 時間を空ける トレーニング直後に摂取して不快感のある方は、身体の興奮を抑えるために 少し時間を空けるようにしましょう。 クールダウンやシャワーを済ませても効果的な摂取は十分に可能です。 呼吸を整え、落ち着いてからゆっくりと味わいましょう。 あわせて読みたい• まとめ 「You are what you eat. (あなたはあなたの食べたものでできている)」 という言葉があります。 栄養は身体をつくるうえで、大切なものです。 特に タンパク質は身体に不可欠な栄養素の代表格です。 三食のバランスの良い食生活を基本としたうえで、うまくプロテインを活用すると、あなたの身体づくりのサポートを一役買ってくれることでしょう。 身体はとても賢く、もし身体に不調があれば「痛みや不快感」というかたちで知らせてくれます。 身体からのSOSは、不調を見直すためのヒントだと考えてみましょう。 自分の身体を知ることは、自分が食べたものや食べ方を知ることでもあるのです。

次の

プロテインでアレルギー?! 蕁麻疹や下痢が気になったら注意すべきこと

ソイプロテイン 下痢

こんにちは!マスターです! 細マッチョの体になりたい…と悩んでいる男性の方は多いと思いますが、そんな方は、筋トレと同時に、プロテインを摂取していることが多いのではないでしょうか。 プロテインは、良質なタンパク質を手軽に補給することが出来ることから、トレーニングには欠かせないものです。 しかし、中には、プロテインを飲むことによって、実は「胃痛が起きてしまう」という方や、「胃がむかむかしてしまい、気持ち悪くなってしまう」という方も一定数居るようです。 筋肉量を増やしたい場合、プロテインは必須ですが、胃が気持ち悪くなってしまったり、胃が痛くなってしまうと、飲むことが厳しくなってしまいますよね。 飲みたくても継続して飲むことが難しくなってしまうといえるでしょう。 インターネットを見ていても、これと同様の人は結構居るようで、世の中には、プロテインが体に合わない方も居るようです。 そこで、プロテインが胃痛を引き起こしてしまう理由や、またその対処方法について、詳しく見ていきましょう。 プロテインの胃痛はなぜ起こる? プロテインを飲むと、胃が痛くなってしまうと言う方は結構な割合で居るようです。 もちろんなんともないという方も居ますが、毎回トレーニング後に飲むたびに、胃が痛くなってしまい、嘔吐をしてしまったり、あるいは吐き気と激しい腹痛に悩まされるという方も居るようです。 これは日本国内だけではなく、海外サイトを見ていても、こういった方はいるようで、プロテインを摂取した後に、胃の痛みや、吐き気、嘔吐などの症状が現れるということがあるようです。 そこで、プロテインによるこのような胃の痛みの原因はどういった原因があるのでしょうか。 これらの原因に関しては、実は 結論から言うと、詳しい理由は分かっていないといえるでしょう。 ただ、 このプロテインのアレルギーではないかという予測もされていたり、あるいは胃の周りの腎臓などの臓器が弱っていることが原因であるだとか、さらには、匂いが影響しているのではないかという見方がなされています。 市販のプロテインは、含まれている物質がさまざまで、たとえばビタミンなども配合されているものも多いです。 このため、どれが胃の痛みの元になっているのかということがわかりにくくなっているといえるでしょう。 どれが原因で、胃が痛くなるのか判断しかねることになります。 まず、全ての人に効果があるとは限りませんが、一定の対処法があります。 それは、 食後に飲むということです。 通常、プロテインといえば、スポーツなどの筋トレ後に飲むことが望ましいとされています。 しかし、胃の痛みがあるのであれば、胃が刺激されないように食後に飲むことが対策の一つです。 食事の場合には、食事によって胃が膨れている状態ですので、摂取したプロテインが薄まりますし、さらに胃に直接プロテインが入らないので、負担をかけずに済むことが多いのです。 この方法を取ることで、胃の痛みが和らいだという方も居れば、むかむかしなくなったという方も居ますので、ぜひ試してみるようにしましょう。 また、この方法で徐々に慣らしていくことで、再び運動後に飲むことが問題なくなるケースもあります。 胃を慣らすことで、胃痛などもなくなるケースもあります。 また、どうしても胃の痛みが治まらないという場合には、プロテインの種類を変えてみるということも一つの方法です。 飲み比べてみて、なるべく胃がむかむかしたり、胃痛が起きないものを選んでみることが必要です。 たとえば、色んなビタミンなどが配合されているものの場合、何が原因で胃痛が起きているのか分からないことがほとんどです。 このため、ホエイ100%のプロテインを選んでみると良いでしょう。 ホエイ100%のプロテインであれば、ホエイが合う、合わないで判断することが出来るようになります。 また、大豆100%のものなども選んでみて、合う、合わないを判断してみるのもおすすめです。

次の

プロテインで下痢になる原因と対策!下痢になると効果は無駄になる?|筋トレ STYLE

ソイプロテイン 下痢

Contents• 乳糖不耐症って何? 乳糖不耐症というのは多くの方が聞きなれない言葉だと思います。 乳糖不耐症とはどんな症状のことを言うのでしょうか。 乳糖不耐症(にゅうとうふたいしょう、Lactose intolerance)とは、消火器系統で乳糖(ラクトース)の消化酵素(ラクターゼ)が減少して生じる不耐に関する諸症状のことである。 多くの場合、消化不良や下痢などの症状を呈する。 つまり乳糖不耐症とは乳糖を消化するためのラクターゼという酵素が足りていないために下痢等が起きてしまう症状のことを言うんですね。 乳糖というのは哺乳類の母乳に含まれる成分です。 もちろんそれは牛乳にも含まれています。 ホエイプロテイン(牛乳)• カゼインプロテイン(牛乳)• 従ってそこには当然 乳糖が含まれています。 その乳糖が含まれたプロテインを乳糖不耐症の人が飲むことで消化しきれずに お腹のゴロゴロや下痢という症状になって現れてくるのです。 乳糖不耐症って治らないの? 乳糖不耐症の治療というものはあるのでしょうか。 そもそも乳糖不耐症の原因である 消化酵素ラクターゼの減少 が起こるのは私たちの成長過程と関係しています。 生まれたばかりの頃は赤ちゃんとしてお母さんの母乳で育ちますよね。 なのでその時点では母乳に含まれる 乳糖を消化する必要があるためラクターゼがたくさん分泌されます。 しかし成長するにしたがってやがて母乳以外の食べ物も口にするようになり最終的には完全に乳離れします。 よって本来であればそれ以降は乳糖を消化する必要はないため消化酵素ラクターゼはその数を減らしていくのです。 つまり乳糖不耐症というのは 誰しもが少なからず抱えている症状であるともいえるんですね。 その中でもよりラクターゼの分泌が少ない人が牛乳等を飲むとお腹を壊しやすいということなんです。 そしてその減少したラクターゼの供給量を自然に増やすというのは難しくて、現在ではその対処として以下の二つの方法があります。 乳糖を含む食品の摂取を避ける。 消化酵素ラクターゼのサプリメントを使う。 1つ目は単純に乳糖の含まれる食品を食べるなということですね。 しかしこれでは 乳糖を含むホエイプロテインの摂取を控えなければいけません。 2つ目は乳糖が含まれる食品を食べる前に、その消化酵素である ラクターゼのサプリメントを毎回摂取する方法です。 ラクターゼのサプリメントは普通にAmazon等でも売られていて特に処方箋などは必要なく購入することができます。 これであればプロテインを飲む前に毎回ラクターゼサプリを摂取することでプロテインでお腹を壊すことはなさそうです。 でもこの方法は 毎回プロテインとサプリを同時に飲まなければならないので少し面倒くさいですよね。 そこで乳糖不耐症の人でも飲める 乳糖のほとんど含まれないプロテインがあるので紹介しますね。 乳糖不耐症の人にもおすすめのプロテインとは せっかく筋力アップのためにプロテインを飲んでいるのにそれが消化できずに無駄になってしまうのは悔しいですよね。 でもあきらめないでください。 そんな方でもしっかりタンパク質を吸収できるプロテインがあるんです。 それは WPI製法で作られたホエイプロテインです。 プロテインの製法 先ほど上の段落で筋トレする方がよく飲まれているホエイプロテインは牛乳からできているため 乳糖不耐症の方にとってはお腹を壊しやすいということを説明しました。 乳糖不耐症の方はこのWPI製法で作られたホエイプロテインを飲むことで乳糖の影響を受けることなくプロテインを摂取することができます。 懸念点は価格ですね。 そこさえ大丈夫ならWPIのプロテインがおすすめです。 ソイプロテインはだめなの? ソイプロテインとは先ほど挙げたプロテインの3つの種類(ホエイプロテイン・カゼインプロテイン・ソイプロテイン)のうちの1つで大豆由来のプロテインです。 大豆由来であれば乳糖は関係ないから問題なさそうですよね。 確かに 乳糖不耐症の方でも問題なく飲むことの出来るプロテインですが私は 筋トレという観点からするとあまりソイプロテインはおすすめできません。 というのもソイプロテインは吸収に時間がかかるため(5~6時間ほど)、筋トレ後で疲れた筋肉に素早くタンパク質を吸収させるという目的に合っていないためです。 ちなみに同じような理由でカゼインプロテインもおすすめできません。 まとめ プロテインを飲んでお腹がごろごろして下痢気味になってしまう原因としては 乳糖不耐症が考えられるということでしたね。 しかし乳糖不耐症の方がプロテインを摂取するのをあきらめる必要は全くなくて、 WPI製法で作られたホエイプロテインを飲めば問題ないです。 もしご自身が乳糖不耐症であると感じられる場合(牛乳やプロテインでお腹を壊しやすい等)はぜひWPIのプロテインを試してみてください!.

次の