琥珀 糖 作り方。 琥珀糖を糸寒天で作り方を表現?色味はジュースで!宝石写真も紹介!|うれしい楽しい愛してる

まるで宝石「琥珀糖」の作り方自由研究にも応用できる「親子で琥珀糖講座」【ちいきラボ活動報告】

琥珀 糖 作り方

<材料> 水……200g 粉寒天……4g 上白糖……300g お好きな色素……適量 <作り方> (1)片手鍋に水を入れてから、粉寒天を振り入れる。 (2)混ぜたら中火にかけ、粉寒天が透明になってからさらにブクブクと2分くらい煮る。 (3)寒天が完全に溶けたら弱火にして砂糖を入れる。 (4)とろみがつくまでヘラで混ぜながら煮詰める(5分程度)。 (5)ヘラを持ち上げて、ポタポタではなくトロッと糸を引くようならOK。 (6)粗熱を取ってから底が平らな容器に流し入れる。 クッキングシートの上に広げて、たまにひっくり返しながら、風通しの良い場所でしっかり乾燥させましょう。 だいたい1週間ほどで完成します。 【寒天】 色…白っぽい。 食感…ほろりとくずれる。 弾力がない。 【アガー】 色…無色透明。 食感…ふるふるとした食感。 弾力がある。 【ゼラチン】 色…薄い黄色に近い透明色。 食感…ぷるぷる、もっちり。 弾力は強い。 口どけがいい。 このように同じゼリーでも使う材料が違うと全く違う仕上がりに! それぞれの特性を知って使い分けましょう、というお話でした。 夏休みにピッタリな講座となり、参加いただいた方からは、 「今年は、これ(凝固)をつかって自由研究にしたいです」 「親子でとても楽しめて良かったです。 凄くキレイな作品で惚れ惚れしました!」 などうれしい声が寄せられました。

次の

宝石みたいで人気の琥珀糖を作ろう!ジュースやシロップを使えば簡単

琥珀 糖 作り方

「グラニュー糖」 洋菓子などを作る時には御馴染みの砂糖。 こちらも高純度で粒子が細かく 琥珀糖を作る際には結晶化しやすい 利点があるので 失敗の確率を下げる事ができる。 ちなみに多分一番ポピュラーな砂糖の 「上白糖」ですけど 琥珀糖を作る際には 結晶が薄くなってしまうそうで 強度的にはもろくなってしまうそうです。 なので今回は自宅に常備してあった グラニュー糖を使ってみました。 琥珀糖の作り方レシピ「1・先にタッパーなどにシロップを入れておきます」 粉寒天と水、グラニュー糖を 溶かして煮詰めていくのが 主な工程ですけど 煮詰め終わってからシロップなど 用意していくと焦ると思いますので 先に各色のシロップや 食紅で色付けした水など 用意しておいた方がいいですね。 ひとまず今回は各タッパーを用意して ・ブルーハワイ ・メロン ・ブルーハワイ+赤色の食紅水 この青、緑、紫の三色を 用意してみました。 慣れてきたら牛乳パックを タッパーの代わりとして遣い その中に複数色の色水を入れておき マーブル状に仕上げていく事も できるみたいです。 琥珀糖の作り方レシピ「1・粉寒天を溶かし煮詰めていきます」 まず水と粉寒天を小鍋に入れまして それをしっかりかき混ぜていきます。 実質かき混ぜていっただけでは 水と粉寒天は混ざっていませんので まず中火で沸騰させてから 弱火にしてそこから約2分ほど 沸騰させて ふつふつ煮詰めていきます。 時折火から離しつつも 木べら、ゴムベラなどで 焦がさないようにして 粉寒天をしっかり溶かしていくイメージで 煮詰めていきましょう。 琥珀糖の作り方・「2・グラニュー糖を入れて糸を引くまで煮詰めます」 次にグラニュー糖を投入します。 割とお菓子作りする自分から見ても グラニュー糖200gって 結構えげつない量だなと思うんですけど あんまりけちってしまうと 失敗の原因になるとの事なので 惜しみなく投入。 砂糖を入れてからはあんまり混ぜすぎると 寒天自体の凝固力が弱まってしまうのと 透明感も失われていくので 弱火でフツフツ煮詰めつつ あんまりかき混ぜないで 状態を確認していきます。 そしてだいたいこんな具合に へらを離した際に寒天液が 糸を引く程度になったらだいたい頃合い。 火を止めましょう。 琥珀糖の作り方・「3・シロップと混ぜ合わせ固めて乾燥させます」 寒天液が出来たらあらかじめ 用意していたシロップ入りのタッパーに 寒天液を入れていきます。 常温で数時間置いていたら すでに固まっていたのですが 念のため冷蔵庫に一晩入れて 完全に固めます。 しっかり固まったのを確認したら タッパーから出して それを包丁で切ったり手でちぎったりして クッキングシートの上に 並べていってください。 この時点だと表面ツルツルしていて 本当宝石みたいな見た目しています。 これを風通しの良い場所で だいたい数日~1週間ほど置いて しっかり乾燥させていきます。 乾燥方法として 冬場なら吊るしておくタイプの 網やネットなどに置いて 自然乾燥で問題ないと思いますけど 夏場など湿度が高い時期は 100均のかごにクッキングシートを 敷いて そこに琥珀糖を並べて 定期的に扇風機に当てるなどして とにかく空気を停滞させずに 涼しい風の流れを作ってあげる事が 結晶化を早めていくコツかなと思います。 自分の場合ひとまず作ったのが 夏の時期だったので クーラーの効いている 自室に琥珀糖を置いておきました。 1~2日目あたりはそんなに 変化がなかった琥珀糖ですけど 3~4日目あたりで表面が だいたい結晶化してきました。 出来上がり直後に比べると 表面がちょっと石っぽい 見た目になっているの分かりますかね。 そして更に数日経過して 合計1週間ほど経過したものがこちら。 全体的に表面が硬化して 手で触ってもペタつかない状態と なりました。 ブルーハワイとメロンだと ブルーハワイの方が早めに 全体的に結晶化したかなと いったところです。 メロンに関しては下の方が まだペタペタした状態でした。 だいたい全体的に結晶化したら 琥珀糖の完成とみていいでしょう。 「Sponsored link」 琥珀糖の作り方・失敗しないコツとして 「寒天をしっかり溶かして適度に煮詰める」 まず琥珀糖の大前提として 固まってくれないとお話しにならないので 寒天はしっかり水と 溶け合わせていく必要があります。 なのでまず最初の水と寒天を混ぜ合わせた後は しっかり沸騰させて煮詰めていきます。 十分に沸騰させておかないと 砂糖を加えた後で固まりにくい状態に なってしまいます。 「砂糖を加えてからはあんまり混ぜない」 作業工程の中に書きましたけど 砂糖を入れてからかき混ぜすぎると 寒天の凝固作用が弱くなってしまうそうで これも固まらない原因になるとの事。 あと琥珀糖特有の透明感も 失われてしまうため あまりかき混ぜ過ぎないように 気を付けましょう。 「煮詰めるのは糸がひくまで」 加えて煮詰めるといっても ずっと煮詰めていってしまうと 今度は水飴のようになってしまい 固まってくれなくなるので 寒天液からへらを離した際に 「糸が引くまで」あたりが 鍋を火から離す目安になります。 ついでにこんなの作ってみました 見た目とても美しく表面はカリっと 中はフニャっとしていて 食感も面白い琥珀糖ですが ノーマルな琥珀糖って食べてみると まさに砂糖!って感じの味わいで 若干物足りない部分を感じます。 単品で食べていくのも悪くはないものの これ酸味のある何かと 一緒に合わせた方が もっと美味しく頂けるんじゃ ないかなーと思っていました。 ただ琥珀糖の見た目の美しさは 損ないたくないですから 透明で酸っぱくて 琥珀糖に合わせられる何か・・ そこまで考えて常温でも溶けにくい 「アガー」はどうかなと思い立ちました。 「1」 乾燥している器に アガーとグラニュー糖を しっかり混ぜておきます。 「2」 鍋に水を入れておき 「1」を何回かに分けて ダマにならないよう その都度しっかり混ぜておきます。 「3」 鍋に火をかけて中火にして かき混ぜつつ溶かしていき 沸騰したら弱火にして 1~2分ほど煮溶かしていきます。 右側のは実験がてら作っていた 琥珀糖ですので 気にしないでください(苦笑 型の方は本当は丸形にでも しておきたかったんですけど 近場の売り場になかなか ちょうどいい型がなく 製氷皿にしておきました。 そして琥珀糖を入れたら更に アガー液を流し込み すりおろしたレモンの皮を それぞれに軽く入れて 冷蔵庫で冷やして固めていきましょう。 だいたい小一時間も冷やせば 固まっているはずです。 そして冷やして 型から出してみたのがこちら。 思っていたよりも少々 ゆるい感じな出来上がりになりました。 で、中に入れていた琥珀糖の 色素部分がゼリーの方に溶けだして 全体的に色合いがきれいに なっていたのは予想外でしたね。 レモンアガーゼリー単品だと レモンの清涼感はあるものの ほんのちょっと物足りない 仕上がりになっていたんですが ここにレモンの皮の すりおろしたものと 琥珀糖の甘味が加わることで なかなか悪くない仕上がりに なってくれていました。 一口でつるんと何個でも 食べれてしまいそうです。 改良点として挙げるなら・・・ ・思ったよりもゆるい 仕上がりだったので アガーの量をあと数グラムほど 多くしてみる。 う~~ん、なかなか難しいところです。 ただ、見た目も涼やかで 酸っぱさあってつるんといけるので ノーマルな琥珀糖単品だと ちょっと味気ない・・と感じる方は 試してみてはいかがでしょうか。 今回のまとめです はい、というわけで今回は 琥珀糖の粉寒天で作っていく 簡単な作り方レシピや失敗しないコツ 乾燥方法など紹介していきました。 比較的お菓子作りが好きな管理人ですが 寒天を扱った経験は浅かったので なかなか新鮮に感じましたね。 とはいえ、失敗しないコツに基づいて 作っていったら案外あっさり 簡単にできたので 今回の琥珀糖を元にいくつか お菓子レシピの幅を 広げていけたらいいなーと 考えたりしています。 「Sponsored link」.

次の

まるで宝石「琥珀糖」の作り方自由研究にも応用できる「親子で琥珀糖講座」【ちいきラボ活動報告】

琥珀 糖 作り方

琥珀糖とは砂糖菓子のことです。 日本の和菓子で、砂糖をたっぷり使って結晶にしています。 しかし、堅いわけではなく、外はシャリッとした食感ですが中は柔らかいのが特徴です。 ミントや抹茶のようなほのかなフレーバーが付いているものもあります。 桜や柑橘系のフレーバーを使うと季節の移ろいも感じられる砂糖菓子になります。 甘いのでお茶請けにもおすすめ。 お客様へのおもてなしにいかがでしょうか?手土産として琥珀糖を作るのなら、渡すときのマナーもチェックしておきましょう。 手作りのお菓子を持っていくということはそれなりに仲の良い相手なのかもしれません。 しかし、「親しき中にも礼儀あり」です。 挨拶や渡すタイミングへの気遣いは忘れてはいけません。 せっかく手土産を持っていくのなら気持ちよく受け取ってほしいものです。 正しいマナーをチェックして、お互いに気持ちの良い訪問にしましょう。 詳しい情報は下の関連記事から確認できます。 和菓子と聞くと高級感があり、敷居が高い印象を持つかもしれません。 しかし、琥珀糖はカラフルでかわいいお菓子です。 キラキラと輝くお菓子は見ているだけでも心をわくわくさせてくれます。 宝石のような見た目から「きれいで食べるのがもったいない」なんて思うかもしれません。 瓶に詰めてラッピングすれば、素敵なプレゼントにもなるでしょう。 琥珀糖を作るためには時間も手間もかかりますが、その間プレゼントを贈る相手のことも考えてみてください。 どんな色が好きなのか、どんなフレーバーが好きなのか。 そんなことを考えながら作ると、より素敵なプレゼントになりそうです。 瓶はおしゃれなインテリアとしても役立ちます。 ジャムの空き瓶なども上手に使えば素敵な雰囲気を演出してくれます。 キッチンで使うハーブや調味料を入れると実用性も兼ね備えたインテしあになるでしょう。 詳しい情報や活用法は下の関連記事からチェックできます。 リメイクに必要な道具も確認してチャレンジしましょう。 作り方・レシピ• 鍋に粉寒天、砂糖を入れて混ぜる。 水を加えて中火にかけ、混ぜながら煮込む。 とろりとしてきたら火から下ろす。 漉しながらバットに流し入れ、着色料で色を付ける。 粗熱が取れたら冷蔵庫に入れて1時間ほど冷やし固める。 バットから取り出して切り分ける。 琥珀糖の粉寒天を使った簡単な作り方の材料を用意したら、材料を合わせて加熱していきます。 しっかりと粉寒天を溶かしてください。 熱い鍋の中に入れるので、使用するゴムべらは耐熱性のものを選びましょう。 やけどに注意しながら作業を進めてください。 冷やし固めた琥珀糖の切り分け方は包丁で切り目を入れて裂いたり、ランダムに割っても良いでしょう。 きれいな正方形やスティック状の琥珀糖もきれいです。 切り分け方で完成する琥珀糖の表情が変わるので、いろいろな切り分け方を試してみましょう。 バットが家庭にない場合は深さのある皿やタッパーでも代用できます。 しかし、バットは食材を用意したり、切り分けた野菜を置いたりできてとても便利なアイテムです。 野田琺瑯のアイテムは作り置きなどにも便利なので、この機会にチェックしてみてはいかがでしょうか?詳しい情報は下の関連記事からチェックできます。 琥珀糖をバットに流し入れたものの、なかなか固まらないことがあります。 そんな固まらないという失敗の原因は混ぜたもののせいかもしれません。 琥珀糖はレシピによって着色に使用する素材が変わります。 着色料を入れすぎると固まらなくなることがあるので注意が必要です。 琥珀糖はしっかり色を付けるのではなく、透けるような透明感を楽しんでください。 また、寒天は酸性の強いものを入れると固まらなくなってしまいます。 寒天の繊維が酸によって断ち切られてしまうので、冷やしても固まらないのです。 オレンジジュースなどを使用して色や味をつけることもできますが、固まりにくくなる可能性もあります。 レモンや柑橘系のジュースを入れるときは注意が必要なのです。 加える場合はジュースの量に合わせて水の量を減らしましょう。 そして、ベースとなる寒天液の温度が80度以下に下がってから加えてください。 琥珀糖を作るレシピで失敗しないためには混ぜすぎない 綺麗にグラデーションをつける場合は、同系色で繊細な変化を楽しんでみてはいかがでしょうか?ひとことで青といっても濃淡の違いによって印象が変化します。 一色だけで色を付けても透明な部分とのグラデーションができて美しく仕上がるでしょう。 色付け方次第で琥珀糖の印象も違ったものになるのです。 宝石のような琥珀糖のグラデーションも美しいのですが、レジンで作る鉱物のグラデーションも美しいものです。 レジンで作った鉱物は琥珀糖のように食べられませんが、長い間眺めていることができます。 インテリアとして飾ったり、ハンドメイドアクセサリーのパーツにすることもできるでしょう。 本物の鉱物の色に似せて作るとリアリティのある作品を作ることもできます。 アイデア次第でいろいろなアイテムに変身するので、ぜひチャレンジしてみてください。 UVレジンとおゆまるで鉱物レジンを作る方法や詳しい情報は下の関連記事からチェックできます。 綺麗にグラデーションの色付け方では色の組み合わせを楽しむのもポイントです。 着色料を組み合わせると色が変わります。 絵具で色を混ぜ合わせた経験がある方も多いのではないでしょうか?琥珀糖を作る時にも色を混ぜて起こる変化を楽しむことができるのです。 グラデーションに自信がないという場合は、数種類の色で琥珀糖を作ってみてください。 ひとつひとつは単色でも、複数の色を一緒に瓶に詰めると簡単にカラフルな印象に変わります。 それぞれに違うフレーバーを混ぜると、見た目だけではなく味の変化も楽しめるのです。 色の組み合わせ• 下準備をしたバットにジャムを伸ばしておき、その上から溶かした材料を流しいれつだけの簡単な作り方です。 ジャムは均等に伸ばさなくてもOK。 そのムラがグラデーションのようになるでしょう。 糸寒天 4g• 砂糖 320g• 水 200cc• ジャム 適量 作り方• 糸寒天は水でもどしておく。 糸寒天と水を鍋に入れて火にかける。 糸寒天が溶けたら砂糖を加え、糸が引くくらいのとろみが付くまで加熱する。 ジャムを敷いたバットに流しいれる。 粗熱が取れたら冷蔵庫で冷やし固める。 切り分けてクッキングシートに並べる。 しっかり乾燥させる。 全体的に混ぜ込むことでムラなくジャムの味を感じられる琥珀糖に仕上がります。 ジャムの塊が大きいと固まりにくくなることもあるので、リンゴをすりおろしたようなジャムがおすすめです。 ジャムが入ることで少し乾燥するまでに時間がかかります。 ペタついたような仕上がりになることもありますが、その場合は周りにグラニュー糖をまぶしてください。 ペタついているからと言ってあまり乾燥させすぎると固くなって触感・舌触りが悪くなってしまいます。 糸寒天 5g• 砂糖 300g• 水 200cc• リンゴジャム 適量 作り方・レシピ• リンゴジャムのが荒いようならフードプロセッサーなどで滑らかにする。 糸寒天は水でもどしておく。 糸寒天と水を鍋に入れて火にかける。 糸寒天が溶けたら砂糖を加え、糸が引くくらいのとろみが付くまで加熱する。 滑らかにしたリンゴジャムを混ぜる。 バットに流し入れ、粗熱が取れたら冷蔵庫で冷やし固める。 切り分けてクッキングシートに並べる。 しっかり乾燥させる。 オレンジピールの他にゆずピールなどを混ぜるだけで簡単に香りの良い琥珀糖ができるでしょう。 エッセンスとは違う自然の香りを楽しんでください。 ランダムに歯ごたえも生まれるので、食べていて楽しい琥珀糖です。 糸寒天 5g• 砂糖 300g• 水 200cc• オレンジピール 適量 作り方・レシピ• 糸寒天を水につけて戻しておく。 オレンジピールみじん切りにする。 糸寒天と水を鍋に入れて火にかける。 糸寒天が溶けたら砂糖を加え、糸が引くくらいのとろみが付くまで加熱する。 鍋を火から下ろしてオレンジピールを加える。 バットに流し入れ、粗熱が取れたら冷蔵庫で冷やし固める。 切り分けてクッキングシートに並べる。 しっかり乾燥させる。 琥珀糖作りにチャレンジしてみよう 美しい琥珀糖を見て作るのが難しそうという印象を持つ方も少なくないでしょう。 しかし、作り方自体はとても簡単です。 いくつかの注意点に気をつけながらチャレンジしてみてください。 琥珀糖は使う材料によって仕上がりも変化します。 フレーバーを変えれば自分好みの琥珀糖を作ることもできるのです。 グラデーションで着色すると、二度と同じ色の琥珀糖を作ることはできません。 そんな偶然の素敵な色を楽しめるのも魅力なのです。 作り方・レシピを参考にしながら琥珀糖を作ってみましょう。

次の