競艇 場。 インコース(1コース)が強い競艇場!勝率・特徴解説

【競艇場ごとの特徴まとめ】全国24カ所を一覧とランキングで紹介!

競艇 場

戸田競艇場・ペアボート試乗会、申し込みから当選が決まるまでの流れ 受付は1階のメディアギャラリー前のカウンターでやってます。 一般の人は12時~13時のあいだにここに来て、いろいろな注意事項を読んで同意のうえ、応募用紙に名前を書きます。 (13時をちょっとでも過ぎると受け付けてもらえないので注意!) 戸田競艇クラブ会員の人は、受付は10時~12時のあいだで、12名まで優先的に乗れる枠があるそうです。 会費は年間3000円で、毎回入場料が無料にもなるので、これは入ってもいいかも……。 今回のペアボート協力選手たちはこちら。 おおお、ここはやっぱりA1の平石さんがいいかな…いやでも自分の両側にも艇がいるセンターの艇もおもしろそうかも……6号艇で外から他の艇を見ながら行くのもいいな…… などと妄想がふくらみます。 妄想しながら応募用紙を抽選箱に入れ、応募用紙の半券は控えとして持っておきます。 当選者は42名(戸田競艇クラブ会員12名含む) そして抽選結果が発表されるのは15時。 またここに来て確認します。 15時、受験発表みたいな気持ちで貼りだされた紙を見ると、、、 わたしの番号あったーーー! 彼氏の番号もあったーーー! 受付するときにわたしの前に並んでて、たまたま話した知らないおじさんの番号もあったーーー! 3人で、よかったねーーー!キャッキャッと喜びをわかちあったのでした。 今回はたまたま戸田競艇クラブ会員の人がいなかったらしく、会員の優先枠が一般の人に開放されたため、確率的にはちょっと当たりやすかったものと思われます。 ラッキー。 落選した人は、当選した人のキャンセルが出た場合に再抽選があるので、応募用紙の控えを16時までに再び抽選箱にいれます。 そして16時05分に再抽選の結果が出ます。 当選した人は再びカウンターに並んで、改めて注意事項を確認、同意のうえ、名前と住所、緊急連絡先を書いて、無事に乗艇証をゲット! 乗艇のための次の集合時間は16時20分。 最終12レース前に、またこのメディアギャラリー横のカウンター前に集合です。 落選した人も、同伴者に当選した人がいれば、ピットに一緒に入って見学・撮影ができます! ついにピットへ! いざ乗艇! 当選者とその同伴の見学者たちが並んで、ぞろぞろとピットへ向かいます。 ピットの裏側につくと、ユニフォームと救命胴衣、ヘルメットと長靴が用意されていました。 自分がどの艇に乗るかは完全にランダムなので、どきどき。 わたしは6号艇になりました! ワーイ! ユニフォームの下に着ている救命胴衣がかなりがっしりしていて、動きづらいです。 そして暑い!ユニフォームの中に熱がこもって、順番を待っているだけで汗をかいてきます。 長靴もサイズが大きくてかなりぶかぶか。 動きづらいのでロボットみたいな動きでピットに向かいます。 番号順に並んで待ちます。 彼氏は5号艇。 ちなみに、5号艇の中西裕子選手と6号艇の黄金井力良選手がご夫婦だってことをあとで知りました。 なんて気持ちのいい眺め うおー ピット離れをうしろから見られるとは~~~ わたしを乗せてくれた黄金井力良選手。 イケメンです。 こんなふうにボートに乗せてもらったら、好きにならないわけがない。 好きです。 応援してます。 ある程度実際のレースみたいに走るのかな?と想像してたんですが、1号艇から順番に出ていき、6号艇のわたしはみんなが出たのを見ながら最後に出発。 それぞれの艇は離れて走ります。 わたしは出発してすぐにぶしゃーーーと勢いよく顔に水がかかり、ヒャーーーーと変な声が出ました。 ……楽しい!! わたしはとにかく遠慮なくスピードを出してほしいので、重心を低くし、艇が安定するよう努めます。 黄金井選手、大丈夫です!わたし、やれます!(心の声) 「選手に操縦の要求をしないこと」 と注意事項にあったので、あくまで心の中で念じるのみ。 「多少スピードを出しても大丈夫な奴」だと思ってもらえるように重心の安定を心がけました。 お客さんに慣れてもらうためもあるのか、まずは第2ターンマークを大きくゆっくりまわり、そこからどんどんスピードをあげて第1ターンマークへ向かっていきます。 水面近い! 水面硬い! わたしの頭のなかでは完全にターンマークすれすれのモンキーターンがイメージされてるわけですが、危ないからそんなことはしてくれませんよね…… 第1ターンマークをゆっくり大きくまわって、直線で再びスピードアップ! 艇の底が水面を打つ硬い音、モーター音、舞い上がる水しぶき、すべてがしびれるーー! 水面からスタンドや橋を見るのも、とても新鮮で気持ちいいです。 そして2周目。 大時計に近い一番外側をぐんぐんスピードを上げて走っていきます。 大時計の横を通る瞬間に時計の針に目をやると、時計がぴったり! スタートタイミングを合わせて走ってくださったみたいです! おおお……。 (感動) 1周目では大きくまわった第1ターンマークも、2周目では舳先すれすれ! 目の前にターンマークが見えてまたもや感動。 そして1周目よりも直線のスピードが速い!(気がする!) と思っていたのも束の間、ボートはあっという間に第2ターンマークの先へ……。 スピードを落としながらゆっくりとピットに戻り、これにてペアボート体験は終了。 あ~~もう終わりか…… 興奮しすぎて本当にあっという間でした。 ボートから降りるときに、「こっちから降りてもいいですよ」 と先に降りた黄金井選手が声をかけてくださっただので、遠慮なく黄金井選手が立っている側から降りさせていただきました。 ハイ、黄金井選手に手を取ってほしかったんでね。 へへへ。 ちゃっかり手を取ってもらってボートから降りました。 ありがとうございました、黄金井選手!! 帰りの橋の上からもパチリ。 黄金井選手を見ると、モンキーしてる!(焦ってブレた) 自分が乗っているときはわからなかったですが、わたしのときもしててくれてたんだー!と思うとまた嬉しくなりました。 前略 初めましてブログ楽しく読ませて頂きました。 私はボートレース歴2年程度の57歳おじさんですが、「レース場を全て回ってみたいなぁ」とネットサーフィンをしていたところ、このブログに辿り着きました。 とっても面白くてついコメントを入れてしまう気になってしまいました。 私は北海道在住なので実はボートレースは30年ほど前に戸田、20年ほど前に尼崎の2ケ所・2度しか生で見たことがありません。 しかも先輩に無理やり運転手代わりに連れていかれたので、楽しい思い出は皆無(笑)。 今はインターネットで投票して休日を過ごしながら、たまに北海道唯一のチケットショップ旭川に出かけるのが楽しみです。 これからも楽しく読ませて頂きたいと思います、貴重な情報をありがとうございます。 いつか全場を車中泊で制覇してみたいと夢が膨らみました。 でもやっぱり生で観るとすごく楽しいんで、まずは東京の4場を制覇しに来てください! 笑 1週間休めたらとりあえず4場制覇イケますよー! 笑 全場を車中泊で制覇、ってのも楽しそうでいいですね~。

次の

ボートレースからつ Official Site

競艇 場

次節の総展望 頑張れレノファ! 徳山からエールを送る6日間! ボートレース徳山では7月20日から「レノファ山口カップ」が開催される。 サッカー・J2リーグで戦うレノファ山口とコラボしたこの大会は、17年にスタートして今年で4回目。 毎年夏の恒例レースになってきた。 今回はA1勢から山一鉄也(福岡)、荒井輝年(岡山)、市橋卓士(徳島)、竹田辰也(山口)、海野康志郎(山口)、中田元泰(香川)、末永由楽(岡山)、片岡雅裕(香川)、長谷川雅和(岡山)、高田明(佐賀)が参戦。 高速ドリブルで水面を切り裂き、Vゴールを駆け抜けるのは誰になるのか。 V候補の筆頭格に挙がるのは市橋卓士だ。 今年の勝率7. 05は今節出場メンバーのなかでトップの数字。 今年5優出1Vとコンスタントな活躍を見せており、3月のSGボートレースクラシックでは予選6位に入るなど記念戦線でも存在感を示している。 徳山では過去2回のV歴。 当地前走となる18年のG3企業杯で堂々のオール3連対Vを飾っており、今節は徳山2節連続3回目の優勝がかかる一戦だ。 対抗一番手は竹田辰也と海野康志郎の地元勢か。 竹田は昨年7月に行われた「レノファ山口カップ」で優出2着。 羽野直也と優勝争いを演じて惜しくも準Vだっただけに今回は頂点を狙いたい。 徳山は通算15優出0V。 悲願の当地初Vを目指す。 海野は徳山通算19優出2V。 近況当地2節連続優出中だ。 今年初めての徳山参戦で大暴れを見せるのか。 荒井輝年も見逃せない。 4月の江戸川戦と5月の若松戦で優勝するなど今年6優出2Vをマークしている。 徳山は今年すでに2回走っており、2月の「山口マツダ周南東店カップ」では松井繁や上條暢嵩らとV争いを演じて優出4着に入っていた。 徳山初Vは射程圏だろう。 その他ではG1タイトルホルダーの意地を見せたい片岡雅裕や、5~6月に4節連続優出を飾るなどリズム上昇中の山一鉄也、前期勝率6. 20で2期連続のA1級キープに成功した末永由楽、6月のG1大村周年で予選6位に入るなど近況地力アップが光る中田元泰、前期勝率6. 44で4期ぶりのA1級復帰を果たした長谷川雅和、6月の住之江戦で約3年9カ月ぶりの優勝を飾った高田明らがV争いに加わってきそう。 またA1勢以外にもSGタイトルホルダーの田頭実(福岡)と濱村芳宏(徳島)や、徳山2Vの実績がある上田隆章(香川)と眞田英二(徳島)、6月の丸亀戦で約7年ぶりの優勝を飾った吉田光(佐賀)、4月の宮島GWレースで優勝した松本博昭(広島)など楽しみな選手が揃っている。 (データはすべて7月2日現在。 カッコ内は所属支部)• 一般戦• モーニング• 女子戦 本場一般席 7月 1 水 2 木 3 金 4 土 5 日 6 月 7 火 8 水 9 木 10 金 11 土 12 日 13 月 14 火 15 水 16 木 17 金 18 土 19 日 20 月 21 火 22 水 23 木 24 金 25 土 26 日 27 月 28 火 29 水 30 木 31 金 本場 JLC放送 682 680 680 680 680 681 681 681 681 681 681 680 681 681 681 681 681 684 683 683 683 683 683 683 684 684 場外 本場指定席&すなっちゃ徳山 本場 休館 モーニング デイ ナイター•

次の

競艇場一覧

競艇 場

創刊65周年記念サンケイスポーツ杯 令和2年7月23日〜7月27日 初日12R ドリーム戦出場予定選手 艇番 1 2 3 4 5 6 級別 A1 A1 A1 A1 A1 A1 登番 4413 3265 3961 4545 4361 4537 名前 水摩敦 今村暢孝 谷村一哉 岡村慶太 柳生泰二 渡邉和将 支部 福岡 福岡 山口 福岡 山口 岡山 勝率 6. 57 6. 54 6. 88 6. 61 6. 62 6. 98 2連率 50. 60 52. 80 49. 70 48. 80 47. 60 56. 気合満点の今村を軸に地元勢がシリーズをリード 大挙参戦する地元勢が、優勝戦線をリードする5日間シリーズだ。 当地通算7回の優勝歴を誇るベテランの今村暢孝(福岡)が、変わらぬ積極的なコース取りと、衰えることのない熟練のさばきで魅せる。 当地では前回、前々回と2節連続で準優敗退しているだけに、今度こそと気合満点で乗り込んでくること間違いなし。 5月にオール3連対で予選を突破した小羽正作(福岡)は、的確な走りで上位進出を外さない。 近況好調な水摩敦(福岡)は5回、正月戦で2年連続優勝の実績もある岡村慶太(福岡)は4回と当地で何度も美酒を浴びてきた。 高倉和士(福岡)は優勝歴こそないが、直近の4節で優出3回と好成績。 A1級に復帰と勢いに乗っており、そろそろ初優勝への期待も懸かる。

次の