年賀状 値段。 年賀状の値段【2020年・令和2年用からは63円に変更です】

年賀はがきの値段はいくら?どんな種類がある?私製はがきの切手代は?

年賀状 値段

スポンサーリンク 年賀状の販売時期と値段は! 通常の窓口販売やコンビニ等での販売がメインになってきていますが、その他様々な販売形態があります。 窓口販売 2018年11月1日 木 ~2019年1月11日 金 が販売期間になっています。 の期間でしたら何時でも購入出来ます。 一部日祭日は休業している郵便局もありますので注意が必要ですが・・・ インターネットでの販売 注文受付が平成30年9月3日(月)から平成30年12月25日(火)23:59までとなっています。 配達期間は、平成30年11月1日(木)から平成30年12月28日(金)までとなっています。 (窓口販売の日と同じひから手元に届きます 年賀状の種類は、目新しいものは無いですが下記のような構成になっています。 ・スヌーピー 年賀葉書(インクジェット) 62 円 ・ディズニー 年賀葉書(インクジェット) 62 円 ・絵入り[寄附金付・全国版] 67 円 ・無地 62 円 ・無地(インクジェット紙) 62 円 ・無地(インクジェット写真用) 72 円 但し、インターネットの販売での支払い方法は代引きしか対応していないです。 インターネットで注文しても、クレジツト決済が出来ないので注意しましょう。 その他の支払いでも、口座振替、コンビニ決済などの支払いは出来ない仕組みになっているので、必ず現金を準備しておく必要があります。 現金を持ち歩かない生活の人は、注意が必要です。 年賀状を無料配達してもらえる事は可能! 可能ですが、条件も有ります。 インターネットからの注文の場合です。 各種類1枚からの条件+合計5枚以上の注文であれば、最低でも5枚注文すれば無料で配達してもらえます。 例外として、インクジェット写真用の年賀状については10枚単位になっているので注意しましょう。 担当者に注文の場合 担当者から無料で届けてもらえます。 常日頃に親しい郵便局の方がおれば、その方を指名しておきましょう。 また、郵便局員は枚数のノルマがあるので、喜んで無料配達してくれます。 窓口販売の場合 直接窓口で購入するので、配達をしてもらうメリットは無いです。 スポンサーリンク 年賀状を無料配達してもらえる日数 注文日から3日(日・祝祭日を除く)位での届けが可能です。 離島地域については、お届けに3日以上かかる場合もあるので注意しておきましょう。 お届け日の指定も出来る仕組みになっています。 日曜・祝祭日を除いた、平日(月~土曜日)であればお届け日の指定は出来ます。 配達してもらう時間の指定もできますが 次の 3つの時間帯のみの指定となります。 ・午前中(9~12時) ・午後(12~19時) ・夜間(19~21時) まとめ いかがでしたか!今回は年賀状販売についての値段や期間をご紹介しました。 これで何時から購入出来るか解決することが出来ます。 年賀状を購入するときには、ぜひ参考にしてみてください。

次の

料金・お支払い|年賀状印刷|しまうまプリント年賀状2021

年賀状 値段

年賀状1枚の値段 2019年用から、 年賀はがき1枚 62円です。 年賀はがきの種類 郵便局年賀はがき 1. スヌーピー 年賀葉書(インクジェット) 62円 2. ディズニー 年賀葉書(インクジェット) 62円 3. 絵入り[寄附金付・全国版] 67円 4. 無地 62円 5. 無地(インクジェット紙) 62円 6. 無地 インクジェット写真用 72円 7. 東京2020大会[寄附金付]年賀はがき 8. 安いのは広告付年賀はがき? 年賀はがきでの安いのは「広告付年賀はがき」の57円です。 年賀はがきに企業広告が印刷されたものとなり、通常価格62円の5円分を企業が広告費としているので安く購入できます。 広告を気にしない方であれば、お得な年賀はがきになります。 購入場所は、販売企業の地域などの郵便局になり、販売部数も決められていますので最寄りの郵便局で確認して下さい。 ネットプリント年賀はがき ネットプリントサービスで年賀はがき5円引きのセールもありますが、印刷代も含めての代金となりますので勘違いしないようにしましょう。 割引き価格が記載されていても、比較対象はネットプリントサービスと自前プリントでのコストとなります。 年賀状の投函期日 元旦に届ける場合は12月25日までとなっています。 年賀状の購入枚数? 種類とか場所にもよると思いますが郵便局のほうが1枚から購入できます。 コンビニとかでは枚数セット売り(枚数単位)が見受けられます。 郵便局のネット通販は、5枚から送料無料で利用できます。 ただし注文受付が12月25日までです。 まとめ 年賀状の需要が少なくなっていくなかで、値上げはどうかと思ういますが、もらって嬉しいものなので考えてほしいですね。 2014年4月の2円値上げ以来の10円値上げは20%値上げ相当なので、次回値上げがあるならば、加速して年賀状を利用しなくなる事態があるかもしれません。

次の

ハガキプリンター「PF

年賀状 値段

スポンサーリンク 年賀状の販売時期と値段は! 通常の窓口販売やコンビニ等での販売がメインになってきていますが、その他様々な販売形態があります。 窓口販売 2018年11月1日 木 ~2019年1月11日 金 が販売期間になっています。 の期間でしたら何時でも購入出来ます。 一部日祭日は休業している郵便局もありますので注意が必要ですが・・・ インターネットでの販売 注文受付が平成30年9月3日(月)から平成30年12月25日(火)23:59までとなっています。 配達期間は、平成30年11月1日(木)から平成30年12月28日(金)までとなっています。 (窓口販売の日と同じひから手元に届きます 年賀状の種類は、目新しいものは無いですが下記のような構成になっています。 ・スヌーピー 年賀葉書(インクジェット) 62 円 ・ディズニー 年賀葉書(インクジェット) 62 円 ・絵入り[寄附金付・全国版] 67 円 ・無地 62 円 ・無地(インクジェット紙) 62 円 ・無地(インクジェット写真用) 72 円 但し、インターネットの販売での支払い方法は代引きしか対応していないです。 インターネットで注文しても、クレジツト決済が出来ないので注意しましょう。 その他の支払いでも、口座振替、コンビニ決済などの支払いは出来ない仕組みになっているので、必ず現金を準備しておく必要があります。 現金を持ち歩かない生活の人は、注意が必要です。 年賀状を無料配達してもらえる事は可能! 可能ですが、条件も有ります。 インターネットからの注文の場合です。 各種類1枚からの条件+合計5枚以上の注文であれば、最低でも5枚注文すれば無料で配達してもらえます。 例外として、インクジェット写真用の年賀状については10枚単位になっているので注意しましょう。 担当者に注文の場合 担当者から無料で届けてもらえます。 常日頃に親しい郵便局の方がおれば、その方を指名しておきましょう。 また、郵便局員は枚数のノルマがあるので、喜んで無料配達してくれます。 窓口販売の場合 直接窓口で購入するので、配達をしてもらうメリットは無いです。 スポンサーリンク 年賀状を無料配達してもらえる日数 注文日から3日(日・祝祭日を除く)位での届けが可能です。 離島地域については、お届けに3日以上かかる場合もあるので注意しておきましょう。 お届け日の指定も出来る仕組みになっています。 日曜・祝祭日を除いた、平日(月~土曜日)であればお届け日の指定は出来ます。 配達してもらう時間の指定もできますが 次の 3つの時間帯のみの指定となります。 ・午前中(9~12時) ・午後(12~19時) ・夜間(19~21時) まとめ いかがでしたか!今回は年賀状販売についての値段や期間をご紹介しました。 これで何時から購入出来るか解決することが出来ます。 年賀状を購入するときには、ぜひ参考にしてみてください。

次の