中国 東方 航空 運航 状況。 成田国際空港フライト情報 国際線出発全便

新型コロナウイルス感染症(中国=日本の航空路線の一部運休・減便に関する注意喚起(6)

中国 東方 航空 運航 状況

香港(CNN Business) 中国湖北省武漢市で発生した新型コロナウイルスの流行が広がる中、世界の航空大手が相次ぎ中国便の運航を中止している。 中国東方航空も中国の航空大手として初めて、米国便の運航中止を通知した。 中国東方航空は旅行会社への通知の中で、2月2日~10日まで上海発ロサンゼルス行きとニューヨーク行きの便を欠航にするとした。 ただ、同航空のウェブサイトでは、米国の主要都市へ向かう便は3月29日まで予約できなくなっている。 中国東方航空の上海発サンフランシスコ行きの2月6日と9日の便、シカゴ行きの8日の便も欠航になるほか、ホノルル行きの便は2月3日~3月27日まで運航を中止する。 「今後も流行の状況を注視し、便の運航をさらに調整する可能性がある」と同航空は説明している。 一方、エアチャイナと中国南方航空の米直行便は、米国時間の3日現在、まだウェブサイトから予約できる状態にある。 世界の航空大手はこれまでに、エア・カナダ、アメリカン航空、ブリティッシュ・エアウェイズ、デルタ航空、ルフトハンザ航空、カタール航空が、中国便全便の運航を2月末以降まで停止すると表明している。 ユナイテッド航空は1月31日、米主要都市と北京、成都、上海を結ぶ便の運航を2月6日~3月28日まで休止すると発表した。 米国、オーストラリア、ニュージーランド、韓国など、中国本土への渡航歴がある外国人の入国を拒否する国も増えている。 イタリアとイスラエルは、中国から来る全便の受け入れを停止した。 中国本土へ渡航しないよう国民に勧告した国も多数に上っている。

次の

成田国際空港フライト情報 国際線出発全便

中国 東方 航空 運航 状況

新型コロナウイルスによる影響で日本~中国路線(香港を含む)では、旅客数の大幅減少に伴い、多くの便が一時運休・減便・機材の小型化となっている。 中国の航空会社で影響が出ている便の数字を全てまとめるのも難しい状況であることから、日本の大手航空会社(ANA・JAL)における中国本土・香港便で現在運航している便を2月24日現在でまとめた(ANA・JALともに3月28日までの運航状況)。 また、旅客数は大幅に減少しているが、中国向けのマスク・防護服・除菌シートなどの緊急支援物資の郵便などが旅客便の大量運休によって、通常通りに運べないことから貨物機の臨時便を出すという動きも出てきている。 国内航空会社で現在運航中の中国路線(香港を含む)は以下の通りだ。 運航中の路線も機材を小型化する場合もある。 中国本土への路線では、運航乗務員を現地に宿泊せずに日帰りで往復乗務できる体制にしている。 週3往復の関西~北京線は火曜・木曜・土曜運航。 週4往復の羽田~広州線は3月8日までは月曜・水曜・金曜・日曜及び2月24日・3月2日に運航し、3月9日以降は週3往復で水曜・金曜・日曜に運航。 週4往復の成田~大連線は月曜・水曜・金曜・日曜に運航。 週3往復の中部~天津線は2月25日までは月曜・水曜・金曜、2月26日以降は週2往復で月曜・金曜及び2月29日・3月1日に運航。 週4往復の羽田~香港線は火曜・木曜・土曜・日曜及び2月28日に運航。 週3往復の成田~香港線は、成田発は火曜・木曜・土曜及び2月28日・29日、香港発は月曜・水曜・金曜及び2月29日・3月1日に運航。 ANAは貨物機の臨時便を運航 定期便の運休・減便は、貨物においても大きな影響が出ている。 中国向けの貨物は貨物便以外に、定期便の貨物室にコンテナで搭載されており、運休・減便によって中国へ運べる荷物の量が制限されている状況にある。 ANAでは現在、貨物機を使って週5往復で成田~上海間を飛ばしているが、満載の状態が続いていることから、2月24日・25日に貨物機の臨時便を成田~上海間で運航することになった。 今回、中国向けの国際郵便やEMSなどの国際貨物を輸送にも影響が出ていることから、日本郵便から臨時便運航の要請を受けたANAが貨物機臨時便の運航を決めた。 ANAによると、最大100トンまで搭載可能なボーイング777F型機(貨物機)を使って、成田から上海への往路便ではマスク、防護服、除菌シートなどの緊急支援物資の郵便、上海から成田への復路便では、中国国内の一部工場が稼働再開したことで、サプライチェーンの復旧に伴って生産が再開された自動車部品や電子部品などを中国から日本へ運ぶ。 貨物スペースは往復ともに満載で、成田発は主に郵便やマスクなどの緊急支援物資など重量が軽い荷物が中心で約40トン、復路便は自動車部品や電子部品などが搭載されることから満載の100トンでの出発となった。 ANAの貨物専用ボーイング777F型機(2月24日、成田空港にて筆者撮影) コンテナにマスクなどの緊急支援物資を積み込み、上海へ向けて出発した(2月24日、成田空港にて筆者撮影) 箱詰めされたマスクなど中国向け緊急支援物資の郵便が搭載された(ANA提供写真:一部写真を加工しております) 旅客は激減しているが、貨物は一定の需要があることから、今後も状況によって更なる一時運休や減便の可能性があるが、定期便及び貨物便の一定便数の運航は継続されそうだ。 なお、日々変化することから、最新の情報は各航空会社のホームページや予約センターなどで確認して欲しい。

次の

浦東(上海)

中国 東方 航空 運航 状況

(2020年5月最新版)中国ー日本直行便運行スケジュール から、最新のフライト情報が公開されています。 各航空会社の発着エリア等基本的な情報は変わりませんが、曜日や時刻に若干の変更があります。 まとめると、以下のようになります。 トランジットで上海/福州へ そのため、深セン/広州から日本へ向かうには一旦トランジットで上海もしくは福州に向かい、日本行きの便に乗るのが確実です。 等のサイトをご覧ください。 上海は空港が2つあるので注意 多くの方は本数の多い上海発着便を利用されている模様ですが、 ご存知のように上海は空港が2つ(虹桥/浦东)あり、現在国際便は浦东空港のみ利用されています。 そのため虹桥空港に国内線が到着した場合は、浦东空港に移動する時間を考慮する必要があります。 国内トランジットでも現地の健康管理アプリ登録を 加えて、中国国内線の搭乗機内では到着都市の健康管理アプリを登録されるように指示される(QRコードスキャン)ことがありますが、外国人の場合は登録できないことがあるようです。 その場合は到着後の検疫所で健康状態信息登記表を記入するなどの手続きが必要との情報もありますので、前泊するなど時間に余裕を持って移動されることをお勧めします。 東南アジアでトランジットという手も(リスクあり) 他には、広州/深センから東南アジア各都市でトランジットし、日本に向かう…という方法もありますが、トランジットを停止している地域も(シンガポール・香港・台湾等)あるので注意が必要です。 また、各航空会社の本数が激減し、運行スケジュールも頻繁に変更されている現在はリスクがあるかもしれませんね。 他にも良いルートがありましたら教えていただければ反映いたします。

次の