富良野 ラベンダー 見 ごろ。 富良野のラベンダーがみたい今年こそ、富良野のラベンダー見に行き...

富良野でラベンダーを見るには、いつ、どこに行けばいいの?

富良野 ラベンダー 見 ごろ

7月下旬のラベンダー畑の様子 ファーム富田の園内には いくつかのラベンダー畑がありますが、 品種や畑の場所によって 見ごろの時期が少し異なります。 ラベンダーの 開花時期は6月下旬〜8月上旬。 7月下旬のこの時期は、 今まさに満開を迎えているものもあれば、 花の色がくすみ始めているものもあり、 ラベンダーの見ごろとしては、最終段階です。 そんなラベンダー畑の様子を それぞれご紹介します。 花畑の園内マップをご覧になりたい方は こちらを参考にしてください。 早咲きの品種は、見ごろも終わりを迎える頃で、 よく見ると、枯れ始めた花びらが茶色くなり、 少しくすんだ色にも見えるのですが、 全体の印象としては、 まだ 美しいラベンダー色をキープしています! 畑の間には通路があり、 広大なラベンダー畑の中を歩くことができます。 ラベンダーに囲まれた道なんてすてきだね!写真を撮ったら絵になるね! 晴れた日には、 美しいラベンダー畑と遠くに見える十勝岳連峰 が織り成す絶景を見ることができます! トラディショナルラベンダー畑 『おかむらさき』『はなもいわ』『 濃紫早咲 ( のうしはやざき )』 の3種類のラベンダーが咲く畑です。 丘の斜面に咲くラベンダーが美しい畑ですが、 こちらも早咲きの品種が少しだけ くすんできたような…? それでも この時期もまだまだきれいです! 彩りの畑 雑誌やポスターによく使われている、 ファーム富田でもっとも有名な畑です。 こちらの畑のラベンダーは 今がちょうど満開のようです。 早朝はまだ観光客が少なめですので、 この時間を狙って、写真を取りに来た方が数人。 天気が良いと、花畑もより鮮明に見えます。 なんてきれいなんだろう!この景色は絶対に写真に残したいね! 森の彩りの畑 『彩りの畑』のすぐ上にある畑です。 花人 ( はなびと )の畑 サルビアやケイトウ、キンギョソウなど その年によってさまざまな花が咲く 色鮮やかな花畑です。 花人の畑を見下ろす展望デッキから見た景色です。 美しい曲線を描いて植えられているのが 上から見ると、よくわかります。 奥には『倖の畑』のラベンダーが見えます。 左手には、『グリーンハウス』という 温室の周りに咲くラベンダーも見ることができます。 こちらに咲くのは『ラバンジン』 という品種のラベンダーです。 淡い色が優しげな印象で、きれいです。 別の位置から見ると、こんな景色にもなります。 秋に向けて、 まだ成長途中の花たちですが、 この時期でもきれいに咲いている様子を 見ることができます。 店舗情報 営業期間 年中無休 営業時間 9:00〜17:00 季節・施設により異なりますので、公式HPをご覧ください。 ご利用の方は運転日をご確認ください。 アクセスについて詳しくはこちらをご参照ください。 住所 〒071-0704 北海道空知郡中富良野町基線北15号 MAPCODE 349 276 889 TEL URL 8月になると、 ラベンダーの刈り取り作業が始まるので、 咲いているラベンダーを見ることが できなくなってしまいます。 せっかく夏の北海道に来たなら、 きれいなラベンダー畑が見たいですよね! この時期を逃さないようにしましょう!.

次の

美しい花景色を満喫する富良野ラベンダー旅行・ツアー特集|たびらい北海道

富良野 ラベンダー 見 ごろ

北海道内のラベンダー名所一覧 ハーブの女王とも呼ばるラベンダーは、南フランスなどプロヴァンス地方の花で、地中海沿岸地方原産のシソ科の高さ約60cmになる小低木です。 早咲き株と遅咲き株の数が多く敷地いっぱいに広がるラベンダー畑もあれば、ラベンダーとともにに数多くの花が彩り鮮やかに咲き広がる花畑もあります。 富良野周辺は見頃の時期を迎えると、車の渋滞もあり混雑しがちですが、旅行会社による観光バスのツアーもオススメ。 また、ラベンダーの演出とともに行うリゾートウエディングも。 札幌市中央区 幌見峠ラベンダー園 幌見峠ラベンダー園は、1987年に植栽された120株のラベンダーから始まり、約6,800㎡の敷地内に8,000株の紫色のラベンダー畑が咲き、札幌市街を一望できます。 日没後も鑑賞でき札幌の夜景を背に広がる紫色ラベンダーを楽しむことができます。 ラベンダーの刈り取り体験 有料 も可能。 併設している夢工房さとうでは、幌見峠のラベンダーで、エッセンシャルオイルやフローラルウォーターを手作りしています。 入園料金無料 幌見峠展望駐車場有料。 ラベンダーの開花時期と見頃:7月上旬~7月下旬 北海道札幌市中央区盤渓471-110 幌見峠頂上 [] TEL: 公式サイト 札幌市北区 百合が原公園 ユリ、バラ、ライラック、ダリアなど3500種類以上の宿根草や樹木を育成している百合が原公園では、遊具広場近くの「かおりの庭」にて、園路と花壇との境界にあるラベンダーが7月上旬から下旬にかけて咲き広がります。 園内を周遊するリリートレインからも観賞することができます。 ラベンダーの開花時期と見頃:7月上旬~7月下旬 北海道札幌市北区百合が原公園210 [] TEL: 特集記事 2018-02-15 08:57 公式サイト 札幌市西区 ラベンダー通り 札幌市営地下鉄東西線の真上を通る西区のシンボルロード「二十四軒手稲通」。 宮の沢駅~二十四軒駅間の中央分離帯には約2万株ものラベンダーが咲きます。 通称、ラベンダー通り。 ラベンダーが満開となった時には美しい景観が広がります。 6月下旬頃からラベンダーが咲き始め7月に見頃を迎えます。 ラベンダーの開花時期と見頃:7月上旬~7月下旬 北海道札幌市西区 宮の沢駅~二十四軒駅 札幌市南区 札幌南沢神社 ラベンダー発祥の地である札幌市南区南沢。 曽田政治氏が南フランスでラベンダーの種子を入手し、1937年の試験栽培の後、1940年から本会栽培がされたのがラベンダー農園 南沢農園 です。 その跡地に近い、札幌南沢神社境内西側斜面には、「ラベンダー発祥の地」の記念碑があります。 ラベンダーの開花時期と見頃:7月上旬~7月中旬 北海道札幌市南区南沢3条4丁目7-1 [] TEL: 公式サイト 東海大学札幌キャンパス 1940年 昭和15年 、日本におけるラベンダー栽培発祥地として知られる札幌市南区南沢。 その発祥の地にである南区南沢に、札幌駅から車で35分ほどに位置する「東海大学札幌キャンパス」は、2002年から3年かけてラベンダーキャンパス化計画を実施して、現在で1,666㎡の畑に2,630株のラベンダー ヒデコート・オカムラサキ・濃紫早咲き3号 が咲き広がります。 一般公開もしており、札幌市民でも知る人ぞ知る穴場のラベンダースポットです。 また、2006年からは南沢ラベンダーまつりも開催。 入場無料。 ラベンダーの開花時期と見頃:7月上旬~8月上旬 北海道札幌市南区南沢5条1丁目1-1 [] TEL: 公式サイト 滝野すずらん丘陵公園 北海道唯一の国営公園である滝野すずらん丘陵公園のカントリーガーデンでは、約4,000㎡の花畑には季節の花々が咲き誇り、7月中旬にかけて約6,000株のラベンダーが見頃を迎えます。 また、ラベンダーの開花時期に合わせ、人気のラベンダー摘み取り体験などラベンダーに直接触れることのできるイベントが開催されます。 ラベンダーの開花時期と見頃:7月上旬~7月下旬 北海道札幌市南区滝野247 [] TEL: 公式サイト 真駒内滝野霊園 滝野の自然を最大限に活かし園内には花々や緑が彩る心安らかな空間が広がる真駒内滝野霊園。 ラベンダーの丘にいだかれる世界的な建築家の安藤忠雄氏より設計された真駒内滝野霊園のシンボル「石像大仏」。 丘の風景とともに目に入るのは大仏の頭だけということから「頭大仏」。 約15万株ものラベンダーが頭大仏・恵庭岳・モアイ像と他にはない魅力を感じることのできるラベンダースポットです。 手作りアイス専門店ミッシュハウスによるラベンダーアイスの販売もあり。 ラベンダーの開花時期と見頃:7月上旬~7月下旬 北海道札幌市南区滝野2 [] TEL: 公式サイト ライブカメラ ラベンダーガーデン 頭大仏付近 札幌市豊平区 さっぽろ羊ヶ丘展望台 札幌ドームから程近い場所に位置する羊ヶ丘展望台は、広大な牧草地の草を食む羊たちの群れを眺めることのできる展望台で、約1,200㎡のラベンダー畑に1,000株以上のオカムラサキが一面広がります。 また、ラベンダー刈取り体験には札幌市民をはじめ周辺の市町村から多くの人が集まります。 ラベンダーの開花時期と見頃:7月上旬~7月中旬 北海道札幌市豊平区羊ヶ丘1 [] TEL: 羊ヶ丘展望台事務所 特集記事 2017-07-16 23:36 公式サイト 八紘学園花菖蒲園 八紘学園花菖蒲園は、北海道農業専門学校の生徒が農作業実習の一環として管理しており、2ヘクタールの広大な敷地に約450種類、7万株の花菖蒲が6月末から咲き始め、7月上中旬からは、約140種類もあるヘメロカリスやラベンダーが咲き始め、7月中下旬には見頃になります。 ラベンダーの開花時期と見頃:7月上旬~7月下旬 北海道札幌市豊平区月寒東3丁目11 [] TEL: 公式サイト 砂川市 黒瀬農園ラベンダー園 黒瀬ラベンダー園 直売所で人気の黒瀬農園では、7月になると1万株前後のラベンダーが、丘一面1. 3ヘクタールに広がる空知で屈指の規模を誇る個人経営のラベンダー園です。 開花時期になると、ラベンダーの切り花やポプリも直売所の店頭に並びます。 また、晴れた夕方にはピンネシリ山に沈む夕日が綺麗です。 道央自動車道の砂川サービスエリアや北海道子どもの国から道道1027号を通り約10分ほど。 入園無料。 ラベンダーの開花時期と見頃:7月中旬~7月下旬 北海道砂川市一の沢62 [] TEL: 浦臼町 神内ファーム21ラベンダー畑 神内和牛あかでお馴染み、浦臼町於札内 オサツナイ にある農業生産法人「神内ファーム21」のラベンダー畑は、見頃の7月になると約10万本ものラベンダーが10ヘクタールの丘陵に咲き広がります。 マンゴーをはじめとする南方系果樹の栽培も行っています。 入園無料。 ラベンダーの開花時期と見頃:7月上旬~7月中旬 北海道浦臼町於札内315-131 [] 公式サイト 富良野市 ハイランドふらの 16. 7ヘクタールもの広大な森の中にある「ハイランドふらの」では、富良野市内最大のラベンダーの海が敷地いっぱいに広がります。 ラベンダー畑は、7月上旬~中旬ごろに開花のピークを迎える早咲き種のラベンダーと、 7月中旬~8月上旬の遅咲き種のラベンダーの2種類があります。 また、宿泊施設の他、日帰り入浴もできる天然温泉があり、露天風呂からはラベンダー畑が広がります。 ラベンダーの開花時期と見頃:7月中旬~8月上旬 北海道富良野市島の下 [] TEL: 公式サイト ふらのジャム園 麓郷展望台 アンパンマンショップでお馴染み、ジャムおばさんの「ふらのジャム園」。 ジャム園駐車場を越えると、日本の農村風景100選にも選ばれている麓郷エリアを一望できる麓郷展望台 ろくごうてんぼうだい は、標高500mの冷涼な環境にあるため、ラベンダーの開花時期は富良野市街地よりも7〜10日ほど遅め。 早咲きラベンダーで7月中旬~7月下旬、遅咲きラベンダーが7月下旬~8月上旬と長い期間で観賞できます。 また、手作りジャム教室ではイチゴの美味しいジャム作りを体験できます。 入場無料。 ラベンダーの開花時期と見頃:7月中旬~8月上旬 北海道富良野市東麓郷3 [] TEL: 公式サイト 富良野市ぶどう果樹研究所 ふらのワイン工場 清水山に位置する富良野産のブドウでワインを作るワイナリーの富良野市ぶどう果樹研究所 ふらのワイン工場。 、6月下旬から7月中旬にかけて早咲きラベンダーが咲きます。 また、工場の横には、広場の斜面一面に広がる、ワイン工場のラベンダーから一足遅れて咲くラベンダー畑があります。 ラベンダーの開花に合わせて毎年7月にはレンガ造りの工場と紫色のラベンダー畑がライトアップされます。 ふらのワインの製造工程や熟成庫の見学、数種類のワイン試飲ができるショップもあります。 入場無料。 ラベンダーの開花時期と見頃:6月下旬~7月下旬 北海道富良野市清水山 [] TEL: 公式サイト ふらのワインハウスラベンダー園 富良野市街が一望できる丘の上にある「ふらのワインハウス」からは、2012年にラベンダーの株を入れ替えしリフレッシュされた紫に色づく1. 6ヘクタールのラベンダー畑をはじめ、富良野盆地に広がる田園と十勝岳連峰の大パノラマが広がます。 ふらのワインはもちろん、ふらのチーズなど地元食材にこだわった地産地消のレストランがあります。 ラベンダーの開花時期と見頃:6月下旬~7月下旬 富良野市清水山 [] TEL: 公式サイト 北の峰地区旅館組合ラベンダー園 北の峰地区旅館組合で運営するラベンダー園。 リゾートホテルやペンション、旅館といった宿泊施設が集中する北の峰地区にあり、チェックイン・チェックアウト前に気軽に立ち寄れるラベンダースポットです。 ラベンダーの開花時期と見頃:7月上旬~7月下旬 北海道富良野市北の峰町20 [] 上富良野町 日の出公園ラベンダー園 日の出公園ラベンダー園 日の出ラベンダー園 は小高い丘の上に位置し、360度の見渡せる展望台からは8月上旬まで紫色に染まる4. 2ヘクタールのラベンダー畑と十勝岳連峰が広がります。 ラベンダーは遅咲きのオカムラサキが中心で長い期間楽しめます。 7月には、かみふらの花と炎の四季彩まつりも開催。 2013年には全面植え替え。 園内にはオートキャンプ場もあり。 入園無料。 ラベンダーの開花時期と見頃:7月上旬~8月上旬 北海道上富良野町東1線北27号 [] TEL: 上富良野町役場産業振興課商工観光班 公式サイト ファーム富田ラベンダーイースト ラベンダーイーストは、ファーム富田から十勝岳連峰に向かって東に4kmほど行った上富良野東中地区にある7月のみ営業している富良野盆地の田園地帯に囲まれたラベンダー畑です。 香料作物としての生産のための畑として水田だった土地を整備しラベンダーを植栽しています。 展望デッキからは、14ヘクタールに広大な敷地に約9万株のラベンダー畑を一望できる他、十勝岳連峰、富良野西岳・芦別岳と連なる夕張山地が広がります。 15分~20分ほどかけてラベンダー畑の中を進むラベンダーバスをはじめ、ラワーレの舎で販売しているラベンダーイースト限定商品のラベンダーホワイトチョコレートソフトクリームも人気です。 ラベンダーの開花時期と見頃:7月上旬~7月中旬 北海道上富良野町東6線北16号 [] TEL: ファーム富田 公式サイト フラワーランドかみふらの 7月上旬~8月上旬の1ヶ月ほど見頃を迎えるラベンダーをはじめ、春から秋にかけて季節ごとに様々な彩りと香りの花々が咲くフラワーランドかみふらの。 園内を10分かけて周遊する人気の遊覧トラクターバスや、そば殻まくら作り、押し花ハガキ作り、押し花プレート作り、ポプリ摘みといった手作り体験ができる体験工房館、新鮮野菜をつめ放題できる売店などアクティビティも充実。 入場無料。 ラベンダーの開花時期と見頃:7月上旬~8月上旬 北海道上富良野町西5線北27号 [] TEL: 公式サイト かんのファーム かんのファームは国道237号沿いの美馬牛峠にある農園で、2. 5ヘクタールに広がるラベンダーを中心に数十種類の花々が丘の上で咲き広がります。 農園産のラベンダーポプリやラベンダー苗、ラベンダー生花などの販売も。 入場無料。 ラベンダーの開花時期と見頃:7月中旬~8月上旬 北海道上富良野町西12線北36号 [] TEL: 公式サイト 深山峠ラベンダー園 国道237号沿いの深山峠に位置し、かみふらの八景のひとつである深山峠ラベンダー園 深山峠ラベンダーオーナー園。 4ヘクタールのラベンダー畑の一画には、限定500口のオーナー制度を設けており、5株のラベンダーオーナーになる事ができ、ラベンダーの前には名前入りのプレートが立っています。 遠くには十勝岳連峰も望めます。 周辺には深山峠展望台、トリックアート美術館、レストランなどがあります。 入場無料。 ラベンダーの開花時期と見頃:7月上旬~8月上旬 北海道上富良野町西9線北33号 TEL: 公式サイト 千望峠駐車公園 道道581号留辺蘂上富良野線沿いにある十勝岳連峰、富良野盆地を一望できるかみふらの八景のひとつである千望峠。 その駐車場公園下にはラベンダー畑が広がります。 ラベンダーの開花時期と見頃:7月上旬~7月中旬 北海道上富良野町西6線北22号 [] TEL: 上富良野町役場 公式サイト 十勝岳ラベンダーロード 上富良野町の市街地から十勝岳温泉を結んでいる十勝岳ラベンダーロード 道道291号吹上上富良野線。 その沿道に約7kmにわたりラベンダーが植栽されており、その紫色の道はライダーを中心に人気のラベンダースポットです。 ラベンダーの開花時期と見頃:7月上旬~7月下旬 北海道上富良野町 中富良野町 中富良野町営ラベンダー園 北星山ラベンダー園 北星山の中腹に色づく2. 6ヘクタールのラベンダー。 3種類のラベンダーの開花時期に山頂から斜面に広がる景色は格別で、マリーゴールドやサルビアなどの花畑、田園が広がる富良野盆地、十勝岳連峰の大パノラマを見渡せます。 山頂まで約3分到着する観光リフト 有料 もあります。 期間限定のナイター営業も好評。 また、7月中旬にはなかふらのラベンダーまつり&花火大会も開催されます。 入園無料。 ラベンダーの開花時期と見頃:7月中旬~8月上旬 北海道中富良野町宮町1-41 [] TEL: 中富良野町役場産業建設課 公式サイト ファーム富田 ラベンダーの名所で真っ先に挙げられる方も多いのがファーム富田 ふぁーむとみた。 中富良野町の広大な土地に花畑が10箇所あり、ラベンダーはトラディショナルラベンダー畑、倖の畑、彩りの畑、森の彩りの畑、グリーンハウスにて、「濃紫早咲」、「おかむらさき」、「ようてい」、「はなもいわ」と4種のラベンダーを1ヶ月半ほど楽しめます。 ファーム富田の原点でもあり、ラベンダー畑として日本で最も歴史があるトラディショナルラベンダー畑は斜面一面をラベンダーが埋め尽くし、畑の上からはラベンダーの向こうに富良野盆地の田園風景と十勝岳連峰が一望できます。 ラベンダーの開花時期と見頃• ラベンダーおかむらさき 7月上旬~7月下旬• ラベンダーはなもいわ 7月下旬~8月上旬• ラベンダーようてい 7月上旬~7月下旬• ラベンダー濃紫早咲 6月下旬~7月中旬 北海道中富良野町基線北15号 [] TEL: 公式サイト ライブカメラ 花人の畑 トラディショナルラベンダー畑 彩香の里佐々木ファーム 6ヘクタールもの広大な丘一面に紫色のラベンダー畑が広がります。 丘一面に彩りを楽しめる「濃紫3号」と香りを楽しめる「おかむらさき」が丘一面に広がり、他にも「ようてい」「はなもいわ」「おかむらさき白」「なりさわ」「濃紫ピンク」「ラバンジン」の合計8種類のラベンダーを栽培しています。 ラベンダー摘み取り体験 有料 もできます。 入園無料。 ラベンダーの開花時期と見頃:7月上旬~7月中旬 北海道中富良野町丘町6-1 [] TEL: 公式サイト NANAKAの花畑 NANAKAの花畑では、主に濃紫早咲き、オカムラサキのラベンダーが4,000株前後咲いて、ラベンダーの摘み取り体験も行っています。 他にも四季折々に咲く花とハーブ類があります。 花畑から十勝岳連峰も望めます。 ふらのユースホステルが目印です。 ラベンダーの開花時期と見頃:7月上旬~7月下旬 北海道富良野町丘町3-53 [] 公式サイト 南富良野町 かなやま湖畔鹿越園地ラベンダー園 かなやま湖森林公園内にある「かなやま湖畔鹿越園地ラベンダー園」は、南富良野町最大のラベンダー園で、かなやま湖から丘の上まで約2万株以上のラベンダーが咲き広がります。 湖を後ろにラベンダーを楽しめるのはここだけです。 ラベンダー園があるかなやま湖には、占冠方面からの国道237号、十勝方面からの国道38号から、いずれも道道465号に入ります。 かなやま湖畔キャンプ場が隣接しており、アウトドアスポットとしてキャンパーにも好かれるラベンダーの穴場スポットです。 入場無料。 ラベンダーの開花時期と見頃:7月中旬~7月下旬 北海道南富良野町東鹿越 [] TEL: 南富良野町役場産業課商工観光係 道の駅南ふらの カヌーの舳先をイメージして作られた外観が目印で、1993年4月に道内で3番目に登録された「道の駅南ふらの」。 その道の駅の裏手には、噴水のまわりにラベンダー園が広がります。 館内には、南ふらの物産センター、幻の魚イトウが泳ぐ水槽、レストランがあります。 ラベンダーの開花時期と見頃:7月中旬~7月下旬 北海道南富良野町幾寅687 [] TEL: 公式サイト 美瑛町 四季彩の丘 展望花畑「四季彩の丘」では、15ヘクタールもの広大な敷地に0. 4ヘクタールほどのラベンダー畑をはじめ、春から秋まで数十種類の草花が咲き広がります。 広い四季彩の丘園内では、トラクターバスのノロッコ号をはじめ、カート、バギーなどで楽しむことができます。 アルパカ牧場も併設。 ラベンダーの開花時期と見頃:6月下旬~8月上旬 北海道美瑛町新星第三 [] TEL: 公式サイト ぜるぶの丘・亜斗夢の丘 旭岳や十勝岳連峰などの迫力ある大自然を背景に、ラベンダー畑は0. 2ヘクタールとそれほど広くはありませんが、見頃を迎える6月下旬~8月上旬にかけては、ひまわりやサルビア、ベチニア、バラ、マリーゴールドといった彩り鮮やかな花畑を眺めることができます。 展望台からはケンとメリーの木が眺めることができ、バギーやカートで園内を周遊できます。 plala. html? 5ヘクタールほどのラベンダー畑や白樺回廊が広がります。 ラベンダーの開花時期と見頃:7月中旬~7月下旬 北海道美瑛町拓進 [] TEL: 北西の丘展望公園 ピラミッド型の展望台が目印の北西の丘展望公園では、丘陵地帯に0. 4ヘクタールのラベンダーが咲き広がり、遠くには大雪山連峰が見渡せます。 他にも観光案内所やガラス工房があります。 ラベンダーの開花時期と見頃:6月下旬~7月中旬 北海道美瑛町大久保協生 [] TEL: 公式サイト 森町 波多野エクスバレーガーデン 道南の森町にある園芸農園「波多野エクスバレーガーデン 波多野農園 」では、オカムラサキ、ハイデコートブルー、マウンステッドストレインの3種類のラベンダーが楽しめます。 ラベンダー摘み体験やラベンダースティック作りのも人気。 ラベンダーの開花時期と見頃:7月上旬~7月中旬 北海道森町上台町356-2 [] TEL: 公式サイト 紋別市 オホーツクラベンダー畑 オホーツク流氷公園Aブロックのオホーツクラベンダー畑では、広大な敷地に4品種のラベンダー約17,000本が咲き誇ります。 花のサロンがあり、休憩しながらゆっくりとラベンダーを堪能できます。 他にも、充実した施設があり一日過ごせる公園です。 オホーツクラベンダーフェスティバルも開催。 ラベンダーの開花時期と見頃:7月上旬~7月中旬 北海道紋別市元紋別101 [] TEL: 花のサロン 公式サイト 興部町 かみでファーム 国道238号沿いにある体験型園芸農園のかみでファームでは、オホーツク海を一望できる丘に7月中旬に見頃を迎えるラベンダーが咲き広がります。 農園内ではラベンダーオイルをはじめ、はまなすに関連した商品の販売を行っています。 plala. html? 掲載させていただいているラベンダーの見頃は例年のもので、ラベンダーの品種、気象状況、天候条件により開花から満開、見頃が前後する場合がございますので、あらかじめご了承ください。

次の

富良野のラベンダーの見頃とおすすめの3つのスポットは?

富良野 ラベンダー 見 ごろ

スポンサーリンク 富良野のラベンダーはいつまで見れる? 1981年頃、ドラマ「 北の国から 」の撮影でも有名になった、北海道富良野。 全国屈指のラベンダーの名所です。 はじめて北海道旅行をするなら、北海道らしい景色をみたくて富良野を選ぶ人もいるでしょう。 ラベンダーは品種により見ごろの時期は異なります。 早咲きは6月下旬から開花が始まるのです。 富良野市内でいちばん作付面積が広い「 おかむらさき 」は7月中旬頃が最盛期。 遅咲きは8月上旬まで楽しめますが、8月に入ると株の保存のために刈り取りが始まる畑もあるのです。 まとめますと、 早咲きラベンダー:6月中旬から咲き出し、満開時期は7月上旬頃 遅咲きラベンダー:7月上旬から咲き出し、満開時期は7月中旬と7月下旬の間頃 例年のラベンダー開花状況を見ると、6月下旬に早咲きラベンダーのつぼみが色づき始め、7月上旬に早咲きが開花し、遅咲きのつぼみが色づき始めます。 7月中旬に早咲き・遅咲きがともに開花し、見頃状態が7月下旬まで続きます。 ラベンダー祭りが行われるのも、この頃。 早咲きの種類は「 濃紫早咲 」は色が濃く「 ようてい 」といった種類で、7月上旬ごろが見ごろ。 7月中旬は「 おかむらさき 」と言って色が淡く、7月下旬は遅咲きの「 はなもいわ 」が見ごろを迎えます。 「ようてい」「はなもいわ」はある場所以外はあまり見ることができないので、「 濃紫早咲 」か「 おかむらさき 」の2種類が富良野地域では台頭していると言えます。 とはいえどちらも見たい、という方には、早咲きから遅咲きに入れ替わる時期、両方が咲いているころが最大の見ごろといえそう。 好天が続くと見頃は続く、天気予報次第です。 お天気が続きますように。 富良野のラベンダーきれいなスポット3選 おススメのスポット3選は、 「 ファーム富田 」 「 北星山・町営ラベンダー園 」 「 彩香の里 」 それぞれ、ご紹介いたします。 「 ファーム富田 」 富良野で一番人気のスポット。 道内随一の広大なラベンダー畑なのです。 目の前に広がるラベンダーは圧巻。 シーズン中に富良野を訪れた観光客は必ず訪れるほどの人気です。 早咲きの種類は「 濃紫早咲 」は色が濃く「 ようてい 」といった種類で、7月上旬ごろが見ごろ。 7月中旬は「 おかむらさき 」と言って色が淡く、7月下旬は遅咲きの「 はなもいわ 」が見ごろを迎えます。 ラベンダー以外の花も広大な農地で栽培されており、夏場は虹のような美しい光景を見ることができます。 名称: ファーム富田 住所: 上川管内中富良野町北星 アクセス: JR富良野線ラベンダー畑駅 臨時 下車徒歩7分、 中富良野駅下車徒歩25分、中富良野駅から車で約6分 営業時間: 5月と9月 8:30~17:00、6~8月8:30~17:30、それ以外9:00~16:30。 定休日: なし 電話番号: 0167ー39ー3939 料金: 無料 所要時間: 1時間~ オススメの時期: 7月中旬~下旬 公式サイトURL: スポンサーリンク ファーム富田のラベンダー栽培50周年を記念して開かれたラベンダー園「 ラベンダーイースト 」もおススメです。 もともとはファーム富田の商業用ラベンダーを栽培する畑でした。 ですが、現在は観光客にも開放されています。 東には十勝岳連峰、南には夕張山地という絶好のロケーションなのです。 名称: ラベンダーイースト 住所: 上川管内上富良野町東6線北16号 アクセス: JR富良野線ラベンダー畑駅 臨時 下車車で約5分。 営業時間: 8:00~17:30(6月下旬~7月下旬) 電話番号: 0167-39-3939 料金: 無料 所要時間: 30分~ オススメの時期: 7月中旬~下旬 公式サイトURL: 「 北星山・町営ラベンダー園 」 全長330mの観光リフトに乗ってラベンダー鑑賞ができるのが特徴の花畑。 上から見るラベンダー畑も北海道の風に乗って心地よさ倍増です。 山の中腹には「 なかふらの 」という花文字も観れるそう。 冬場はスキーが楽しめる場所なので勾配は少しきつめ。 ラベンダー畑で癒されながら、身体も鍛えてリフレッシュ効果倍増です。 名称: 北星山・町営ラベンダー園 住所: 上川管内中富良野町宮町1-41 アクセス: JR富良野線中富良野駅下車徒歩約10分 営業時間: 終日(リフト運行は9:00~17:00) 定休日: なし 料金: リフト往復 大人300円 子供200円 所要時間: 45分~ オススメの時期: 7月中旬 富良野のラベンダーグッズを買うならこれがおすすめ富良野のラベンダーグッズを買うならこれがおすすめ ラベンダーグッズといえば、ポプリはもちろん、アロマエッセンスや入浴剤も大人気です。 私もおススメするのが「 ラベンダーポプリ 」 アロマエッセンスは、濃度とかラベンダーの種類が色々あるので、好みが難しいのですが、ポプリなら誰でも楽しめる香になっているので、両若男女問わず、気軽に楽しむことができます。 ラベンダーがぎっしり詰まった富良野「 彩香の里 」の「 箱入りドライフラワー 」は、自分用はもちろん、プレゼントとしても最適。 安眠を追及したいという方には、「 ファーム富田 」で買える「 ミニドリームマット 」がおススメです。 ラベンダーの花粒を薄い紙で包んだマットを枕と枕カバーの間に入れると安眠効果が期待できそう。 「 ファーム富田 」の「ティータイム」は、ラベンダーだけでなく、レモンバーム、ミントの3種が2袋ずつ詰め合わせた紅茶のセット。 気分に合わせて違う香りを楽しめるのも嬉しいです。 「 ふらのラベンダー生キャラメル 」 香りが素敵なラベンダーさわやかな風味が口いっぱいに広がるだけでなく、生キャラメルならではのなめらかな口当たりも特徴。 常温保存も可能なので、オフィスでの気分転換にはぴったり。 富良野にある「 ふらの香りの舎 」販売しております。 「 ラベンダーラムネ 」 「 ファーム富田 」で自社生産され、そのファームで出ている屋台で販売されている「 ラベンダーラムネ 」はラベンダー製品の中でも定番のメニューです。 ビー玉が入った昔ながらのデザインで、ラベンダーの美しい紫色をしたこのラムネは、ファームで育てたラベンダーの花粒を焙煎して作ったラベンダーエキスと富良野のおいしい水をブレンドした爽やかな風味です。 ハーブの中でもリラックス効果がある清々しいラベンダーの香りは、さっぱりとした軽やかな後味のソーダからほんのりと香るやさしい風味で喉ごしも爽やかです。 お土産もラベンダーの香りに包まれて、リフレッシュ。 北海道の思い出も香りと共に楽しめます。 まとめ できるだけ、7月末は避けた方がいいかもしれません。 というのは、」2014年7月30日の「 ふらの観光協会 ラベンダー開花情報のtwitter 」だと、「 ラベンダーのピークは終了いたしました。 刈り取りに入っているラベンダー畑もあります。 遅咲きのラベンダーは、今後1週間ほどご覧になることはできます。 」とのこと。 刈り取られて、ポプリやアロマオイルの原料として使われるのですね。 見逃さないように気をつけましょう。 Views• - 146,450 views• - 123,830 views• - 119,250 views• - 110,611 views• - 100,332 views• - 98,355 views• - 97,930 views• - 95,509 views• - 74,724 views• - 72,992 views 最近の投稿• 最近のコメント• に yuko より• に tsubota より アーカイブ• カテゴリー• メタ情報•

次の