かねこあや コレコレ訴える。 しばゆー&ZOC西井万理那が不倫!ゆりにゃ暴露で炎上【東海オンエア】

かねこあやの虚言癖をコレコレが暴露!てんちむが名誉毀損で訴えて裁判に?

かねこあや コレコレ訴える

てんちむのストーリー全文 相手の気持ちを否定せず尊重するのが友達、理解してあげることが友達と思っていた時期もあったけど間違ってると思うことは同調せず言わないと相手のためにならないし優しい言葉だけじゃなくて怒る時には怒るべきだし逸れた道へ向かっているならば厳しい言葉をかけてでも道を正してあげることが本当の友達だと私は思う。 今後は関わる事もなければ見守ることしかできないけど 友達だった身として私は私なりにできることを全部全力でやったつもりです。 私からは以上だし何も言いません。 では! これが かねこあやさんに対するものだということはネット民の多くが察しましたが、 裏ではかねこあやさんの愛猫・チチちゃんの死についてトラブルが起きていたのです! かねこあやの愛猫の死を巡り喧嘩に! YouTuber・かねこあや ことの発端は 2020年1月28日。 かねこあやさんが外出中に、愛猫・チチちゃんがお風呂で溺死しているのを家政婦さんが発見しました。 チチちゃんは、かねこあやさんが4匹飼っているうちの末っ子。 まだ7ヵ月ちょっとという幼さでした。 かねこあやとチチちゃん お風呂の扉を開けっぱなしで出かけた為、チチちゃんが浴槽に登って足を滑らせ湯船に溺れて死んじゃったと考えるのが自然ですが、現場やチチちゃんの遺体を調査した結果 『家政婦さんが殺した可能性』が浮上しました。 そこで、 親友だったてんちむさんも協力して弁護士を探すことに。 しかし、家政婦さんにチチちゃんを殺す動機も証拠もない為かねこあやさんの自己責任なんじゃ?と疑い、また「家政婦さんが殺して いない可能性」を考えると、自分が家政婦さんの人生を狂わすことに加担しているんじゃないかと疑問に思い、結果的に対立。 さらに、事故死か他殺かも分からない状態でSNSで発信するかねこあやさんに苦言を呈したことで仲は決裂し、 絶縁へと至りました。 かねこあや側の言い分 かねこあやさんは 「家政婦が殺した可能性が高い」として警察・弁護士・東大准教授らと捜査を進めていますが、そもそも自己管理能力や責任能力が甘かったという点については認めており、猛省しているそうです。 コレコレチャンネルでは 練炭自殺を試み、睡眠導入剤を処方しないと寝れないくらいには自分のことを責めていると話しました。 その上で、少しでも他殺の可能性があるなら追求する権利があるとして捜査しているのであり、家政婦さんの人生を壊そうとしているわけではないというのがかねこあやさんの意見。 また、チチちゃんの火葬にてんちむさんも参列したそうなのですが、てんちむさんはなんと スウェット姿で参列したこと。 また職員が 高炉の扉を開ける度に、てんちむさんが興味を示すかのように中を覗いてたことにも激怒していました。 てんちむ側の意見 家庭内で起こった事故の大半は自己責任なのだから、他殺の可能性がわずかにあったとしても100%家政婦さんに罪を擦り付けるべきではないと反論。 愛猫を失ったという事実や悲しみを受け入れられず、怒りに変えて家政婦さんに矛先を向けているのを、てんちむさんは耐えられませんでした。 火葬場のことについては、高炉の温度調整が上手くいっていなかったのか職員さんがスイッチを何度も弄っていたため「何してるんだろう?」「もう 火葬が 始まっているのかな?」と気になってチラチラ見たり、職員さんに「大丈夫ですか?」と尋ねることはあったそう。 しかし、高炉の扉が開かれたことはなく、中を興味津々で覗いてたわけではないと否定しました。 てんちむ&かねこの喧嘩は裁判沙汰に! 以上のような内容を 2月6日にコレコレチャンネルで語った てんちむさんですが、警察・弁護士・研究者ら多くの人が捜査を進めている最中にも関わらずアレコレ喋ったことについてかねこあやさんが激怒。 「守秘義務違反」ならびに 「名誉棄損」として警察に被害届を出したそうです。 そして 2月10日、この被害届が正式に受理されたとインスタグラムのストーリーで発表しました。 もし受理されたのが本当であれば、 早くて半年後に警察がてんちむ宅に来てパソコンやスマホなどを押収。 かねこあやさんは「示談や和解はしない」と言っているため、 法廷で争うことになります。 かねこあやのSNSが怖すぎる! 2月6日にコレコレチャンネルの配信が終了後、かねこあやさんはSNSでてんちむさんを攻撃。 Twitterとインスタグラムのストーリで煽りまくりました。 私が脅したなんて訳の分からない事になってますけど、裏では逆ですよ。 物証も有。 チチの死因についても。 彼女との事については今後私の方から訴訟を起こします。 まさに「ニコイチ」だった10年来の親友に向ける言葉とは到底思えません。 ちなみに、 てんちむさんは何も言い返すことはなく無言を貫いています。 昨年10月からてんちむが距離置いてた てんちむさんは、 かねこあやさんと絶縁した理由に愛猫・チチの死は関係ないという衝撃の発言をコレコレchでしています。 2019年10月頃からてんちむさんの方から距離を置くようになり、コラボ配信も控えるようになっていったのだとか。 その具体的な理由までは語られませんでしたが、 てんちむさんはかねこあやさんに不満を抱えていたことは分かりました。 かねこあやさんに対し「こういう風にした方がいい」「こういう風にしてほしい」と伝えたところ「それは出来ない」と返されたそう。 それに対してんちむさんが「じゃああなたはどうしたいの?」と問いかけると、かねこあやさんから「私はこうしてほしい」と要求がありました。 そのため、てんちむさんが「じゃあその要求を飲むから、私と法の下で絶縁してください」と伝え、縁が切れたという流れです。 てんちむさんがかねこあやさんに要求したこと。 かねこあやさんが断ったその要求が何なのかは分かりませんが、性格や癖か。 あるいはYouTuberとしての方向性が合わなかったのでしょうか。 ボクシングくんとも関係が? かねこあやさんとは2019年10月頃から距離を置くようになったとそうですが、実は同じく仲良しである ボクシングくん BOXING ch とも同時期から距離を置くようになり、現在絶縁中だと言われています。

次の

しばゆー&ZOC西井万理那が不倫!ゆりにゃ暴露で炎上【東海オンエア】

かねこあや コレコレ訴える

かねこあやさんが抱いている猫が末っ子のチチちゃんです。 まだ7カ月だったようで、心が痛みます・・・ 時系列でまとめますと、 【2020年1月28日】かねこあやの愛ネコ「チチちゃん」が死亡 かねこあやさんが、外出中に愛ネコのチチちゃんがお風呂で溺死しているのを 家政婦さんが発見しました。 ご心配お掛けしました。 チチは先程、病院でのエンゼルケアを終え一緒におうちに帰ってきました。 私の外出中に起きた家庭内事故でした。 外傷もなく、硬直も和らいできて昨日のちーちゃんと何が違うのかよくわかりません。 ただ、起きてくれません。 おかえりチーちゃん 駆け付けてくれた母、ああちゃん、甜歌、私の4人でチチを送り出せました。 大切なチチを大切な人達と送れた事、心から感謝します本当にありがとう。 チチが事故でなく、他人による故意の殺害であるかもしれない可能性が出てきました。 悲しみに打ちひしがれる間もなく警察や弁護士、関係各所、東京大学の准教授からも証拠やデータを集めたりでした。 でも犯人探してもチチは返らないから、ただ私はチチの為に本当の最後を知ってあげたいだけなのです。 そこで、親友のてんちむさんと協力して、警察や弁護士を探し真相を確かめるために行動していきました。 現在も真相は調査中とのことです。 てんちむさんは家政婦さんに愛猫チチちゃんを殺す動機も証拠もない為、家政婦さんが殺していない可能性を考えるとてんちむさん自身が家政婦さんに今後の人生を狂わせることに加担してしまうのではないかと疑問に思い結果的に対立したと話します。 一方かねこあやさんはてんちむさんがチチちゃんの死について独自の見解をSNSで発信した事を親友より連絡をもらい緊急でコレコレさんに電話し批判。 ふたりの仲はさらに決裂したように見えました。 以前からてんちむさんはかねこあやさんに変えて欲しいことがあり伝えていた• なかなか変わらないので2019年10月頃から徐々に距離を取っていた• 改善されないのでこれ以上自分の名前を使った行動を一切しないでほしいと伝えかねこあやさんが条件付きでこれを了承し絶縁となった• 絶縁の理由はかねこあやさんの猫が全ての原因ではない と絶縁の経緯を涙ながらにコレコレさんに伝えていました。 この情報からするときっかけは愛猫の死かもしれませんが、以前からてんちむさんとかねこあやさんは不仲になっていたことがわかりますね。 現在顧問弁護士と共に被害届を出しているみたいです。 被害届の相手は、文章を見るからに「てんちむさん」と思うのが流れ的には普通でしょうか。 【2020年3月6日】かねこあやがてんちむとの絶縁についてコメント しばらく経って、スーツ姿のかねこあやさんが自身のYoutubeアカウントでてんちむさんとの絶縁について文書を読みながら説明する動画がアップされました。 要約すると、• てんちむさんが10月あたりから距離を取っていたとは感じられなかった• てんちむさんの火葬場での行動は親族・友人も不審に思っていた• てんちむさんから絶縁の依頼があったことは事実• 絶縁後にも拘らずコレコレさんのライブ配信でかねこあやさんの愛猫について勝手に自身の見解を放送されてライブ配信に参加せざるを得ない状況になってしまった ということですが、具体的に裁判についてなどのコメントはありませんでした。 しかし、自己責任能力が甘かったことも認めており猛省しているそうです。 コレコレChで今でも 睡眠薬を服用しないと眠れないくらい自分を責めていると話しています。 それでも、「家政婦さん」が殺した疑惑がある限りその真相を確かめる権利があるとして捜査継続を宣言しています。 しかし、あくまでも「家政婦さん」の人生を狂わせることが目的ではないと言っています。 てんちむはかねこあやの家政婦攻撃に対して言及 かねこあやさんがチチちゃんを想う気持ちを察しながらも、 家政婦さんに罪を擦り付けるような行動には反対しています。 チチちゃんを失い悲しみを受け入れられず、その どうしようもない怒り、悲しみを家政婦さんに向けて攻撃することが耐えられないといっています。 その後てんちむさんが愛猫チチちゃんの葬儀に出て1週間が経ったあたりに、自分のインスタのストーリーで意味深な内容を投稿しました。 (現在が削除されています。 ) 相手の気持ちを否定せず尊重するのが友達、理解してあげることが友達と思っていた時期もあったけど 間違ってると思うことは同調せず言わないと相手のためにならないし優しい言葉だけじゃなくて怒る時には怒るべきだし逸れた道へ向かっているならば厳しい言葉をかけてでも道を正してあげることが本当の友達だと私は思う。 今後は関わる事もなければ見守ることしかできないけど友達だった身として私は私なりにできることを全部全力でやったつもりです。 私からは以上だし何も言いません。 では! まとめると 「本当の友達だからこそ間違っていることは間違っている言ってあげる」 「できることは全力でやりきった」 といった感じでしょうか。 少なくとも愛猫のこと以外にも何かトラブルがあったに違いありませんが、配信中「てんちむさん」はこの事について一切話していませんでした。 SNS上では、さまざまな意見が飛びかっています。 かねこあやには心底ガッカリだよ。 虚言癖の被害妄想女に過ぎなかったか 病的な何かは感じてたし、それも魅力の1つやと思って見てたが… 流石にてんちむが可哀想としか受け取れんな。 親友が自分の為に動いてくれたのを全て無に帰すのは酷い。 — 瑶 Uhooeee 叩かれてるけど、警察とか弁護士が解決するから叩かなくて良くね?って思う。 かねこあやが風呂のドア開けて、水貯めてたのが悪いとか言うアホいるけど、家庭にある猫の驚異になる物なんて他にも山ほどあるからなって思う。 批判してる人は、お前ら全て排除出来てんのかって俺は言いたい。

次の

てんちむと泥沼騒動の元親友・かねこあやに批判続出…しれっとメイクするだけ、訴訟に触れず

かねこあや コレコレ訴える

元人気子役で現在は大人気ユーチューバーとなった「てんちむ」こと橋本甜歌を訴えると公言していた「かねこあや」が、自身のYouTubeチャンネルを2カ月ぶりに更新した。 かねことてんちむは、10年以上の付き合いで、お互いを「親友」と呼んでいた。 だが今年1月、かねこの愛猫が自宅で水死したことをきっかけに、2人の間に亀裂が生じた。 かねこは、家政婦が猫を殺害したのではないかとの疑念を唱え、警察が捜査を行っていることを明かしていた。 このてんちむの進言にかねこは不快感を募らせ、さらに猫の葬儀に立ち会ったてんちむが焼却炉をのぞくなど不謹慎な行動をしたなどとして、かねこはYouTube上で公然とてんちむを非難した。 かねこは3月16日に「絶縁について」と題する動画を投稿し、てんちむとの確執について語ったものの、歯切れの悪い言葉が多く、核心に迫る部分については詳細な説明がなかったことから、視聴者から批判の声が相次いだ。 批判を受けてかねこは、裁判を含めた今後の対応を考えて発言を抑えたと釈明した。 だが3月24日、一転して「裁判はどうなってもいい」などと態度を急転させ、インスタグラムのストーリーズを使って、てんちむのことを「お金と勝利にこだわる経営思考」「人の心がない」などと激しく中傷。 加えて、てんちむが犯罪に手を染めていること、その証拠を持っていることを示唆していた。 まだ訴訟は起こしていないが、弁護士に相談はしているとの主旨を話していた。 その後は、かねこは一切この件について触れてこなかったが、5月18日に久しぶりに動画をあげた。 視聴者は、情報が途絶えていた期間に何か動きがあったのか、てんちむとの裁判の行方はどうなったのかなどに関心を寄せていたようだが、公開された動画は、プレゼントでもらったという化粧品でメイクをするだけで、騒動には一切触れずに終わった。 すると、「てんちむとの件はどうなったのか」「訴訟の件は必ず報告すると言ってたから待っている」など、騒動について説明を求める声が続出。 サムネイル画像に「顔面コジキ」とテロップが入っていることから、「堂々とサムネに差別用語を入れる神経がわからない」など、言葉遣いに嫌悪感を示す人も多い。 それもあってか、「低評価」のほうが「高評価」を圧倒的に上回り、チャンネル登録を解除する人も多く出ている。 その2人が、いがみ合い、法廷の場で争う姿を誰が想像しただろうか。 今後、2人が同じ映像に収まることはないとの声明を出しているが、これまで応援してきたファンに対して、2人は丁寧な説明をする必要があるのではないだろうか。 (文=編集部).

次の