知らなくていいこと 無料動画。 水10ドラマ「知らなくていいコト」を見逃し動画無料フル視聴!

知らなくていいコト8話あらすじとネタバレや見逃動画無料視聴!pandora、Dailymotionは?

知らなくていいこと 無料動画

スポンサードリンク  人生最大の知らなくていいコトにぶち当たる吉高由里子のお仕事系ヒューマンドラマ「知らなくていいコト」 でも、「楽しみにしていたのに見逃してしまった」「録画予約が失敗していた」なんて理由で見れなかった時「知らなくていいコト」を見る方法を知りたいですよね? 最近は地上波でドラマの再放送を行っていることがよくありますが、番組表を調べてみた所、知らなくていいコトの『9話』の再放送予定はまだありませんでした。 再放送が期待できないとすると他に動画を見る方法は何があるのか?調査してみました! もくじ• 知らなくていいコト『9話』動画の見逃し配信を無料視聴する方法 毎週水曜よる10時に放送のドラマ「知らなくていいコト」第9話動画の見逃し配信を見る方法について調べてみました。 結論から言うと 知らなくていいコトの動画全話(第1話~最終回)イッキ見するならhuluがオススメ! 知らなくていいコトの『9話』動画の見逃し配信を無料視聴するならhulu huluは人気のドラマや映画など50,000本以上が見放題のオンライン動画配信サービスです。 まずは「知らなくていいコト」の動画配信をしているhuluについて、簡単に紹介していきます。 一方尾高おだか(柄本佑)は、再び追われる身になった乃十阿のとあ(小林薫)を連れ出し、しばらく自分のスタジオに身を寄せないかと持ちかけていた……。 そんな中、ケイトはテレビの大食い番組のヤラセ疑惑を追うことに。 タレコミをしてきた大食いの素人チャレンジャー・小滝こたき(小林きな子)によると、美人大食いタレント・新谷しんたにマリアに運ばれる料理だけ容器が上げ底になっていたというのだが……。 早速ケイトはテレビ局のコネを駆使して大食い選手権の決勝戦が行われるスタジオの見学に漕ぎつける。 なかなか証拠がつかめない中、女性プロデューサー・加賀田かがたと新谷マリアの事務所社長との関係に目をつけたケイトは、後輩の福西ふくにし(渕野右登)に、番組AD・荒牧あらまき(三船海斗)に張り付くよう指示する……。 そしてその夜、ケイトの自宅に春樹はるき(重岡大毅)が現れる!春樹はぐちゃぐちゃになった心のうちを突然ケイトに大放出し……!翌日、ケイトは編集部に現れた尾高から乃十阿がスタジオにいることを聞く。 乃十阿と話すなら今しかない、という尾高の助言にケイトは背中を押され……。 知らなくていいコト『9話』視聴率 第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 9. 9% 10. 3% 9. 1% 8. 7% 第6話 第7話 第8話 第9話 第10話 8. 4% 9. 5% 9. 8% ー% ー% 【まとめ】知らなくていいコトの9話動画の見逃し配信を無料で見る方法 今回は ドラマ「知らなくていいコト」の動画の見逃し配信を無料で見れる方法について紹介していきました。 ドラマ「知らなくていいコト」 動画の見逃し配信をイッキ見できるのが、動画配信サービス「hulu」です。

次の

【見逃し配信】知らなくていいコト 無料動画視聴まとめ!Pandora/miomio/Dailymotion/9tsu他 動画配信サービス全32社比較!

知らなくていいこと 無料動画

デメリット ・見逃し配信は最新話放送後7日間のみ ・7日間すぎた場合は遡って視聴する事が出来ない ・途中で広告が入る 広告が入るのってちょっとめんどくさいんですよね。 録画なら広告はスキップする事が出来ますが、TverやTBS FREEは広告を見なければ続きを視聴する事が出来ないんです。 ネット上の架空の人物に恋をして大金を貢ぎながら、自分は騙されていないと信じる高齢女性・多賀笑子 たがえみこ(倍賞美津子)に取材をするべく、笑子が営む茶道教室に入門するケイト。 しかしガードの固い笑子を前に取材は難航。 そんな中、海外出張から戻った動物カメラマンでケイトの元カレの尾高由一郎おだかゆういちろう(柄本佑)が線香を上げにケイトの家に訪れる。 尾高はその帰り、ケイトには言えない3年前のある出来事を思い出していた……。 翌日、詐欺取材に行き詰まるケイトは、母の遺品からある物を見つける。 その先には自分のルーツに関わる衝撃の事実が隠されていた……!! 引用: ケイトの母親・杏南が、1話の最初で亡くなってしまったのは驚きました。 息を引き取る寸前に意味深な言葉を残していた点は、冗談にしてはタイミングが謎ですし、ケイトが発見した写真のこともあり真実が気になります。 ケイトの元彼の尾高は、ケイトから聞かされた母親の最後の言葉に対してもポジティブな発言をしていて素敵だなと思いました。 優しくて好感を持てましたが、ふとした表情に影を感じました。 過去にケイのト母親・杏南と何か話していた様子もあり、ケイトが知らない何かを知っているのではないかと気になりました。 自分の父親かもしれない人の名前を検索したときに殺人犯だと表示されたときのケイトの気持ちを考えると、とても胸が痛くなりました。 ケイトに別れを告げた春樹の苦しさも伝わってきました。 笑子先生、詐欺と分かっていてもその人のことを愛したのではないでしょうか。 1人で寂しかったから、誰かとの繋がりがほしかったのかななんて思いました。 詐欺はいけない事だけど、恋するのは自由ですもんね。 最初はその事を伝えようと否定的な意見から入ったケイトちゃん。 でも、自分が幸せを掴んで、恋する気持ちのワクワク感がわかって、笑子先生の気持ちを汲み取ってあげるのは優しいと思いました。 そして、笑子先生もそんな話を聞いてもらってスッキリしたのか国際ロマンス詐欺にもう関わらなくなったと聞いてよかったなと思いました。 でも、相手とのやりとりをするために、パソコン使ったり、スマホ使ったり、翻訳機使ったりする笑子先生は凄いなぁと思いました。 吉高由里子のかわいさで最後まで見てしまったという印象です。 ストーリー的には「ちょっとありえないのでは?」ということがいくつかありましたね。 お父さんがキアヌ・リーブスって、普通信じないでしょう。 「キアヌ・リーブスのマネージャー」と言いかけて亡くなったのでは?とか想像するのが自然な気がします。 その次には殺人犯の男性が候補に上がりましたが、彼が父親だとするにも証拠が少なすぎますよね。 そもそもケイトは出版社勤務のわりにはこれまで、自分の父親が誰なのか知ろうとはしなかったのでしょうか。 と、つっこみたくなるポイントはいくつかあったものの、ケイトの明るいキャラクターにひかれました。 プロポーズを撤回した恋人の春樹は今後も登場するんでしょうか。 元彼の尾高も、なに考えてるのかわからないようなところがひっかかります。 父親が誰なのかということと、乃十阿が起こしたという殺人事件についても気になるので次回以降も見るつもりです。 朝に何気ない話をしていたケイトと母親の杏南のごく普通の会話がホンワカしていた所から、突然亡くなってしまうという流れが現実的で重々しく感じられた所に、ケイトの父親がキアヌ・リーブスという冗談としか思えない事を話すのは肉親が母親の杏南しかいないケイトの寂しさを紛らわせるための優しさからだったと予想していたのに、行き着いたのが無差別殺人犯の乃十阿徹と判明するとはビックリ。 笑いを含む面白さで進む軽い物語ではなく予想外に重厚な内容だったんだなと気づかされました。 キアヌ・リーブスではなく殺人犯が父親とわかり、ケイトの心はドン底になり、春樹からの結婚を申し込まれて有頂天になる人間心理の救われる愛を示す言葉に心がホッコリしたのに、救った張本人の春樹が一転してケイトから預かっていた自宅の鍵を投げ捨てる行動と殺人犯の父親の遺伝が子どもにいく不安を話して、ケイトを奈落の底に追いやるとは人って残酷だなと思いました。 まさかの冒頭でキアヌ・リーヴスの名が出てくるとは思いませんでした。 シリアスで重いドラマかと思いきや、コメディとまではいかないものの少し息抜きのようなくすりと笑えるシーンもあって、見続けられそうです。 初回のゲストが倍賞美津子さんという、話の層が厚くなるなという直感が当たりました。 あまり期待してなかった分、よかったです。 小林薫さんや、柄本佑さん、佐々木蔵之介さんをはじめとした豪華な方々の演技も楽しみですし、いかにも口が悪くて強引そうなデスク役の山内圭哉さんや、何かいつも言いたげな同じくデスク役の小林きな子さんなどにも注目したいです。 主人公の過去をドラマを通して少しずつ明らかにしていくというのはよくある展開だと思うのですが、サイドストーリーになるのかも知れませんが、毎回のスクープの内容が濃ければ見続けたいなと思います。 ケイトの母親の杏南は、亡くなる直前に、父親はキアヌ・リーブスだとケイトに言いましたね。 あのキアヌが父親?普通は嘘に違いないと思うけど、杏南はテレビ出演もするような、映画評論家で美人で自慢の母親だし、もしかしたらそうなのかも?と思いますよね? 気になって遺品を調べてみたケイトでしたが、そんな中、ケイトは、杏南に贈られた指輪をみつけましたね。 でも、この指輪を見つけたことは、ケイトにとってよかったのでしょうか? キアヌが父親ではないと分かったことは、スッキリしたとは思いますが、杏南に指輪を贈ったのは元大学教授の殺人犯、乃十阿だと知ってしまったケイトでしたね。 落ち込むケイトに、殺人犯の子どもだとしても、ケイトが好きだと言った野中は、ケイトにプロポーズしましたが、後日、子どもがほしいからDNAが気になると言って、婚約はなかったことにした野中を器が小さい男だなー。 と思いました。 上げておいて下げるなんてケイトが可哀想でした。

次の

【知らなくていいコト】動画第6話を無料で見逃し視聴!pandoraとdailymotionも【2月12日/吉高由里子主演ドラマ】

知らなくていいこと 無料動画

huluは日本で始めて動画配信サービスを始めた会社です。 会員数も多いことから人気ぶりがうかがえますが、huluが人気でおすすめなのには理由があります。 まず定額で新作アニメやドラマが見放題だということです。 一般的に放送中の最新アニメや人気ドラマは別料金が必要な場合が多いですが、huluだと定額で新作アニメやドラマが見放題です。 また視聴できる作品の種類も充実しており、国内・海外を問わず、見逃したアニメや人気ドラマはほとんど視聴できます。 パソコンやタブレットなどいろいろな機種で受信することができますし、巻き戻しができるといった操作性にも優れているので、気になる動画をいつでもどこでも視聴できます。 画質を気にする人にもおすすめで、5段階の中から選ぶことができるので綺麗な画質でじっくりと楽しめます。 【40代女性】 ドラマ「知らなくていいコト」見逃し動画検索 乃十阿の息子がドイツでピアニストとして活動していることを突き止めたケイトはドイツに向かった。 何も覚えていない息子に会っても無駄だと尾高に言われたケイトだったが、結果幸せそうにドイツで妻子とともに生活しているのを見て何も言えずに日本に戻ってきた。 編集部に戻ったケイトは岩谷に手記を書く事を再度勧められたが、乃十阿が隠し続けてきた過去を暴いて幸せに暮らしている男を陥れ、自分は殺人じゃの娘じゃなかったと言い訳の記事を書くのは嫌だと言う。 岩谷はケイトが書かないなら自分が書くといい、編集部でチームを作って取材に臨む。 証言や写真などの情報が集まった時点でケイトが呼び出され、ポットに何かを混入している少年の写真、乃十阿の元妻が浮気、隠し子に悩んでいてキャンプを企画して事件が起こったことが明らかになり、自分が事件に関係していたことを知ったケイトだが尾高の勧めもあり記事を書く事になった。 ケイトは尾高にプロポーズされたが、子供を手放さないでと別れを選んだ。 ケイトが徹夜で泣きながら書き上げた記事が差し替えられることになっていたが、直前で社長のストップがかかり、記事は世間に公表されなかった。 ケイトは書いた記事を乃十阿のところへ持参し、読んでもらった。 春樹は退職届を出し、小説家になると言い放って編集部を後にした。 3年後、春樹は有名小説家になり、ケイト、デスク、編集長はそれぞれ出世していた。 いわたに(佐々木蔵之介)から手記を書かないか打診を受けたケイト(吉高由里子)は、悩みながらも返事を保留にする。 一方尾高おだか(柄本佑)は、再び追われる身になった乃十阿のとあ(小林薫)を連れ出し、しばらく自分のスタジオに身を寄せないかと持ちかけていた……。 そんな中、ケイトはテレビの大食い番組のヤラセ疑惑を追うことに。 タレコミをしてきた大食いの素人チャレンジャー・小滝こたき(小林きな子)によると、美人大食いタレント・新谷しんたにマリアに運ばれる料理だけ容器が上げ底になっていたというのだが……。 早速ケイトはテレビ局のコネを駆使して大食い選手権の決勝戦が行われるスタジオの見学に漕ぎつける。 なかなか証拠がつかめない中、女性プロデューサー・加賀田かがたと新谷マリアの事務所社長との関係に目をつけたケイトは、後輩の福西ふくにし(渕野右登)に、番組AD・荒牧あらまき(三船海斗)に張り付くよう指示する……。 そしてその夜、ケイトの自宅に春樹はるき(重岡大毅)が現れる!春樹はぐちゃぐちゃになった心のうちを突然ケイトに大放出し……!翌日、ケイトは編集部に現れた尾高から乃十阿がスタジオにいることを聞く。 乃十阿と話すなら今しかない、という尾高の助言にケイトは背中を押され……。 ついに乃十阿がケイトと対峙!30年前の事件の真相が明らかになろうとしていた……!? 【】 乃十阿が尾高の作業場に身を寄せることになった。 ケイトと乃十阿が親子であることが世間にバレ、乃十阿のもとにたくさんの報道陣が押し掛けた。 そこから尾高が救い出したのだ。 それを知ったケイトは父である乃十阿に会いに行く。 会話こそないけれど、二人の関係がこれから良くなっていくのではないかと予感できた。 一方、野中は泥酔状態でケイトの住むマンションを訪ねる。 酔いの勢いもあり、彼の心に溜まっていたケイトに対する不満を直接ぶつけた。 その時のケイトは「早く帰って」の一点張りだったが、野中の気持ちを推測し理解していた。 最後に野中に伝えた会話が、さすがケイトと思わせる内容だった。 ラストは乃十阿を担当した弁護士に尾高とケイトが呼び出された。 弁護士の推測ではあるが、乃十阿は殺人犯ではない可能性があることを伝えた。 次回、ケイトが30年前の事件の真相を突き止められるのかに期待する。 ケイト(吉高由里子)への歪んだ感情からケイトの父が乃十阿徹のとあとおる(小林薫)であることを他誌にリークした春樹はるき(重岡大毅)。 襲撃事件で腕を刺されながらも退院早々ネタ出し会議に復帰したケイトは、さらなる逆境が待ち受けているとは思いもせず、早速取材に奔走する。 そんな中、上層部からケイトの異動について圧をかけられた岩谷いわたに(佐々木蔵之介)は、上の要求を突っぱねるためケイトに右トップを狙う大ネタの真相を追わせることに。 それは、与党議員・梅沢うめざわの金庫番だった男・相田あいだの自殺でうやむやになったワイロ疑惑について。 全ての罪をかぶる遺書を残して自殺した相田だが、岩谷は梅沢の資金管理団体の帳簿が3ヶ月分消えたという情報を掴んでいた。 トカゲのしっぽ切りをしたであろう梅沢の裏の顔を暴くため、ケイトは襲撃事件のトラウマを抱えながらも消えた帳簿探しに奔走するが、相田の妻・依子よりこ(遠藤久美子)から頑なに取材を拒否されてしまう。 一方、入院中の尾高おだか(柄本佑)は、無理して仕事をするケイトを心配するが……。 そして翌日、ついにケイトが乃十阿の娘だという記事が他誌に掲載され、編集部は騒然となる!殺人犯の娘が週刊誌記者ということが公になりケイトを取り巻く状況は一転!追う立場から追われる立場にもなり、さらなる逆境に立たされたケイトはそれでも記者として仕事に向き合おうとするが……!? 【】 真壁ケイトは刺されてもすぐ仕事に復帰する。 世の中には真壁ケイトの顔がでまわり会社の上層部から、厄介扱いされる。 岩谷編集長はそんな真壁ケイトを救うために、大きなネタの仕事をさせた。 そんな中、野中が、他の週刊誌にタレコミをした記事が書かれてしままう。 犯罪者の家族として、週刊イーストにクレームの電話がたくさんくる。 真壁ケイトをかばう岩谷編集長の一言と、取材部のみんなが普通に接してくれて真壁ケイトの涙する。 真壁ケイトはマンションにまで嫌がらせをされ、部屋に帰れなくなり編集部に泊まりながら仕事に励む。 尾高も退院して編集部から歓迎れる。 尾高は復帰してすぐ、野中を追い詰め、野中を、一発殴る。 真壁ケイトは岩谷編集長からのネタをついに掴み、副社長にも納得さられる記事を書く。 おだか(柄本佑)も自分と同じ気持ちだと知ったケイト(吉高由里子)は、不倫を追う立場でありながら道ならぬ恋に惹かれることに罪悪感を抱くが……。 翌日、高熱を出した黒川くろかわ(山内圭哉)に代わりデスク代理に指名されたケイトは校了前日の編集部で激務に追われる。 そんな中で編集部には次々とトラブルが発生!マネージャーの恫喝を記事にされた演歌歌手(小沢真珠)が殴り込みに訪れたと思ったら、右トップを飾る予定だった政治記事の告発者が突然掲載の撤回を要求しスクープ記事が飛ぶピンチに! 連載を抱える大物作家の接待に駆り出された岩谷いわたに(佐々木蔵之介)が不在の中、編集部は一丸となってトラブル解決に駆け回る。 一方、岩谷は気難しい作家との食事会を盛り上げると後を連載班に任せて急いで編集部へ向かうが……。 さらに、疲労と活気と混乱が渦巻く編集部には、あることでケイトに恨みを抱いた人物が刃物を手に近づいていた……!週刊イースト始まって以来の大惨事、襲撃事件が発生する!ケイトは襲撃者に刺され……!!そして、ケイトと尾高の関係に屈折した思いを抱く春樹はるき(重岡大毅)は、ケイトの父が殺人犯・乃十阿徹のとあとおる(小林薫)であることをある相手に漏らそうとしていた……。 【】 尾高はケイトと話していていきなりキスをする。 そんな尾高にケイトは、好きだと伝える。 そしてこれからもこうやって会いたいというのだった。 次の日、編集部はバタバタだった。 自分が載った記事はガセネタだと怒る女がやってきて、そのあとは議員の汚職を証言すると言ってくれていいた秘書が証言をやめると言い出した。 さらにはアイドルのスキャンダルを取りやめろという圧力までかけられてしまった。 作家との食事会を途中で抜け出した編集長はバタバタで食事会へ戻れなくなってしまって、作家は怒りだしてしまうのだった。 そんな中、ケイトはアイドルのキス写真を眺めながら、尾高のことを思い出していた。 尾高もまたケイトを思い出していたのだった。 自分が杏南あんな(秋吉久美子)の娘だと乃十阿のとあ(小林薫)に告げたケイト(吉高由里子)。 そんな中、次週の記事のネタを探すケイトは実力派人気棋士・桜庭洋介さくらばようすけ(田村健太郎)の妻・和美かずみ(三倉茉奈)から、女優の吉澤文香よしざわふみか(佐津川愛美)と夫が不倫していると直々のタレコミを受ける。 二人のラブラブな不倫メールを証拠として差し出し、桜庭が社会的制裁を受けて自分のもとに戻ってくるようにしてほしいと話す和美。 しかし密会場所の連絡には将棋の棋譜を使った奇妙な暗号が使われていて……。 早速二人を尾行するケイトたちだが不倫現場を押さえるのに難航。 そんな中、和美が入手した新たな暗号メールを見たケイトは、高校時代に将棋部主将だった春樹はるき(重岡大毅)に棋譜の解読を頼むが……。 その夜、和美から続々送られてくる不倫の証拠メールを自宅で一人見ていたケイトは、『会いたい』という言葉の応酬に、自分の中の尾高に会いたい気持ちを強く自覚する……。 翌日、岩谷いわたに(佐々木蔵之介)によって桜庭の不倫が次週のネタに本採用され、不倫現場を狙った特集班のチームワークが本格始動するが……!? 【】 ケイトは乃十阿の真相を探りに会いに行くと水をかけ追い出されてしまった所に尾高が迎えにきた。 水浸しのケイトを救い急遽ホテルに入った。 ケイトは父親と母親が愛していたのか、なぜ犯罪を犯したのかを知りたいと言うが何も未だ分からないままだった。 ケイトは弁護士の所へ向かい乃十阿について尋ねるが終わったことを掘り返すなと言われ追い返されてしまう。 ケイトは有名棋士の妻が女優吉澤との不倫報道を週刊誌に売りに出す取材に出していた。 2人のメールを見せられ離婚の話し合いまで進んでいるという内容であったが、妻は覚えがない。 メールは将棋の暗号のようなやりとりだった。 野中が将棋部だった為、ケイトは解いてもらうよう頼み解読した。 すぐに取材に向かい2人を直撃すると2人は愛し合っていて離婚するつもりだと言いその場を去った。 世間で叩かれ評判悪くなっていく2人を再び取材に向かうケイト。 世間に語ることは何もないと吉澤に言われ心に引っかかる。 一方尾高はケイトを思い出すように過去の写真を見返していた。 そこにケイトがワインを持ちやってきた。 尾高はケイトを想う気持ちを伝えお互い悪い事をしているという気はないと言った。 そしてキスをした。 30年前に乃十阿のとあ(小林薫)が事件を起こしたキャンプ場を尾高おだか(柄本佑)と共に訪れたケイト(吉高由里子)。 未だに動機不明の事件に思いを馳せ、複雑な気持ちを抱く……。 翌週、記事のネタを求めて元警察署長・沖田秀則おきたひでのり(勝野洋)がスパルタ教育の末に実の孫を殺害したとされる事件の判決を傍聴したケイトは、罪を認め反論しない沖田の姿に直感的に引っかかるものを感じる。 ケイトは沖田本人に面会を取り付けることを黒川くろかわ(山内圭哉)に宣言し、早速事件の周辺取材へ。 近隣住民から沖田のスパルタを裏付ける証言がある一方で、「孫を甘やかしすぎだった」という報道とは逆の証言にも行き当たる。 そんな中、編集部では連載班の小泉こいずみ(関水渚)が春樹はるき(重岡大毅)に交際を申し込んでいた!春樹はケイトと尾高の関係が気になるが……。そして、沖田に殺された孫・弘人ひろとの周辺を取材していたケイトは、事件の新たな情報を手にする。 さらにスクープへと繋がる糸口は意外なところに隠されていて……。 岩谷いわたに(佐々木蔵之介)は沖田本人と話す機会を得るため弁護士の接見について行くようケイトに指示するが、真実への道のりは甘いものではなかった……。 【】 ケイトは記事のネタを求めて元警察署長・沖田秀則が孫・弘人を殺害した事件を傍聴しに行くも、罪を認め反論しない沖田に違和感を感じる。 面会しないと詳しいことはわからないと黒川デスクに言い、まずは周辺取材へ行く。 周辺住民から沖田が厳しかったこと、スパルタに見えたとのコメントを聞くも、別の住民からはスパルタじゃないとの証言もあった。 その後、沖田に面会しに行くも断られてしまう。 次にケイトは、加害者側ではなく、被害者側からの調査を開始した。 弘人は周りからあまりよく思われていなく、爆弾を作っているとも言っていたとのこと。 ネットの書き込みに弘人が書いたと思われる爆破予告を見つけ、沖田に面会すべく弁護士に会いに行くも、接見についていくことを断られてしまう。 しかし、弁護士はケイトの熱意に負け、沖田に面会をさせる。 ケイトは弘人が勉強に身が入らないのを近所の保育園のせいにして、爆弾を作り爆破しようとしたところを止めようとしたのではないかと沖田に投げかける。 沖田は面会を中断し、立ち去ってしまう。 沖田が認めないなら面会時の細かい描写と推理を書けと編集長・岩谷から言われる。 ケイトが原稿を仕上げるもOKはでず、別の何かが引っ掛かっているのかと問われてしまう。 最後は岩谷が手直しをして出版にいたり、世間からの沖田の見方は変わる。 庭から爆弾も見つかるも沖田は控訴しなかった。 その後、ケイトは父・乃十阿に会いに行った。 正月休みに乃十阿のとあ(小林薫)のいる街を訪ねたことで心を乱されたケイト(吉高由里子)。 しかし校了直後に起きた事故の緊急取材に駆り出され、相変わらずの忙しさの中で仕事モードに切り替える。 予備校は対外的には『70%』と公表しているのだが……。 早速黒川くろかわ(山内圭哉)にネタを上げたケイトはジーザス周辺の取材へ。 一方、編集長の岩谷いわたに(佐々木蔵之介)とデスクたちの会議では連載班がジーザスの新刊インタビューを企画していることが発覚。 岩谷は翌日春樹はるき(重岡大毅)が行く予定だったインタビューにケイトも同行させることに。 そんな中、尾高おだか(柄本佑)のスタジオを訪ねたケイトは、30年も前の乃十阿の事件に尾高が興味を持ったきっかけについて意外な話を聞く……。 さらに、ジーザス周辺のスクープを狙って特集班総出の張り込み計画がスタートする……! 【】 乃十阿に会いにいったケイトは目が合うとすぐに家に入って行ってしまい会話をすることなく帰宅していた。 父親かもしれない存在を思い出しながらもケイトはトンネル事故に遭ったラグビー部の取材に出て仕事は順調にこなしていた。 翌日ジーザス富岡というカリスマ塾講師の話で盛り上がる女子高生に出会う。 ジーザス富岡は本の出版取材に春樹がいくことを知った会社側はケイトを同行させるように言うが、春樹はケイトとの仕事を拒んでいた。 当日本を褒める春樹と急に塾が休校になる事や、異変について質問するケイト。 小論文の内容を決める人間は、入院中で選べておらず情報を手に入れるのに遅れていたからであった。 入院先へ尾行しワイロの受け取りやジーザスとの電話のやり取りを撮影できた事で大スクープをとれた。 その後乃十阿の事を知りたいケイトは尾高と共に殺人事件が起きたキャンプ場に向かっていた。 殺人犯・乃十阿徹のとあとおる(小林薫)の娘だと知りながら、かつて尾高おだか(柄本佑)がプロポーズしてくれていたことを知ったケイト(吉高由里子)は、当時何も知らずに春樹はるき(重岡大毅)に心を移した自分を悔やんでいた。 そんな中、週刊イーストでは年末年始合併号の準備が進む。 早速取材に出るケイトだが、ネット上で拡散した10年前のタツミーヌの動画が炎上したことで急遽取材中止の連絡が入る!問題の動画には老人に向かって暴言を放つ世間のイメージとはかけ離れたタツミーヌの姿が映っていて……。 編集長の岩谷いわたに(佐々木蔵之介)は記事の内容をタツミーヌの才能ではなく、本性に迫るものに方向転換して取材続行を指示。 ネットの後追いで10年も前の出来事を掘り返すことに反対するケイトに取り合わず……。 仕方なく本人直撃を狙うケイトだが、タツミーヌ叩きの報道が過熱する中、本人は沈黙を貫いたまま消息を絶ってしまう……。 一方、編集部には尾高が年末の挨拶に現れる。 春樹は、あることを話すため、尾高を屋上に呼び出すが……。 タツミーヌ探しが難航する中、ケイトはかつてタツミーヌがアルバイトをしていた店で意外な真相へと繋がる証言を聞く……。 【】 週刊イーストでは年末年始合併号の準備が進んでいた。 黒川班は国民的な人気を誇る天才ダンサー・タツミーヌの特集企画を担当する。 ケイトは彼のファッションについての取材に行くが、その取材中に急遽中止の連絡が入る。 10年前にタツミーヌが老人に対して暴言を吐く映像がネットに流れ炎上した模様。 編集長は方向性を変え、彼の本性を暴く取材とすることに。 ケイト達は稽古場から出てきたタツミーヌを追いかけるも見失ってしまう。 その後、彼は姿をくらます。 そんな中、春樹は尾高を屋上に呼び出し、ケイトと別れたのは殺人犯の娘だからと告げる。 尾高も同じ思いだったのだろうと打ち明けたというが、尾高からは最低だなとの一言が。 ケイトはかつてタツミーヌがアルバイトをしていた店に行き取材をすると、通っていたダンススタジオが介護施設になっていたことが判明。 タツミーヌがホテルにいることがわかり、ケイトは彼に真実が知りたいと手紙を出す。 タツミーヌはケイトの取材を受けることを決め、過去の出来事を語る。 介護施設設立の説明会で、スタジオを一部残して欲しいと嘆願するも、老人たちは一向に認めず暴言に至ったのであった。 自分の口から出たことなので、本音でないとは言えないが、反省しこれから自分はどこでも踊りたいと言い、踊ってる写真を撮らせてくれる。 ケイトは真実を伝えますと約束し、記事を作成した。 その後、ケイトは乃十阿の居場所を調べそこに向かう。 母・杏南あんな(秋吉久美子)の遺品から、 自分の父親がかつて世間を騒がせた殺人犯・乃十阿徹のとあとおる(小林薫)かもしれないことを知った ケイト(吉高由里子)。 事前にDNAを調べた上で相性のいい相手を紹介してくれるという結婚相談所について胡散臭く感じるものの、早速ケイトは実際のDNA婚活イベントの取材へ・・・・・・。 見た目や収入に関係なくDNAのマッチング率だけを頼りにしたグループ見合いが始まる中、司会者のテンションに洗脳めいたものを感じるケイト。 しかし10組中9組のカップルが一番DNAの相性のいい相手を選ぶという結果に……! イベント終了後、ケイトは1組だけカップル成立しなかった男性参加者・山際やまぎわ(えなりかずき)が結婚相談所事務局の女性・笹野ささの(市川由衣)と訳ありな様子を目にするが……。 一方、編集部ではケイトとの関係が気まずくなった春樹が編集長の岩谷いわたに(佐々木蔵之介)に異動の相談をしていて……。 その夜、遺伝学の教授から『親の経験が子供に遺伝する』というマウス実験について聞いたケイトは、殺人犯・乃十阿のDNAが自分の中に生きているかもしれないと陰鬱な気分で家路につく。 撮影に向かう尾高おだか(柄本佑)と鉢合わせたケイトは、かつて出所時の乃十阿の写真を撮った尾高が自分に何かを隠していることを確信し、尾高に迫るが……!? 【】 野中が別れを告げたが、ケイトは諦めなかった、翌日に野中を待ち伏せして話し合いをするが野中の意思は固かった。 野中は上司に異動させてほしいとまで言い出す始末でした。 そんな中、ケイトが追いかける次のネタはDNAで相性を決めた相手と結婚する婚活会社でした。 実際に取材すると1人の男性だけマッチングしていない事に違和感を感じるケイトでした。 その男性が本当に好きな相手は、別の女性でした。 ケイトは恋愛や結婚は気持ちが大切だと言に気付きます。 尾高はケイトの母親から乃十阿徹がケイトの父親だという事を聞かされてても、ケイトと結婚しようとしていたことをしって後悔します。 DNAに負けるなという記事と共にケイトは尾高に対する気持ちを考えると共に話は終わりました。 ネット上の架空の人物に恋をして大金を貢ぎながら、自分は騙されていないと信じる高齢女性・多賀笑子 たがえみこ(倍賞美津子)に取材をするべく、笑子が営む茶道教室に入門するケイト。 しかしガードの固い笑子を前に取材は難航。 そんな中、海外出張から戻った動物カメラマンでケイトの元カレの尾高由一郎おだかゆういちろう(柄本佑)が線香を上げにケイトの家に訪れる。 尾高はその帰り、ケイトには言えない3年前のある出来事を思い出していた……。 翌日、詐欺取材に行き詰まるケイトは、母の遺品からある物を見つける。 その先には自分のルーツに関わる衝撃の事実が隠されていた……!! 【】 真壁ケイトは、特集班記者である。 ケイトの母親・杏南が亡くなってしまい、ケイトは葬儀の準備をする。 葬儀が終わり、ケイトは母親の発言が気になっていた。 ケイトは、杏南の遺品整理をしていた。 すると、杏南とキアヌ・リーブスが写っている写真が見つかる。 ケイトは、詐欺に関するネタをスタッフたちに発表する。 早速、ケイトは、多賀笑子という女性を取材する。 多賀は、茶道教室をやっていた。 ケイトは、正座で話をしていたため、足がしびれてしまう。 ケイトの元彼氏・尾高由一郎は、ケイトの家に行ってお線香をあげる。 そして、ケイトは、父親がキアヌ・リーブスではないかという相談をする。 その後、ケイトは、多賀に会いに行く。 ケイトは、多賀がパソコンを操作している姿を目撃する。 仕事に生きるキャリアウーマンのドラマかと思いましたが、主人公のケイトの父親が誰なのかが序盤のテーマのようです。 テーマはあまり共感できませんが仕事とプライベート、母の生き方と重ねて生きるケイトの姿はなんだか生き生きとしています。 ありえない話こそオリジナルドラマの強みですからちょっとしたコメディ調でストーリーは進んでいくのでしょう。 ドラマ『知らなくていいコト』をHuluで無料視聴するには ドラマ『知らなくていいコト』は日本テレビ水曜夜10時の枠で放送される番組です。 この枠のみならず、日本テレビの多くのドラマは動画配信サービスHulu(フールー)で全話見放題配信されています。 月額料金は税込で1,026円なのですが、Huluには2週間の無料お試し期間が存在します。 この無料お試し期間の間に解約した場合は1,026円の月額料金も発生しないので、完全無料でドラマを視聴することができます。 もちろんドラマ以外にもアニメや映画、韓流ドラマ、海外ドラマ、アーティストのライブなどなど…Huluで配信されている全てのコンテンツが見放題で楽しめます。 無料お試し期間だからといって視聴できるコンテンツが制限されることもありません。 それではHuluの登録と解約の方法を具体的にみていきましょう。 Huluの2週間無料体験に登録 Hulu公式サイトには、2週間無料体験に登録するためのボタンがいくつかあります。 どのボタンでもOKなので、まずはそれを押しましょう。 Hulu無料トライアル開始ボタン 上記画像のようなボタンがありますので(選択した支払い方法によって多少ボタンの文言は変わります)、こちらを押しましょう。 これでHuluの2週間無料体験への登録は完了です。 簡単でしたね! Huluは全てのコンテンツが見放題 先ほども触れましたが、Huluで配信されている動画は全て見放題で視聴できます。 もちろん無料体験期間中であっても、正規会員と同じように全てのコンテンツを視聴することができます。 動画配信サービスには「見放題コンテンツ」と「課金コンテンツ」が混在しているものも多いのですが、Huluは全てが「見放題コンテンツ」なのでわかりやすくて安心です。 少しでも気になる動画があったら、どんどん視聴してみましょう! Huluの解約の仕方 Huluは他の動画配信サービスと比較しても月額料金がお得な部類に入り、また全てのコンテンツが見放題で楽しめるので、解約せずに継続するのも「全然アリ」なのですが、 一旦解約してあとからまた入り直そうという方もいるかと思いますので、ここではHuluの解約の仕方を説明します。 解約に際して注意点は2つです。 1つ目は「解約はWebサイトから行う」ということです。 スマホにインストールしたHuluアプリからは解約手続きができませんのでご注意ください。 2つ目は「スマホなどのHuluアプリをアンインストールしても解約したことにはならない」です。 Huluの公式サイトから解約手続きを行いましょう。 解約するにはまず、Huluの公式Webサイトにてログインをしましょう。 するとアカウントページに下記画像のような「契約を解除する」という文章を発見できるかと思いますので、それを押しましょう。 Introduction 政治家の不正から芸能人のスキャンダルまで数々のスクープを世間に送り出す週刊誌『週刊イースト』。 壮絶な職場で日々スクープを担う女記者・真壁ケイト(吉高由里子)は自信家ながらも母譲りの人ウケのよさと人懐っこさで仕事も恋も絶好調の毎日を送っていた。 そんなある日・・・。 シングルマザーとしてケイトを育て上げた母が急死。 母が最期の言葉で告げたのは、今まで一度も話したことのなかったケイトの父親の名前だった・・・・。 適当に、面白おかしく書けば良いということがないのが、とても好感が持てます。 一方で、取材する立場から、自分の出生がわかったケイトの周辺が少しずつ変わっていき始めます。 父親が、無差別殺人者であったのは、とても辛いですね。 それに加え、結婚を考えていた春樹からの拒否。 そして、春樹が、ケイトと尾高の関係に嫉妬して、記者にケイトの出生を話すとは、人間として最低ですね。 腹が立ちました。 そんなケイトを支えるのは尾高。 妻子がありながら、ケイトを思う姿は、とても複雑です。 殺人犯の娘として、知れわたったケイト。 雑誌編集者としての立場と、尾高との不倫に走ってしまう女性としての立場。 どちらにしても、不幸になりそうで、とても辛く、悲しいですね。 なんとか。 ケイトが幸せになる方法があるのでしょうか。 ケイトと尾高のお互いを思い合う様子がいじらしく見えて、応援したくなってしまっていました。 でも、尾高がケイトをかばって刺された時、病院で奥さんらしき人の姿を見て、ハッとしました。 尾高を心配している奥さん、家族がいるんだよなあ。 これから、二人はどう気持ちを持っていくのか気になります。 それにしても、春樹の言動があまりにも心がない!ケイトがますます窮地に追い込まれていくようで可哀そうです。 そもそも、親の事は子供にはどうしようもない事なのに。 そんなプライベートな事と、誇りを持って打ち込んでいる仕事が絡み合ってて、メンタルを保ったまま、ケイトは生きていけるのかな?どうやって乗り越えていくのかなと思っています。 自分の事として考えると、逃げる以外に方法が思いつかないです。 みんなが、明るく未来に希望が持てるような結末だったらいいなと願いながら、最後まで見届けたいと思います。 これまでの回全て楽しく見ています。 第一話で母親が、主人公の父親は俳優のキアヌリーブスだと言い残し死んだこと。 面白いと思っていたら今度は殺人犯が父親ということになり、動揺する主人公、それでも報道マンなので感情だけではなく、情報を集めたり、真実を確かめようとメソメソしていないのが気持ちが良いです。 職場も週刊誌の編集部なのでテンポが良く、段々とメンバーにも愛着が湧いてきて楽しみです。 あとは、優しいカメラマンの元カレがただ優しいだけではない怖さがあり、まだ何か出てきそうで気になります。 父親の犯罪について真実が明るみになっていくのもこれからです。 そして婚約破棄をした元カレがどうなっていくのかも気になります。 リアルな世界でも、今、週刊誌が果たす役割は大きくて、ときには、そのスクープによって芸能人は引退の危機を迎えたり、政治の世界でも議員辞職を余儀なくされたりするほどで、その週刊誌の記者を吉高由里子さんが演じているのが、とても良いです。 そして、毎回、ゲスト俳優が出演しているので、吉高由里子さんがスクープを追いつつ、自分の父親の小林薫さんに迫っていくという話の2つが同時進行するので、まったく飽きません。 彼氏だった重岡大毅さんは元カレになり、元カレだった柄本佑さんとここにきてグッと距離が近くなってきたので、こちらの恋の行方も目が離せません。 こんな風に、どの部分をとっても、興味がある話ばかりで、とても期待しています。 是非ともケイトちゃんに幸せになってもらいたい!!でもさ、別れたばかりの彼はどうしようもない器の小さいやつだったし、この人と結婚すれば良かったのにと思う元カレは結婚してるし子供もいるんだよねー。 後悔先に立たずだけど、今のところ幸せにしてくれる男が見当たらない!!そこで第3の男が出てくるのかなー。 でもなー。 こないだの回でみんな佑さんに心奪われちゃったよね(笑)じゃ佑さん双子になってもらうか??それかそれを超える第3の男、待ってまーす。 あと、お父さんの問題だけどお父さんって決まったわけじゃないのに騒ぎすぎでは?DNA検査もしてないしお母さんと結婚して一緒に生活していたのかもわかってないから。 だからちょっと勇み足かなと思っている。 1月8日から吉高由里子が主演する『知らなくていいコト』の放送が始まります。 ある日知ってしまった自分の秘密にふり回される主人公は、週刊誌記者の真壁ケイト(吉高由里子)です。 公式サイトを見て気になったのは、ケイトが働く『週刊イースト』編集部です。 編集部には、編集長の岩谷進(佐々木蔵之介)をはじめとする、4人のデスクと、27名のスタッフが所属しています。 学園もののドラマではないのに、これだけの人数がレギュラーキャストとして発表されているのは、珍しいと感じました。 どの人がどんな仕事をしているのか、相関図を見ているだけでもわくわくします。 テレビドラマはあくまでドラマですが、実際の週刊誌もこれだけの人数で作っているのかもしれないという想像がふくらみます。 週刊誌はスクープ合戦が激しいとよく聞きますが、デスクの顔ぶれ(本多力・小林きな子・和田聰宏・山内圭哉)を見ると、同じ雑誌の中でもページの取り合いなどがあるのかもしれないと思いました。 ドラマの中で編集部の場面がどれだけあるかはわかりませんが、週刊誌制作の裏側を見てみたいと思いました。 予告映像ではケイトが編集部で記事の面白さを説明する場面もありました。 週刊誌記者としてケイトがどんな記事を書くのかにも、期待できると思います。 「家売るオンナ」を脚本された大石静さんの脚本ドラマということで、大石さんのドラマなら面白いだろうという確信が持てます。 また、オリジナル脚本ということで、結末までの毎回の展開が読めないわくわく感を感じることができると思い、とても楽しみです。 吉高由里子さん演じる主人公の父親がハリウッドスターというスクープを母親の死に際に聞かされるというあらすじを読んだだけで、これまでにないストーリー展開が予測され期待が高まります。 自分のスクープにより主人公の職業である記者としての血が騒ぐのか、それともスクープを狙われていた側の気持ちが分かることで仕事への支障が出てくるのかなど、主人公の葛藤がどう描かれていくのか期待が膨らむドラマです。 吉高由里子が政治家の不正から芸能人のスキャンダルまでを取り上げる週刊誌の女記者真壁ケイトを演じるようで楽しみです。 自信家の女記者ということで吉高由里子自体も自信満々のイメージだしちょうど役がフィットするんじゃないかと思っています。 シングルマザーとしてケイトを育ててくれた母が亡くなるが、母の最期の言葉がケイトの父の名前であり誰もが知るハリウッドスターだったとあります。 ケイトということでハーフという設定なのかなと感じました。 外国人の俳優が出て来るのかなと予想しますが、急展開するドラマが面白そうです。 タイトルにある知らなくていいコトとは父がハリウッドスターということであるなら不幸が訪れるのかなとも取れますが、ドラマを楽しみにしたいです。 吉高由里子さんが演じるのは、週刊誌の記者ですが、結構、ファッションにも気を遣っているようなので、どんなファッションを見せてくれるのか楽しみです。 そして、これまでの番宣などでも、ものすごく気になっているのは、「信じられないスクープは、私自身のことでした」という前フリで、既に母親の秋吉久美子さんとハリウッド俳優の子供だったということは明らかにされているので、それ以上のインパクトのある秘密がスクープされて、それからあとの吉高由里子さんの人生が、どんな風に変化していくのだろう?と、とても楽しみです。 やはり、現実の世界と同じで、スクープする側から、される側になるのかな?と思います。 ドラマ『知らなくていいコト』を全話観た人の感想 主人公のケイトを優しく支えるイケメン男性だとばかり思っていた野中だったのに、一転して態度がガラッと変わってしまう展開には唖然とするばなりで、外見からは全くわからない心の内側にあった偏見のオンパレードにはビックリ、ケイトの父親が極悪犯かもという不確かな情報に「ケイト自身は悪くはないけど遺伝子が」という言い訳がましさには苛立ちが募ってばかり、こんなクズが出てくるドラマを今までに見たことが無いために頭の中が混乱してしまい、気味が悪い野中でもきっと何処かで心を入れ直すと思いきや最後まで異様な態度で突っ走るキャラクターという斬新さにはある意味で感動してしまった、世界でも無いであろう驚愕の物語と思っている。 ドラマ「知らなくていいコト」はタイトルに興味を引かれ視聴し始めたドラマです。 主演が吉高由里子さんであったことも興味を持った理由の1つですが、タイトルの知らなくていいこととは一体何を指しているのだろうと視聴前に思ったことを強く記憶しています。 週刊誌の記者である主人公でしたが、殺人犯の子どもであることから婚約者と別れたり、不倫スキャンダルを追いかける身でありながら自身も同じ境遇になることで、世の中の理想と実際のギャップを感じたり、心の葛藤を描いたドラマでした。 ドラマラストは少し早送り的に展開・進行が早く、「知らなくていいこと」の最終的な結論は具体的には出ませんが、これは視聴者各々が推測、想像すればいいのではないかと思っています。 吉高ファンはもとより、柄本祐さんファンは必見のドラマです! 出版社でバリバリ働く週間雑誌の女性記者ケイト役の吉高由里子さんがかっこよくて、おしゃれで可愛くてこのドラマでファンになりした!元カレ尾高さんとの恋にドキドキしました。 尾高さんカッコイイです。 また、元カレ野中のクズっぷりがぶっ飛んでて、同じ元カレでも尾高さんとの格の違いが面白かったです。 そして、殺人者の娘としてと週刊誌の記者としての葛藤が凄くしっかり伝わりました。 結局真実を載せる事は出来なかったけど、父親には伝わったと思いました。 最後に尾高さんと別々の道を歩いて行く事になったことが残念でしたが、いつかまた巡り会えてタイミングが合えばいいのになと思いました。 殺伐とした内容のドラマですが、クスッと笑える所もありとても楽しかったです。 もうちょっとコミカルな内容だと最初は思っていましたが、女性雑誌記者ケイトを中心としたお仕事ものとなっていました。 ケイトの本当の父親が誰なのかという問題はこのドラマ全体のテーマのひとつでしたが、それを仕事と絡めて取材する側とされる側の立場をうまく描いていたと感じます。 登場人物も誰もが特徴を持っていてそれぞれの役割をうまく演じていました。 ケイトの所属する特集班が一丸となってスクープを追いかけるシーンはが何度かありましたが、どれも見事な連携を見せてくれました。 ホワイトとはいえない職場での奮闘が個人的にはすごく面白かったのは収穫です。 不倫問題でかなり話題となったこの作品ですが、内容はきちんとして出来ですので見ていない人にもお勧めできるドラマです。 ドラマのタイトル通り、世の中には知らない方がいいことがあるということを実感させられる内容だったと思います。 ドラマの後半では、結果的に人を殺すきっかけを作ってしまった子供がいたわけですが、その子供はすでに大人になっており、自分が幼い頃にそんなことをしていた実感は全く持っていない様子でした。 その事実に関して主人公は知っており、本人に伝えようか?悩んだものの、結局伝えなかったのです。 その事実を知ったときに、その人はとんでもない罪悪感に駆られる可能性があり、そのことを想像すると伝えられなかったのです。 こういう状況って実際の世の中には多くあると思いますし、その事実に気付かない方が幸せなことはあると思います。 つまり、鈍感な人間の方が幸せになりやすいんじゃないのか?余計なことまで知ってしまう敏感な人間の方が実は不幸になりやすいのではないか?そんな感想が浮かんできました。 女性雑誌記者ケイトの仕事、恋愛、そして出生にまつわる秘密をテーマに展開していったドラマでした。 個人的に気に入っているのはケイトの雑誌記者としての奮闘振りとそれを支える週間イースト編集部でした。 時間は不定期、罵倒されることもしばしばで精神的に辛い部分もある雑誌記者をうまく演じていました。 スクープ記事をものにするために特集班総出で取材に取り組むシーンは、厳しい言葉や常に状況が変化する難しい局面をうまく連携して取材対象に迫っていくのがこのドラマでは特に面白く感じました。 もちろん話題となった尾高との恋愛要素も楽しめましたが、このドラマの軸は岩谷編集長を始めとした週間イーストでの仕事内容だったと感じます。 雑誌記者の女性がある秘密から取材される側になった顛末を描くドラマなのかと当初は思っていたのですが、硬派なキャリアウーマンの活躍がメインとなっていました。 主人公・ケイトの出生の秘密を巡っての問題はありましたがそれはドラマ全体としては比重はさほどなく、1話ごとの雑誌記者としての仕事内容にかなりの時間と労力を割いていたと思います。 特にと所属する特集班が一丸となって取材対象を追いかけるシーンが見所だったと思います。 記事の材料を集めそれを記事にしていくことの大変さを良く描いていました。 ケイトの恋愛問題はかなり話題を集め不倫の恋の行方にも注目が集まりました。 ケイトと尾高が2人でいるときは名ゼリフや名シーンが多くかなりの話題となり個人的にも驚くことばかりでした。 賛否のある終わり方ですがドラマ内ででた問題はすべて回収しきちんとまとめられていたので気持ちの良いラストだと感じます。 今クールで最高に面白かったというだけでなく、この数年で一番面白かったドラマでした。 なんと言っても、柄本佑さんをイケメン俳優へと変身させた吉高由里子さんはすごいと思います。 今までは、完全にブサイク俳優に分類されていて(いい人だけど、ちょっと)と恋愛対象にはならない俳優さんだったのに、抱き寄せてからの秒速キスや、バックハグや、ささやくように話す声など、もともとの長身も手伝って、すっかりセクシーな俳優になったと思います。 ドラマの放送と被るような時期に、東出昌大さんや鈴木杏樹さんの不倫が問題にならなかったら、もしかして、吉高由里子さんと柄本佑さんが結ばれるという展開もあったのかな…とちょっと残念な気もします。 元カレの尾高さんとケイトの関係がとても切なくて悲しかったドラマでした。 既婚者の尾高さんがケイトを大切に思っている気持ちが印象的で、週刊誌編集部襲撃事件の時は、ケイトにとどめを刺そうとする犯人から、ケイトをまもり自分が背中を刺されてしまうなど感動的でした。 尾高さんの仕草や優しい口調、ケイトのことをよく見ていてケイトの顔色で何を考えているのかわかる感じもすごかった。 また、春樹くんの性格が歪んだ感じも面白かったです。 ケイトの父親をリークしたりとダメ男満載って感じが良く演じられていたと思った。 ラストはハッピーエンドにはならなかったけど、それぞれの道をいくケイトと尾高さんですが、いい選択だったのかなって思いました。

次の