パルパティーン の 子供。 スターウォーズ9「スカイウォーカー伝説の復活!パルパティーン復活!ランド復活!ルークの助言!」

スターウォーズのレイとパルパティーンの関係!両親は何者でもなかったのか

パルパティーン の 子供

「スカイウォーカーの夜明け」も劇場公開が終了ということで、これからはネタバレを気にせず感想や考察ができます。 さて、 「予想通りすぎて一周回って逆に予想外」なくらいだったレイの本当の出生、というより レイの父親がパルパティーンの息子だったという背景。 実はてんぐは、これについて、ふせったーで長文考察を何度かしておりました。 ネタバレ解禁期間に入ったことでもありますし、note記事でも公開してみます。 そもそも、「親の血を引く子供ならば、親の思い通りになる」という価値観のアンチテーゼがSWの世界観のひとつですし、パルパティーンにしても血統が何の保証にもならない事は把握しているでしょう。 しかし、アナキンの母シミは、息子の「父親」の存在について全く言及していなかった、それどころか、なぜアナキンを授かったのかすら理解できないといった様子でした。 さらに、パルパティーン自身もアナキンが「フォースの集中」であること、彼がタトゥーインで育っていた事を、ナブー危機まで全く把握していませんでした。 共和国簒奪時ですでに初老の域に入り、またダークサイドの反作用で通常以上に早い肉体の老化に晒される事も考えれば、この課題は喫緊となります。 この課題を達成する方法として、アナキンを生み出した方法をもう一度実行するというのは、むしろ自然な選択といえるでしょう。 ハーヴェスター計画の趣旨は「フォース感知者を帝国陣営 今にして思えば、帝国の資産を利用したシス信奉者カルト? に取り込む」というものだとされていましたが、本命は、どこかで産まれているはずの「新たなアナキン」の捜索だった可能性もあります。 とはいえ、事の性質を考えれば大々的に行えるものでもなく、そして正規のマニュアルに沿った公的機関によらない非公然・非公式の捜索というものは、任務従事者がどれだけの権限や影響力を持っていようとも遺漏が多くなるのが道理。 シス卿の秘密主義を考慮すれば、当の尋問官やその元締めたるダースベイダーすら本当の目的は知られていなかった可能性が高いです。 その対象となったのが、『反乱者たち』のエズラ・ブリッジャーであり、旧三部作のルークだったわけです。 レイ・スカイウォーカー 時は流れ、新共和国時代。 エクセゴルのシス・エターナルが帝国の政策として未知領域に蓄えさせた資産を元手に勃興したファーストオーダーは、その過程で、誘拐や勧誘など硬軟取り混ぜた方法で銀河各地の若年層を兵士として取り込みました。 スピンオフ『 スターウォーズ:レジスタンス』でも、その顛末は語られました。 この展開には、個人的に強いリアリティを感じました.

次の

スターウォーズ9「スカイウォーカー伝説の復活!パルパティーン復活!ランド復活!ルークの助言!」

パルパティーン の 子供

さすがに予告編では、レイの正体が分かるようなヒントはありませんね。 しかし、これまでの過去作を振り返ると、 ジェダイの素質がありまくりだったレイ。 レイはジェダイ・マスターでカイロ・レンの師匠でもあった ルーク・スカイウォーカーにもその力が認められていましたし、なんなら敵のスノークにすら、ダークサイドに引き込んで、自分の部下にしたいと言われるぐらいの実力者なんですね。 正体こそ明らかになっていないものの、レイが只者ではないのは分かりましたし、重要人物の血を引いているのではないかと思わせましたよね。 。oO( から語られる、ルークが姿を隠したそのワケ。 そしてジェダイとフォースの存在に驚愕するレイと …。 過去作では、カイロ・レンに「お前の両親の正体を知っている」「お前も本当は気づいてるんだろ?」というようなことを言われ、顔を歪めていたレイ。 レイも自分の両親の正体に感づいていそうな雰囲気でした。 レイが初登場のときにそうしていたように、 レイの父親も廃品を集めては売ってお金を稼ぎ、お酒を買うお金欲しさにレイを売ったという話も出ていましたね。 でもでも、先ほども書きましたが、レイの並外れたジェダイとしての能力を見ると、レイの親は只者ではなさそうです。 本当は大物の娘なのに、残念ながら酒飲みの父親に養子にされ…みたいな展開だったのでしょうか。 レイの正体と同じく気になるのが、 レイとカイロ・レンの関係。 「スターウォーズエピソード9」で描かれたレイとレンの関係は、「」でよろしければご覧くださいね。 スポンサーリンク 【スターウォーズエピソード9ネタバレ】レイの正体や両親が何者かが衝撃的だった! 『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』 待ってくれ!こんなに泣けるとは聞いてなかった😭EP7と8が正直つまらなかったので全然期待してなかったけど、EP9は心に刺さりまくった!忘れられないシーン多数! レイの笑顔が本当に泣けた。 そして、ベン、ああ、ベン…😭 ネタバレ出来ないツラさよ — 池袋らぶせくしー tikeyama4211 ということで、お待たせいたしました! 「スターウォーズエピソード9」のネタバレで、レイの正体や両親が何者なのかを明かしていきます。 もう単刀直入に結論から書きますね。 レイの正体は、パルパティーン(ダース・シディアス)の孫 で、本名はレイ・パルパティーン でした! マジかー!という感じでしょうか。 過去作では、ルーク・スカイウォーカーに憧れ、ルークからジェダイ修行も受けていましたから、ジェダイのルーツかと思いきや、 シスのルーツだったのです! これはレイにとってはショッキングな事実ですよね。 しかもそれを パルパティーン本人から告げられるという。 「えっ、そもそもパルパティーン生きてたのかよ!」という突っ込みが生まれますよね。 死んだはずのパルパティーンがなぜ今作で復活するのか気になる方は「」もぜひご覧ください。 スターウォーズ、上映順のEP4〜6を観てからEP1を観るとこの男が皇帝だって判るけどまず最初に思うのは 「パルパティーン!!!若ぇっ!!!!!」 だと思うんですよ。 しかし、 レイの両親は至って健全な一般市民でシスの気配はなし。 ところが、パルパティーンは孫のレイを自分の後継者として 「女帝パルパティーン」に育てようと企てます。 カイロ・レンの両親のハン・ソロとレイアはシスではなかったのに、祖父のダース・ベイダーから隔世遺伝!?して、カイロ・レンがシスに染まってしまったようなケースを狙ったんですね、きっと。 ところが、レイの両親はレイのパルパティーン化計画を拒否。 レイをパルパティーンから逃がすために、他人に売ったのです。 回想シーンでは、泣き叫ぶ幼少期のレイを母親が何度も抱きしめ、父親が「ここなら安全だから!」と言って足早に去っていく様子が描かれていました。 酒飲みの父親がお酒代のためにレイを売ったというレイの言い分は違ったわけですが、正当な理由があるにしろ、幼少期に急に両親と引き離されたレイはかわいそうでしたね。 「スターウォーズエピソード9」では、この親子も話題に。 親子ではないかとされるランドと新キャラ・ジャナ、そして2人の悲しい過去については「」もぜひご覧ください。 ジェダイとしての能力を高く評価されていたので、めっちゃ単純な視聴者の私はてっきりレイの正体のルーツはスカイウォーカー家にあるのかと… 他の方の感想も気になるので、「スターウォーズエピソード9」で描かれたレイの正体に関する感想をまとめてチェックしました。 この方は、 レイの正体がパルパティーン系であることを見抜いていたんですね! こういう洞察力、うらやましいです! あとレイの正体は正直予想通りでした — エンドゥー Endoul こちらの方は、 レイの正体は予想外だったということで、私と同じ感想でほっとしました。 レイの正体以外は概ね予想通りの展開だったけど、面白かったです、 — 三成Kaito kaitokunda529 でも、レイの正体についての感想は、結局ここで分かれるのかなという的確なご指摘も。 レイの正体が納得いくか行かないかで決まると思ってます。 まぁ、でも個人的には、レイの正体がスカイウォーカー家の家系で、レイこそ最後のジェダイ!となるよりは、シス系にして葛藤を持たせた展開は物語として良かった気もします。 「スターウォーズエピソード9」には酷評も出ているという噂も。 今作の評価が気になる方は「」をチェックしてみてくださいね。 スポンサーリンク まとめ 「スターウォーズエピソード9」で注目の的だったレイやレイの両親の正体は何者なのかという話題をネタバレでご紹介しました。 レイの正体はパルパティーンの孫だったということで、なかなか衝撃的な答えでしたね。 ちなみに、レイの父親がパルパティーンの息子にあたりますが、レイの両親は善良な市民で、パルパティーンがレイを後継者として狙っていたのでした。 自分の正体がパルパティーンの孫と知って、レイもショックだったと思いますが、それを受け入れ、最後にある名前を口にしたエピソードについては「」に書きますので、よろしければご覧くださいね。

次の

ダース・シディアス

パルパティーン の 子供

下記クリックで好きなところに移動• レイはスカイウォーカー? 一部、映画「スターウォーズ・スカイウォーカーの夜明け」のネタバレを含みます! スターウォーズ9スカイウォーカーの夜明けネタバレ! レイは最後に自分のことを「レイ・スカイウォーカー」と名乗ります。 そのそばにはルークたちの面影が… レイ自身がレイ・スカイウォーカーとして生きる道を選んだ 実際にはレイはルークの子どもでもなければ、スカイウォーカーでもありません。 幼いころに両親に売り飛ばされ、名字がなく名前は「レイ」というだけで生きてきました。 自分自身で「レイ・スカイウォーカー」を名乗った時に、太陽が夜明けの時を告げます。 自分から名乗りたいように名乗ればよいのだ、すなわち、自分の進む道に生きたいように行けばよいのだ、という一面が垣間見えるシーン。 レイは誰の子なのか?本名についても レイの本名はレイ・パルパティーン カイロ・レンがレイを暗黒面に引き込もうとする際に、レイ・パルパティーンであることを告げられます。 レイはシスの暗黒卿パルパティーン(ダース・シディアス)の孫 自分の本名が「パルパティーン」であると分かったことがきっかけで、レイは自分自身の出生・生い立ちを理解してしまい、同時に葛藤もします。 一度はルークの住んでいた孤島に身を隠そうとします。 しかしルークの霊体が現れ「血は関係ない」という教えを受け、最終決戦の銀河の辺境の地に向かうことになるのです。 過去シリーズのレイその他の血縁者の考察 前作までは「血を受け継いでいない」のにフォースを扱えることで、新たなフォースの定義が出来上がりつつありましたが、こうなってくると、レイのまわりの血縁者は一体どういうことなのか?レイを売り飛ばしたとされていた両親は一体誰で何者だったのか? 両親は皇帝パルパティーンの正式な子供だったということになります。 さらに「飲んだくれでレイを売り飛ばして金を手に入れた」のではなく、レイのことを捜していた皇帝の目をかいくぐるためにレイを売り飛ばした、というのが真相となります。 レイを売り飛ばした後、レイの両親は皇帝に捕まり拷問のすえ死んでしまいました。 皇帝はシスの弟子は1人だけという 『二人の掟』を遂行するために、レイに自分を殺させシス繁栄のためにすべての力を受け継いだ女帝パルパティーンを誕生させようとしていたのです。 (レイはこの誘いには乗りませんでした) スターウォーズ9「スカイウォーカーの夜明け」では皇帝と両親以外にはレイの血縁者は登場していません。 人気記事!• 最近テレビショッピングで見かけるようになった「アセチノディープコア」が本当に効果があるのか、実際に購入した感想... 66,349 views• 2019年12月に新しく生まれ変わった「泉の広場」!大阪の梅田地下街にある「泉の広場」への簡単な行き方を紹介し... 59,322 views• 「やばたにえん」の元ネタ、発祥についてまとめてみました! 「やばたにえん」が流行なら「了解道中膝栗毛」も流行... 57,295 views• TOKIOのメンバー山口達也さんが強制わいせつで書類送検されました。 今後の活動、特に長年取り組んできたDASH... 43,229 views• 話題の「体育座りの鶴」の折り方・折り紙の方法について調べてみました。 話題!「体育座りの鶴」のソーシャルディ... 41,791 views• 38,444 views• 石原さとみさんの新恋人として注目を集めているSHOWROOM社長の前田裕二さん。 前田さんの総資産や収入等につい... 38,155 views.

次の