関 ジャニ オブジェ。 関ジャム完全燃SHOWの見逃し配信・動画を無料で見る方法!YouTubeで閲覧可能?

関ジャム 完全燃SHOW

関 ジャニ オブジェ

作詞・作曲を積極的に行う。 「わたし鏡」「Eightopop」など。 担当色は青。 PVでは、前列右。 担当色は黄色。 担当色は緑。 【錦戸亮 プロフィール】 1984年11月3日生まれ、身長170cm、血液型はO型、渾名は「どっくん・亮・にしやん・にしき」、入所日は1997年9月6日 丸山隆平、大倉忠義、安田章大と同期 、「1リットルの涙」「ラストフレンズ」などドラマに多数出演、昨年、「ちょんまげぷりん」で映画初主演を務めた。 プライベートでは、山下智久、赤西仁、俳優の城田優と、仲が良い。 作詞・作曲も積極的に行う。 クールな印象や、DV男役を演じたことで、Sに思われがちだが、本当は恥ずかしがりやで、甘えん坊で、楽屋ではうるさく、ドMである。 好きな食べ物は、からあげ。 やきそば。

次の

【15周年】関ジャニ∞5大ドームツアー2019「十五祭」日程・会場・申し込み・倍率・レポなどまとめ

関 ジャニ オブジェ

そんな彼が『GQ JAPAN』2020年6月号(コンデナスト・ジャパン)に登場。 グループやジャニーズを離れた時の心境を語り、ファンの間でさまざまな反応が上がっている。 錦戸から送られて来たメールに「これからの関ジャニは僕が引っ張って行きます」との一文が書かれていたことを紹介し、「一生忘れません」と、感慨深げに綴っていた。 しかし、19年3月上旬にニュースサイト『文春オンライン』が錦戸の脱退説をスクープ。 本人が明確に報道を否定せずに半年が過ぎ、9月3日をもって15周年記念ツアー『十五祭』が終了しました。 そして、4日にジャニー喜多川前社長の『お別れ会』が執り行われた翌日、ジャニーズは錦戸の脱退と退所を正式発表。 先にソロ転向した渋谷は、脱退から1年たってから公式ファンクラブ「Shubabu」を立ち上げ、ファーストアルバム『二歳』を出したため、渋谷よりもスピーディーな展開に対し、驚きの声が相次いだ。 また、錦戸は退所の際に「僕なりの形で、僕なりのエンターテイメントとは何なのかを、改めて考え、これからも発信し、恩返しできるように努めていきたいと思います」とコメントしていたものの、具体的になぜ決断に至ったのか、言及しないままとなっていた。 ところが、今回の『GQ JAPAN』では、「アイドル」という肩書に戸惑いが生じた過去や、胸の内をさらけ出している。 自身が独り立ちを決めた背景には、渋谷の脱退が少なからず影響を与えたようで、「グループはひとり欠ければ、どうしてもバランスが変わってきます。 とくにツインボーカルの、僕の片割れがどこかに行ってしまう……。 どうにかせんと、引っ張って頑張るしかないやん!と思った。 けど、頑張り過ぎたんだと思う」と吐露。 続けて、「それぞれが、同じ方向を向いてるのかわからへんし、どこまでを目指してるかも掴めんままやった。 皆、一生懸命やし、それはあくまで僕の感じ方の問題だったんやろうけど、熱量とか温度にみんなとのズレを感ずるようになっていったんですね。 小さなズレとかでも、許されん範囲になっていく状況になるとキツくなる。 僕自身、どんどんしんどくなってしまって」と、当時の精神状態を振り返った。 「グループ活動に対する悩みを抱える中で、錦戸は『あ、違うかも、と決定的に感じることがあって……』とも明かしています。 その出来事が一体何だったのかは話していませんが、これをきっかけに一人で頑張っていく意思を固めたとか。 大手事務所を辞める時は不安もあったそうですが、『責任も全部、負う』と覚悟を決め、踏み切ったといいます」(同) このインタビュー内容を受けて、多くのファンは「亮ちゃんがあの時言えなかったことを語ってて、心にどっしりくる内容でビックリ。 ブレない意志と、まっすぐな言葉に胸が締め付けられて、泣いた」「『片割れがどこかに行ってしまう……』って、言葉を亮ちゃんの口から聞けてよかった。 これからもついていきたい」「『僕の片割れ』という表現にグッときたし、亮ちゃんは7人であることに誰よりも誇りを持っていたんだと思った」「亮ちゃんにとって、すばるが抜けたことが大きかったんだな。 『僕の片割れがどこかに行ってしまう』と思いつつ、引っ張っていかなきゃと、頑張りすぎたがゆえの決断」「亮ちゃんのインタビューを見て、やっと納得できたし、ずっとそれぞれを応援していきたいと思えた」と、感激している。 前述の通り、錦戸は赤西ともコラボレーションし、4月にYouTubeチャンネル「NO GOOD TV」を開設するなど、大きな話題になっている。 いまだ、錦戸の活動方針には賛否両論あるが、今回の「GQ JAPAN」によって、ファンの理解は得られたのだろうか。

次の

【15周年】関ジャニ∞5大ドームツアー2019「十五祭」日程・会場・申し込み・倍率・レポなどまとめ

関 ジャニ オブジェ

そんな彼が『GQ JAPAN』2020年6月号(コンデナスト・ジャパン)に登場。 グループやジャニーズを離れた時の心境を語り、ファンの間でさまざまな反応が上がっている。 錦戸から送られて来たメールに「これからの関ジャニは僕が引っ張って行きます」との一文が書かれていたことを紹介し、「一生忘れません」と、感慨深げに綴っていた。 しかし、19年3月上旬にニュースサイト『文春オンライン』が錦戸の脱退説をスクープ。 本人が明確に報道を否定せずに半年が過ぎ、9月3日をもって15周年記念ツアー『十五祭』が終了しました。 そして、4日にジャニー喜多川前社長の『お別れ会』が執り行われた翌日、ジャニーズは錦戸の脱退と退所を正式発表。 先にソロ転向した渋谷は、脱退から1年たってから公式ファンクラブ「Shubabu」を立ち上げ、ファーストアルバム『二歳』を出したため、渋谷よりもスピーディーな展開に対し、驚きの声が相次いだ。 また、錦戸は退所の際に「僕なりの形で、僕なりのエンターテイメントとは何なのかを、改めて考え、これからも発信し、恩返しできるように努めていきたいと思います」とコメントしていたものの、具体的になぜ決断に至ったのか、言及しないままとなっていた。 ところが、今回の『GQ JAPAN』では、「アイドル」という肩書に戸惑いが生じた過去や、胸の内をさらけ出している。 自身が独り立ちを決めた背景には、渋谷の脱退が少なからず影響を与えたようで、「グループはひとり欠ければ、どうしてもバランスが変わってきます。 とくにツインボーカルの、僕の片割れがどこかに行ってしまう……。 どうにかせんと、引っ張って頑張るしかないやん!と思った。 けど、頑張り過ぎたんだと思う」と吐露。 続けて、「それぞれが、同じ方向を向いてるのかわからへんし、どこまでを目指してるかも掴めんままやった。 皆、一生懸命やし、それはあくまで僕の感じ方の問題だったんやろうけど、熱量とか温度にみんなとのズレを感ずるようになっていったんですね。 小さなズレとかでも、許されん範囲になっていく状況になるとキツくなる。 僕自身、どんどんしんどくなってしまって」と、当時の精神状態を振り返った。 「グループ活動に対する悩みを抱える中で、錦戸は『あ、違うかも、と決定的に感じることがあって……』とも明かしています。 その出来事が一体何だったのかは話していませんが、これをきっかけに一人で頑張っていく意思を固めたとか。 大手事務所を辞める時は不安もあったそうですが、『責任も全部、負う』と覚悟を決め、踏み切ったといいます」(同) このインタビュー内容を受けて、多くのファンは「亮ちゃんがあの時言えなかったことを語ってて、心にどっしりくる内容でビックリ。 ブレない意志と、まっすぐな言葉に胸が締め付けられて、泣いた」「『片割れがどこかに行ってしまう……』って、言葉を亮ちゃんの口から聞けてよかった。 これからもついていきたい」「『僕の片割れ』という表現にグッときたし、亮ちゃんは7人であることに誰よりも誇りを持っていたんだと思った」「亮ちゃんにとって、すばるが抜けたことが大きかったんだな。 『僕の片割れがどこかに行ってしまう』と思いつつ、引っ張っていかなきゃと、頑張りすぎたがゆえの決断」「亮ちゃんのインタビューを見て、やっと納得できたし、ずっとそれぞれを応援していきたいと思えた」と、感激している。 前述の通り、錦戸は赤西ともコラボレーションし、4月にYouTubeチャンネル「NO GOOD TV」を開設するなど、大きな話題になっている。 いまだ、錦戸の活動方針には賛否両論あるが、今回の「GQ JAPAN」によって、ファンの理解は得られたのだろうか。

次の