奥田瑛二 知らなくていいこと。 佐々木蔵之介が“理想の上司”過ぎる! 『知らなくていいコト』ケイトを導く人生の先輩に(リアルサウンド)

奥田瑛二、安藤和津夫妻が悲しみの対面→そっとしときましょう。

奥田瑛二 知らなくていいこと

主役の奥田瑛二の恋人未満情婦以上という感じの役柄で出ています。 微妙な役柄もこなす麻衣子さんにちょっと嫉妬笑 でべそDEストリップやその男凶暴につきなどの時の突き抜けた感じではなく、(役どころの設定もあるのでしょうが)映画本体で見ると脇役に徹せられての結果の演技、という風に見えます。 エロいベッドシーン見せればいいんでしょ?ならヤるわよ的な感じもそれはそれでいいです。 ベッドシーンは3回だったかな?どれも印象的ですよ。 最初のベッドシーンの時の「ヤるんだったら、ちゃんとシて。。。 」と言って服を脱いでいくシーンが印象的で引き込まれますね。 2回目の横臥背面足閉じファックは「これもう汗と愛液でぐしゃぐしゃやろうなぁ」と呆れます。 映画自体はギャンブル嫌いなせいであまりのめり込めませんが、悪い映画ではないと思います。 オクで安いVHSを最初は購入しましたが、最初のベッドシーンの最後だけ映像が乱れるのはリピート再生していた証拠かと苦笑した記憶が。。。 確かに両腕パンスト縛りで正常位片足曲げファッ〇はいい感じで白い太ももも露わで、もう少し長尺で見たい!もう終わりかって感じなので気持ちが分からないではないです(笑) 結局、2005年頃?当時まだDVDが正規に購入できましたのでそれを持っています。 機会があれば是非。。。

次の

重岡大毅が体現する歪んだ感情のリアリティ 『知らなくていいコト』が突きつける様々な人間の顔|Real Sound|リアルサウンド 映画部

奥田瑛二 知らなくていいこと

1月クールの2作品のドラマで存在感を発揮している俳優・柄本佑。 これまでどちらかというと異質な役どころを演じることが多かった柄本だが、主演ドラマ『心の傷を癒すということ』(NHK総合)では人情深い医師、吉高由里子主演のドラマ『知らなくていいコト』(日本テレビ系)では大人の色気漂うカメラマンを好演している。 そうしたなか、にわかに巻き起こっているのが、これまでの個性派俳優のイメージとは異なる「柄本佑=イケメン」論争だ。 主演ドラマ『心の傷を癒すということ』で柄本が演じるのは、プロ級のジャズピアノの腕前も持つ若手精神科医・安和隆役。 阪神淡路大震災で被災者の心のケアに奔走した経歴があり、観えない傷と向き合う姿が観る者の心を揺さぶっている。 その繊細な芝居にSNS上では、「佇まいだけであんなに説得力がある、何も語らなくても表情だけで物語っている」「話し方が本当に優しい」「柔らかな存在感がいい」「朴訥としていて口調も性格も穏やかだけど芯の強さ、逞しさを感じる」と絶賛。 一方、『知らなくていいコト』では主人公・真壁ケイト(吉高由里子)の元彼である動物カメラマンの尾高由一郎を熱演中。 ケイトが殺人犯である乃十阿徹(小林薫)の娘だと知りながらプロポーズした過去があり、傷つくケイトを慰める心までイケメンな尾高に「大人の色気というか、表情とか話し方がツボすぎる」「完全に沼にハマってしまった…今期で一番のキャラだ」「あの雰囲気と優しい声に癒されたい」とすっかりメロメロになっている人が続出している。 以前より演技力には定評のあった佑だが、「特徴的な顔だと思うのに、2作品でぜんぜん違う。 同じ人とは到底信じられない。 偉大なる怪優・柄本明が父親、女優・角替和枝が母親の、言わずと知れた二世俳優である佑。 2012年には奥田瑛二・安藤和津夫妻の次女である女優・安藤サクラと結婚したことでもよく知られている。 弟の柄本時生も俳優として活躍している芸能一家。 兄弟そろって父親にそっくりな顔立ちから、世に出た頃は「DNAの濃さ」をまざまざと感じさせてくれたものだ。 さらにその遺伝子は芝居にもしっかりと受け継がれており、役者としての強みとも言える個性的な風貌と演技力で、今やヒールからキモ男、コメディリリーフ、はては猟奇犯罪者といった役作りが難しいキャラクターまで違和感なくこなす唯一無二のポジションを確立している。 映画『臨場・劇場版』(2012年)では無差別通り魔事件の犯人、映画『GONINサーガ』(2015年)では事件を追う身元不明のルポライターを演じて、父親譲りの怪優ぶりを見せつけた。 そして多くの視聴者の目に届いた出演作としてはNHK連続テレビ小説『あさが来た』(2016年)だろうか。 はつ(宮崎あおい)の許嫁・惣兵衛役として初登場したシーンでは正座しながら貧乏ゆすりをするといった怪演で強烈なインパクトを残しながら、波瀾万丈な人生の末の夫唱婦随が涙を誘ったことは記憶に新しい。 17歳でデビュー以来、数多くの作品に出演し、現在33歳。 難しい役作りが必要なキャラクターも演じられるその実力から犯罪者役も多く務めている。 それだけに「怖い」、「猟奇的」、「気持ち悪い」といった印象を残すことも少なくなかった。 ところが今クールで出演中の2つのドラマをきっかけに、「柄本佑=イケメン論争」がネットでにわかに熱を帯びている。 特に『知らなくていいコト』では関連ワードに「イケメン」が紐づくほどで、「吉高由里子と付き合う前の車でのキスシーン、佑がイケメン過ぎて惚れた」「大人の色気というか、表情とか話し方とか、ツボすぎる」とその一挙一動に女性視聴者からの歓声が上がっている。 瞬時にイケメンかイケメンじゃないかを演じわける凄み• さらに視聴者の声を追ってみると、「こんなにイケメンなイメージがなかった」「2話でアレ!?と思って3話で確信に変わった。 佑ってイケメン」と、ドラマのスタート当初からにはなかったイケメン評価が、回を重ねるごとに上がっているようだ。 恋愛にたとえるならば、これまで意識していなかった身近な異性の魅力に「あれっ? なんかカッコいい…」と、ふとした瞬間に気づいてしまったようなものだろうか。 また、「決してイケメンじゃないのに、めちゃくちゃかっこよくてキュンとする」「だんだんイケメンにみえてくる不思議」というコメントからも、「柄本佑=イケメン」と安易に結論付けていなかったからこそ、そのギャップや変化を楽しめている様子が伺える。 福山雅治や木村拓哉といったイケメンを地で行く俳優は、たとえ犯罪者を演じてもカッコいい。 しかし作品によってガラリとイメージの違うアプローチをする柄本は、そのルックスの評価さえも演じる役によって覆してしまう。 ときには気持ち悪いと拒否反応を起こさせるほどの強烈な役も演じる一方で、今作のように心や振る舞いがイケメンな役どころでは、女性視聴者を萌えさせる。 そんな役者としての底知れぬ凄みが、今回の「イケメン論争」を呼んでいるのではないだろうか。 ちなみに『知らなくていいコト』では、「ケイトに呼ばれたときの『ん?』ていう声の出し方とトーンが好き」「尾高さんに『バカタレ』と言われたい」など、声のイケメンぶりについてのコメントも多い。 弟・時生がドキュメンタリー番組『クロスロード』(テレビ東京系)に出演した際に、俳優で身を立てることを決めたときに父親から言われたのは「声を生かせ」のひと言だったと明かしているが、その教えの通り、役によってしっかりと「声」を使い分けてきたことも、このイケメン論争にひと役買っているようだ。 父親・柄本明もまた好人物から犯罪者までこなす演技派だが、イケメンの側面からの評価は寡聞にして知らない。 そんな父親にそっくりな風貌である佑にイケメンというワードが加わったのは、役者としてまさに最強と言えるのではないだろうか。 今回の役どころの反響とともに、佑に対する「イケメン論争」がどのように発展していくのか、最終回まで楽しみに見守りたい。

次の

重岡大毅が体現する歪んだ感情のリアリティ 『知らなくていいコト』が突きつける様々な人間の顔|Real Sound|リアルサウンド 映画部

奥田瑛二 知らなくていいこと

受賞 第13回 優秀主演男優賞 『千利休 本覺坊遺文』 第37回 主演男優賞 『棒の哀しみ』 その他の賞 男優主演賞 『海と毒薬』 『棒の哀しみ』 キネマ旬報ベスト・テン 第68回 主演男優賞 『棒の哀しみ』他 第2回 主演男優賞 『』 第16回 主演男優賞 『棒の哀しみ』 第9回 主演男優賞 『棒の哀しみ』 第4回 男優賞 『』 第16回 監督賞 『長い散歩』 奥田 瑛二(おくだ えいじ、 - )は、の 、 、。 旧芸名、 奥田 英二(読み同一)。 本名、安藤 豊明(あんどう とよあき)。 (現、)出身。 卒業 、中退。 ゼロ・ピクチュアズ所属。 妻はの、長女は映画監督の(旧名・安藤モモ子)、二女は女優の。 この節はなが全く示されていないか、不十分です。 して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2018年10月) 小学5年生のときにの『』を観て衝撃を受け、役者を志す。 役者になるには体格を良くするべきと考え、中学では野球部、高校ではラグビー部に入る。 特に高校に入ってからは身長が大きく伸びたという。 大学進学を前に上京し役者を目指す旨を議員であった父・豊に打ち明けるも反対されるが、「政治の勉強をするため」と説得して了解を得る。 卒業後、に入学。 同時に父の伝での秘書となり、住みこみの生活を送る。 大学では演劇部にも参加しており、当時はも先輩部員として在籍していた。 議員秘書としての仕事もこなす学生生活を過ごすうちに自身の本分の是非に悩み出奔。 大学も中退する。 その後、改めて役者を志願し、いくつかの劇団を当たったがタイミング悪く、試験を受けることも出来ず頓挫。 高校の先輩でもある俳優のに師事し、約2年ほど付き人を務めたが、将来に不安を感じ夜逃げ同然に飛び出してしまう。 生活のために夜の仕事で食いつないでいたとき、客に促されの仕事を始め、などにも出演するようになる。 しかし、その後しばらくは役に恵まれず不遇時代を過ごし、家賃が払えずにアパートの鍵付きドアノブを交換され、一時期は公園でのような生活をしていたという。 この頃に知り合い、後に妻となったは、家に招いて食事を振る舞っていたと回想している。 また、この間、品川岸壁の荷揚げ、スナックのウェイターなどの職を転々としながら、食い繋いでいた。 、の『もっとしなやかに、もっとしたたかに』で実力を認められ、続いて『』にの相手役として出演する。 『』の又八役を演じて以降、TVドラマ『』()、『』()、『』(1986年 - )などへの出演により人気が上昇。 これらの役柄によって女性ファンを獲得し、「不倫してみたい俳優」ナンバー1という称号も手に入れた。 しかし、本人はあくまで映画志向が強く、テレビ出演を続けつつも映画にのめり込んでゆく。 には『』()で監督と出会う。 36歳にして映画では初の単独主演をつかみ、男優主演賞などを獲得した。 これでひと皮むけ、『』(、)、『』(、芸術貢献賞)、『』()と立て続けに熊井作品に出演する。 これらの熊井作品で海外でも知られる存在となり、1992年には監督による映画『ピアニスト』で天才ピアニストにふんし、猛特訓したという演奏場面も披露した。 公開の映画『棒の哀しみ』ではを始め国内の映画賞を多数受賞した。 以降も、から会社社長、屋社長など、アウトローな役を難無く演じる積極性を武器に、50本以上の映画に出演している。 、娘の安藤サクラが妊娠・出産したことにより孫が誕生した。 映画監督として [ ] 元来「天職」と自覚していた役者だったが、42歳のときに「監督やるぞ! 」と思い立ち、周囲に宣言。 しかし、経験不足からか自信を持てずに挫折。 その後基礎から映画製作を学び、48歳にしてを経験。 50歳を迎えたに『少女〜AN ADOLESCENT』で念願の監督デビューとなる。 1月にを主役とした『るにん』を公開。 共に国内外の映画賞で多数の賞を獲得。 3作目となる『』は、奥田が「どうしても仕事がしたかった」というを主役に配し、で、日本映画としての監督作『』以来2作目となるグランプリを受賞。 さらに国際批評家連盟賞とエキュメニック賞も同時受賞し、計3冠を獲得するという快挙を成し遂げた。 人物・エピソード [ ] この節に。 事項を箇条書きで列挙しただけの節は、本文として組み入れるか、または。 ( 2012年9月)• 、元首相の孫で元法相の娘であるのと結婚。 娘が2人おり、長女の(旧名・安藤モモ子)は助監督として、二女のは女優として父親の作品に参加するなど芸術一家でもある。 弟・安藤豊彦は苔玉作家、父・は元議会議員である。 ・のは高校の1学年先輩にあたる。 特技は、 、 、 、。 の連載小説『花堕ちる』や、和津夫人の童話『月うさぎ』などで描いた挿絵は玄人はだし。 には個展も開いている。 音楽方面では、にとのデュオでシングル盤「クラシック-CLASSIC-」をリリースしている。 『』のがアポなしで突然現れた際、松村の願い(「僕をモデルに絵を描いて欲しい」)を快く引き受けた。 また足を怪我した際も「つばをつけて足を直してあげたい」とやって来た松村に快くつばをかけさせ、関係者に非常に好印象であった。 業界屈指の色気を持つ俳優であり、テレビ番組に出演する際には「」と呼ばれるスーツの着方を実践。 また、やらとたびたびを開催。 女性陣のセッティングを自ら担当する(加えて女性側の幹事に「キレイな子を連れてこなかったら殺す」と脅迫する)というこだわりの持ち主である。 しかしそんな女性好きが高じてか、に絵画モデルの10代女性にをした疑惑が浮上し、会見で「妻には初めて手をついて土下座した」と明らかにした。 また、極めて酒癖の悪い人物としても有名で、酒席でを露出して週刊誌、女性週刊誌で記事になったこともある。 9月、「総理大臣を求める民間人有志」の一員として「緊急声明文」に名を連ねた。 、『』にゲスト出演した際に『』でのエピソードを語った。 当時は一生懸命だったので恥ずかしさはなかったという。 また今でも変身ポーズは覚えていると語り、スタジオで披露した。 アクションは最初の5本までは実際に行っていたといい、その後担当したのスタイルが悪く見ていて辛かったという。 『バンキッド』終了後にオーディションなどを受けた際、子供番組をやっていた事で馬鹿にされたことがあったが、後に売れてからは相手のプロデューサーから謝罪されたことなどを話した。 また、『バンキッド』で共演したは、当時の奥田について「変な役者だった。 ものすごくリアル」などと述べ、自分の方が先輩だったのにも関わらず怖かったとも述べた。 怖かった感想を持たれたことについて、奥田自身は「学生時代に政治の世界に突っ込んでいたから」などと見解を述べている。 愛知県で生まれ育ち、東邦高校出身であることからのファンに思われがちだが、実のところの大ファンであり、のテレビ中継に同級生でもあると一緒にゲストとして出演したことがある。 また、元阪神の捕手で現コーチのや元捕手の、元中日投手のは高校の後輩にあたる。 の更新に行かなかった事で免許が失効になったこともある。 「自分じゃない自分になりたい」という感性から、本名で呼ばれることが嫌いと述べている。 句歴20年以上のである。 『』でと俳句談義をしている。 次女・サクラがヒロインを務める2018年度下期の『』(終盤には奥田も出演)を毎日欠かさず視聴し、「元気をもらっている」と発言している。 『まんぷく』のオファーを受け、当初は迷っていたサクラに対し、背中を押したという。 の政策参与を務めており、同地で演劇集団「奥田塾」を主宰している。 出演 [ ] テレビドラマ [ ]• 第6話「仇討ち愚連隊」(1972年、)• 第585話「華麗なる貧困」(1973年、) - 明 役• 第22話(1977年、) - 大学生 役• (1978年、) - 弓田 役• (1978年、TBS) - ヤゴロー 役• 第15話「結婚指輪を追いかけろ! 」(1978年、TBS)• 冬の花火(1979年、TBS)• この愛なくば(1980年)• 虹の果てには 仮説・三億円事件(1980年)• 悪夢(1984年)• 花嫁となる日(1986年)• 遠めがねの女(1986年) - 主演• かくれんぼ(1988年)• おれは裸だ(1988年)• しあわせ戦争(1980年、TBS)• (NHK)• 愛・信じたく候(1981年)• (1983年)• 娘が家出した夏 家庭ってなァに? (1981年、TBS)• 虹色の森(1981年、)• きりぎりす(1981年、)• (NTV)• 空白迷路(1982年)• 赤い鳩が死んだ(1984年)• 見知らぬ夫(1986年) - 森周二(荒木竜夫) 役• 死ぬ前にすべき二、三の事柄(1988年) - 主演• 宵待草殺人事件(1989年) - 主演・ 役• さらわれたい女(1992年) - 主演• 逃げたい女(1993年) - 主演• 親不孝通りララバイ(1982年)• 途中下車(1986年)• 冬の歌声 (1988年) - 主演・宜之• こちら当番弁護士(1993年) - 主演• (NHK)• (1983年) - 役• (1987年) - 役• (1994年) - 役• (2001年) - 役• (2013年) - 役• (2015年) - 役• (ANB)• 妻は何を感じたか(1983年) - 高林 役• 金属バット殺人事件(1985年)• ツェルニー40番 練習曲愛(1983年、) - 主演• (1984年、NHK) - 本位田又八 役• (ANB)• (1984年)• 夏樹静子の女の銃(1984年)• レイプ囚に愛された女(1985年) - 佐伯 役• (2009年 - 2014年、) - 主演・各務章祐 役• (1984年、TBS)• (1985年、TBS) - 藤森順一 役• (1986年、TBS) - 野上君章 役• (1986年) - 中川信吾 役• (1987年、NTV) - 主演・松田克也 役• 松田聖子のスイートメモリーズ (1987年、TBS)• 結婚式 (1987年)• 宮尾登美子の松風の家(1988年、ANB)• (1988年、TBS) - 主演・村上達也 役• 熱き炎の旅(1988年、) - 役• 年末年始ホテル物語 (1988年、TBS)• 女と男の忠臣蔵(1989年、ANB) - 役• (1990年、CX)• (NTV)• 蟻地獄(1990年) - 主演• 死刑囚からの恋うた(1991年) - 主演・次郎 役• ギフチョウに魅せられた人々 (1990年、NHK) - 主演• (TBS)• 雷獣(1990年) - 主演・松山春男 役• さそり Sasori 究極のセールスマンたち…(1991年) - 主演• ヒマラヤの赤い自転車 (1992年)• ご接待(1992年) - 主演• マイホーム亭主の反乱(1993年) - 主演• サクラサク! おかあさんは女子大生(1993年)• ホンコン・ドリーム (1991年、NHK) - 主演• 離婚屋稼業 お別れさせます (1991年、CX) - 主演• (1992年、TBS)• ゴールデンボーイズ - 1960笑売人ブルース(NTV) - 青木三郎 役• 荒木又右衛門〜男たちの修羅(1994年、TX) - 役• (1995年、NHK) - 主演・木原正秋 役• ハリウッドを駈けた怪優 異端の人・上山草人 (1995年、) - 主演・ 役• (1995年、CX) - 主演• (NHK)• (1996年) - 赤松元基 役• (2007年) - 石川政良 役• (2018年) - 土井垣隆三 役• (1998年、TX) - 主演・中本正治 役• オグリの子 (1998年、NHK) - 主演・吾郎 役• 永遠のアトム 手塚治虫物語(1999年、TX) - 主演・ 役• 高村薫サスペンス(1999年、) - 主演・岡田 役• おいね・父の名はシーボルト(2000年、NHK) - 役• 第1話「復讐の炎」(2001年、NHK) - 喜兵衛 役• 旅の途中で(2002年、) - 春日直也 役• (2003年、NHK) - 沖山二郎 役• シリーズ(2004年 - 2006年) - 蝮の吉次 役• (2007年、CX) - 津山文彦 役• (2008年、CX) - 二神達也 役• (2009年、) - 恩田源蔵 役• (2010年、EX) - 白井眞一郎 役• (2010年、NHK) - 品田基彦 役• (2011年、) - 島崎洋平 役• MORDE E ASSOPRA(2011年)• (2011年、) - 孫嗣志 役• (2013年、WOWOW) - 設楽幸太郎 役• (2014年、) - 青山耕蔵 役• (2015年、WOWOW) - 幸田喜一郎 役• ・第2部『小林一三 〜夢とそろばん〜』(2015年9月5日・12日、) - 役• (2016年、TBS) - 大友修一 役• (2016年、TBS) - 荒木田茂 役• SEASON2 第15話(2016年、) - 矢島公作 役• (2016年、CX) - 法月貞雄 役• (2016年、NHK) - 深見芳孝 役• (2017年、CX) - 天満利章 役• (2017年、NHK) - 男爵 役• (2017年、EX) - 楢林謙治 役• (2018年、EX) - 壬生の幻楼 役• SEASON II(2018年、TBS) - 大友修一 役• (2018年、WOWOW) - 中野哲臣 役• 第6話(2018年、WOWOW) - 金村敦 役• (2019年、NHK総合) - 野田誠二 役• (2019年、CX) - 徳田浩章 役• (2019年、・NHK総合) - 松田知州 役• (2019年、TX) - 高山雄一郎 役 映画 [ ]• もっとしなやかに もっとしたたかに(1979年、)• (1979年、) - 橋本 役• (1980年、) - 櫟田正順 役• (1981年、)• アッシイたちの街(1981年、共同映画全国系列会議)• 人形嫌い(1982年、)• (1982年、東映) - 緒方宗行 役• (1983年、東映) - 吹岡早雄 役• 海に降る雪(1984年、)• 波光きらめく果て(1986年、松竹)• (1986年、) - 主演・勝呂 役• (1987年、日本ヘラルド映画) - 市来櫂 役• (1989年、東宝) - 主演・本覺坊 役• 家族輪舞曲(1989年、東映クラシックス)• (1990年、東宝) - 主演・大友豊市 役• 第3話「NOW IT'S MOMENT IN OUR LIFE!! 」(1991年、東映アストロ)- 高杉修二 役• ありふれた愛に関する調査(1992年、) - 主演・探偵 役• (1992年、) - 高橋ヨシ 役• (1993年、) - 主演• (1993年、東映) - 木津要 役• 大阪極道戦争 しのいだれ(1994年、大映) - ナレーション• 棒の哀しみ(1994年、ヒーロー) - 主演・田中 役• (1994年、大映) - 主演• (1995年、東宝)• (1995年、ヒーロー)• (1995年、東宝)• (1995年、アルゴ・ピクチャーズ) - 神父 役(友情出演)• (1996年、東映) - 小野寺指令 役• 新・極道記者 逃げ馬伝説(1996年、パル企画) - 主演・松崎辰雄 役• (1996年、) - 主演・鈴木一郎 役• (1997年、) - 明神 役• CUTE(1997年、エヌ・ケイ・ケイ)• 恋極道(1997年、東映)• (1997年、) - 主演・岡本良介 役• (1997年、東映) - 主演・古場克己 役• (1998年、東映) - 役• (1999年、) - 主演・諏訪憲雄 役• (2001年、グルーヴコーポレーション) - 島俊夫 役• 新・雪国(2002年、) - 主演・芝野邦夫 役• (2002年、ゼアリズエンタープライズ) - AV製作会社社長 役• (2002年、日活) - 銀次 役• 夜を賭けて(2002年、) - 若林逸郎 役• (2004年、日本ヘラルド映画) - 山田秀一 役• リバイバル・ブルース(2004年、エレファント・ピクチャー) - 洋介 役• 濡れた赫い糸(2005年、東映) - 中沢 役• (2005年、東映) - 役• ブラックキス(2006年、) - 嶺崎警部 役• るにん(2006年、東京テアトル)• (2006年、東京テアトル) - 刑事 役• 風の外側(2007年、ゼアリズエンタープライズ)• ヒョンジェ(2008年、フリースタイル)• (2009年、ギャガ・コミュニケーションズ) - 北徹二 役• (2010年ピクチャーズデプト) - 自転車の男 役• (2010年、) - 滝口政利 役• (2010年、SPOTTED PRODUCTIONS) - 駒田宗一 役• (2012年、コンセプトフィルム) - 主演・石田隆匡 役• (2012年、ワーナー・ブラザース映画) - 役• (2012年、ディーライツ) - なきゃむら 役• (2013年、東映) - 安藤慎二 役• (2013年、彩プロ)• この国の空(2015年、=KATSU-do)• (2015年、) - 主演・時田修次 役• ベトナムの風に吹かれて(2015年、アルゴ・ピクチャーズ) - 小泉民生 役• 前編・後編(2016年、東宝) - 荒木田 役• (2016年、東宝) - 父 役• (2018年、東宝) - 石田玄蕃 役• (2019年、ファントム・フィルム) - 主演・新城信綱 役• (2019年、 松竹) - 宍戸文六 役 オリジナルビデオ [ ]• 平成維新伝 群狼がゆく(2000年、)• (2012年、) - 主演・石田隆匡 役 舞台 [ ]• (1983年、) - ドナルド 役• 逢魔が恋暦(1988年、) - 茂兵衛 役• 四谷怪談 十六夜の月(1996年、) - 伊策 役• 夏の庭(1997年、パルコ劇場) - 古香老人 役• ラヴ・レターズ(1998年、パルコ劇場)• エリザベス・レックス(2004年、オン・タイム) - ウィル 役• 兵士の物語(2007年、東京文化会館)• (2011年、パルコ劇場) - ホワイト、ブラック(二役) 劇場アニメ [ ]• (1984年、) - 俊作 役• (1985年、) - ジャック 役• (1998年、東映) - 正阿弥竜栄 役 吹き替え [ ]• - 芹沢和彦(黒澤翼) 役 ラジオドラマ [ ]• (1985年2月、) - 三沢拓 役 バラエティ [ ]• (1999年10月 - 2000年10月、) - レギュラー• ヴァザーリの回廊 (2009年12月、) - ナビゲーター• (2014年5月13日) - ナレーション ドキュメンタリー [ ]• 札幌すすきの 24時間にぎりめし屋(2012年7月17日、NHK) - 語り• わが心の聖地〜思いの道 願いの道〜(2013年10月 - 2014年9月、) - ナレーター• 日中共同制作 カンフーの聖地へ 世界遺産少林寺 奥田瑛二の鉄道とバスの旅(2014年8月10日、BS朝日) - ナビゲーター CM [ ]• サワーコロン(1979年)• 豆腐名菜 (1985年)• アンセボウ• (1990年)• (1996年)• NEWクレラップ(1998年)• らくらくホン(2007年) ミュージックビデオ [ ]• ふらふら(1987年、ポリスター)• ブラック・バージン(1989年、ポリスター) 個展(開催地) [ ]• フォーシーズンスホテル• ホワイトギャラリー 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• VIPタイムズ社. 2018年10月28日閲覧。 2018年9月16日閲覧。 2018年10月28日閲覧。 ナロー. 2018年10月28日閲覧。 日刊スゴい人 2015年9月15日. 2018年10月28日閲覧。 gooテレビ番組. 2016年11月5日. 2018年11月5日閲覧。 2015年9月7日. 2017年5月26日閲覧。 FT Focus. 2017年5月26日閲覧。 私の分岐点(第294回)エッセイスト安藤和津さん、• 男を磨く情報サイト インライフ. INLIFE. 2018年11月5日閲覧。 金美齢サイト2012年9月10日• 2010年6月28日, at the. ,goo• 2015年1月17日. 2015年1月17日閲覧。 2015年2月25日. 2015年2月25日閲覧。 com 2016年2月25日. 2016年2月25日閲覧。 ORICON STYLE. 2016年9月1日. 2016年9月1日閲覧。 シネマカフェ. 2018年3月19日閲覧。 シネマトゥデイ 株式会社シネマトゥデイ. 2018年11月20日. 2018年11月20日閲覧。 シネマトゥデイ 2015年5月8日. 2015年5月11日閲覧。 シネマトゥデイ 2015年4月30日. 2015年4月30日閲覧。 com. 2015年7月9日閲覧。 シネマトゥデイ 2015年3月26日. 2015年3月26日閲覧。 映画ナタリー. 2017年5月24日. 2017年5月24日閲覧。 デイリースポーツ online 株式会社デイリースポーツ. 2019年3月29日. 2019年3月29日閲覧。 、2014年8月5日閲覧 外部リンク [ ]•

次の