富士通 データ センター サービス。 富士通データセンターサービスの評判・口コミ【転職口コミ全文公開中】

96962_01富士通データセンターサービス 株式会社のバイト求人情報(W008752875)|シフトワークス

富士通 データ センター サービス

利用料金は、富士通データセンターの共用ネットワークに接続しているプライベートLAN単位で発生いたします。 日割り計算はいたしません。 日割り計算はいたしません。 プライベートLANの料金は別途発生いたします。 料金例• プライベートアクセス for 富士通データセンター(東日本DCエリア)のご利用には、富士通データセンターを契約していることが前提となります。 また、お申し込み前に富士通データセンターの共用ネットワークへの接続に必要となる情報の入手先(データセンター契約の担当サービスマネージャーなど)をご確認ください。 ニフクラの責任範囲は、プライベートLANから富士通データセンターの共用ネットワークに接続するケーブルまでとなります。 プライベートアクセス for 富士通データセンター(東日本DCエリア)は、ニフクラと富士通データセンター内のお客様環境を直接接続するサービスではございません。 プライベートアクセス for 富士通データセンター(東日本DCエリア)における対向側MACアドレスの学習数は、プライベートLAN1個あたり100個以下(目安)となるようにしてください。 これを超えた場合は、通信不可となる可能性がございます。 お客様に通知を行いますので、是正をお願いいたします。 プライベートアクセス for 富士通データセンター(東日本DCエリア)での通信が富士通データセンターの共用ネットワーク、およびニフクラ環境いずれかに影響を与えていることが確認された場合、接続インターフェースを予告なく縮退もしくは遮断いたします。 プライベートアクセス for 富士通データセンター(東日本DCエリア)の利用申込を行うと、プライベートアクセス for 富士通データセンター(東日本DCエリア)で接続するプライベートLANは削除できなくなります。 プライベートLANの削除が可能になるのは、プライベートアクセス for 富士通データセンター(東日本DCエリア)の利用終了日の3営業日以降となりますのでご注意ください。 1つのプライベートLANに対して、プライベートアクセス for 富士通データセンター(東日本DCエリア)を複数接続することはできません。 お申し込み後、作業完了時に複数接続となる場合、受付後に接続をお断りする場合がございます。 いかなる経路でもニフクラ上のプライベートLAN同士を通信するために利用することはできません。 プライベートアクセス for 富士通データセンター(東日本エリア)に接続されたプライベートLAN同士を、ゾーンコネクト、プライベートブリッジなどの接続サービスによって接続することはできません。 本サービス契約後にプライベートLAN同士の接続となるサービスを申し込まれた場合、もしくはプライベートLAN同士を接続している状態で本サービスをお申し込みされた場合、受付後に接続をお断りする場合がございます。 富士通データセンターの共用ネットワークとの接続を確立する作業を行うために、お客様情報を富士通に提供する場合があります。 富士通データセンターの共用ネットワーク、および各データセンターのサービス概要、価格につきましては、富士通データセンターの契約担当にお問い合わせください。

次の

96962_01富士通データセンターサービス 株式会社のバイト求人情報(W008752875)|シフトワークス

富士通 データ センター サービス

発表日:2019年1月31日 連結子会社との会社分割(簡易吸収分割)に関するお知らせ 当社は、本日開催の取締役会において、2019 年4 月1 日を効力発生日として、当社の連結子会社である富士通エフ・アイ・ピー株式会社(以下、富士通エフ・アイ・ピー)のデータセンターサービス事業を当社に承継させる吸収分割(以下、本吸収分割)を行うことを決議しましたので、お知らせいたします。 なお、本吸収分割は、当社の完全子会社との間で行う簡易吸収分割であるため、開示事項・内容を一部省略しています。 記 1. 本吸収分割の目的 当社と富士通エフ・アイ・ピーは、当社が策定したデータセンターサービス事業戦略の下、両社で商品の企画開発を行い、富士通エフ・アイ・ピーがサービスの提供を行う体制で、約1,400 社のお客様にサービスを提供しています。 近年のクラウドサービスの普及とともに、より高度な知見が求められるマルチクラウドやハイブリッドIT などのデジタルサービスへのお客様のニーズが高まっています。 そのため当社は、データセンターをそれらを提供していくための共通基盤として改めて位置づけるとともに、多様なニーズに対してタイムリーにサービス提供するための体制強化を目的として、2019 年4 月1 日に、富士通エフ・アイ・ピーのデータセンターサービス事業を吸収分割により当社に統合します。 本吸収分割により、事業戦略の策定、商品の企画開発、お客様へのサービスの提供や品質管理、データセンターの施設運用など、データセンターサービス事業に関する全ての機能を当社に統合し、一元化を図ります。 本吸収分割後は、当社がデータセンターサービス事業を一貫して担い、事業全体のガバナンスを強化することで、迅速な意思決定や投資の最適化、商品開発力の強化を図ります。 また、お客様との接点の明確化と、サービス品質の向上を実現し、データセンターサービス事業のさらなる成長を目指します。 また、一元化されたガバナンスの下で運用される共通基盤としてのデータセンターと、様々なデジタルサービスやシステムインテグレーションサービスとの連携を強化し、より付加価値の高いサービス提供を追求することで、当社のデジタルサービスの競争力強化を実現します。 なお、富士通エフ・アイ・ピーは本吸収分割後も、流通やヘルスケア、自治体分野などに強みを持ったIT サービス子会社として、引き続きシステムインテグレーションサービスやプロフェッショナルサービス、SaaS を提供していきます。 本吸収分割の要旨 1 吸収分割の日程 ・当社取締役会決議日:2019 年1 月31 日(木)(本日) ・本吸収分割契約締結日:2019 年1 月31 日(木)(本日) ・本吸収分割の効力発生日:2019 年4 月1 日(月)(予定) (注)本会社分割は、当社においては会社法第796 条第2 項に規定する簡易吸収分割に該当するため、株主総会の承認決議を経ずに行います。 2 吸収分割の方式 当社を吸収分割承継会社、富士通エフ・アイ・ピーを吸収分割会社とする簡易吸収分割です。 3 吸収分割に係る割当ての内容 本吸収分割による対価の交付はありません。 4 吸収分割に伴う新株予約権及び新株予約権付社債に関する取扱い 該当事項はありません。 5 吸収分割により増減する資本金 本吸収分割による当社の資本金の増減はありません。 6 承継会社が承継する権利義務 当社は、本吸収分割に際して、富士通エフ・アイ・ピーのデータセンターサービス事業に係る資産、契約上の地位およびこれらの契約に基づき発生する権利義務を承継します。 なお、当社が承継する債務は、免責的債務引受の方法によります。 7 債務履行の見込み 本吸収分割において、当社が負担すべき債務については、履行の見込みに問題がないものと判断しております。 添付リリース.

次の

「半世紀分の知見を集約」 富士通、IT基盤の構築サービスを本格化 ハイブリッド/マルチクラウドに対応 売上1兆円目指す

富士通 データ センター サービス

送料はお客様のご負担となります データ消去方式 ソフト消去方式 (再利用可能)(注3)• 専用ソフトウェアによるデータ消去• 消去対象媒体の全領域に対し、無意味なデータを指定回数書き込み• HDD標準仕様:ランダムデータ書き込み+「0」データ書き込み(計2回書き込み)• 専用消磁装置によるデータ消去• 消去対象ハードディスク、磁気テープに対し、強い磁場(1. 3テスラ以上) を照射することにより媒体上のデータを破壊(注6)• 写真撮影オプション 磁気パターンが完全に破壊されたことを簡易的に示すために、ディスク媒体表面を写真撮影し、ご提示 データ消去サービスの価格表 「データ消去サービス」は、対象製品ごとに価格・型名が設定されています。 価格算出については、価格例をご参照ください。 データ 消去方式 サービス対象 装置/媒体 サービス内容 型名 単価 (単位:円) 単位 共通 共通 マネジメント NS10582S 31,000 拠点 ソフト 消去方式 パソコン 消去作業 (41GB未満) NS10583S 3,200 本 消去作業 (41GB~81GB未満) NS10584S 4,800 本 消去作業 (81GB~161GB未満) NS10585S 7,900 本 消去作業 (161GB~251GB未満) NS10586S 11,500 本 消去作業 (251GB~501GB未満) NS10587S 21,000 本 消去作業 (501GB~1001GB未満) NS10596S 50,000 本 消去作業 (1001GB~2001GB未満) NS10597S 90,000 本 サーバ (富士通製) 消去作業 (41GB未満) NS10588S 15,000 本 消去作業 (41GB~81GB未満) NS10589S 21,000 本 消去作業 (81GB~161GB未満) NS10590S 39,000 本 消去作業 (161GB~301GB未満) NS10591S 80,000 本 消去作業 (301GB~501GB未満) NS10598S 100,000 本 消去作業 (501GB~1001GB未満) NS10599S 130,000 本 消去作業 (1001GB~2001GB未満) NS10605S 180,000 本 ハード消去 パソコン 消去作業 NS10592S 2,600 本 サーバ 消去作業 NS10593S 2,800 本 ストレージ装置 消去作業 NS10594S 3,300 本 パソコン/サーバ /ストレージ装置 写真撮影オプション NS10595S 3,000 本 【ご留意事項】• サービス実施期間中に、記憶媒体の障害で「ソフト消去」による上書きが不可能な場合には、サービス実施に関して、お客様と協議を行うものとします。 なお、協議の結果、記憶媒体の再利用を行わないお客様の場合には、代替手段として消磁装置による「ハード消去」を行うことが可能ですが、「ハード消去」する場合の価格は、当初契約しているソフト消去の契約金額を前提とします。 「ハード消去」では、HDDについては磁気パターンを完全に消し去る「消磁」、SSDについては穿孔による物理破壊をする為、記憶媒体の再利用は不可能となります。 他社製ストレージ、メインフレーム、ディスクアレイ装置の一部製品、OASYS、FMRシリーズについては、ソフト消去サービスは提供しておりません。 ハード消去のみとなります。 以下の場合は個別見積となります。 詳細な価格については富士通または販売パートナーの担当営業までご相談ください。 担当営業をご存じないお客様は「」にてお問い合わせください。 「他社製サーバ」「富士通製ストレージ」の「ソフト消去」• 「磁気テープ」の消去(「ハード消去」)• データ消去センターでの消去実施• 平日9時~17時以外の夜間・休祝日作業実施• 「ソフト消去」の標準とは異なる、書き込み方式や書き込み回数指定• HDD標準仕様:ランダムデータ書き込み+「0」データ書き込み(計2回書き込み)•

次の