頭皮 湿疹。 頭皮の湿疹・脂漏性皮膚炎…4つの原因とおすすめ抗菌シャンプー

あなたの頭皮のブツブツ湿疹がいつまでたっても治らない理由

頭皮 湿疹

接触皮膚炎 接触源の刺激やアレルギー反応によって湿疹がみられる疾患です。 刺激を受けた場所によって頭皮や顔だけでなく、全身のどこにでもみられ、赤く腫れてかゆみを伴い、水ぶくれなどになる場合もあります。 成人期の脂漏性 (しろうせい)皮膚炎(脂漏性湿疹) 湿疹ができた場所の皮膚の角質が米ぬか状にはがれたり、赤くなって皮がむけたりする症状がみられ、軽度のかゆみを伴うことが多いです。 頭部で発症した場合は、ふけとして自覚することが多いです。 よくみられるのは頭部や髪の毛の生え際、額、眉間、耳の周りなどで、ほかにも胸や背中、わきの下、へそ、足の付け根で同様の湿疹がみられることもあります。 乳児期の脂漏性皮膚炎については「」で取り上げます。 アトピー性皮膚炎(思春期・成人期) アトピー性皮膚炎は全身の皮膚に症状が出ることがありますが、頭部に症状が出ることも多い疾患です。 乳幼児期と小児期のアトピー性皮膚炎については「」で取り上げます。 接触皮膚炎 頭皮や顔で湿疹がみられる場合は、シャンプー、染毛剤、育毛剤、帽子、ヘアピン、化粧品、医薬品、日焼け止め、香水、メガネ、植物など接触源に触れることが原因です。 成人期の脂漏性皮膚炎 環境などによる皮脂成分や分泌の変化、発汗、偏食などによるビタミンB群の欠乏などが原因と考えられています。 湿度が低い環境やストレスや疲労があると悪化することが多いです。 アトピー性皮膚炎(思春期・成人期) アトピー性皮膚炎発症のメカニズムはまだ十分には解明されていませんが、皮膚のバリア機能が正常に働かないことやもともとの体質などに加えて、外部からの刺激も要因となっていると考えられています。 外的要因としては、ダニやハウスダスト、皮膚に存在する菌(常在菌)、精神的ストレス、湿度などが挙げられます。 特に思春期・成人期のアトピー性皮膚炎は精神的ストレスが悪化の要因として重要視されています。 接触皮膚炎 原因物質との接触を断ち、すでに起きている症状については、皮膚科で処方される軟こうや抗アレルギー薬で対応します。 成人期の脂漏性皮膚炎 先に記載した予防法が対処法にもなります。 石鹸やシャンプーを使って湿疹ができた部位を清潔に保ち、生活リズムを整えます。 頭皮の湿疹でふけが出る場合は、抗真菌薬を含んだシャンプーが効果的です。 皮膚科では患部の状況に応じて弱めのステロイドの塗り薬が処方されることもあります。 アトピー性皮膚炎(思春期・成人期) まずは、専門医での治療とあわせて悪化を防ぐことが重要です。 予防法でも紹介したストレスをためないことに加えて、室内を清潔に保つ、十分な睡眠をとる、お風呂の温度を低めに設定するといったライフスタイルの見直しがポイントとなります。 口舐め病(舌なめずり皮膚炎) 乳幼児から小児によく発生します。 口の周りをなめることによって湿疹ができる接触皮膚炎です。 唾液や食べたものの刺激が原因となります。 保湿剤を塗ることに加えて、マスクの着用でも口のまわりをなめることを予防できるでしょう。 乳児期の脂漏性皮膚炎 生後2週~4週ごろから髪の毛の生えている部分や眉の部分、額、鼻の周囲などが赤くなって黄色っぽいかさぶたができたり、ぶつぶつができたりします。 見た目に反してかゆみは軽く、生後8~12カ月で自然に治ることが多い疾患です。 アトピー性皮膚炎(乳幼児期・小児期) 乳幼児期では、汗やよだれが付着しやすい頭部、顔、首などに症状が多く見られます。 成長に伴って顔の症状は軽くなることが多いのですが、小児期に移行すると、特にわきの下や肘・膝の内側(曲げたときに重なる部分)などが赤くなり、かきむしることを繰り返していると、硬くゴワゴワした状態になります。 かきむしることにより血や浸出液が出たり、かさぶた状に固まったりします。 耳たぶの付け根が切れる症状を伴うことも多いです。 頭皮湿疹になると、頭の痛みや頭痛が伴う症状はありますか。 湿疹によって頭痛が起こることはありません。 患部がかゆくてかきむしることによって皮膚が傷つき、その傷が痛いということはありますが、これは頭痛ではありません。 頭が痛いときは別の病気の可能性もありますので、内科を受診するようにしてください。 ずっと同じ化粧品やシャンプーを使っているのに、平気なときと、顔がかゆくなったり、ふけが出たりするときがあります。 睡眠不足や食生活の乱れ、ストレスなどによって肌のバリア機能が乱れ、そこに化粧品や花粉、ほこりなどの外的刺激が加わることによって脂漏性皮膚炎を発症することがあります。 すでに出ている症状については薬などで適切な対処が必要ですが、ライフスタイルの改善で皮膚の状態がよくなることもあります。 生後2か月の赤ちゃんでも頭や顔に湿疹ができますか? 乳幼児期の脂漏性皮膚炎は生後2週くらいから症状が出ることがあります。 湿疹ではないですが、新生児ニキビ(新生児痤瘡 (ざそう))でも生後2か月くらいまでの間に頬を中心にニキビができます。 こちらも、8か月以内に自然に治る場合が多いです。

次の

デリケートな頭皮湿疹におすすめ人気シャンプーランキング13選

頭皮 湿疹

こんにちは、テツです。 私は長い間、頭皮湿疹に悩まされてきました。 頭皮湿疹といっても、その症状はさまざまです。 たとえば私の場合、脂漏性皮膚炎という湿疹に加えて、吹き出物やニキビなど、その他の頭皮トラブルが併発していました。 複数の症状が併発していたため、非常に厄介だったのですが、時間をかけさまざまなケアを行っていくことで徐々に改善させることができました。 基本的に頭皮のトラブル全般には、その原因や改善方法に関して共通する部分が非常に多いです。 そこで今回は、頭皮トラブル全般にも共通する『 頭皮湿疹の原因や治し方』について紹介したいと思います。 頭皮湿疹が治らず困っている人には必ず目を通していただきたい内容ですので、ぜひ最後までお付き合いいただけたらと思います。 頭皮湿疹ができやすいのはなぜ? 頭皮は身体の部位の中でもトラブルが起きやすい部位と言えるでしょう。 その理由は大きく分けて以下の2つです。 ・ 皮脂の分泌量が多い ・ 髪の毛に覆われている 頭皮は、身体の中でも特に皮脂の分泌量が多い部位だと言われます。 その量は、顔の2倍~3倍と言われることも。 顔も皮脂の分泌量は多い部位にあたるため、その2倍~3倍ということは相当多いということが分かります。 そして皮脂の分泌量が増えると、ニキビや吹き出物をはじめとする肌トラブルを引き起こしやすくなります。 これは皮脂の酸化によって細菌が繁殖してしまうからです。 実は、 頭皮トラブルの多くには皮脂が関係していることが多いのです。 またもう一つ、頭皮のトラブルが起きやすい理由として考えられるのが、 髪の毛に覆われているということです。 まず身体の部位において、頭皮ほど高密度かつ広範囲が体毛で覆われている部位はありません。 そしてこの髪の毛は、頭皮を非常に蒸れやすい状態にします。 先ほど皮脂によって細菌が繁殖すると言いましたが、湿度の高い環境は細菌が特に繁殖しやすくなります。 つまり皮脂の分泌量の多さに加えて、湿度が高くなりやすい環境であるため、頭皮は細菌が繁殖しやすいのです。 また、頭皮は目視で確認しづらい上に髪で覆われているため、肌の状態を把握するのが難しいです。 そのため、ケアも行いにくいです。 これも頭皮湿疹が起きやすく治りにくい理由の一つと言えるでしょう。 頭皮湿疹の原因 頭皮トラブルが起きやすい理由については分かっていただけたでしょうか? ここからは具体的にどのようなものが頭皮湿疹の原因になるのかを紹介していきたいと思います。 ダメなシャンプーを使っている人は多い 世の中には質の悪いシャンプーが多く出回っており、シャンプーをきっかけとした頭皮トラブルは多いです。 そもそも一般的に言われる良いシャンプーと頭皮に良いシャンプーでは、その定義が多少異なります。 これは使った人が すぐにその効果を実感でき、良いと感じやすいからです。 ですがこれらの仕上がりや使用感は、シリコン、コーティング剤、界面活性剤などを使用することによって得られるものです。 実はこれらの成分は、 髪の毛の仕上がりや使用感は良いように感じますが、頭皮にとっては負担をかけてしまうのです。 もちろん頭皮が丈夫な人にとっては大したことはないかもしれませんが、頭皮トラブルを抱える人にとっては死活問題です。 むしろ、このようなシャンプーが頭皮トラブルの原因になることも多いです。 ドラックストアでよく売っているような安価なシャンプーは、多くの場合、使用感や仕上がりを重視しているため、頭皮湿疹を抱える人が使うには負担の大きいシャンプーとなっています。 シャンプーに気をつかっていなかった人は、頭皮湿疹を悪化させるようなシャンプーを使っていないか見直しましょう。 オシャレが頭皮環境を悪化させる? もう一つ頭皮湿疹のきっかけとなりやすいのが、オシャレです。 「オシャレが頭皮に関係あるの?」と思うかもしれませんが、以下の項目を確認していただければ分かってもらえるでしょう。 パーマ ヘアカラー 整髪料 ヘアオイル 帽子 etc. まずパーマやヘアカラーは頭皮湿疹を引き起こしたり、悪化させたりするリスクがあります。 そして、これは整髪料やヘアオイルなども同様です。 実は私の頭皮湿疹にも、これらが関わっていました。 自分自身が経験しているためよく分かるのですが、髪の毛に対して余計なことをしすぎるのはとてもリスクが高いです。 全く何も症状が表れていない人であればまだしも、何かしら頭皮に異変を感じている人は使用するべきではないでしょう。 最悪抜け毛や脱毛がどんどん進行して、オシャレをする髪すらなくなってしまうことも考えておいたほうがいいです。 頭皮湿疹による脱毛に関してはという記事で詳しく紹介しているので、気になる人は合わせて読んでおいてください。 ちなみに、よく帽子をかぶる人なんかも注意しておいてください。 「帽子を被るとハゲる」なんてことを聞いたことがあるかと思いますが、あれは頭皮が蒸れることで、雑菌の繁殖や頭皮トラブルを招く恐れがあるからです。 そのため頭皮湿疹を抱える人が帽子をかぶっていると、症状が悪化しやすくなります。 できれば帽子はかぶらないようにしておきましょう。 頭皮湿疹の治し方・改善策 一度頭皮湿疹が出始めると、なかなか治りにくい場合もあります。 そのため、しっかり意識的にケアしていくべきです。 ここからは、今回の本題でもある 頭皮湿疹の治し方について紹介していきます。 これらを行えば、頭皮環境も大きく変えられるはずです。 生活に気を遣う まず一つ目は、生活に気を遣うことです。 先ほどオシャレが頭皮湿疹の原因になると言いました。 ヘアカラーやパーマをする人、整髪料を使っている人は、これらをやめなければいつまで経っても頭皮湿疹が治らない可能性があります。 また、帽子をよくかぶる人も、頭皮環境を悪化させている可能性があります。 そのためこれらをできる限り全てやめるようにしましょう。 また、もう一つ気をつけてほしいのが、 汗をかくことです。 実は汗も頭皮湿疹には刺激になってしまい、症状を悪化させかねないのです。 私は汗っかきなため、汗による頭皮湿疹の悪化に苦しめられてきました。 汗を放置しておくと、どんどん細菌が繁殖していくため、できればすぐにタオルで拭いたりシャワーで流したりするべきです。 なかには、運動をした方が頭皮トラブルは解決するという人もいますが、それ以上に汗による悪化のリスクが高いことを忘れないでください。 適切なシャンプーを使用する 繰り返しになりますが、シャンプー次第で頭皮環境は大きく左右されます。 ダメなシャンプーを使っていれば、いつまで経っても頭皮湿疹は治らないでしょう。 頭皮湿疹におすすめのシャンプーに関しては、 という記事で紹介しているので参考にしてみてください。 洗髪後、〇〇を使う 私がおすすめしたいのは、ただ良いシャンプーを使うだけではなく、そのあとのアフターケアを行うことです。 このアフターケアは、頭皮用のローションによって行います。 というのも、 洗髪後の頭皮は乾燥しやすく、乾燥を防ごうと皮脂が分泌しやすい状態なっています。 皮脂が過剰に分泌されれば、頭皮湿疹の悪化につながってしまいます。 これを、しっかり保湿してあげることで防ぎましょう。 といっても、ローションであればなんでもいいわけではありません。 頭皮湿疹に使うローションは、肌に優しい成分で構成されている必要があります。 刺激のある成分を含んだものを使ってしまうと、逆に頭皮を悪化させてしまいます。 ローションには刺激を含んだものも多いですから注意してください。 私としては自分自身が使ってきたということもあるので がおすすめです。 すこやか地肌であれば、デリケートな頭皮専用のローションとして作られているので、症状が悪化する心配もなく安心して使えました。 頭皮用のローション自体そう多くはないですし、その中で安全性の高いものを選ぶとなると、やはりすこやか地肌が良いのではと思います。 ちなみに返金保証もしっかり付いているため、もしあまり合わないような場合には返金してもらうと良いでしょう。 返金保証が付いている分、気軽に試しやすいはずですので、ぜひ一度試してみてください。 頭皮湿疹が重度ということは、脂漏性皮膚炎をはじめとする頭皮トラブルに発展している可能性もあります。 もし症状がひどいと感じるようであれば、一度皮膚科で診てもらい、適切な薬を処方してもらいましょう。 ただ、一つだけ気をつけてほしいのは、 頭皮湿疹は薬を使用するだけでは治らないことのほうが多い ということです。 そのため、あくまで 薬は一時的に症状を抑えるためのものだと思っておきましょう。 最終的には、ここまで紹介してきた自分自身による生活の見直しや頭皮のケアが必要になるということを忘れないでください。 長くなりましたが最後まで読んでいただきありがとうございました。

次の

頭皮湿疹について

頭皮 湿疹

画像のような頭皮の脂漏性湿疹の抜け毛症状の原因は、皮脂が大きく関係しているようです。 皮脂の洗い残しにより、毛穴が詰まってしまうことや、頭皮にいる常在菌であるマラセチア菌が皮脂を餌として繁殖し炎症を起こしてしまうため、画像のように頭皮が赤くなってしまったり、抜け毛症状が現れてしまうと言われています。 洗浄力の強い市販のシャンプーを使用すると皮脂を落としすぎるため、逆に皮脂の分泌が過剰になりマラセチア菌が増殖した結果画像のような頭皮の脂漏性湿疹になってしまう可能性もあるようです。 さらに、市販のシャンプーだけでなく、生活習慣も頭皮の脂漏性湿疹の大きな原因になってしまうようです。 日常的に油っぽいものを食べているという人は、皮脂量が増加している可能性があります。 そのため、睡眠不足の人や食生活に偏りがある人は、皮脂量が多いため、常在菌が繁殖し頭皮の毛穴の炎症になってしまうため、画像のような頭皮の脂漏性湿疹原因になると言われています。 ちなみに、頭皮の脂漏性湿疹に処方される飲み薬には以下のようなものがあります。 かゆみ止めの飲み薬• ビタミンB6の飲み薬 頭皮の脂漏性湿疹になると、どうしてもかゆみの症状が強くなってしまう人も多いようです。 頭皮をかきむしってしまうと頭皮が傷つくことから抜け毛の原因になると言われているため、かゆみ止めの飲み薬を服用することで、間接的に症状を改善する効果が期待できるようです。 さらに、頭皮の脂漏性湿疹の飲み薬としてはビタミンB6の飲み薬を処方されることもあります。 実はビタミンB群の不足により頭皮の脂漏性湿疹が悪化する可能性があるようです。 そのため、飲み薬によりビタミンB6を補うことで頭皮の脂漏性湿疹が改善することから、抜け毛も改善する効果があるのではないかと言われています。 市販のシャンプーは実は洗浄成分が強いことが多いため、市販のシャンプーを使用することで、皮脂を落としすぎる結果逆に皮脂の分泌が過剰になりすぎて、頭皮の脂漏性湿疹の原因になっている可能性もあるというのは先ほどご紹介した通りです。 ですが、市販のシャンプーでも頭皮ケアができるものは多くあります。 ちなみに、市販で購入することができるシャンプーはアミノ酸系シャンプー、石鹸系シャンプー、石油系シャンプーのように分類することができます。 それぞれの特徴は以下の通りです。 【市販のシャンプーの特徴】 シャンプーの種類 特徴 アミノ酸系シャンプー ・頭皮に優しい ・髪に優しい ・洗い上がりが良い 石鹸系シャンプー ・頭皮に優しい ・洗浄力が強い ・洗髪後にごわつく 石油系シャンプー ・価格が安い ・洗浄力が強い ・頭皮への刺激が強い.

次の