じめん はがね 弱点。 ポケモンの複合タイプまとめ 相性まとめもあるよ!

はがね、ひこうタイプポケモンの弱点

じめん はがね 弱点

概要 地中などに棲むポケモンがこのタイプに分類される。 ゲームでは洞窟や砂漠のマップで入手することが多い。 のが手に入るストーリー終盤から頼もしさを増すタイプである。 一方、野生やトレーナーが繰り出すじめんタイプはやので弱点を突きやすいこともあって楽に対処しやすい。 ではタイプに分類される。 タイプにを持つものが多い。 ポケモンとしてのじめんタイプ このタイプを持つポケモンについてはを参照。 ・・タイプの技は、効果が抜群となる。 ・タイプの技は、効果が今一つとなる。 タイプのは、効果無しとなる。 関係する• でんきタイプのは効果がない。 その他のでんきタイプの(・)は効果がある。 タイプに変化したでんじはは無効化できない。 関係する状態(・・)• のダメージを受けない。 関係する• とくせいがのポケモンがを持つとじめんタイプになる。 とくせいがのポケモンがを持つとじめんタイプになる。 25 初出: 一覧• 00 初出: 一覧• 25 初出: 一覧• 25 初出: 一覧• 00 初出: 一覧• 25 初出: 一覧• 25 初出: 一覧• 25 初出: 一覧• 25 初出: 一覧• 25 初出: 一覧• 25 初出: 一覧• 25 初出: 一覧• 00 初出: 一覧• (ガラルのすがた)• 25 初出: 一覧• 00 初出: 一覧• 25 初出: 一覧• (アローラのすがた)• (アローラのすがた)• (ガラルのすがた) じめんタイプの歴史 多くは、が高く、、、が低い。 じめんタイプの技は5つものタイプの弱点を突くことができ、に並び全タイプのなかで最も多くのタイプの弱点を突ける。 じしんは・ともに安定し、最も多く使われている物理技だろう。 このじしんをで使えるのはじめんタイプのポケモンの大きなメリットである。 その一方でタイプに攻撃を無効化され、やのような対策手段も存在する。 タイプの技を多く覚えるため、じめん技が通じないひこうタイプをいわ技で対策するといった技構成になることが多い。 防御面では他のタイプで対応しにくいやに耐性があるのを強みとする。 特にでんきを無効にできるおかげででしたりで引っ込まれたりすることも起こらない。 弱点は・・の3つであり、上述のでんきタイプはやでじめんタイプを迎え撃ってくることが多い。 とを筆頭に優秀なポケモンが粒揃いで、対戦環境を牽引するタイプといっても過言ではない。 では撒きからアタッカーまでこなす。 ではひこうタイプか特性ふゆう持ちを相方にしてじしんを撃つのが定番の戦術。 近年は味方を巻き込まない地面技も充実してきている。 というのも、じめんは、抜群と、当時の環境では不遇寄りであったためである。 そんな中、ダグトリオは高いとそれに伴うの高さ、ほぼ確定急所の、最後の手段となるによって、例外的にじめんとして使用された。 じめんは主にへの対策として使われた面がある。 環境ではフォーマットの都合上、、がリペアとして使用された。 第二世代 数々の仕様変更によって、、、、に任せた速攻戦略が崩壊。 攻撃技ととをバランス良く覚えさせないと大会では勝てなくなった。 サンダースを始めとするも速攻型というよりサポーターとしての側面が強くなり、そこでじめんはでんじは無効のタイプとしての個性が出始めた。 前世代でのほぼ下位互換であったがの獲得との上昇によって一躍トップメタ入りを果たした。 そのガラガラはでを手に入れて手の付けられない存在となった。 、、ガラガラはの三巨頭とも呼ばれるようになった。 新規では、が活躍した。 ハガネールはガラガラのでさえも受け止められる物理耐久が長所で、ヌオーは1の耐久型としての個性があった。 いずれもでんきタイプがじめん対策として覚えている()を等倍で受けられるという点も見逃せなかった。 この世代ではとじめんの技があれば、、を除く全ポケモンに対して等倍以上を取ることができ、いわゆる「無差別破壊コンビネーション」に近い等倍範囲であった。 第三世代 が実装され、が対戦における一番の主力技となった。 じしんは味方を巻き込む全体攻撃だったので、当時の仕様により威力が分散されなかった。 じしんの存在によってダブルバトルにおけるに枠としての意義が生まれたとも言える。 新規では、がポケモンリーグ2005で活躍した。 ラグラージはに総合力で勝るアタッカーとして、ネンドールはを中心としたサポーターとして、それぞれ重宝された。 後の世代で見劣り、不遇の代表格として名前を知られるようになるも登場しているが、当時は一線級のポケモンであった。 既存組ではがを獲得し、がを獲得。 第四世代 じしんにダブルバトルの威力分散が適用されるようになり、ダブルバトルにおけるじめんは弱体化。 ところがシングルバトルではが登場し、このガブリアスが第六世代まで環境の最前線を突っ走ることになる。 これによって同複合タイプのフライゴンがガブリアスの劣化扱いされるようになった。 によるの始動役として現在では有名なも登場しているが、の導入によってが解禁されると需要が下火になった。 他の新規では、、が登場している。 第五世代 、の登場によって、天候奪取ができるの価値が上昇。 カバルドンはやなどとコンビを組み、環境の主流ポケモンとなった。 ドリュウズはBW期にはアタッカーとして使われたが、BW2にが解禁されるとを持たせたかたやぶりアタッカーとしての味が出始めた。 はBW期にはけしんフォルムが使われ、BW2で追加されたれいじゅうフォルムはダブルバトルにおいて対策必須の存在となった。 既存のポケモンではの仕様変更で強化された、を手に入れた、がの使い手としての立場を確立した。 、、はの仕様変更で強化された。 隠れ特性によって強化を受けた既存組としては、を与えられて対面性能が増した、を獲得して耐久型として大幅強化されたが該当する。 技としてのじめんは、に唯一耐性を持つ、環境に多いに抜群のタイプとして、依然として高い需要を誇った。 第六世代 新規のじめんが系統とのみという事態。 しかもによるが5ターンで終了するように弱体化し、砂パの人気が終息。 これだけ聞くと弱体化したように見えるが、この世代に追加されたが苦手とする、に抜群を取れるばかりか、環境で依然として多いにも有利なため、勢いは衰えなかった。 ガブリアスは・Yとの上を取れる素早さから前世代に輪をかけて人気が上昇、シングルバトルでは使用率1位を不動のものとした。 第七世代 新ポケモンは単タイプの系統と複合の系統の2系統4種類。 前者は、後者はを専用特性としており、共に特性で耐久力を上げるポケモンとして知られる。 リージョンフォームでは系統が複合でタイプを獲得している。 この世代はサイクル戦全盛の環境となっているため無効で相性補完に優れるじめんの立場が向上。 の普及によって増加したはがね、に強いという点でも需要が伸びた。 前世代までトップメタ街道をひた走っていたはフェアリーの増加、メガシンカの素早さ仕様変更やこだわりスカーフ持ちの増加による素早さの優位性の大幅低下から環境の主流じめん枠の座を、に明け渡す格好となった。 USUM期のではれいじゅうランドロス、カバルドンが非常に多く、れいじゅうランドロスを基準とした耐久調整、カバルドンを突破するアタッカーの用意は、安定して勝ちたいなら当たり前になった。 ではの使えるれいじゅうランドロスが相変わらず強豪の一角として君臨したほか、公式大会では、、ら種族値のそれほど高くないじめんタイプの入ったパーティも優勝を収めている。 弱点を突けばやをも倒せるが流行しており、2017ではワルビアルに、WCS2018ではトリトドンにジメンZを持たせたパーティが優勝を決めている。 第八世代 で自分と味方のを挙げる戦術を獲得。 はを獲得して大幅強化され、容易には崩されないエースとして・両方の環境に進出。 他はトリトドン、、、が環境に進出。 トリトドンはダブルバトルでも使われるが、その他はシングルバトルが主戦場。 カバルドンは起点作り型として、ガマゲロゲはアタッカーとして、ヌオーは耐久型として需要を得た。 また、単体攻撃のの化によりしか覚えられなかった物理アタッカーがで大きく採用を伸ばすこととなった。 わざとしてのじめんタイプ 地面を揺るがしたり、砂や泥を使ったりして攻撃する。 骨もモチーフの一つ。 はで、洞窟などから脱出でき、ストーリー攻略で役に立つが、であるため、対戦での使用率は低い。 このタイプを持つわざについてはを参照。 ・・・・タイプを持つポケモンに対しては、効果が抜群。 ・タイプを持つポケモンに対しては、効果が今一つ。 タイプを持つポケモンに対しては、効果無し。 関係する状態(・・)• ポケモンに対しては効果が無い。 当該記事を参照。 ・に関してはこの限りではない。 関係する• じめんわざの威力を上げるもちものとして、・・がある。 じめんわざの威力を下げるもちものとして、がある。 ひこうタイプの相手でも、を持ったポケモンに対しては技が当たる。 ひこうタイプやとくせいがの相手でも、を持ったポケモンに対しては技が当たる。 を持ったポケモンには技が当たらない。 関係する• とくせいがのポケモンに対しては、効果なし。 とくせい・・のポケモンが使用する場合はこの限りでない。 とくせいがのポケモンは、がとき、いわ・じめん・はがねわざの威力が1. 3倍になる。 過去の仕様• までは全てだった。 対戦におけるじめんわざ 5つものタイプの弱点を突ける優秀なタイプ。 その一つであるタイプはじめんが唯一の弱点である。 耐性の多いタイプも、じめん技には弱い。 しかし、タイプや特性、持ち物の効果で攻撃をすかされることもしばしば。 苦手な・・タイプのポケモンには、技や技が有効である。 特にいわ技はむし・ひこうの2つに効果抜群の相性で、じめんポケモンの多くが習得できるので、サブウェポンとして採用することが多い。 主なとして、、系統のだが、のなどがある。 わざマシンで覚えられるじしんは地面物理技で最も威力が高く命中も100で、どのタイプの物理アタッカーにも人気の技である。 特ににおいてはじしんの一貫性はいかにして消すかが重視され、転じて「じしんを打っておけば崩壊するパーティ」というのが完成度の低いパーティの喩えとして使われるほどである。 やでは、じしんは自分以外が対象であるうえ、威力が下がるため、1体を狙えるホネブーメランやのほうが使い勝手は良い。 は非常に少なく、有用なのはのみである。 しかしじめんポケモンは総じてが低いが、突ける弱点タイプのポケモンはが低いことが多い。 じめんポケモンでも特攻の高いや、他のタイプの特殊アタッカーならば使い手となりうる。 じめんタイプを好むポケモントレーナー• タイプ相性のイメージや、家電製品によくあるアース処置の関係で地面は電気を通さないもの、と言うイメージを持たれる事があるが、地面には水分や金属分など様々な不純物が含まれているため、電気そのものはよく通る。 ただ、地面と言うものがあまりにも巨大すぎるために、多少の電流量ならば流してもすぐに拡散してしまうと言うだけである。 と以外の全てのタイプとの組み合わせがある。

次の

ポケモンGO ― クチートの弱点・おすすめ対策ポケモン

じめん はがね 弱点

「いいか? は りくちに あがり しんかを くりかえしてきた そう だそが すべてなのだ!」 じめんタイプとは、「」に登場するのの一つである。 他のについては、 を参照のこと。 攻守ともに良好な性を持ち、初代からとしてならしてきたじめんタイプ。 でよく不遇なとして挙げられる「地」がこれだけ強いというのもしいのでは。 はのようなする地中を住処にするや、地上やのに土砂泥のを強く付与したもの。 また土で作られた人工物のも属する。 捕まえるのが容易で弱点はのみ、ひでん技も多く習得可なためでも活躍間違いなし。 ただし、で登場したわざ「」を受けると4倍なので注意。 じめんタイプをとするは、がを務めていたワがマイのに取って替わられて以来、現存するのは第5世代の率いるホドモムのみ。 程ではないが、かなり少ない。 じめんタイプを含むは全種で、最終系で数えると33種。 じめんタイプのみのは14種である。 タイプの特徴• が「すな」の時でも毎のを受けない。 に対して全な耐性を持つのが最大の特徴。 特に最近のによる交代を許さないのは頼もしい。 複合では、に対して滅法強くなる、くさ以外に弱点がくなる、に滅法強くなる、弱点は苦しいが攻撃面で強いと、弱点が少なく攻撃面でも隙のない、など様々な特色が現れる。 第3世代まではのに弱点を持っておらず、技を使ってくる相手に対して強かった。 でも、の技に威の高いものは少ないため耐性は優秀な方。 弱点の氷は特殊に強い技が多いため特殊は苦手。 「」「くさむすび」「」など強な上に使用頻度が高いものばかり。 対戦で使うなら対策は立てておきたいところ。 なんと5つの弱点を突くことが可で特にの弱点を突ける一の。 によって覚えるも多く、ウェとしてのも非常に高い。 その為、じめん弱点の有はそののに大きく関わる要素になる。 ただし、じめん技は全中で最も効化されやすい攻撃と言え、や「」持ちのに傷での交代を許してしまう。 最近は本来有利なのでも特にが蔓延しておりやや肩身が狭い。 技の威以上、有りというのが定番のにおいて、飛びぬけた威の技がないのは少々寂しい。 じめんタイプの隙を補うウェとしてはとの組み合わせが初代からの。 苦手な、の弱点を突くことが可。 じめんタイプのはほぼの技を覚えられることも理由。 次点での技との相性も優秀。 、、対策になる。 上記2つにべると範囲が狭いが、や焼けるの技。 では使われないがやの技との組み合わせも強。 第代までは、技とじめん技の二つさえ覚えさせれば、、以外の全てのに等倍以上のを与えられたので、この組み合わせはに用された。 第3世代以降では「」の登場等により止まりやすい。 第5世代ではを受けるまでじめんわざを効化できる強な持ち物「ふうせん」が登場。 よく相性に振り回されるである。 他に、浮いている相手技が効くようにするの技「うちおとす」が追加されたが、使い勝手はあまり良くない。 技のぶつり、とくごとに設定されていた第3世代までは、全ての攻撃技がぶつり技扱いだった。 第4世代以降は、に泥を使うわざがじめんの特殊技として分類されている。 版では、「ゆれるの戦い! 」が、放送前に起こったにより放送見合わせになって以降、「」「」といった地面を揺らす技をしている。 ただし、「アーム」や「テール」の応用として地面を揺らしたり、に地面を揺らしている「だいちのちから」を出すのはOKだったりと、今ひとつOKとの基準が判然としない。 地中に潜っている相手に使うと2倍のダメージ。 ダブルバトルでは使ったポケモンを除く敵味方全員に当たる。 初代から存在する強な。 なしの技で他にこれほどの威を持つのは弱点を突けない(やつあたり)程度。 として多くのが覚え、はがね対策、でんき対策、いわ対策、 第代までは 対策等として、初代の頃からじめんタイプのみならず多くのに使われてきた。 はかくとう技やほのお技の台頭により昔ほどは使われなくなったが、依然使用頻度は高い。 しかし、その需要の割に一回ので入手できるのは一つのみであり、使いどころに多くのを悩ませてきた。 その後以降では限に入手する手段ができ、ついにではが限に使用可となりこの悩みは解消した。 第3世代のでは、敵味方に当たる代わりに、威のまま相手2体に攻撃できるという長所もあったため、にひこう、持ちを置くなどしてを守りつつを連発するが有効だった。 第4世代以降ではの二体攻撃技と同じく威がに落ちるようになってしまい、あまり使われなくなった。 ちなみに、では、のはが若い頃に開発したものと言う設定がある。 じめんタイプの特殊技の中での技。 じめんタイプ版。 とは異なり単体攻撃技である。 威はに劣るが、、は防御より特防が低い傾向にあるので、よりも大きなが期待できるも多い。 教え技にもなっており、、等の特攻の高ん・にとってはありがたい存在。 変わった所ではに限り、が覚える。 また、、などの禁止級の多くが覚えに対策として使われる。 第5世代で登場。 類似の技にこごえるかぜ、がんせきふうじ、ローがある。 威は低いがは強。 しかし補助的としては効化されやすく、じめんタイプは素さが非常に低いも多いので当てても速い相手は抜けなかったりと難点もある。 も存在しじめんタイプを問わず覚えるも多い。 に、、、などが時折使用する。 必ずとなるため実質威と見て良い。 とべると命中は低めだが、相手のを壊してさらに本体にを与えられる。 さらにでは単体攻撃技となるので、よりも使い勝手が良い。 第5世代から、がんじょう貫通効果も得たので価値が上がった。 お互いの回避率・命中率の補正の影響を受けず、 使ったポケモンのレベルが相手より高ければ高いほど命中率が上がる。 相手の方がレベルが高い場合は通用しない。 第2世代以降 「あなをほる」で地中に潜っている相手にも当たる。 一撃の一つ。 あくまで攻撃わざの一種でには防がれ、も発動する。 他の一撃とべると効化する相手が多いため、攻撃範囲が狭い。 に泥仕合対策に使われる。 自分よりの高いには通用しない。 が基本になる第3世代以降の対戦では気にされないだろうが、での低いを使う際や、を利用するにおいて、更なる遅さをめてあえてを低くしたを使うなら一応覚えておきたい。 第代ではに「のめ」とともに覚えさせてを狙ったり、、の両方を覚えさせたが、ねごを展開したりしていた。 初代ではが若い頃作ったとして入手できる。 く、「地に誘い込まれた敵を一撃でさせる の技」。 しかし技の性自体はの販品の07()とほぼ同じで、な性である。 前に(上にはがいるのに)「の、の腕前を見よ!」とのたまったり、どうもは物事を大に言う癖があるようだ。 地中に潜っている間はほとんどの攻撃を受けない。 (フィールド) 洞窟系のダンジョンで使用すると、入ってきた入り口まで戻ることができる。 攻撃までに時間がかかる技。 地中に潜っている間はほぼとなるが、やは2倍の威で喰らってしまう。 よりも威が劣り、攻撃に2もかかってしまうためではあまり使用されない。 最大の特徴は「で使うと内から抜け出すことができる」点で、冒険では非常に役に立つ。 初代ではと同等の威の大技であったのだが、第代では威がまで下がった。 第4世代では威まで再び強化された。 ちなみ技の効かないひこうやとくせい「」のがと、一時的に全な状態になる。 を飛んでるだけのヤツらがどうやって地中でを効化するのかは永遠の。 では他のじめん技にべ使用頻度が高く(ので「」「」が使われなくなったせいで)、のや、の、のなど達のが覚えている。 すなかけに申し訳程度の威がついた技といえる。 少しだが威があるため命中を下げつつがんじょうやなどを潰せるが、所詮な技でで苦し紛れのを狙う程度にしか使われない。 あくまで攻撃技のため相性のを受けやには当たらない。 元はでから貰えるだったが彼は逆のであるが専門である上、の「がまん」のようにと合致しているわけでもないためなんだこりゃ状態だった。 実際、ではどろかけを使用せず、貰えるも「はねや」に変更されている。 3回まで重ねがけ可能。 ひこうタイプ、もしくはとくせいが「ふゆう」・「マジックガード」のポケモンにはダメージを与えられない。 相手が交代をするたびにを与える技の元祖。 相手の交代をさせる事ができる。 戦いが長引きやすい、での6対6のトルでよく使われる。 こちらの場に撒かれたまきびしは、技「こうそくスピン」を使用する事で解除が可 なので、6対6のをする時は一匹はこうそくス ピン持ちを入れておきたい。 似た技であると較すると、効化されやすく弱点も突けない点では劣るが、こちらは重ねがけが可でありも半減はされない。 これを撒いた後、相手を強制的に交代させる「」を使用してを与えていく(通称・)が有名。 等がな使い手。 ちなみにまきびし(撒菱)とはが使っていたとされる具の一つ。 四本の鋭いが伸びたいわゆるのような形をしており、どんなに転がっても必ずいずれか一本のが上を向く様になっている。 敵に追われた際、これをとっさに後ろにばら撒く事で追っ手の足を止めるのが狙い。 ……だが界においてはむしろる相手の足を止める効果といえる。 最終進化系 種族値表 タ イ プ 1 タ イ プ 2 H P こ う げ き ぼ う ぎ ょ と く こ う と く ぼ う す ば や さ 合 計 じめん - 0 どく じめん 76 5 (「とうそうしん」発動時) <同性相手> 1 76 3 9 (「とうそうしん」発動時) <異性相手> 66 43 76 429 どく じめん 81 5 (「とうそうしん」発動時) <同性相手> 81 111 9 (「とうそうしん」発動時) <異性相手> 81 66 74 424 0 じめん - 4 () じめん はがね 4 いわ じめん 5 じめん - 4 (「ふといホネ」所持) 5 7 みず じめん 4 はがね じめん 200 じめん - みず じめん 5 ほのお じめん 4 じめん - 10 じめん 0 みず じめん 78 76 じめん パー くさ じめん 56 5 (すなちのミノ) むし じめん 36 424 みず じめん 111 4 じめん 0 じめん - 118 47 5 じめん いわ 5 じめん ひこう こおり じめん じめん はがね 8 みず じめん 74 9 じめん あく 1 9 じめん でんき 66 81 99 4 じめん 3 (けしん) じめん ひこう 0 (れいじゅう) じめん ひこう 0 じめん 56 78 (「ちからもち」発動時) 78 1 じめん - じめん 0 均(禁止級・除く) 76 66 5 みず じめん 5 じめん 0 均(禁止級除く・込み) 78 5 じめん - 0 じめん ほのお 0 (10) じめん 6 () じめん 1 81 0 (パーフェクト) じめん 1 8 均(全て含む) 99• 各につき、最もの伸びがいいものを 、伸びにくいものを で表示してます。 (均値は点以下を)• (とくせい、持ち物によって常時補正の入るは、「振り時~全振り時」で別途記載。 を避けるため、補正の入ったは均値の計算からは除外。 (後とほぼ別物であるも表に記載するが、均値の計算からは除外する。 通り関係のが高く、次いでが高め。 特攻、特防、素さは低め。 、、、、、、、、、……と、タフさとを併せ持った連中がリと並ぶ様は壮観。 じめんポケモン全表 図鑑別 No. ~ 027 0 0 0 0 0 074 0 076 0 111 No. 1~ 1 1 --- --- --- --- ~386 3 --- No. 3~3 3 3 4 9 0 4 4 4 --- --- --- No. 4~9 9 6 7 1 2 3 8 2 3 5 --- --- (~1) 6 8 (No. じめんタイプ.

次の

ポケモンのタイプ相性表、弱点相関図(ポケモンGO、さかさバトル対応)

じめん はがね 弱点

39倍 参照元: タイプ相性の倍率早見表 相性補正 倍率 2つのタイプのどちらにも 「こうかはばつぐんだ」 約2. 56倍 「こうかはばつぐんだ」 約1. 6倍 相性なし 1倍 等倍 「こうかはいまひとつ」 約0. 625倍 2つのタイプのどちらにも 「こうかはいまひとつ」 約0. 39倍 原作での「こうかがないようだ」 約0. 39倍 原作での「こうかがないようだ」 +「こうかはいまひとつ」 約0. ポケモンGOにおいては「こうかなし」の代わりに0. 39倍となる。 2重相性で倍率が激化 2タイプを持つポケモンに対して、両タイプとも「こうかはばつぐん」取れる場合にはダメージが2. 56倍となる。 また、2タイプとも「こうかはいまひとつ」となる場合には、ダメージは0. 39倍まで軽減される。

次の