野 ブタ を プロデュース 最終 回。 野ブタ。をプロデュース特別編5話6話放送決定!最終回まで放送される理由

野ブタ。をプロデュース ロケ地情報

野 ブタ を プロデュース 最終 回

スポンサーリンク 新型コロナウイルスの影響で4月スタートドラマが延期され、代わりに再放送されているドラマ「野ブタをプロデュース」。 最終回まで放送されることが決定し、次回2020年6月13日に第9話が放送されます!! 遂に野ブタのプロデュースをことごとく邪魔していた真犯人が明らかになった第8話。 をプロデュース」第9話のあらすじネタバレと感想をまとめてみました。 Contents• 野ブタをプロデュース9話までのネタバレは? まずは第9話までのあらすじネタバレをご紹介していきます。 野ブタをプロデュース1話ネタバレ 着ぐるみに身を包むよう自分自身を演出し、人気者として君臨する2年B組・桐谷修二。 周囲をうまく盛り上げ、まさにクラスのリーダー。 そんな修二の唯一苦手な人物が、同じクラスの草野 彰。 彰は優柔不断でおっちょこちょい。 でもって、ちょっとピントがずれている。 その性格からクラスでも浮いた存在の生徒。 そんな彰は、修二のことを「親友」と click! 思い込み、修二になにかと絡んでくるから修二としてはおもしろくない。 どうしても、こいつの前では調子がくるってしまうのだ。 そんなある日、修二の通う隅田川高校に転校生がやってきた。 転校生の名は小谷信子。 外見に無頓着で自身を飾ることをしない暗い印象を持つ、修二とは正反対の少女だった。 信子の、click! 周囲に人を寄せ付けぬ態度や雰囲気が災いし、不良グループのリーダー、バンドーに睨まれてしまう。 そんな修二は、ひょんなことから虐められっ子、信子を人気者にする、プロデュースを引き受けるのだった。 やがて、それは、イジメへとエスカレート。 クラスの雰囲気はだんだん、悪くなっていく。 それを見た修二は、「自分は関係ない」とたかをくくっていたが…。 そんな矢先、信子の制服が何者かによって、落書きされ、着られない程、ボロボロにされてしまう。 過去にも同じような経験を持つ信子は、諦めに似た落胆を覚えるのだが、信子のプロデュースを引き受けた修二が立ち上がり、この状況を打破すべく打開策を思いつく。 その作戦とは、とにかくまず美しくなること。 単純な作戦のようだが、まずは基本が大事。 そこで、信子のビューティーアップ作戦を始めるが・・・。 野ブタをプロデュース3話ネタバレ いじめられっこの信子は、バンドーの嫌がらせで、年に一度、開催される文化祭の実行委員に指名されてしまう。 一方、信子をプロデュースしようと決めた修二と彰は、多数決で決まったお化け屋敷を成功させることが、信子を人気者に変えるチャンスになると考え、協力する。 非協力的なクラスメイトを尻目に、信子は必死にお化け屋敷の作り物をこなしていく。 信子は、バンドーの嫌がらせから、修二に愛の告白をすることになってしまう。 周囲のクラスメイト女子と比べ、信子に不足しているものは恋愛経験だと考えた修二は、タイミングよくして信子に想いを寄せるクラスメイト、シッタカの存在を知り、修二のガールフレンド、上原まり子を巻き込んで、ダブルデートを決行するのだったーー。 一方、信子に恋心を抱きはじめた彰は、そんなデート作戦がおもしろい筈もなくーー。 そんな折、信子をモチーフにした信子お手製の「ノブタパワー人形」を目にした修二は、人形を流行らせることができれば、信子が人気者になる道も早いと考えた。 そこで、修二と彰は、「ノブタパワー人形」を所持すれば、願い事が叶うという噂を作り上げ、マジナイや占い好きの女子高生の性質を利用すると、人形は一瞬のうちに大流行。 面白いほど売り上げを伸ばした。 そんな中、彰の実父が、会社を継がせる準備をさせるため、彰を実家に呼び戻すのだった。 野ブタをプロデュース7話ネタバレ 信子に恋心を抱いた彰は信子を独占したいという想いから人気者にプロデュースする作戦を止めたいと申し出る。 修二は彰の申し出に苛立ちを感じながらも受け入れざるを得ない。 そんな中、信子は唯一、出来た友人の蒼井かすみによる誘いで放送部へ入部。 信子と少しでも一緒にいたい彰も又、放送部へ入部することに。 そして、彰は信子への抑えられぬ思いのために、ある、とんでもない行動を取ってしまう・・・。 修二はというと、クラスメイトと適当に遊びながら適当に距離を置くという元の生活に戻るが、日々の生活にぽっかり穴が空いたような空虚感がぬぐえなかった。 さらに、まり子から、自分との関係をはっきりさせてくれ、本当の気持ちを教えてくれ、と問い詰められる・・・。 そんな折、信子が『私の好きなもの』をテーマに映像作品を募集するコンクール作品を撮影することになり、3人が久しぶりに行動をともにすることになるが、そこにまた陰湿ないたずらが発生し・・・。 野ブタをプロデュース8話ネタバレ ある夜、OLが酔っ払いに絡まれている現場に遭遇した修二は、傷害事件の容疑者として、交番で事情聴取を受ける。 疑いははれたものの、「信じてもらえない」という事の恐怖をしる修二。 そんな直後だけに、後日また別のケンカの現場を見てみぬ振りをしてしまう修二。 しかし翌日、そのケンカの被害者がタニだと判明し、修二は友人のタニを見殺しにした冷たい人間として、周囲のクラスメイトから避けられてしまう。 引用元: 高校生の修二はクラスの人気者。 学園のマドンナ的存在のまり子と言う彼女がいて、一見高校生活を謳歌しているようですが、内心は全く違っていました。 本当は周囲を冷めた目で見ていて、人気者を演じているだけ。 学校生活も全く楽しくありませんでした。 そんな中、クラスに入ってきた転校生の信子は、暗い性格から、クラスの不良グループに目をつけられてしまい、壮絶ないじめにあいます。 そんな信子をさりげなくかばう、修二と、クラスメイトの彰。 修二と彰は信子がいじめられないように、信子をプロデュースして人気者にしようとします。 信子をおしゃれにしようとしたり、恋愛をさせようとしたり、信子が無理やり押し付けられた文化祭の係を逆手にとって、お化け屋敷を成功させようとしたり。 しかし、毎回、誰だかわからない黒幕によって、3人の計画は妨害されます。 ところが様々な計画を通して、3人の絆は深まり、信子も成長していきます。 また、修二も、3人で一緒にいることが楽しくなり、とうとう本音をまり子にぶつけます。 「(まり子のことが)好きじゃない」と。 まり子を傷つけたことに後悔する修二。 そんな修二を信子はなぐさめます。 また3人で行動する中で、彰は信子のことが好きになり・・・なんとプロデュース終了宣言! また信子にも初めての友達ができました!クラスメイトの蒼井かすみ。 しかし、最終的には信子の気持ちが修二に傾いていることを知り、彰が身を引くかたちで、再び3人で行動するように。 そんな中、修二に事件が。 クラスメイトのピンチを救わなかったこと、逃げたことがバレ、人気者から転落、クラスで孤立するように。 そんな修二を彰と信子の2人が救います。 またそんな中・・・ずっと3人に嫌がらせをしていた犯人が発覚!? なんと、信子と初めての友達になった蒼井かすみ。 修二の前で自分が犯人であることを白状した蒼井。 しかし、まだ信子は蒼井かすみが犯人であるとは知りません。 果たして、信子は蒼井かすみが犯人だとわかったらどうするのか??以降で第9話のあらすじネタバレを詳しくご紹介していきます。 それは、信子の友達・蒼井かすみ(柊瑠美)の存在です! 「それなーに?」と豚の置物を持っている野ブタに話しかけるかすみ。 かすみは仲良さそうなそぶりを見せていますが、本当は信子に対してこう思っています。 「小谷さんには自殺したくなるくらい絶望してもらうつもりだから」 修二はあの時のかすみの言葉を思い出し 「あいつを見ていると、嫌な予感で胸いっぱいで息苦しくなる」 と心の中でつぶやくのでした。 夕方、修二が帰宅すると何と自宅のキッチンには料理を作るかすみの姿がありました。 弟の浩二(中島裕翔)と父(宇梶剛士)はかすみの作るハンバーグを待っています。 修二は出来上がったハンバーグを捨てて、代わりの物を買ってくると二人に言い残し、かすみの後を追いかけます。 「お前何がしたいんだよ!」 「野ブタをプロデュースの仲間に入れてくれない?そうしたら小谷さんには何も言わないで消えてあげるから」 微笑みながらそう言うかすみをみて修二は思います。 その頃、修二は彰の家でかすみの本性について明かしていました。 「俺たち真面目だけど」と修二は言うも「みんなのやり方はなまぬるい」と返すかすみ。 「小谷さんには誰もがっ認める人気者になって欲しいの。 一方彰の家では、おいちゃんこと平山(高橋克実)が店を休んで温泉旅行に行くと話していました。 しかし、生徒たちの反応はと言うと・・・ 「今日の小谷ふつう」「キャラ変わったよね」などあまり評判はよくありませんでした。 信子は意を決して「元にもどしたい。 こういうのじぶんじゃないし」とかすみに言いますが 「プロデュースっていうのはこういうことでしょ?自分じゃない自分を演出するの」 そこに修二が現れて「本人が嫌がっているからもうやめれば?」と言うと「何ですぐ甘やかすの?」と言い返すかすみ。 修二と言い合いになってかすみは去って行きます。 一方、彰は下駄箱の中にまた封筒を発見! そこにかすみが現れて「今度はキスしている写真かもね?」と茶化すも「かもね」とかわす彰。 そんな彰に「何で二人とそのまま付き合えるのか?」とかすみは尋ねます。 「俺の中では修二と野ブタが一番。 「根本的にやり方が間違ってる。 人は試すものじゃない。 育てるものだ」と言って彰は去って行きます。 これを見て、これまで色々邪魔された際のペンキが黄色だったことが頭をよぎる信子 ・・; そこにかすみが戻ってきて・・・ 「私の机の上に忘れてたみたい」 慌てた表情でポーチを受け取るかすみに信子は言います。 「私が水族館で助けたおじいさんに会えないかな。 だってあれ私が作った嘘だから」 そしてお化け屋敷や、ビデオテープを壊した犯人も自分だというかすみ。 「何で・・・」 「嫌いだから。 うっとうしいから!三人で仲良しですってそんなの噓くさい!!!」 偶然そこに、修二の元カノ・まり子(戸田恵梨香)が廊下を通りかかり、二人のやりとりを聞いてしまいます。 信子「友達だって言ってくれたのも嘘なの?」 かすみ「うん。 もっと親切にして一番効果的なところで盾木落としてあげようと思ったのに残念だな・・・」 信子は悲しみのあまり涙を流します。 そこに割って入ったのはまり子でした! まり子「もういいでしょ!泣いてるじゃない」 かすみ「桐谷君にふられた女でしょ?いいコト教えてあげる。 桐谷君本当はこの子と出来てるんだよ」 信子「違う・・・」 まり子「だから?それが何なの?」 かすみ「無理しちゃって」 かすみが去って行った後、まり子は信子を慰めるため屋上に誘います。 持っていた甘栗を信子に食べさせてあげるまり子。 一時は、まり子がプロデュースを邪魔している犯人なのでは?と疑った事も有りましたが・・・ まり子は弱い者を捨て置けない本当に良い子だったんです! 今後、信子の良き理解者になってくれそうな予感がしますよね〜! しかし生徒からの評判は散々。 「やっぱ突撃は小谷じゃないと」 教室にはまり子が現れ、彰に信子が来ていないか声をかけます。 信子が休んでいることを知ると「昨日友達にひどいこと言われたから」と言うまり子。 修二もその話を聞き、その友達がかすみであることを知ります。 「その事を伝えたかったから」と去って行くまり子に「ありがとう」と言う修二。 「小谷さんきっと大丈夫だよ。 時間かかるかもしれないけど」 まり子のその言葉を聞き修二も頷きます。 その頃、信子は自宅で一人泣いていました。 「だから小谷出せって」 「俺たちは小谷のまずいが見たいの!」 「小谷の眉毛ピクピクみたいよな〜」 この声を聞いた修二は信子に届けたいと思い、彰にカメラを採りに行くよう頼みます。 そしてクラスの前に立って修二は言います。 「みんな、頼みごとがあるんだ。 小谷がこのまま学校に出てこなくなるかも」 「けどみんなの声が届けばまた学校に出てくると思う!」 「みんなの声をカメラに映して小谷に届けたいんだ。 俺の言ってることなんて聞きたくないの分かる。 でも今回だけでいいからみんなに聞いて欲しい。 いつの間にか眠っていた信子が目を覚ますと、そこにはメモが 「小谷さん 学校の屋上に来て 蒼井かすみ」 眠っている二人を置いて、信子が一人屋上に向かうと飛び降りようとしているかすみの姿があったのです! かすみ「来てくれたんだ。 ここから飛び降りたら死ねるかな?怒ってるよね。 あんなひどいことしたんだもんね。 私の事許してくれないかな?許してくれないんだったらここから飛び降りる!」 信子「許せない・・・」 かすみ「分かった。 じゃあ飛び降りる」 信子が思わず駆け寄ろうとするも・・・ かすみ「来ないで!最後のチャンスです。 私の事許してくれますか?小谷さんどうする?」 そに修二と彰も現れます。 彰「だからそうやって人を試す事やめろって・・・」 修二「こいつはこういうやり方しかできねーんだよ」 かすみ「桐谷君は何でも分かってるんだ。 すごいね」 信子「飛び降りないで!」 かすみ「許してくれるんだ」 信子「許さない。 でも飛び降りないで」 かすみ「それはだめ。 どっちかひとつだもん」 修二「ちょっと待て!お前本当は許してもらいたいなんて思ってないんだろ?」 かすみ「そうだよ。 許して欲しくなんかない」 修二「じゃあお前何がしたいんだ!」 かすみ「覚えてて欲しい。 いやな思い出でもいいから私がいたこと覚えてて欲しい。 それだけじゃあね・・・」 そう言うとかすみは屋上から飛び降りてしまうのです!! 三人が下を見ると、そこには芝生に倒れたかすみの姿が・・・ しかし、実はそれは三人の夢だったんです。 同じ夢を見た事を不思議に思い、三人が急いで教室に向かうと机に伏せたかすみの姿を見つけます。 「屋上から飛び降りる夢見たの?」 信子のその問いかけに頷くかすみ。 ゴーヨク堂は携帯に「友達になりたい」と誰かから電話がかかってきたようですが、その友達は結局現れず、現れたのは猫。 そしてかすみは「プロデュースが思ったより面白くなかったから解放してあげる」と言ってブタの置物をたたき割り去って行きます。 かすみが一人学校の窓から外を眺めているとキャサリンが話しかけます。 昔の同級生が話したい事とは、健康食品を買って欲しいということだったみたいですね(笑) いつものように彰の部屋に集まった三人。 修二はもう一度クラスの中で桐谷修二を改めて作りだそうと宣言します。

次の

「野ブタ。をプロデュース」“最終回”まで放送決定!修二と彰と信子…友情と恋の行方やいかに

野 ブタ を プロデュース 最終 回

【10月15日 放送 】 着ぐるみに身を包むよう自分自身を演出し、人気者として君臨する2年B組・桐谷修二。 周囲をうまく盛り上げ、まさにクラスのリーダー。 そんな修二の唯一苦手な人物が、同じクラスの草野 彰。 彰は優柔不断でおっちょこちょい。 でもって、ちょっとピントがずれている。 その性格からクラスでも浮いた存在の生徒。 そんな彰は、修二のことを「親友」と 思い込み、修二になにかと絡んでくるから修二としてはおもしろくない。 どうしても、こいつの前では調子がくるってしまうのだ。 そんなある日、修二の通う隅田川高校に転校生がやってきた。 転校生の名は小谷信子。 外見に無頓着で自身を飾ることをしない暗い印象を持つ、修二とは正反対の少女だった。 信子の、周囲に人を寄せ付けぬ態度や雰囲気が災いし、不良グループのリーダー、バンドーに睨まれてしまう。 そんな修二は、ひょんなことから虐められっ子、信子を人気者にする、プロデュースを引き受けるのだった。 やがて、それは、イジメへとエスカレート。 クラスの雰囲気はだんだん、悪くなっていく。 それを見た修二は、「自分は関係ない」とたかをくくっていたが…。

次の

[mixi]エンディングについて考える

野 ブタ を プロデュース 最終 回

『 青春アミーゴ』(あらすじ) 修二(亀梨和也)が転校する事を知った彰(山下智久 と信子(堀北真希)は大きなショックを受けるが、気持ち良く修二を転校させようと決め、何か記念になることはないかとかんがえる。 信子は彰と修二の冗談を間に受け、ゴーヨク堂店主(忌野清志郎)の実家の神社で、みこのアルバイトを志願。 みこの姿で修二にノブタパワーを注入する。 そんな折、信子は誤って神社の木の枝を折ってしまう。 店主は一番大切な人に罰が当たると言い、罰封じのお守りを信子に渡す。 信子はそれを持って修二と彰のもとに走る。 (感想です) なかなか言えない修二。 彰に先を越され、他人行儀だから下の名前で呼んでくれと。 修二は、もうすぐ転校するので、これ以上親しくなるのをよそうとしていた。 何でそう考えるのかなぁ。 一人輪から外れていた。 別れを寂しくないように考えたのでしょうか? 野ブタは、突撃レポートをしていたおかげで、かなりの人気者になっていた。 突撃飯を止めたいと言うと修二は簡単に「止めたら、辛いんでしょう」。 もうどうでも良かった? 野ブタと彰は気持ちよく別れようと二人で決めた。 「何して欲しい?」野ブタは修二のためなら何でもすると、言った。 彰は「たとえば、巫女になって野ブタパワー注入!するとか」と言った途端に走り出した。 近くの神社へ行くとなんとゴーヨク堂の店主が。 巫女の扮装で走る野ブタ。 鋸で切ろうとしたり、結局川に流して、3人で、罰を受けると覚悟した所は、最高でした。 キャサリンが、教室に残っていた3人に3対の人形を渡した。 2個集めると,幸せになると教えて、窓から出て行った。 3人のプレゼント交換。 あけてビックリ。 それぞれが、人形を入れていた。 皆がおなじ気持ちだったのですね。 終了式は終わった。 「人を好きになるって知らなかった、おなじ景色を見て忘れたくないとか。 きっとそんなときは、小谷を思い出すだろうな。 」と修二。 「思っていることが全部伝われば、、、」野ブタ。 「判っているよ。 これって、修二の告白かと思いました。 こんなに言い合える友達は貴重です。 まり子にも伝えると、教室に、ビーチパラソル、裏では、野ブタと彰が波の効果音を出していた。 廊下で、野ブタとまり子が楽しそうに話していた。 この光景はこれからを暗示して良かったです。 今度の桐谷修二は何があっても挫折しないと思ったら、挫折した。 教室に、彰が!野ブタに言われて、来たのだった。 修二は「俺達はどこででも生きていける」修二の人格が変わりそうな予感です。 これは嬉しい変化でした。 海に入ったふたりは、これで親友の絆が深くなったと言う水かけでしょうか? 野ブタは、笑えるようになり、走って階段を上がりかけ、二人が居ないことに気付いた。 屋上で空を見上げ、「笑って生きていかれる」と、笑いながら涙がにじんでいたラストは胸に来ました。

次の