近藤春菜コロナ感染。 近藤春菜、外出自粛で体重減!?「あごが出てきた」

『スッキリ』近藤春菜、奥平大兼に贈った「思春期の悩み」改善策が秀逸すぎ(2020年7月16日)|BIGLOBEニュース

近藤春菜コロナ感染

(享年70)の死によって、未だ多くの国民がそのショックから立ち直れないでいるが、皮肉にも、がすぐ間近にある命を脅かす恐怖であることを改めて知らしめる結果となった。 3月31日には、脚本家で俳優の(49)の感染も判明。 4月4日にはお笑いトリオ「」の(41)の感染もわかった。 この3人に共通する点は、いずれも感染源が不明ということだが、テレビ業界では売れっ子であり、常に集団の中で行動していたという点だ。 「志村さんに関していえば、もともと夜な夜な大勢で酒席を囲むことが大好きで、最近はコロナの影響で経営が苦しくなった馴染み店をハシゴして回り、わざわざお金を落としに行っていたという報道もありました。 それでなくても、バラエティー番組の収録には100人以上のスタッフが関わっています。 スタジオはいわゆるコロナ感染の原因となる3密(換気の悪い室内、多数集まる、間近で会話)の条件が揃っており、普段酒席にはほとんど参加しない黒沢さんもバラエティー番組にレギュラー出演していました。 クドカンさんにしても、自身のバンドのミュージックビデオの撮影に加え、舞台稽古もしていたといいます。 仕事終わりに打ち上げは当然のように行われていたでしょうし、つまり、どこで感染していてもおかしくない。 だから感染源を追えないということなのでは」(芸能ライター・弘世一紀氏).

次の

【芸能人】<ピース又吉も近藤春菜も…>危機感が足りないのか…新型コロナ蔓延でも遊びまわっていた

近藤春菜コロナ感染

(享年70)の死によって、未だ多くの国民がそのショックから立ち直れないでいるが、皮肉にも、がすぐ間近にある命を脅かす恐怖であることを改めて知らしめる結果となった。 3月31日には、脚本家で俳優の(49)の感染も判明。 4月4日にはお笑いトリオ「」の(41)の感染もわかった。 この3人に共通する点は、いずれも感染源が不明ということだが、テレビ業界では売れっ子であり、常に集団の中で行動していたという点だ。 「志村さんに関していえば、もともと夜な夜な大勢で酒席を囲むことが大好きで、最近はコロナの影響で経営が苦しくなった馴染み店をハシゴして回り、わざわざお金を落としに行っていたという報道もありました。 それでなくても、バラエティー番組の収録には100人以上のスタッフが関わっています。 スタジオはいわゆるコロナ感染の原因となる3密(換気の悪い室内、多数集まる、間近で会話)の条件が揃っており、普段酒席にはほとんど参加しない黒沢さんもバラエティー番組にレギュラー出演していました。 クドカンさんにしても、自身のバンドのミュージックビデオの撮影に加え、舞台稽古もしていたといいます。 仕事終わりに打ち上げは当然のように行われていたでしょうし、つまり、どこで感染していてもおかしくない。 だから感染源を追えないということなのでは」(芸能ライター・弘世一紀氏).

次の

『スッキリ』近藤春菜、奥平大兼に贈った「思春期の悩み」改善策が秀逸すぎ(2020年7月16日)|BIGLOBEニュース

近藤春菜コロナ感染

ハリセンボン・近藤春菜 新型コロナウイルスに抱いていた「イメージ」の違いに動揺する人が続出している。 4月15日の情報番組『スッキリ』(日本テレビ系)で、ハリセンボン・近藤春菜が元プロ野球選手の片岡篤史氏が新型コロナウイルスに感染して入院したことについて言及した。 「片岡氏はYouTube『片岡篤史チャンネル』内で、4月8日から入院していることを自らの言葉で報告。 自身は「軽度の感染者」であると明記しつつ、その症状は【トイレにも行けない】【ご飯を食べれない】【水も飲めない】【お風呂に入れない】【寝返りもうてない】【喋れない】【着替えもできない】【歯も磨けない】ような苦しいものであることを伝えている。 「翻って、人気漫画家の小林よしのり氏は11日に『自粛を止めて経済を回すべし』というタイトルで公式ブログを更新。 『自粛なんかやめろ、これは巨大な悪である! どうせ感染者は増え続ける。 自宅療養しておけばいい。 緊急事態宣言やっても、自粛を要請しても無駄!ならば経済を回した方がいい!』と持論を展開しています。 これには賛否の声が飛び交いましたが、小林氏はその後も、『コロナちゃんは気まぐれだ。 どうにもならんよ。 無駄な抵抗は止めて、みんな外出すればいいんだ』と、ブログで主張し続けています。 現在、医療崩壊と経済の綱引きがされているさなかとはいえ、片岡氏やソラ豆の様子を見たら、少々、軽々しい考えに聞こえてしまいます」(週刊誌編集者) 新型コロナの怖さが徐々に明らかになってきたようだ。

次の