頚椎 ヘルニア。 頚椎椎間板ヘルニアとはどんな病気?治療の選択肢について

頚椎ヘルニア『首の痛み・痺れ』熊本の整体院

頚椎 ヘルニア

頸椎症や頸椎ヘルニアなど、首が原因で発生する神経痛の患者さんを治療していると 「先生、頸椎症や頸椎ヘルニアの人が、気をつける事や、なりやすい人っているんでしょうか?」 というような質問をよくいただきます。 当然、頸椎症や頸椎ヘルニアの患者さんが、気をつけた方が良い事、してはいけない事、やってはいけない事などの動作は存在します。 そこでこのページでは「頸椎症や頸椎ヘルニアの人が気をつける事、やってはいけない動作」について説明していきたいと思います。 ちなみに私は医療系の国家資格である柔道整復師という資格を持っている人間です 医療系の国家資格を持っている人間の端くれとして、出来るだけ丁寧で分かりやすい説明を心がけていますので、こういった事に興味のある人は是非参考にして下さいね。 スポンサーリンク 首への負担が頚椎症、頚椎ヘルニアの原因 さて、まず先に結論を言わせていただきますね。 頸椎症や頸椎ヘルニアの人が、一番気を付けなければいけない事は、首に過度の負担を与えない事です。 何故首なのか? ご存じの人も多いと思いますが、頸椎症や頸椎ヘルニアは首の骨が変形し、近くの神経を圧迫して痛みを発生させる疾患です。 そのため、首の神経を圧迫している場所に、過度な負担を与えると症状は悪化してしまう訳ですね。 つまり、 頸椎症や頸椎ヘルニアにとって、気をつける動作や、してはいけない事、やってはいけない事とは、首に負担のかかりやすい動作の事を指します。 そして、頸椎症や頸椎ヘルニアになりやすい人とは、仕事や日常生活の中で、首に負担のかかりやすい動作を繰り返している人の事です。 以上が結論です。 もちろん、ここからはもう少し細かく具体的に説明させていただきますね。 スポンサーリンク 首にとって負担になる動き 首にとって負担のかかりやすい動作は、首の骨の解剖学的特徴から説明する事ができます。 頸椎(首の骨)は関節の構造上、首の後屈(上を見上げる動作)と側屈(首を横に倒す動作)の動きには適していません。 後屈(上を見上げる動作)と側屈(首を横に倒す動作)は、特に神経を圧迫しやすい動作ですので気をつけてくださいね。 それ以外の首の動作、首の前屈(顔を下に向ける動作)や回旋(横を見る動作)に関しては、首の関節の構造上、負担が少ない動作ともいえます。 しかし、 本来は負担の少ない前屈(顔を下に向ける動作)や回旋(横を見る動作)でも、首だけを単独で動かすと首には負担が入ってしまいます。 どうゆう意味なのか詳しく説明させていただきますね。 どの関節でもそうなんですが、何か作業をしようとした時に、一つの関節が単独で動くという事はまずありません。 歩行なら、股関節、膝関節、足関節が連動して動きます。 手作業なら、肩、肘、手首、指が連動して動きます。 逆に言えば、 本来はいくつもの関節を連動して動かなければいけない作業で、一つの関節を単独で動かしてしまうと怪我の原因になるわけですね。 首で説明すれば、例えば右に顔を向けた時に、首の動きと連動して、体も少し右に向けていれば首への負担は少なくすみます。 逆に、体は全く動かずに、首だけが単独で右に向いてしまうと過度な負担が首に入ってしまいます。 例えば顔を下に向けた時に、首の動きと連動して、背中を丸めるように下を向いていれば首への負担は少ないです。 逆に、体は全く動かずに、首だけが単独で下を向いてしまうと、過度な負担が首に入ってしまいます。 このように、関節というのは単独で動く事はほとんどなく、単独で動かしてしまうと痛みの原因になってしまうんです。 首の動きも同様に、首を動かす時は、動かす方向に体も連動して動かさないと負担になってしまうため、気をつけてくださいね。 ここまでは、首の動きに関して説明させていただきましたが、 首は腕の動かし方などでも場合によっては負担になってしまいます。 人間の関節というのは「てこの原理」で動いています。 てこの原理というのは、支点より作用点が遠くなれば多くの力が必要になり、近ければ近いほど少ない力で作業が行えます。 少し難しい話ですが、人間の体で言い直しますと、自分の立っている位置より遠くで作業をすればするほど、支点になる首や肩甲骨には負担が大きくなり、近くで作業をすれば負担は少なくなるという事です。 何か作業をする時は、できるだけ作業をする場所に近づいて作業をすれば、首への負担は減らせます。 逆に 遠ざかれば遠ざかるほど、首への負担が増えてしまいますのでお気をつけください。 簡単に言えば、腕を伸ばした状態で作業をするのはやめて、少し曲げて作業を行ってください。 もしそれができないなら、自分の体ごと近づきましょう。 まとめ ここで一度簡単にまとめさせていただきますね。 頸椎症や頸椎ヘルニアにとって、気をつける動作や、してはいけない事、やってはいけない事とは、大きく分けて次の3つです。 逆に、普段の日常生活や仕事の中に、こういった動作が多い人は頸椎症や頸椎ヘルニアになりやすい人になります。 ご自分の症状の改善に役立つ情報ですので、是非参考にしてくださいね。 もちろん、こういった事を気にしても、強い症状が出ている人には効果が少ないかもしれません。 そういった場合は、できるだけ早く病院や治療院に相談してくださいね。 もしどこに相談していいか分からない、どこに行ってもダメだったという人は、私に1度お気軽にご相談してくださいね 私は頸椎症や頸椎ヘルニアなど、首が原因で発生する神経痛の治療には、自信を持っていますのできっとお力になれると思います。 以上で「頸椎症や頸椎ヘルニアの人が気をつける事、やってはいけない動作」のページの説明を終了させていただきますが、下記に頚椎症や頚椎ヘルニアに関連するページのリンクも載せていますので、興味のある人はそちらも是非参考にして下さいね。 おすすめ記事 スポンサーリンク 関連するページを下記でまとめています.

次の

椎間板ヘルニア

頚椎 ヘルニア

寝違えたかな?」 数年前のある朝、起床時に背中の痛みに気づいた。 最初はちょっとひどめの寝違え状態かな?程度だった。 仕事は長いこと超多忙。 疲れてんだなーやれやれ・・・ぐらいしか思わなかった。 ところが体が目覚めてくるにしたがい、どうもいつもの「寝違えた」程度とは違うような気がしてきた。 イスに座って落ち着いていてもジンジン痛む。 んんんん!?なんだこりゃ? 朝の打ち合わせのあとで、「医者に行ってきます」と会社を出た。 ここで失敗!・・・普通の医者に行けばいいものを、「整体なんとか」に行ってしまった! その時点ですでに普通にしていても息苦しいぐらいの苦痛な痛み。 それを、 グリグリグリ!とひねられ、 「どうですかー、少しは楽になったでしょー」 と整体医。 「ん〜・・・あまり変わらない。 「レントゲンをとりましょう。 」 レントゲンを見てすぐに医者は言った。 「これはまず間違いなく、ヘルニアです。 ここを見てください。 骨と骨の間が狭くなっているでしょう?」 最初は漠然と背中あたりが痛かったのだが、そのころの痛みは右腕上腕部だった。 ちぎれるように痛い。 医者に言われて握力を計った。 20kgもいかなかった。 そんなバカな。 「もう一度計らせてください」 何度計っても同じだった。 「首の骨と骨の間にクッションみたいなものがあるんですが、あなたの首はそれがはみ出してしまった状態です。 おそらく、右腕に行く神経を特に刺激しているようです。 握力低下がその現象として出ています。 」 そういえば、数ヶ月前ぐらいから、右腕あたりに違和感があった。 しこりというかなんと言うか・・・あれが前兆だったというわけか。 医者は「手術ということも考えられる」と言った。 ・・・ショックだった。 「その先生は首の治療では有名です。 一度その先生が来る曜日に来て見てください。 ああ、来週は来られない予定なので、再来週になりますね。 」 っつっても、痛くて痛くて仕方ない。 再来週と言われても待ってられない! お願いして紹介状を書いてもらい、直接昭和大学付属病院に行くことにした。 紹介状は書いてもらったが、大学病院に行くのは数日後。 その間なにしろ痛い。 眠れない。 横になってしばらくすると、右腕がちぎれそうにジンジンしてくる。 ううう・・・と起きる。 起きると少し「ちぎれ感」が薄れてくる。 「ふぅ」と息をつき、また横になるが、またすぐにジンジンと・・・この繰り返し。 首に巻くコルセットみたいなのを買った。 最初は締め上げるものだと思ってきつく巻いていたが、それは勘違いだとわかった。 これは首を固定するものではなく、重い頭を置いて、首を休ませるのが目的だそうだ。 ・・・ちなみに、それをつけていたところで痛みが和らぐわけではない。 ようやく大学病院へ。 CTスキャン撮ってずいぶん待たされて診察室へ。 一瞬、印象が悪い方向に感じたが、話をするとすぐにその印象変わった。 ズバズバものを言う感じが好きになった。 「やっぱりヘルニアだね。 ここ見てごらん。 飛び出してるよね。 ここが神経を圧迫しているね。 だから痛いんだ。 」 CTの結果を指しながら説明してくれた。 「これ、原因は何なんですか?」 「んー、ま、普通は老化なんだけどねー、君の歳で老化というのもおかしいんだけど。 ま、普通は老化だね。 」 まぁ、そりゃわかんないよな。 「先生、いま飲んでいる薬は何なんですか。 これを飲んでれば、だんだんとヘルニアが引っ込んでくるんですか?」 「いや!そうじゃない!一度飛び出したものは引っ込まねぇ!」 え!? そ、そうなんだ! か、勘違いしていた・・・ 「いま飲んでいるのはビタミン剤だよ。 君の首の神経は急に圧迫されて弱っている。 それを元気にさせるための ビタミン剤だよ。 そして君が首に巻いているもの、それで首を休めてあげんるんだ。 」 「先生、これ、治るんですか? どれぐらいで治るんでしょうか? 手術が必要なんでしょうか?」 たまらず訊いた。 「まあ、普通はこの治療で徐々に治ってくる。 もしもいつまで経っても痛みがおさまらず、日常生活に 支障があるようなら、そこで手術などを検討すればよい。 いまはこの治療を続けよう。 ただ、さっきも言ったとおり、一度はみ出したものは引っ込まないから、完全に治るということは無いんだ。 痛みがおさまったとしても、君はこれからあまり無茶をせず、こころ安らかにゆったりした生活をしていくんだ。 」 最後の言葉のときは、ややにんまりして「ちょっと誇張かな?」みたいな表情で言っていたが。 「完全に治ることはない」と言われたのはショックだったが、何となくズバズバと説明してくれて、 自分の首の状態が把握できたので、少しすっきりした。 これも名医の条件のひとつだよなー。 いまだにこの先生は信頼している。 なんでも、脊髄液の通る道を細くしてしまう可能性があるからとかなんとか。 まあ、数年前の情報なので、今はどうなっているかわからない。 医療も日々進んでいるだろうから。 電車には乗れない 立っていると冷や汗が出るぐらい痛い ので、バス通勤。 そのときは会社の近くまで行くバスが出ていた。 今は路線見直しでなくなってしまったが。 ようやくバス停に着いて、バス到着まで待っている間、おじいさんおばあさんに混じってベンチに座った。 もともと電車などで席が空いていても座らないような性格だったので、そんな自分がみじめだった。 仕事中、ちょっとコンビニへ、それもすぐそばのコンビニに行くのもたいへんだった。 まあ、すぐだからだいじょうぶだろう、と思って買い物に出たのだが、すぐに右腕にちぎれそうな痛み。 事務所に戻って席に座ったときには深いため息。 2ヶ月ぐらいしてからだろうか。 最初に握力を計った病院で、再挑戦。 30数kgぐらいまで力が入った。 「おお、戻ってきましたね。 」 大学病院の先生ではない先生 最初はあまり信用していなかった が、カルテに、 "握力が戻りました!" と、ビックリマーク付きで記してくれたのが嬉しかった。 「じゃあ、首のそれ、取ってみましょう。 最初は無理せず痛くなってきたらまたつけて、という感じで。 徐々に慣らしていきましょう。 」 嬉しかった!! ずっと首に巻いていたガードを外して歩くのは非常に怖かったが、「良くなっている」という希望が 快復をさらに早めたような気がする。 結局、それからすぐにガードは不要になった。 かなり疲労しているときに、若干、首・腕に違和感を覚えるときはあるのだが、一眠りすると何ごともなくなってる。 「無茶せずに、これからは心安らかに生活していくんだ。 」 大学病院の先生に言われたときには、あああ、オレはもうじいさんみたいな生活しかできないんだ、と思ったが、 ・・・けっこう無茶してる。 でも、「オレの首はヘルニアもち。 一度出たものは引っ込まねぇ。 」ってのは同じ。 自分の首の状態とはじょうずに付き合っていこうと思っている。 おしまい。 別ウィンドウに開きます.

次の

このドクターにかかれば安心!頚椎椎間板ヘルニアの名医大百科

頚椎 ヘルニア

頚椎椎間板ヘルニア 頚椎腰椎椎間板ヘルニアは腰におこる腰椎椎間板ヘルニアと病態は同じですが、症状、治療難易度がかなり違います。 頸部のところで脊髄を中に納めている骨は頚椎と呼ばれます。 頚椎は全部で7つあり、 上から順に第一頚椎、第二頚椎と名付けられます。 各頚椎間には椎間板と呼ばれる組織があります。 この椎間板は上下の頚椎を連結しており、ある程度の弾力がありますが、 この椎間板の組織がこわれて脊髄や神経根が急激に圧迫されるようことがあります。 これが、頚椎椎間板ヘルニアと呼ばれるものです。 原因 椎間板が飛び出してくる原因の一つとして、老化現象による椎間板機能の低下が挙げられます。 頚椎の間にある椎間板は常に圧力のかかる状態にあるので、 組織の中で最も早く老化が起こるとされます。 そのため、劣化が進んで外側の膜に亀裂を起こし、中の髄核が飛び出して神経を圧迫し、痛みやしびれなどの症状を引き起こすのです。 また最近はパソコンやスマートフォンなどの多用によって首がクレーンのように前にでている クレーンネックが原因ともいわれ、今回の頸椎椎間板ヘルニアを含む様々な頸椎の障害 いわゆる頚椎症の原因ともなっていると言われており近年凄い勢いで増えていると言われています 症状 前回説明した腰椎椎間板ヘルニアとの大きな違いは脊髄が圧迫される 部位がちがうため症状の出るからだの部位が異なります そして一番障害をうけると厄介なのが手の動きに障害を及ぼすという事です 大きく分けて二つのものがあります。 ・一側の肩や手の特定の領域に激しい痛みや放散痛が生じるタイプ 「しびれ」を生ずる場合もあります。 この場合には、最初の数日間は首の寝違いとよく似た鈍痛・違和感などの後頚部症状が認められ、 これに引き続き手や肩への激しい放散痛が生じることが一般的です。 この痛みは激烈なものですが、ほぼ2-3週間でピークを越え、あとには鈍い痛みやしびれが残り、 これが数週間から数ヶ月で軽快するという経過をとることが多いです。 ・しびれから運動障害や下肢の障害まで起こすタイプ 両手の「しびれ」がみられたり、両手を使って行う細かい動作 (箸を使う動作・ボタンをかける動作・ページをめくる動作など:巧緻運動) が徐々に出来にくくなったり、両足が足先から段々としびれてきたり、 歩行がなんとなく不自由になるなどの症状が数日から数週間の経過で急速に進行するものです。 頸椎椎間板ヘルニアの初期症状 初期段階では、首もしくは肩などに違和感や鈍痛を覚えるところから始まります。 安静にしていれば消失する程度の症状で、ここで医師の指示にしたがっていれば1週間から8週間程度で症状は改善に向かいます。 頸椎椎間板ヘルニアの中期症状 中期の段階では、痛みやしびれなどが生じてきます。 鈍痛からはっきりとした痛みに変わったり、しびれを併発するなど物理的な障害を感じるようになります。 治療期間は初期と同じく1週間から8週間程度となりますが、どの程度で治療を止めるかについては人それぞれの状態にもよります。 痛み止めなどを服用しつつ、リハビリテーションで治療を行ったり、安静にする期間を長くして様子を見るといった治療方法がとられます。 頸椎椎間板ヘルニアの後期症状 後期に入ると、いよいよ痛みやしびれの程度が増し、手術による治療が必要となります。 この段階になると首を動かすこともスムーズではなくなり、一刻も早い治療が必要と判断されます。 2週間程度の入院を行い、その間に患部の手術および治療を行います。 薬物療法とリハビリテーションを組み合わせて行うのが一般的ですが、予後にも配慮しなければなりません。 退院後も定期的に病院に通い、様子を見ながら治療を行いますので、トータルでの治療期間は数ヶ月から1年程度に及ぶこともあります。 診断・検査 X線(レントゲン)撮影、脊髄造影、CT、MRIなどが行われます。 ただしレントゲンでは微妙な椎間板の状態がわからないためMRI検査が一番確実な検査です。 逆に言えばMRIがない施設では腰椎椎間板ヘルニアであると確定診断はできない事になります 当院に完備しています。 治療 一般的には、一側上肢へと放散する痛みのみ場合には、保存的療法や安静により軽快することが多いです。 しかし、麻痺や筋肉の萎縮を伴った場合や、両側の手や足の症状が見られる場合には、症状の進行も早く、 その程度が高度のものであれば、出来るだけ早い時期に手術的療法を検討する必要があります。 保存治療 症状として上肢への放散痛が主たるものでは、いわゆる保存療法と呼ばれる治療法を行うことを原則とします。 保存的療法としては、頚椎牽引療法・頚部カラー固定・頚部のマッサージなどの理学的療法などがあります。 ただし、これらの療法により症状が悪化することもあり得ますので、十分な観察のもとに行う必要があります。 頚椎カラーは有用なこともありますが、この装具を長期間使用していると頚部の筋肉が萎縮してしまい、かえって長期にわたる頚部痛が残ることもありますので、漫然とした使用は避けるべきです。 数日間、頚椎カラーを装着して症状が和らぐことが確認できれば、4~8週間装着します。 痛みの程度が強い場合には、筋弛緩剤や消炎鎮痛剤などが用いられます。 「しびれ」や巧緻運動障害が主な症状の場合には、ビタミンB剤が用いられます。 痛みの程度が強い場合には、筋弛緩剤や消炎鎮痛剤などが用いられます。 「しびれ」や巧緻運動障害が主な症状の場合には、ビタミンB剤が用いられます。 神経ブロック 星状神経節ブロック 首にある交感神経の集まった部位に局所麻酔薬を注入します 交感神経の緊張を抑えることにより痛みの悪循を断ち切るとともに 局所の血行がよくなり抗炎症効果により痛みが軽減します 腕神経叢ブロック 鎖骨の少し上に細い針で局所麻酔し、首・肩・腕につながる神経の 束が集まっている部位の周囲に麻酔薬を注入する治療です 神経には直接あてないので痛みも少なくX線画像をみながら行います。 神経根ブロック(ルートブロック) これらの治療でも神経の症状がしつこく残る場合は神経根ブロックを行います X線透視下にて痛みを発生している神経根に直接麻酔薬を注入します。 頸椎の椎間板ヘルニアにより神経根が圧迫されて起こる痛みは神経の炎症を抑えれば 症状が治まる場合が多く、また腰椎に比べてかかる荷重が少ないので神経ブロック療法を 3カ月程度続けることで患者さまは治癒することが多くなっています。 ただ脊髄が主に圧迫されている場合神経ブロック療法の効果が少く 手術による治療が必要になることが多くなります。 手術療法 脊髄に対する圧迫を取り除き、頚椎を固定することが目的となります。 手術法としては、頚部の前から到達する方法(頚椎前方到達法)が原則として行われます。 この手術は、全身麻酔下で、仰臥位(仰向けの姿勢)で行います。 頚部の右側(場合により左側)に皮膚切開を行い、気管と食道を正中に引き寄せながら頚椎の前面に到達し、 頚椎の一部を削り、脊髄の方へと進みます。 これらの手術操作は手術用顕微鏡下に慎重に行われます。 脊髄に対する圧迫を除去できたことを確認後、頚椎に出来た空間に、 腰骨からの骨や人工物(スペーサー)を挿入し、創部ドレナージと呼ばれる細い排液用の管を留置して手術を終えます。 その他症状、病態に合わせて以下の手術術式が選択されます。 前方固定術• 内視鏡下ヘルニア摘出術 MED• 顕微鏡下ヘルニア摘出術(MIS)• 椎体固定術 最新のお知らせ• 症例一覧• 手術一覧•

次の