チャイルドシート どこに つける。 チャイルドシートの日よけは必要?後付けにおすすめの商品とは?

チャイルドシート助手席設置はNG! どこに付けるのが正解?

チャイルドシート どこに つける

2台のチャイルドシート、どこに乗せる? それでは早速2台のチャイルドシートの 乗せ方について見ていきましょう。 1台なら位置はどこがベスト? チャイルドシートを設置するのに 一番安全といわれている位置は 後部座席の中央です。 左右どちらから車がぶつかってきた場合 空間的な余裕があるためですね。 ただ、車種によっては 中央にチャイルドシートを取り付けることが できないこともありますよね。 その場合は助手席後ろより、 運転席の後ろが 安全だといわれています。 理由として、 運転手が危険回避しようとして本能的に 衝突を避けて自分を守ろうとするから、 運転席後ろが安全である。 という意見や、 衝突による衝撃で助手席側は フロントガラスを突き破って飛び出てしまう 可能性があるけど運転席はハンドルが あるので物理的に飛び出すことは無いから 安全である。 という意見などがあるようですね。 こちらの動画はチャイルドシートへ どのくらいの衝撃がかかるのかの 実験映像です。 ご覧ください! 少しでも安全な方に設置したいと思うのが 親心。 どちらに取り付ければ絶対安全という事は ありませんが、確率的に安全と言えるのは 運転席の後ろという事になります。 どちらにしても、チャイルドシートを 正しく設置することが大切ですね。 もし取り付けるなら一番安全といわれる 運転席後ろに 後ろ向きチャイルドシート。 もう一台 上の子用のチャイルドシートは 助手席の後ろに取り付けるのがベストと 言えそうです。 助手席にチャイルドシートって違反なの? 助手席にチャイルドシートを取り付けるのは 法律的に 違反にはならないのでしょうか? 実は助手席にチャイルドシートをつけるのは 違反にはならないんです! 「じゃあチャイルドシートは助手席に つけてもいいのね」 と思ったあなた! ちょっとまってください。 違反にならないのと 安全であるというのは イコールではありません。 安全面での問題はある? 助手席のチャイルドシートに関して エアバックが作動した時の衝撃が危ない という事はおはなししましたが、 それ以外にもチャイルドシートを 後ろ向きで助手席に取り付けると、 視界が悪くなります。 そうなると、当然運転中の事故の可能性も 増えますよね。 それともう一つ。 先日我が家でドライブに出かけた時の事を 例におはなししたいと思います。 主人の運転で、後部座席の運転席後ろには 1歳娘が乗るチャイルドシート。 5歳長女は助手席のジュニアシートに乗って 私は後部座席の助手席のうしろの席に すわっていました。 後ろから見ていたのでとても 気になったのですが、運転手の主人が 助手席の娘に気をとられてちらちらと 脇見をしてるんです。 おしゃべり好きの長女はずーっとしゃべって いて、それも気になるようでしたが ひどいときは 数秒も脇見をしていることも ありました。 私が注意しても、自分が脇見運転をしている という自覚は全くないんですね。 後部座席でも子供の様子は 気になるものですが、助手席だと自分の 目が届くだけに 無意識に脇見運転に なってしまうのかもしれません。 自分は大丈夫!と思っている人ほど 要注意かもしれませんね。 まとめ 二人目のチャイルドシートはどこに 取りつけるべきかということについて おはなししました。 一番安全だと言われているのは後部座席の 運転席後ろ。 次が助手席の後ろになります。 助手席は違反にはなりませんが、 安全面からするといろいろ不安が残るので あまりおすすめできません。 なぜこんなことが 起こってしまうかというと、 ・複数社に車を持って行って見積もりを 出してもらうのは面倒 ・相場がわからないからダマされた ・急な転勤で引越しに追われて時間がない ・買取の交渉をする自信がない ・断りづらい性格なので、言われたまま売ってしまう などの悩みがあるからではないでしょうか? そんなあなたには 車のネット査定がオススメです。 ネットで申し込むだけで、 ・かんたん入力で愛車の査定額が スグにわかる。 ・複数社の見積もりを取る必要がないから、 手間がかからない ・信頼できる業者しかいないので、 安心して査定を任せれる ・査定をしたことがない 女性や年配の方にも親切 ・複数の業者間の見積りを『比較』 するから、高額買取が期待できる ・高く買い取ってもらうことで、 浮いたお金を次の車の購入資金に 回すことができる また下取り相場を知ることで、 見積もりで買い叩かれる心配がないですし、 価格交渉の引き合いに出す材料になります。 車を購入する人のほとんどが「非公開車両」の存在を知らずに車を探しています。 もし公開車両を自分で探すと、 ・限られた車両の中から自分の条件に合う車を探さないといけない ・自分で調べる手間が大幅にかかる ・車両の善し悪しを自分で判断しないといけない など悩みが尽きません。 しかし、 「非公開車両」を扱う 「ズバット車販売」なら申し込むだけで、 ・ネットでは見つからないお得な非公開車両と出会える ・車のプロがあなたに合う条件で車を探してくれる ・最新の入荷情報を最優先で知らせて貰える など、メリットがたくさん。 自分で時間をかけて選んた後から、 故障や値段が高かったなど後悔せずに車を見つけることができます。 なぜこんなことが 起こってしまうかというと、 ・保険は種類が多く複雑で探すのが面倒 ・知り合いにお願いされてそのまま加入した ・昔から使って変更の手続きが面倒だから などの理由からではないでしょうか? そんなあなたには 車保険の一括見積もりがオススメです。 ・複数社で比較するから一番安く選べる ・安くなった分はプランの充実にまわせる ・無料でたった3分で申し込みができる ・安く浮いたお金を家計・生活費にまわせる 比較することで、平均で25000円以上 中には 最大50000円お得になった という声もあります。

次の

チャイルドシートの日よけは必要?後付けにおすすめの商品とは?

チャイルドシート どこに つける

ジュニアシートってなに? 道路交通法により、6才未満の小さな子どもを車に乗せるときは、チャイルドシートの設置が、義務づけられていますよね。 そのため、チャイルドシートについては、今や知らない人はいないのではないでしょうか。 ですが、ジュニアシートと聞くと、聞き慣れないという人もいるのでは? ジュニアシートとは、主に3~11才の子どもが使う補助シートのことです。 チャイルドシートじゃないから、道路交通法に違反するのでは?と心配になるかもしれませんが、ジュニアシートはチャイルドシートの種類の中の一つ。 チャイルドシートの中に、ジュニアシートやベビーシート(乳児用)があると考えるとわかりやすいですね。 ジュニアシートはいつから使うの? ジュニアシートは実際、何歳から使ったらいいんでしょうか? だいたい 3~4才くらいからジュニアシートへ移行される方が多いです。 身長100センチ以上、体重は18kgが目安になります。 このくらい体がしっかりしてくると、チャイルドシートの種類によっては、強度不足になることもあり、車のシートベルトを使用するほうが安全になってきます。 そのため、シートベルトに座高を合わせる必要があるので、このジュニアシートで座高を高くして調節するようにします。 買い替え時は3~4才といいましたが、体格は個人差が大きいので、年齢だけじゃなくお子さんの体に合わせて移行してあげましょう。 わたしの知り合いのお子さんは4才になりましたが、身長95センチ、体重は13キロと小柄です。 年齢的には買い替え時ですが、もう少し体がしっかりしてから考えようと思っていると言っていました。 ジュニアシートはいつまで使うの? ジュニアシートは何歳まで使うのでしょうか? 6歳未満の小さな子どもはジュニアシートを含めチャイルドシートの使用が義務づけられています。 じゃあ、6歳以上になれば、ジュニアシートを使わなくてもいいのかといえば、そうではありません。 大人が使っている車のシートベルトは、身長140センチ以上の人が使用するように作られています。 身長140センチになるのは、だいたい10歳~12歳。 小学4年生~6年生ですよね。 身長140センチ以下の子どもが、車のシートベルトを使うと、首が締まってしまうおそれがあります。 お子さんによって成長具合がちがいます。 それまでは、何歳と決めずに、ジュニアシートを使用するようにしましょう。 目安としては、 身長が140センチを超えてたらジュニアシートから普通のシートベルト着用を考える時期に来たと思っておきましょう。 ジュニアシートの設置場所はどこがいい? チャイルドシートは、後部座席に設置するようにといわれていますね。 理由は、助手席に装備されているエアバッグにあります。 エアバッグは万が一の時、大人の命を守ってくれる大切な装備ですよね。 でも、これは、子どもの小さな体には衝撃が強すぎるのです。 エアバッグの衝撃で、3歳の子どもが圧迫死してしまったという悲しい事故も実際に起きています。 そのため、チャイルドシートは後部座席に設置するようにします。 これと同じ理由から、ジュニアシートも後部座席に設置するようにしましょう。 参考記事 背もたれありのジュニアシート• メリット:身体が安定するので、より安全• デメリット:車が小さいと場所を取る 背もたれなしのジュニアシート• メリット:場所を取らない、移動がラク• デメリット:座面のみなので、安定性は低くなる ジュニアシートを購入する場合は、実際にお店に行って、販売員さんに相談してみるといいですね。 また、ネットで口コミを読んだり、実際に使っているママ友に使い心地を聞いたりして、あなたのお子さん・ご家庭の状況に合った方を選んでくださいね。 おすすめのジュニアシート では具体的に、人気のあるジュニアシートを見てみましょう。 買い替え時の参考にしていみてください。 3歳ごろから11歳ごろまでと、長い間使うことができます。 カップホルダーもついています。 一番の特徴は、 背もたれを外すことができることです。 身体が小さめの時は、安全に背もたれをつけたまま使って、大きくなってきたら、背もたれを外して、座面だけを使うことができます。 アマゾンでベストセラーのママさんに人気の商品です。

次の

チャイルドシート2台付けられる車のおすすめはどれ?【2列目シートの形状がポイント!】 | 車査定のトリセツ

チャイルドシート どこに つける

助手席• 後部座席・運転席の後ろ側• 後部座席・真ん中• 後部座席・助手席の後ろ側 それぞれ順番に見ていきましょう。 子どもは後ろよりも前の方が見晴らしがよく、楽しいですよね。 ですが、この 助手席が車の事故の中で一番死亡率が高いのです。 子どもがグズりだしたりすれば、運転に支障が出ますよね。 さらに、事故が起きた時に出るエアバックで窒息死してしまうことも… ですから、 取り付けるにはふさわしくないと言えます。 どうしても取り付けなければいけない時は、座席を一番後ろまで下げて、きちんとチャイルドシートに乗せましょう。 そのため、 運転手の後ろの後部座席は、他の場所よりも安心と言えます。 チャイルドシートが後ろ向きで赤ちゃんの顔が見えなくて心配という方は、ミラーをつけると赤ちゃんの様子が鏡越しにみることができますよ。 ただ、真ん中の席が平らで、きちんとチャイルドシートが取り付けられるようになっていないと難しいかもしれません。 さらに、路上に停車する際は歩道側で乗り降りすることになるので安全です。 それぞれの席の特徴を見てみました。 いくら自分が気をつけて運転していても、相手が突っ込んできたりなど防ぎきれない事故がおこるかもしれないことを常に想定しておきましょう。 チャイルドシート取り付け位置!助手席の危険 後部座席にチャイルドシートを取り付けている方は多いかと思います。 それは助手席には危険がたくさん潜んでいるからという理由があげられます。 スポンサードリンク 助手席の起こりうる危険性を詳しく見てみましょう。 エアバック 助手席には、運転席と同様にエアバックがついていますよね。 これは、事故したときの衝撃から、体を守ってくれるためについています。 しかし、エアバックが飛び出す衝撃が強いので、子どもはその衝撃に耐えられないことがあるのです。 守ってくれるはずのエアバックが、今度はそれが原因で、ケガをしたり骨折したり、最悪の場合はエアバックで窒息…なんてことにもなりかねないのです。 交通事故 上記にも書きましたが、助手席は事故をおこしたときの死亡率が一番高いのです。 みなさん事故したくてしているわけではないので、いつどこで自分が事故にあうか誰にもわかりません。 右折しようとして、直進車と接触…なんてことになったら大惨事です。 注意が散漫 子どもは前に広がる景色を見て、「ママ見てー」なんて声をかけてきます。 それだけではありません。 機嫌が悪くなったり、何か下に落としたりと…。 チラチラと子どもが気になって仕方ありません。 運転だけに集中なんてとてもできなくなってしまいます。 すると、事故につながってしまいますよね。 とても危険です。 〜実体験〜 実は、わたしもチャイルドシートを助手席に取り付けしたことがあります。 子どもがチャイルドシートに乗るのをイヤがったので、乗ってくれるならと思い取り付けました。 結果、子どもが泣けば気になり、何か話せば気になりという感じで、運転に集中できていないと感じたため、もともとつけていた運転席の後ろに戻しました。 子どもが「乗りたくない!」と言ったとしても、それでも乗らないといけないことを子どもに教えないといけないんだ!と思うようになりました。 命には変えられませんよね。 赤ちゃんのためにも、自分自身が後悔しないためにもなるべく、 後ろに取り付けることをオススメします。 チャイルドシート取り付け位置に法律違反になるの? 法律違反はあるの? 2000年に6歳未満の子どもを車に載せるときは、チャイルドシート装着が義務化されました。 違反すれば、 幼児用補助装置使用義務違反になり、違反点数は1点で反則金はありません。 チャイルドシート 免除される場合もある?• 定員内の乗車で、子どもが多くて全員がチャイルドシートを使用すると乗れない子が出てしまうとき(ただし、全員に使用義務が免除されるわけではありません。 できる限りチャイルドシートを使用しましょう。 バス・タクシーなど• ケガや病気などでチャイルドシートに座ることができないとき• 肥満などで子どもの体に合わないとき• 友達や知人の車に乗せてもらう• 大人が抱っこしているから など、他にもありますが基本的に子どもが車に乗るときは、どんなに嫌がっていてもチャイルドシートに乗せなくてはいけません。 命を守るためのものなので、必ず乗せましょう。 〜最後に〜 チャイルドシートに、100%安全な取り付け位置はありませんが、比較的運転席の後ろが安心です。 チャイルドシートをイヤがる子は意外と多いですよね。 泣いてる子どもを無理やり乗せるのはとても心苦しいです。 「そんなにイヤなら乗らなくていいよ」と言ってしまいたくなるかもしれませんが、ここは一つ心をオニにしましょう。 万が一のことがあってから気づいても遅いのです。 関連記事•

次の