既婚女性 5ちゃん。 既婚女性と独身男性の「禁断の恋」の未来は?男女の心理と弁護士の見解を紹介

既婚女性のその態度、もしかして好意サインなの?

既婚女性 5ちゃん

Contents• これは好意のサイン?好きになった既婚女性についての相談内容 私は35歳既婚男性です。 同じ会社の同僚34歳既婚女性子なしを好きになってしまいました。 彼女と仕事上の付き合いもあるので、気持ちを伝えることが出来なかったのですが、二人の間は周りの者から疑われるくらいいい感じの仲です。 しかし、同じ大阪府内ですが勤務地が変わることになってしまいました。 そして、少し勇気を出して彼女にメールで好きですと直接は書けませんでしたがそれに近い内容のメールを送りました。 すると、彼女からの返信は私の事を尊敬してますという様な内容の返信がありました。 そしてそのメールの後すぐに前から話していたおいしい料理やに行きましょうと誘いのメールがありました。 彼女とは、複数で食事に行ったりはしましたが仕事以外で二人きりで食事をしたことはなく、好きだという気持ちを伝えた後の相手からの誘いにすごくうれしく思っています。 しかし、彼女も私も既婚者で彼女は結婚1年ぐらいです。 私も彼女ももてない方ではありませんが、常識人として世間では通ってます。 ですから、なかなか思いが伝えられず転勤を気に伝えこのような展開になったのです。 長文になりすいませんが、既婚女性が自分に気があるとわかった男性に食事を誘うってことは、やっぱりいい感じのサインですか? 引用元- 既婚者へ好意を持つのも覚悟が必要です・・・ 既婚者に好意を持ったり、持たれたりするのはよくあることです。 未婚だろうが既婚だろうが、相手が魅力的な異性だったら好きになったり好きになられたりするのはおかしいことではありません。 それは、異性を好きになると、理性ではなく体が反応するからです。 もしそういうことになってしまったら、まずは既婚者側の家族のことを真っ先に考えるべきでしょう。 これ以上の関係に進むとどうなるか。 バレなければいいではなく、バレることを前提に考えたほうがいいでしょう。 バレれば当然、家族との関係は悪化し、最悪離婚ということになるかもしれません。 もし離婚していいと思うぐらいの覚悟があるなら、それ以上の関係になるのは家族以外の誰にも止められません。 もし既婚と未婚の二人がひかれあうようになれば、まずはメールをしたり、食事をするのがいいでしょう。 メールしたり食事をするぐらいなら、一般的に不倫だとはみなされません。 手をつないだりキスをすれば明らかに不倫ですが、食事しながら楽しいおしゃべりをするぐらいなら、世間的にもギリギリセーフです。 それ以上の関係になるかどうかは本人たちの覚悟しだいでしょう。 引用元- これは好意のサイン?好意がわかる女性のしぐさとは・・・ まずごく一般的な普通の女性の好意のしぐさをご紹介します。 女性の目線でご紹介しますと、 ・よく見る(視線が合う) ・体に触れる(ボディタッチ、スキンシップ、または、じゃれる) ・声をかける(会話したいから) ・頼み事をする(会話したいから) ・笑顔を見せる(女心では嬉しいやら、恥ずかしいやらで) などがあります。 これはほぼどの女性でも好きな人の前で見せるしぐさです。 引用元- 基本的にこのようなしぐさをする女性というのはその男性に対して好意を感じていることが一般的でしょう。 中には好意がないのに、自然とそのような振る舞いができてしまう男慣れしている女性がいますが、大多数は上記のケースにあてはまることは間違いありません。 「そんな経験なんてない・・・」という男性はもしかしたら、女性にそこまでの感情を与えていないことがあるので、今後の付き合い方を少し改善してみてましょう。 もしかしたら女性の反応ががらりと変わる可能性があります。 また、ポジティブに考えると相手が照れてしまって、そんなしぐさすらできないということも可能性としてはありますが、この場合はほかのしぐさで好意が伝わってくるほど好かれているものなので、いくら鈍感な男性でもすぐに気づくはずです。 引用元- 女性が好きな人に取る態度は? ・目を見つめてくる 女性は男性よりも本能的に親和欲求が多い、すなわち人と仲良くしたいという気持ちが強いため、 人の目を凝視する時間が長い。 だから、単なる友達としての好意の視線か、恋愛対象としての目線かの 判断は非常に難しい。 ただ、見つめられていたり遠くからチラチラとチラ見されるということは何かしらの興味や関心があるのは間違いないので、 見られていると思ったら、こちらから勇気を出して積極的に声をかけたりアプローチしてみるのが、男性の行動としては 正解です。 さらに上目使いで見つめてきたら男性側に何かを求めている可能性が大です。 女性は基本的には受け身なので、男性からのアクションが無いとなかなか自分から動けません。 だから、男性に何かを訴えている脈ありサインのシグナルである可能性が高いのです。 ただ、シャイガールや目を合わせる事も出来ないほど内気なタイプの場合は逆に目がまったく合わないこともあります。 ・話しかけられる 男性に慣れている恋愛経験豊富な女性は、好意を持っている人や好きな人がいれば自分から挨拶をしたり 、積極的に話しかけたりアピールをする人が結構います。 また、あだ名やニックネーム、名前で呼ばれるようであればもはや友達以上の信頼感があることは間違いありません。 こんなに優遇されるような状態であれば、後は男性がメールアドレスや電話番号を聞いたりデートに誘うなどの 一押しがあれば、口説き落とせるのではないでしょうか。 ただ、女性は好きだという気持ちを悟らせないように 友達のようにフレンドリーに接してくる事が多いので、これが原因で友達としてなのか恋愛対象なのかが わかりづらくなります。 飲み会で、あえて好きな人とはとは別の人に多く話しかけたりしてしまうのが 女性特有の行動です。 男性はストレートにアプローチしますが、女性は少しだけ捻じ曲げて接近してくるのです。 相手の性格にもよりますが、とりあえず話しかけられるのは少なからず好意があるのは 確定的です。 また、いつの間にか近くにいるのもさり気なくアピールしている態度です。 そこからどのように恋愛を進展させるかは男性の主導権、リードにかかっています。 最近はなんだか打ち解けて、「お互いにしかわからない造語や笑い話が多くなってきた」ということがないだろうか? そのうち彼にたいして、「私たち……なんか親友みたいね!」などとうっかり言い出したらもう危ない。 そうなれば、あなただけでなく、彼の家庭や会社での立場にも、ネガティブに影響することを忘れてはならない。 彼の妻や子どもなど、家庭の話を「聞きたくない!」と思ってしまうのも、特別な気持ちを持ってしまったという赤信号だ。 「ただの同僚よ」などと言いつつ、気がつくと彼の電話する声に注意を向けたり、表情をうかがって「誰と電話してるのかしら」などと思ったりしないだろうか? ここまで来ると、自分も知らないうちに彼に片思いしていることは明白かもしれない。 引用元- twitterの反応 旭化成ホームズの「家事ハラ」誤用、その表現がインパクトがあり、かつ広告のメインターゲットの既婚女性及び既婚男性に、その表現が好意を持って受け入れられると判断したからこそ広告に取り入れたんだろうけど、いったいどうしたらそんな方向性になるのか?おっさんだけで広告作ってるのか? — mel meleleite 結婚を機に垢抜けた既婚女性が以前好意を抱いていた男性から口説かれて、モテ慣れていない為いい様にやられた挙句、旦那に浮気がもろばれして家庭崩壊、と言う話をリアル見た。 だから嫁さんがおしゃれしてイベント行き始めたら要注意だって言ったのに。 — しぐれさん Siguresan その既婚女性がほかの女性よりねらい目なのは、ほとんどまだ有利な条件は無い中で「メールの返事が早くて長い、もちろん好意的」「旦那の話をしない」「二人きりでも会いたがってくれる」ぐらいしかない。 まー嫌いだったら二人で食事とかにはいかないと思うし、メールの返事も適当だと思うんだよね。 好意を顕わにしても大丈夫だという安心感があるかないかの違いのせいかな。 — mmatsuda matsu9ya 職場の既婚女性と仕事終わりにほぼ毎日、ご飯を食べに行ったりカラオケをしたりして帰るんですが、ただの安全な男友達としてみられてるのでしょうか? 僕は独身なんですが、彼女に好意があり、告白したこともあります。 数人の女性とつきあったが途中でつまづく、なぜなんでしょうか?僕は更に??彼を知る既婚女性数人に訊いてみた。 平均回答は彼は2度目3度目4度目のデートも最初と同じ。 女性がシビレを切らして破局。 回数重ねるのは好意があるから、だけど彼は進まない。 男性側は独身の場合で。 そして彼女はその後離婚したお..。 それが果たして何を意味するのかわたしには.. 興味がないお..

次の

既婚女性と独身男性の「禁断の恋」の未来は?男女の心理と弁護士の見解を紹介

既婚女性 5ちゃん

【目次】 ・ ・ ・ ・ 禁断の恋のリスクを知ろう 自分に家族がありながら、もし独身男性と恋に落ちてしまったら…? 「禁断の恋」というだけで、燃える人がいれば、尻込みしてしまう人もいる。 そして、禁断だからこそ沼にハマってしまう人も。 同僚にデート現場を見られてから、カレのほうが同じ部署に居にくくなって。 カレは自分からプロジェクトを外れ、私はほかの部下とギクシャク…」(40代女性・マスコミ) 禁断の恋の発覚であからさまに異動やクビは少ないとしても、「居づらくなって」「信頼されなくなって」、社会的地位を手放すことになった例は、みなさんの周囲にもあるのではないでしょうか。 さらに、ビジネスチャンスや仕事の信用までも失ってしまう、こんなケースも。 「不倫相手が取引先の独身男性でした。 ひょんなことからバレてしまい、翌月取引先からの注文がキャンセルになりました。 後悔しかありません」(30代女性・メーカー) 時間をかけて信頼を築いても、一瞬で失うこともある。 不確実な関係でありながら、ひとつ確実なのが、「リスクがある」ことかもしれません。 仕事がらみとなると、そこからリカバーするのにも時間がかかることから、「禁断の恋」の代償は後を引くことが多いようです。 「不倫がバレて、仕事の取り引き中止になってから、売り上げ成績もメンタルも半年くらい凹み続けました。 独身男性との不倫にからむお金について、弁護士・正木裕美さん(アディーレ法律事務所)に聞きました。 もしも夫が訴えを起こしたら…。 「(独身男性との関係が)夫婦関係の破綻後に始まったのでないかぎり、 夫以外の異性と性的関係をもつことは不貞行為とされ、夫に慰謝料を払わなければなりません」とのこと。 「慰謝料は、(夫と) 離婚や別居までいかなくても50〜100万円、不倫が原因で別居になった場合100〜200万円、離婚に至ると200〜300万円が目安です」(弁護士・正木裕美さん)。 金額は開きがありますが、交際期間や不貞行為の回数、不倫が離婚の原因になったか、(相手男性との間の)妊娠・出産の有無、相手の収入など、さまざまな要因によって決まるそうです。 男性側の本心をのぞき見してみましょう。 割り切った関係を望んでいる 男性側が「遊び相手として」既婚女性にアプローチしてくる場合。 または、男性が深入りしたり多くを求めず、クールにつきあうような場合。 こんなふうに、男性が割り切った関係を保ちたがることは、多くありそう。 「僕のほうは、体の関係と割り切ってつきあっていたけど、彼女のほうが『夫と別れるから結婚してほしい』と言ってきて。 不思議なもので、瞬時に醒めました」(30代男性・音楽関係) 割り切った男性との関係で危険なのは、クールな男の気持ちと裏腹に、女性が本気の恋愛沼にハマってしまうケース。 こんなふうに気持ちのズレが出始めると、関係修復はなかなか難しいようです。 「自分の彼女の相談に乗ってもらっているうち、だんだんと相手の女性のことが好きになりました。 最初は既婚者だと知らなかったので」(20代男性・金融関係) 「バーのカウンターで隣になって、話しかけられて、LINE交換して、毎日連絡を取り合って、給料日前はお小遣いもくれます。 12歳年上ともなると、思う存分甘えられます」(30代男性・アパレル) 見た目の魅力だけでなく、「頼れる」「困ったときに力を貸してくれる」という点に惹かれる男性の心が読み取れます。 中には 「笑ったときの目尻のシワが好き」(30代男性・メーカー) といった声も。 「禁断の恋」にそんなスリルを求めている男性がいるのも事実。 「極秘社内不倫を3年貫いていますが、忍び合ってスリルを感じていた最初の数ヶ月間が、いちばん楽しかった!」(30代男性・メーカー) など、スリルがなくなるとともに、恋愛関係もフェードアウトしていくこともあるようです。 女性としての喜びを感じる 結婚して何年もたったら、また子どもができたら、夫婦間の恋愛感情が衰退してしまうのは仕方ないと、あきらめている女性は多いもの。 そんなときに、独身男性からのアプローチがあったら、なびいてしまうのも、理解できる心理です。 「彼はアメリカ生まれで感情表現がストレート。 会ったときから『きれい』『手をつなぎたい』と言ってきて、女性としての幸せを十数年ぶりに感じました」(40代女性・医療関係) 「娘の保育園でよく見かける若いパパ。 未婚でひとりで育てていると知って、何か役に立てればと思って情報交換をするようになりました。 もちろん、女性が既婚だったとしても。 「遊びのつもりのマッチングアプリで、期せずに理想の男子に出会ってしまい、恋愛進行中です。 「もちろん最初はそんなつもりじゃなかったけど、あまりに夫がショボく感じてきて、いっそこの男子と再婚したいと考えるようになっています。 重たいと思われたくないので、まだ口にしていません」(30代女性・フリーランス) 禁断の恋から人生のリスタートに持ち込むには、超えなくてはならない多くのハードルもありそうです。 体験者の声を聞きながら、ハッピーエンドはありうるのか、そしてバッドエンドにならないためにはどうしたらいいか、考えてみましょう。 アピールから本気になるまで 「複数の遊び仲間のうちのひとりが彼だったのですが、私が既婚であることを男性陣には隠していたので、ふつうにアプローチされました。 仕事のあとにふつうにデートすることがうれしくて、私からどんどん本気になっていったというかんじ」(30代女性・医療関係) 「買い物中にナンパされて、結婚していることも伝えましたが、それでもいいと何度も押されました。 私、ちょっと強引なタイプに弱くて、流されるまま…」(40代女性・求職中) 既婚女性にとっては「告白される」「アプローチされる」こと自体、非日常で舞い上がってしまう体験。 そこでブレーキをかけられればいいけれど、誰もがそんなに強いわけでもなく…。 さらには、ふたりでいざ結婚となっても、夫がそれを認めず泥沼化することも。 弁護士の正木裕美さんは、いくら妻が離婚を望んでも、「 夫が『離婚しない』『関係を修復したい』という姿勢だと、裁判所では離婚を認めない可能性が高まることがあります」といいます。 「自分の不倫が離婚原因だとすると、自分が有責配偶者とされます。 有責配偶者からの離婚請求は法的にハードルが高くなると覚えておきましょう」。 さらには、「実際、 夫と別れて(恋人に)再婚を求めたり、夫から慰謝料請求をされたり、といったことがあると、恋人のほうが逃げ出す場合もあります」と弁護士の正木裕美さん。 ハッピーエンドまでは障害の多い「禁断の恋」。 「恋は盲目」であるほどに、失うものも大きくなるといえそうです。 com 女として、妻として、母として、毎日忙しいワーママが、ファッション・美容・ライフスタイル・・・、今より楽しくなれる!元気になれる!気持ちよくなれる!こと限定でお届けするWebメディアです。 All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。

次の

既婚者女性があなたとLINE(ライン)する理由と落とすテクニックを公開

既婚女性 5ちゃん

【目次】 ・ ・ ・ ・ 禁断の恋のリスクを知ろう 自分に家族がありながら、もし独身男性と恋に落ちてしまったら…? 「禁断の恋」というだけで、燃える人がいれば、尻込みしてしまう人もいる。 そして、禁断だからこそ沼にハマってしまう人も。 同僚にデート現場を見られてから、カレのほうが同じ部署に居にくくなって。 カレは自分からプロジェクトを外れ、私はほかの部下とギクシャク…」(40代女性・マスコミ) 禁断の恋の発覚であからさまに異動やクビは少ないとしても、「居づらくなって」「信頼されなくなって」、社会的地位を手放すことになった例は、みなさんの周囲にもあるのではないでしょうか。 さらに、ビジネスチャンスや仕事の信用までも失ってしまう、こんなケースも。 「不倫相手が取引先の独身男性でした。 ひょんなことからバレてしまい、翌月取引先からの注文がキャンセルになりました。 後悔しかありません」(30代女性・メーカー) 時間をかけて信頼を築いても、一瞬で失うこともある。 不確実な関係でありながら、ひとつ確実なのが、「リスクがある」ことかもしれません。 仕事がらみとなると、そこからリカバーするのにも時間がかかることから、「禁断の恋」の代償は後を引くことが多いようです。 「不倫がバレて、仕事の取り引き中止になってから、売り上げ成績もメンタルも半年くらい凹み続けました。 独身男性との不倫にからむお金について、弁護士・正木裕美さん(アディーレ法律事務所)に聞きました。 もしも夫が訴えを起こしたら…。 「(独身男性との関係が)夫婦関係の破綻後に始まったのでないかぎり、 夫以外の異性と性的関係をもつことは不貞行為とされ、夫に慰謝料を払わなければなりません」とのこと。 「慰謝料は、(夫と) 離婚や別居までいかなくても50〜100万円、不倫が原因で別居になった場合100〜200万円、離婚に至ると200〜300万円が目安です」(弁護士・正木裕美さん)。 金額は開きがありますが、交際期間や不貞行為の回数、不倫が離婚の原因になったか、(相手男性との間の)妊娠・出産の有無、相手の収入など、さまざまな要因によって決まるそうです。 男性側の本心をのぞき見してみましょう。 割り切った関係を望んでいる 男性側が「遊び相手として」既婚女性にアプローチしてくる場合。 または、男性が深入りしたり多くを求めず、クールにつきあうような場合。 こんなふうに、男性が割り切った関係を保ちたがることは、多くありそう。 「僕のほうは、体の関係と割り切ってつきあっていたけど、彼女のほうが『夫と別れるから結婚してほしい』と言ってきて。 不思議なもので、瞬時に醒めました」(30代男性・音楽関係) 割り切った男性との関係で危険なのは、クールな男の気持ちと裏腹に、女性が本気の恋愛沼にハマってしまうケース。 こんなふうに気持ちのズレが出始めると、関係修復はなかなか難しいようです。 「自分の彼女の相談に乗ってもらっているうち、だんだんと相手の女性のことが好きになりました。 最初は既婚者だと知らなかったので」(20代男性・金融関係) 「バーのカウンターで隣になって、話しかけられて、LINE交換して、毎日連絡を取り合って、給料日前はお小遣いもくれます。 12歳年上ともなると、思う存分甘えられます」(30代男性・アパレル) 見た目の魅力だけでなく、「頼れる」「困ったときに力を貸してくれる」という点に惹かれる男性の心が読み取れます。 中には 「笑ったときの目尻のシワが好き」(30代男性・メーカー) といった声も。 「禁断の恋」にそんなスリルを求めている男性がいるのも事実。 「極秘社内不倫を3年貫いていますが、忍び合ってスリルを感じていた最初の数ヶ月間が、いちばん楽しかった!」(30代男性・メーカー) など、スリルがなくなるとともに、恋愛関係もフェードアウトしていくこともあるようです。 女性としての喜びを感じる 結婚して何年もたったら、また子どもができたら、夫婦間の恋愛感情が衰退してしまうのは仕方ないと、あきらめている女性は多いもの。 そんなときに、独身男性からのアプローチがあったら、なびいてしまうのも、理解できる心理です。 「彼はアメリカ生まれで感情表現がストレート。 会ったときから『きれい』『手をつなぎたい』と言ってきて、女性としての幸せを十数年ぶりに感じました」(40代女性・医療関係) 「娘の保育園でよく見かける若いパパ。 未婚でひとりで育てていると知って、何か役に立てればと思って情報交換をするようになりました。 もちろん、女性が既婚だったとしても。 「遊びのつもりのマッチングアプリで、期せずに理想の男子に出会ってしまい、恋愛進行中です。 「もちろん最初はそんなつもりじゃなかったけど、あまりに夫がショボく感じてきて、いっそこの男子と再婚したいと考えるようになっています。 重たいと思われたくないので、まだ口にしていません」(30代女性・フリーランス) 禁断の恋から人生のリスタートに持ち込むには、超えなくてはならない多くのハードルもありそうです。 体験者の声を聞きながら、ハッピーエンドはありうるのか、そしてバッドエンドにならないためにはどうしたらいいか、考えてみましょう。 アピールから本気になるまで 「複数の遊び仲間のうちのひとりが彼だったのですが、私が既婚であることを男性陣には隠していたので、ふつうにアプローチされました。 仕事のあとにふつうにデートすることがうれしくて、私からどんどん本気になっていったというかんじ」(30代女性・医療関係) 「買い物中にナンパされて、結婚していることも伝えましたが、それでもいいと何度も押されました。 私、ちょっと強引なタイプに弱くて、流されるまま…」(40代女性・求職中) 既婚女性にとっては「告白される」「アプローチされる」こと自体、非日常で舞い上がってしまう体験。 そこでブレーキをかけられればいいけれど、誰もがそんなに強いわけでもなく…。 さらには、ふたりでいざ結婚となっても、夫がそれを認めず泥沼化することも。 弁護士の正木裕美さんは、いくら妻が離婚を望んでも、「 夫が『離婚しない』『関係を修復したい』という姿勢だと、裁判所では離婚を認めない可能性が高まることがあります」といいます。 「自分の不倫が離婚原因だとすると、自分が有責配偶者とされます。 有責配偶者からの離婚請求は法的にハードルが高くなると覚えておきましょう」。 さらには、「実際、 夫と別れて(恋人に)再婚を求めたり、夫から慰謝料請求をされたり、といったことがあると、恋人のほうが逃げ出す場合もあります」と弁護士の正木裕美さん。 ハッピーエンドまでは障害の多い「禁断の恋」。 「恋は盲目」であるほどに、失うものも大きくなるといえそうです。 com 女として、妻として、母として、毎日忙しいワーママが、ファッション・美容・ライフスタイル・・・、今より楽しくなれる!元気になれる!気持ちよくなれる!こと限定でお届けするWebメディアです。 All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。

次の