メルカリ 自動。 メルカリ自動出品ツール

メルカリ自動出品ツール

メルカリ 自動

- 目次 -• 開発経緯 企業が開発しているウェブベースのツールだったり、個人が開発している実行ファイル形式のツールだったりと、メルカリの自動化ツールなんて世の中に大量に出回っています。 (規約改訂で半数近くが消えていきましたが) なぜわざわざ一から作ろうと思ったのか。 だって・・・ 他人が儲けるのって悔しいじゃないですか!!! ツールを販売しているのが個人だと特に!! ・・・心が狭い?知ってます。 それに月額制っていうのが好きではないことも原因の一つですね。 高いツールだと月額1万円以上掛かるらしいですし。 以前は私も「メルポン」を利用していたのですが、月額会員にはなっていなかったので出品の度に15円の費用が掛かっていました。 他にも出品後の商品の管理のし辛さであったり、レスポンスが遅く修正に時間が掛かったりと色々ストレスを感じていたこともあり、2ヶ月程で見切りを付けました。 ちなみに今回完成させる物は自動操作を行って「出品させる部分だけ」なので、リストの連続出品や再出品の仕組みについてはご自身で追加してみて下さい。 ForとかDoとかを使えば簡単に作れます。 また、このツールは「SendKeys」を多用しています。 そのため配布するプログラム等にはあまり適さないため、「使えるなら何でもいい!なりふり構わない!」という方のみ読み進めて下さい。 商品登録画面の操作方法 通信を解析してAPIを割り出して・・・なんてことはしません。 画面を確認すると、以下の3つの形式の入力操作を行う必要があることが分かると思います。 画像ファイルアップロード用ダイアログの操作• 商品名などのテキスト入力操作• 出品カテゴリなどのプルダウンメニュー操作 ダイアログの操作についてはメルカリに限らずどの場所でも使用する可能性のある汎用性の高い処理であるため、別記事にて紹介しています。 ) では今回は2、3の内容について実装していきましょう。 テキスト部分の入力操作 早速ページ上のソース部分を確認してみましょう。 「」 上記の部分が商品名のinputタグです。 document. getElementsByTagName "input" For Each obj In objAll If InStr obj. Focus obj. 「obj. name(商品名文字列)」と記述すると見た目上は値がセットされていますが、カテゴリの変更や画像の登録などの画面情報が更新される操作を行うと、先ほどセットした商品名が消えてしまいます。 これは、ユーザーの操作に対応して実行されるjavascript等が動いて無いためだと思われます。 分かりやすいのは販売価格を入力した時ですね。 販売価格を手入力すると、本来であれば以下の画像の様に「販売手数料」と「販売利益」の値が自動的に計算されて表示されます。 それでフォーカスした後に値をセットしてみたり、入力箇所をクリックしてみたりと色々試してみたのですが、手入力の様に自動計算はしてくれませんでした。 現在この処理で数千件の出品を行っていますが、今の所SendKeysの誤作動は特にありません。 安心して使って下さい。 以上の手順で「商品名」と「商品説明」についてはクリアできました。 販売価格の欄はこれでも動いてくれなかったため、値の入力からSendKeysで行っています。 注意点として、例えば「3,000円」を入力したい場合は SendKeys "3" SendKeys "0" SendKeys "0" SendKeys "0" としてもうまくいきません。 「300」を入力した時点で自動計算処理が走ってしまうため、その際の若干の処理ラグにより直後の入力が反映されず、最後の「0」が落ちてしまうことがあります。 この場合は、値の入力後 or 入力前に若干の待機時間を設ける処理を追加しましょう。 price sendKeysWait Mid d. price, priceIdx, 1 , 200 '価格入力' Next 'Sendkeysの待機秒数追加版' Sub sendKeysWait keys As String, msec As Integer SendKeys keys, True Sleep msec End Sub この様にすれば問題ありません。 大体200ms程度の間隔であれば十分でした。 ちなみに「 SendKeys使わなくてもいけるよ!」という方がいたらぜひ方法を教えて下さい。 (^^; 完全に自分用として作ったものなのでSendKeysで妥協して仕上げましたが、使わずに済むのであればその方が良いですね。 プルダウン項目の操作 こちらもテキスト同様、値をただセットするだけではjavascriptが動いてくれません。 そのため、SendKeysで動かすことがメインになります。 obj. 残念ながら幾つ送信できたかを検知することはできませんが、カテゴリが正しく設定できたかどうかであれば判定することができます。 カテゴリのプルダウンについては上図の様な構成になっているため、 selectタグを抽出してclass名に「select-default」が設定されているものを探します。 しかしこれだけではカテゴリ1のプルダウンを特定することができませんので、andで別の条件も追加してみます。 Value "5" Then MsgBox "カテゴリ1の設定項目が正しくありません。 " End End If End If この様に、カテゴリ1の中だけに存在する選択肢文字列を追加判定することで、目的のカテゴリのオブジェクトを判別することができます。 後は「Value」の値が目的のものと一致しているかどうかを判定するだけです。 まとめ いかがでしょうか。 しかし、操作対象のウィンドウ(IE)をアクティブにしていないといけないため、別の作業ができないなど他のデメリットは多数存在します。 配布用には向きませんが、個人で使用する分には十分だと思いますのでぜひ参考にしてみて下さい。 こんにちは、全くのVBA初心者から本サイトを熟読し作れるようになった者です。 個人的な考察では、 ・商品説明が毎回同じであるためでメルカリ側のプログラムに引っかかっている ・1つの商品を繰り返し出品しているため ・夜間もランダム時間に繰り返し出品している 以上の3つが問題であると考えているのですが、どうでしょうか? 宜しければ管理者様の不正に引っかからないプログラムの違いを教えていただきたいです。 お手数おかけしますがよろしくお願いいたします。 大ざっぱな説明ばかりしていて初心者の方にはだいぶ厳しい内容かと思っていましたが、自動出品まで実装できたのは素直に凄いと思います。 「確実に」と言う言い方からして既に複数回アカウント停止になっている様ですが、使用したアカウントは全て新規(評価無し)アカウントでしょうか? 新規または低評価であれば、単純に1日あたりの出品回数が多すぎるせいだと思っています。 個人的には評価一桁であれば1日5出品位までかなと思っています。 (というか書いてて思いましたが、それが濃厚な気がします) アカウントを停止したはずのユーザーが違うアカウントでまた出品を始めたら、違反行為(『アカウント売買』や『複数アカウント作成』)を行っていると判断されても仕方無いかと。 実験という意味で、試しに手動で出してどうなるかを見てみてはいかがでしょうか。 同じく停止措置を取られたらほぼ確定だと思います。 その場合住所は変えられないでしょうから、名前や登録口座を家族名義のものに変更してみると良いかもしれません。 プログラム自体に問題がある訳では無いと思うので、一度アカウント周りや出品の仕方(主に回数)を見直してみて下さい。

次の

最新!メルカリの自動出品ツールを一覧で比較!

メルカリ 自動

どうもみなさんこんにちは!しゃかてらです! 今回はメルカリ自動出品ツールに関する記事になります! 2019. 8追記: 現在メルカリのツールは記事に公開できないものでしたら複数存在します。 実はここだけの話、 メルカリのツールは存在はします。 メルカリのツールの情報をいち早く知りたい方は LINE の登録をしていただくことで情報を早く流すことができます。 メルカリのツールは需要があります。 それはこの記事のアクセス数や僕へのお問合せの数でわかります。 実際に今日本で一番売りすい、集客不要、出したらすぐに売れる、Amazonやヤフオクよりも高値で売れる。。。 こんなにメリットだらけなのですからメルカリを運用したい人が多いのは当然です。 話が少しそれましたが、 メルカリのツールは需要が高い故に作る人も出てきています。 」というお問合せも結構来ています。 ただ、この記事もメルカリ側は把握しているでしょうから、そんなに簡単に公開できるものでもありません。 しかも数十万程度の開発費のものだとすぐにつぶされてしまいます。 僕が使っていたWhiteCatの開発費は 数百万単位でとても優秀でした。 あくまで自分で使う分には数十万程度でもいいと思いますが運営となるとリスクが大きすぎます。 自動出品はできたとしてもその他の機能やメルカリのAPIの更新が入ったときに更新に間に合わずそのままサービス停止なんてこともありうるのです。 そんないい加減なものを公開したくはないですし、公開したところで僕にはデメリットの方が大きいです。 しかし実際に数百万の開発費をかけて作っているツールもありますから、どうにか公開できないか考えた結果、 コンサルティングと一緒にして狭く深くやってみようと思いました。 数名でもいいんです。 この記事だけでも 月に数万人見てくれる方がいらっしゃいますが実際に稼いでいる人は少数でしょう。 まだコンサルティングは僕もスケジュールをあけないといけないので時期は未定ですが、先行予約みたいな感じで LINE で一言メッセージをください。 リッチメル 【2019. 6追記】リッチメルは利用できなくなりました。 1アカウント月額¥4980 3アカウント月額¥9800 15アカウント月額¥19980 一括購入¥70,000 こちらはアカウント数でライセンスが区切られており、メルカリと新ラクマに対応しているようです。 普通に高いです。 機能面も出品のみです。 メルカリ出品支援ソフト 【2019. 6追記】メルカリ出品支援ソフトは利用できなくなりました 【機能】 ・出品 ・出品取消し ・予約出品 ・出品済みデータからの取り込み 【価格】 月額約¥3400 サイト上でも詳しい操作説明があり、複雑な操作もないのでパソコン操作に疎い方でも比較的楽に使えるのではと感じました。 動画でも使い方の説明があります。 試用版は商品10件まで登録や出品ができるようです。 ネット販売初心者という方にはオススメだと思います。 furikuntool(merukun) 【2019. 6追記】furikuntoolは利用できなくなりました。 【機能】 ・出品 ・出品取消し ・予約出品 ・Excelからの登録出品 ・発送通知 ・評価 ・住所一括取得 【価格】 1アカウント月額¥4000 無制限アカウント月額15,000円 まさかのTwitterでした。 メルカリと新ラクマになります。 結構機能は豊富ですがツールのみでの運用は難しいと感じました。 試用版は3日間だけ使えます。 (別途メールにて申請が必要です。 ) 名無しのツール 【2019. 6追記】名無しのツールは利用できなくなりました。 google chromeのブラウザが必要とはおそらくchromeの拡張機能を使っているのではないかと思います。 メルポンが最後に出していた、5個ツール同時自動出品ツールに似ていますね。 メルポンでもなかなか動作が安定しなかったので不安ですが機能面はまあ普通です。 価格に関しては 機能のわりに少し高いかなといったところです。 facebookアカウントはいらないでしょう、何に使うんでしょうか。 メルランド(Merland) 【2019. 21追記】メルランドは利用できなくなりました。 【機能】 ・出品 ・出品取消し ・予約出品 ・Excelからの登録出品 ・発送通知 ・評価 ・住所一括取得 ・売上金申請 ・在庫状況の管理 【価格】 月額¥6000 一括購入¥60,000 リッチメルよりも機能が豊富で価格も若干安いと思いました。 ツールから操作ができることは手間をかけたくないユーザーにはもってこいのツールだと思います。 Skypeによるサポートも行っているので安心できます。 試用版は別途メールで申請することで7日間だけ使うことができます。 出品から取引終了までツールで行いたい、在庫状況も管理して売れたらすぐに出品したいというような方にオススメかと思います。 WhiteCat 【2019. 25追記】WhiteCatは利用できなくなりました。 【機能】 ・自動出品 ・複数アカウント管理 ・取引メッセージ管理 ・コメント管理 ・お知らせ確認 ・支払い待ち一括表示 ・発送待ち一括操作 ・受け取り評価待ち一括表示 ・評価待ち一括操作 ・在庫管理 ・スケジュール設定 ・Excel csv商品一括登録 ・1件毎商品登録 ・出品中の商品表示 ・定型文保存 ・購入時自動取引メッセージ送信 ・売上金振込申請 【価格】 1アカウント月額¥4980 僕が一番オススメのツールでご覧の通りかなりの機能があります。 このボリュームでこの価格は安すぎます!! 他の互換性のあるツールとも併用できるので手間をかけずに販路を増やしたい方にはもってこいのツールです。 公式のメルカリにログインする必要すらありません。 ここに書ききれないほど機能が多かったので気になる方は公式のツールを見ましょう。 WhiteCatの運営者はAmazonからの無在庫販売のツールも作成するとのことで、完全なる不労所得を得ることが可能になるとも語っていました。 すでにExcelで動作するAmazonのシステムを作成済みとのことでしたので近々公開されるようです。 さらにはこれがツールと互換性があるため一括での商品登録が可能になり、これ以上にないツールが完成する予感です。 WhiteCatのツールは僕の方で簡単にマニュアルを作成しています。 25追記】メルカリ出品CSは利用できなくなりました。 【機能】 ・出品 ・csv商品データ取り込み ・一括削除 【価格】 年間¥3500 価格は一番安いですが操作が複雑でパソコンに慣れていない方には向かないと思います。 また、問い合わせに対して返信が数日から数週と待たされる程遅いです。 問い合わせに対応していないだけでユーザー側はすごく不安になりますよね。。。 値段が値段なので仕方ないといえば仕方ないのですが。 試用版については別途申請することで15日間だけ使うことができます。 フリマっち 【2019. 25追記】フリマっちは現在新規募集を休止しています。 【機能】 ・自動出品機能 ・出品予約 ・CSV読み込み ・仕入先ページからの自動画像取得機能 ・削除機能 【価格】 月額:無料 10月以降は有料 フリマっちはクラウド型でサーバーで動作します。 現在、メルカリのツールでサーバー上で動作するものは存在しません。 理由は言うまでもなく、 IPアドレスをメルカリ側は確実に見ているからです。 何かしらのIPアドレス対策をしているのか、それともメルカリがIPアドレスを見ていることを知らないのかいずれかだと思います。 ヤフオクフリマに対応していますがもちろんyahooもIPアドレスは見ているので複数のユーザーを同じサーバーに入れると 一斉にBANされる可能性があります。 現在、有料版の価格は開示されていませんが、IPアドレスの分散にも対応しているとなると、かなり高額になると思います。 「フリマツール」とか「ラクマツール」とかで検索をかけると フリマっちのPPC広告が一番上に出てくるので広告費も結構使っていると思われます。 これで普通のツールと同じくらいの値段ならIPアドレス変更のシステムが入っていないなどの欠陥品だと断定してもいいでしょう。 現在出ているフリマっち以外のツールは広告は使っていませんから開発費に経費を使えるのです。 結構ディスってしまいましたが、実際にベータ版を利用してみて、結構作りとしてはしっかりしているなといった印象です。 しゃかてらのコミュニティ「しゃかてらの家LINE 」 最近は登録者が増えてきてくれているのでとてもやりがいがあります。 メッセージでこのサイトを応援してくれる方がたくさんおられてとてもうれしい限りです。 ありがとうございます。 まとめ 2月のツール規制で僕が把握しているツールはすべて潰れてしまいました。。。 メルカリのツールがなくなってしまった今、僕たちはどうすればいいのか。 僕もツールがつぶれる最近までメルカリのツールは重宝していたので困ってしまいました。 WhiteCatのメルカリ自動出品ツールは他ツールとは全く異なります。 最近ではリッチメルというものがありますが、これはExcelベースなのでシステム的にできることが限られてきます。 リッチメルは自動出品にのみ対応していて、出品中の商品、発送待ちの商品、コメントの返信、取引メッセージの返信などなどあらゆる機能がなく、逆にWhiteCatはこれらすべてに対応しています。 リッチメルでなくても他ツールは何かしらの機能がなく、結局は公式のメルカリにログインする羽目になります。 なので僕はログインの必要がないWhiteCatさんを重宝しています。 メルカリのアカウントは使用できるノウハウを持っているか否かで変わります。 もっていない方はいたずらにアカウントを停止し続けるので規制のたびに頭を悩ませます。 メルカリでアカウントを守るにはIP分散や取引相手の方に常に返事をするなどの対策が必要です。

次の

メルカリの出品写真から位置情報はバレる?自動で削除されるの?|物販NAVI

メルカリ 自動

こんにちは、後田です。 さて、私が普段メルカリせどりをしている中で、 前々から疑問に思っていた事があるのですが、 それは、 「メルカリ自動購入(仕入れ)ツールあるのではないか?」 という疑問です。 まず、何故このような疑問を持ったのかと言うと、 メルカリせどりの必須ツールとして 【フリマウォッチ】という ツール(スマホアプリ)がありますよね。 このアプリが、無料で使える割には非常に高性能で私もかなり愛用しています。 フリマウォッチはキーワードと価格を設定するだけで そのキーワードの商品が新たに出品されるとスマホに通知がくるようになるので、 儲かる商品のキーワードと価格を設定するだけで 簡単に仕入れができてしまう優れものです。 私もこのアプリのお陰でかなり稼がせてもらいました。 元々、せどり・転売用に作られているツールではないので、 多少の使いづらさはありますが、 それでも無料にしておくのは勿体無いぐらいですし、 月額費用を支払っても利用する価値のあるツールだと思っています。 で、 フリマウォッチは性能面で見てもかなり優秀で、 指定したキーワードの商品が出品されると、ほぼ30秒以内にはスマホに通知されます。 なので、儲かる商品のキーワードを登録しておけば、 メルカリ出品後30秒以内にスマホに通知が来て、 そこからメルカリに飛んで即座に購入すれば 10秒で利益確定仕入れをする事もできるのです。 ですが、過去にフリマウォッチに通知された商品の中で、 明らかに通知直後にメルカリに飛んだのに、 すでに商品が売り切れている事が何度かありました。 これが出品後2分後3分後とかならまだ分からなくもないですが、 スマホ通知されて10秒以内にメルカリに飛んだのに 売り切れになっているのはどう考えてもおかしくありませんか? それで私は、 「もしかしたら『メルカリ自動購入(仕入れ)ツール』がどこかに存在していて、 それを使っている人が儲かる商品を狙い打っているのではないか?」 と思うようになったんですね。 ただ、ハッキリとした確証はありませんでした。 実はそんなツールは存在せず、 単にフリマウォッチよりも早く通知されるアラートツールが存在していて、 そのツールを使っている人が私よりも早く購入している、という可能性もあったからです。 なので、この疑念はしばらく疑念でしかなかったのですが、 先日、明らかに『メルカリ自動購入(仕入れ)ツール』が存在する事が 濃厚になる事件が発生しました! 百聞は一見にしかず。 まずはこちらの画像を見てください。 この『ルーンファクトリー3』というソフトは Amazonでは定価より高値で売られている、いわゆる『プレミア商品』です。 モノレートで確認しても、最安値ですら6,000~7,000円ぐらいで安定していますよね。 なので、仮にそのソフトが666円で売られていたとしたら そりゃすぐに購入されるでしょう。 しかも、 この攻略本は別にプレミアでも何でもありません。 モノレートを見ても、全く売れていませんよね。 しかも最安値が1円ですので、普通はこの商品が666円でメルカリに出品されても、 すぐに売れるとは考えにくいのではないでしょうか。 ですが、この攻略本は出品後1分以内に売れました。 これは私が『ルーンファクトリー3 DS』とフリマウォッチに登録しており、 通知後すぐに商品ページへ飛んで確認したから間違いないです。 普通ならこんなAmazonで1円の商品が 666円ですぐに売れるとは到底考えにくいです。 なのに、1分以内で売れた。 なので、ここで私が思ったのは、この攻略本が1分以内に売れたのは、 【自動購入ツールがこの攻略本をゲームソフトだと勘違いして間違えて購入してしまった】 という風に考えました。 こう考えると、一応つじつまは合います。 なので、私はこの商品をキッカケに前々から疑念に思っていた、 『メルカリ自動購入(仕入れ)ツール』の存在をほぼ確信できるようになりました。 ここからは推測ですが、多分この自動購入ツールは、 アラートツールのようにキーワードや金額をあらかじめ設定しておいて、 そのキーワードの商品が新しく出品されると、 自動的に購入手続きまで行ってくれる・・・という類のツールではないかと踏んでいます。 しかも、すでにフリマウォッチがあるように、 アラートツール自体は問題なく作る事ができて、 そして、購入部分も自動化できるとなれば、 これはもう『メルカリ自動購入(仕入れ)ツール』が存在してもおかしくありませんよね。 ただ、私が調べた限りではこのようなツールは 今のところ表には出回っていないような感じです。 誰か個人が自分のために使っているのか。 それとも、裏でしか出回っておらず、使っている人も少人数なのか。 そういった事は全く分かりませんが、 ただ、今回の件でずっと疑念に思っていた 『メルカリ自動購入(仕入れ)ツール』が存在する事は 自分の中ではほぼ間違いないと思うようになりました。 もしこのようなツールが実際に存在するのであれば、 自分にも同じようなツールを作る事もできるわけですしね。 もちろん、私が作るわけではありませんが、 クラウドワークスやランサーズなどで募集すれば ツールを作ってくれる人が集まるかも知れません。 まぁ、今回ツールに期待して記事を読んでくれた人には あまり期待には添えられませんでしたが 笑 ただ、こういった発見が今後のツール開発や 気付きに繋がるケースが多いので、 私的には今回の発見はかなりの大発見だったと思います。 しかも、今回の推測が正しければ、どうやらメルカリ自動購入ツールも 今回のように誤った購入もあるわけですので、万能という訳ではなさそうです。 なので、 『ツールが儲かる商品を買い占めているから、 メルカリせどりではもう稼げない』と思う必要はありません。 今後もメルカリ仕入れで稼げなくなる事は 中々考えづらいです。 メルカリは今でも非常に稼ぎやすい市場ですし、 少額からでも仕入れができるので、非常にオススメです。 もし、あなたがメルカリ仕入れに興味があって、 そこで収入を少しでも増やしたいと思うなら、 私のメルマガでさらに詳しく解説していますので、 よければ登録して頂けると嬉しいです。

次の