足 の 爪 臭い。 足の爪が臭いのはどうして?洗っても臭い時の対処方法も

足が臭い:医師が考える原因と対処法|症状辞典

足 の 爪 臭い

1.足の臭いの原因 足の汗は実は無臭 人の汗腺は「アポクリン腺」「エクリン腺」という2つの汗腺があります。 よく耳にするのは「アポクリン腺」ではないでしょうか。 アポクリン腺とは乳輪、ワキ、陰部など決まった部分にしか存在しない汗腺で、成分は中性脂肪・アンモニア・脂肪酸などが中心なので、臭いの元になる物質が分泌されます。 逆に聞きなれない「エクリン腺」が分泌する成分は、99%が水分で、残り1%は塩分です。 つまり臭いの元となる成分はほとんど分泌されません。 足の裏にはこの「エクリン腺」が集中していて、体の中でも多く汗をかく部位です。 平均でなんと、一日コップ一杯 約200㏄ の汗をかくと言われています。 ですが足の臭いの原因は汗そのものではありません。 先ほどお話した通り、エクリン腺からでる成分はほとんどが水分で構成されているので、無臭に近いのです。 では何故足は臭くなるのでしょうか? 足の裏の雑菌が原因 足の裏の皮膚は分厚く、表面の皮膚が剥がれ落ちやすく、それが垢になります。 垢は雑菌を繁殖させる恰好のエサになり、さらに皮脂腺からの分泌液や汗が混ざると、あのいやーな臭いを発するのです。 具体的には白癬菌やバクテリアが繁殖すると言われています。 しかし白癬菌や雑菌、バクテリアは、どこででも繁殖するわけではありません。 繁殖するためには、温度や湿度など、一定の条件が必要になってきます。 この状態で皮膚に白癬菌が付着すると、急速に増殖し、角質層へと侵入し、やがて水虫の症状として現れてくる場合があります。 さらに雑菌によって生成される「イソ吉草酸」という脂肪酸の一種の成分もあり、これも臭いの原因の一つと言われています。 ストレスは臭いの原因 足の臭いはストレスも要因になる場合があります。 例えば、休日家にいる時は全く臭わないのに、出社し仕事をしていると足の臭いが気になってくる。 緊張する場面に遭遇すると、手のひらや足の裏に汗をびっしょりとかいてしまう。 などの状態の時に汗をかいたりする方がいます。 このようにストレスによって起こる発汗を「精神性発汗」といいます。 具体的には• 環境の変化がある時• 緊張した時• 驚いた時• 痛みを感じた時 このような時に汗をかきやすいと言われています。 汗をかきやすい食材に要注意 直接足の臭いを強くする食事は特にありません。 しかし、食べる料理や食事の仕方で、汗のかき方は変わってきます。 先ほどお話した通り、汗と足の臭いは密接した関係があります。 つまりは汗をかきやすい食事は、間接的に足の臭いに影響するということです。 足の臭いを気にする場面では、以下の食材に気を付けましょう。 具体的に汗のかきやすい食材とは• カレースパイス• しょうが• にんにく• 唐辛子• キムチ などです。 足の臭いの予防を考えると、これらの食材の摂取を控えると良いでしょう。 2.足の臭い改善!簡単に自宅で出来る方法をご紹介 足の臭いを改善させるには大きく分けて二つの方法があります。 足自体の消臭と使用する靴の消臭です。 足自体の消臭を行う まずは足自体の消臭で効果的かつ、簡単に行える方法を紹介します。 1.臭くなりにくい足の洗い方を行う 入浴時、足をしっかりと洗っている方は少数かもしれません。 さっと洗って終わりにしていませんか?正しく洗えば臭いは軽減されます。 ここでは正しい足の洗い方をお教えします。 湯船に浸かるか、洗面器にお湯を張り、足をゆっくりつけて十分に水分を吸わせましょう。 最低でも、3分以上はつけると良いでしょう。 皮膚が柔らかくなった所で石鹸を泡立て、手で優しく洗っていきます。 ボディーソープは保湿成分が含まれている場合が多いので、固形石鹸を使うことをオススメします。 汚れの溜まりやすい指の間、爪の間を念入りに洗いましょう。 爪の間はブラシがあると、しっかり汚れを落とせます。 泡を洗い流し、タオルで水分を取ります。 かかとや指の付け根などを軽石ややすりで優しく擦ります。 水分を拭き取ってから行うことで、必要な角質を取りすぎません。 もう一度洗い流し、清潔なタオルで、水分をしっかり拭き取ります。 しっかり足が乾くまで何も履かない様にしてください。 4のやすりや軽石でのケアは、週に一度程度スペシャルケアとして行いましょう。 普段は1~3、5の工程で構いません。 2.ミョウバン水で足の臭いを消す ミョウバン水とは、簡単に安価で作ることが出来る、消臭スプレーです。 殺菌作用、制汗作用、収斂作用、アンモニア臭を中和する働きがあります。 必要な物• 焼ミョウバン 50グラム スーパーで100円程度で売られています• 水道水 1. 5リットル ミョウバン水の作り方• ペットボトルにミョウバンと水道水を入れ、振り混ぜます。 ミョウバンはすぐには溶けないので、たまに振り、冷蔵庫で保管して下さい。 透明になったら「ミョウバン原液」の出来上がりです。 ミョウバン水の使い方• ミョウバン原液を10倍に薄め、スプレーボトルに入れて使います。 後は気になるところにスプレーするだけです。 洗い終わった足にスプレーしたり、洗った靴下に直接ふきかけて、乾かすと臭いがなくなります。 また小さいボトルに持ち歩けば、気になる時にさっとスプレーできます。 消臭効果があり、安全なので、他の臭いの気になる体の部分 ワキなど に吹きかけても構いません。 3.殺菌効果や消臭効果のある石鹸などを使う。 体を洗う時に使用する石鹸やボディーソープを変えることで臭いを消すこともできます。 石鹸やボディーソープには殺菌成分または消臭成分を含むものがあります。 それらの成分を含むものを選ぶことで臭いを抑えることもできます。 殺菌作用のある成分を含むものは固形石鹸に多いようです。 以下は殺菌、消臭の効果を持つ成分の一例です。 イソプロピルメチルフェノール:殺菌と菌の増殖を防ぐ効果がある。 安全性が高くニキビケア化粧品などにも使われている。 グリチルリチン酸ジカリウム:殺菌と炎症を抑える効果がある。 トリクロロカルバニリド:グラム陽性菌(細菌の一群で臭いのある毒素を分泌するものがある)の殺菌に効果がある。 柿タンニン:ニオイ成分と結合することで消臭効果が出る成分。 柿渋ともいう。 などがあります。 これらを含むものは石鹸やボディーソープの他に足用クリームなどのケア化粧品にも使われているので、それらを使うこともおすすめです。 靴の消臭を行う 次に靴の消臭方法をご紹介します。 4.靴を休ませる 靴を休ませ、ローテーションする事は立派な消臭ケアです。 一日履いた靴は、水分や湿気が取れ切れるまで最低2日は必要です。 湿気が取れ切れず、同じ靴を履き続けると臭いの元になるので、しっかり靴を休ませましょう。 5.重層シューズキーパーを使用する 重曹とは天然の無機物質で「炭酸水素ナトリウム」という物質です。 研磨作用・中和作用・消臭作用・吸湿作用など、生活に役立つ幅広い様々な役割持った物質です。 安全な天然素材で、人体への影響も心配ありません。 必要な物• 重層 2分の1カップ(薬局などに売っている)• 薄手の靴下またはストッキング 一足 使い方• 使い古しの靴下かストッキングに重層をいれ、口を結びます。 それを臭いの気になる靴に、一晩入れておきます。 下駄箱に入れておいても、消臭剤としての効果があります。 6.靴を冷凍する 一番手っ取り早い方法かもしれません。 靴にいるバクテリアなどの雑菌は、冷凍庫の温度では、ほとんど生き残る事が出来ません。 ジップロックなどに入れて一晩冷凍庫に入れておくと、臭いが消えます。 3.まとめ 今回ご紹介した改善方法は、自宅で簡単に出来る方法です。 気になっているけど「まぁいいか」と思わず、周りの人たちの為にもしっかりケアしましょう。 特に夏は蒸れやすく、仕事靴の革靴などは、臭いやすくなっているでしょう。 まずは自分が行いやすい方法から試してみましょう。 2018年4月24日• 2018年4月6日• 2018年4月2日• 2018年4月2日• 2018年3月30日• 2018年3月30日• 2018年3月8日• 2018年2月24日• 2018年1月29日• 2017年12月25日• 2017年11月9日• 2017年11月8日• 2016年12月6日• 2016年7月16日• 2016年5月20日• 2015年6月17日• 2015年5月22日• 2015年4月9日• 2015年3月19日• 2015年3月6日• 2015年2月20日• 2015年1月20日• 2014年12月26日• 2014年11月21日• 2014年11月14日• 2014年11月7日• 2014年10月27日• 2014年10月24日• 2014年10月16日• 2014年10月14日• 2014年10月10日• 2014年10月6日• 2014年10月1日• 2014年9月27日• 2014年9月24日• 2014年9月19日• 2014年9月16日• 2014年9月12日• 2014年9月10日• 2014年9月8日.

次の

足の爪が臭い…これって爪水虫?においの解消法とくさい水虫の治療法

足 の 爪 臭い

もくじ• 足の親指の爪には汚れが詰まっている が臭くなる原因は、汗と皮ふと皮脂です。 足のツメって伸びるまでかなり時間がかかりますよね? 手の爪が伸びる早さと足の伸びる早さは、約3倍〜5倍程度だといわれております。 手の爪が長くなるまでに10日間かかるとすれば、足のつめは30日間〜50日間ほどじっくり時間がかけて伸びていくのです。 ニオイは足の指に顔を近づけなくても勝手ににおってくるほどのレベルです。 靴下や靴を履いていると雑菌が繁殖する 足のニオイがクサイ人ほど、長時間靴下や靴をはいています。 長時間靴を履いていると中の湿度は90%から100%の状態になっています。 雑菌は繁殖し放題ですし、靴や足の皮ふにまで悪臭がついてしまいます。 足を洗っているのにも関わらず、匂ってしまうひとはこういった原因が考えれます。 雑菌は湿度が高くなればなるほど繁殖します。 湿度は雑菌が増えるための栄養源になっているのです。 (汗が皮脂と混ざり合うと酸性化して、悪臭を放ちます) 今日から出来る足の親指の臭いをなくす4つ方法 手間をかけずに今日から試すことができるニオイ対策をご紹介します。 2週間程度に一度すこしづつカットすれば汚れがたまる場所も少なくなります。 足の親指の状態を頻繁にチェックすることができるので予防にもなりますよね! スプレーで雑菌対策をする 足専用のデオドランドスプレーがおすすめです。 銀イオン(AG)が含まれているタイプのスプレーは殺菌効果と雑菌繁殖を予防することができます。 どうしても仕事中に臭くなる人もいるでしょうから、朝おでかけ前にシューっとスプレーをかけて対策しておきましょう。 長時間靴下と靴は履かない 靴をなるべく履かない工夫をすると雑菌繁殖を予防します。 サンダルやクロックスなどがおすすめです。 仕事のときは難しいですが、プライベートな時間でお試しください。 靴下を履く必要がない状態のときは、裸足で過ごしたりするべきです。 つまようじで垢を取り除く めっちゃクサイ垢をつまようじを簡単にとってしまいましょう。 お金をかけずに実践できるもっとも効率的な対策です。 つまようじでそっと優しく爪のあいだに溜まっている垢をとれば臭いがなくなります。 一度鼻を近づけて臭度をチェックしてみてはいかがでしょうか・・・(笑)なんともなければ幸いです(^^:) すぐに試すことができることばかりなので、日々手をぬかずにニオイケアをしてくださいね! ・追伸 汗をかきやすい男性ほど注意しなくてはいけません。 とくに春から夏にかけて皮脂が分泌されやすくなるので気を抜いてはいけません。 体臭が気になってしまう人も要注意です、頭から足先まで手を抜かない工夫をしておくべきだといえますね!.

次の

足の爪の嫌な臭いは歯ブラシや爪ブラシ、エタノールで解決!

足 の 爪 臭い

[1]チーズか銀杏か!?足の爪の臭いの原因・理由は爪にある? 爪を切るなどのネイルケア、ペディキュア、足ツボマッサージ。 自分の足に触れる機会は日常の中でたびたびあるものですが、お風呂上がりが多いはず。 しっかりと泡で洗ったのに、足の指を触っていた手がなんだか臭い…なんて経験、ありませんか? 例えるならチーズや納豆のような発酵臭。 または銀杏に似た何かが腐ったような臭い。 足裏の独特の臭いは皮膚や角質を栄養源として生み出される「イソ吉草酸(きっそうさん)」という脂肪酸が原因なのですが、このニオイ物質はなんと、適切なケアをしていないと角質や爪垢にどんどん浸透し蓄積されていってしまうものなのです。 これこそが石鹸で洗ってもなかなか臭いが落ちにくい最大の理由です! 親指の爪に挟まった黒いカスの正体は? 泡立てた石鹸やタオルでしっかり洗っていてもいつの間にか発生している黒いカス。 特に親指の爪は他の爪よりも内側に湾曲しており、気付けばこれが溜まっているなんてこともよくあります。 この正体は先述の脂肪酸に加え、汗や皮脂などの垢、靴下の繊維などが絡み合って溜まっていったもの。 しかし、これを防ぎたいからと爪の端をカットして丸く切るのは厳禁。 巻爪の原因になってしまうためです。 また爪楊枝で取ることも、爪と指の間が傷ついてしまうためやめたほうが良いでしょう。 サンダルで蒸れないから大丈夫、は間違い 靴下も履かず、つま先も包まないサンダルですが、足の裏は靴底と密着しているものですし、夏の蒸れやすさはご存じの通りです。 しかも素足ということはその間に汗を吸うものが何もありません。 素足で履いたそのサンダルを、また明日も履く。 臭いのもとになるのは当然のことだと思えてきませんか? また、爪の中にゴミが溜まるのは靴の中だけではありません。 風が吹けば細かいちりが舞ってむき出しの細かい部分に入り込みます。 暑さでにじんだ汗と絡み、黒いカスや白い垢になって蓄積されていくのです。 足の爪の臭いに潜む水虫の可能性 臭うのはもちろんのこと、黄ばんでいたり黒っぽかったりと爪のコンディションが悪い。 カスというには爪自体が白濁している。 そんなときには水虫の可能性を疑う必要があります。 水虫の原因菌である白癬菌に感染するのは足の裏や指の間だけではありません。 爪の内側から入り込んで変質させる爪水虫もまた白癬菌のしわざ。 足の爪は硬いためその間に菌が入り込むことはそうないのですが、爪の間やその周囲に汚れの塊や汗といった栄養源が詰まっていると活発に増殖し、やがて爪を白く濁らせていくのです。 はじめは痛みもありませんが、悪化するとボロボロと崩れていきはじめますので、できるだけ早く病院に行くべきでしょう。 経緯から見ると、水虫が臭うのではなく菌が活性化するほど臭う足だからこそ水虫になる、といったほうが正しいかもしれません。 関連記事 [2]足の爪の臭いを防ぐためにできること 話を戻しましょう。 先ほどは足の臭いの主な原因が「イソ吉草酸」という脂肪酸にあること、またそれが浸透し蓄積するものであることをお伝えしました。 では蓄積してしまってはもう二度と取れない臭いなのでしょうか? いいえ、違います。 確かに落ちにくいものですが、丁寧なケアを行えばしっかりと効果は出ます。 常日頃頑張ってくれている足をいたわる気持ちで以下のケアを試してみましょう。 夏こそ効果的!爽快フットケア 気温が高くなってくると入浴はついついシャワーで済ませてしまいがち。 こまめに汗を流せるのがシャワーの利点ですが、念入りな足の爪のケアとなると、湯船に入浴したときよりはおろそかになりやすいものではないでしょうか。 そんなときには気分転換ついでにフットケアをするのが一番です。 新しい石鹸を試してみたり、読書や音楽を楽しみながらの足湯をしてみましょう! ・薬用石鹸を使ってみよう いつも使っているボディーソープや石鹸で念入りに洗っても臭うようなら、強い消臭効果を売りにしている石鹸を試してみるのが良いでしょう。 ワキガや加齢臭などを対象にした製品は殺菌や抗菌、消臭成分が含まれているため、足の臭いにも効果があります。 なるべく安価で試してみたいなら柿渋石鹸がおすすめ。 天然成分であるぶん効き目はゆるやかで、肌に優しくマイルドな洗い上がりが魅力です。 ところで泡立ちが良く便利なボディーソープですが、実は石鹸と成分が大きく異なっており、洗浄力では石鹸のほうに大きく軍配が上がります。 もし毎日使っているものがボディーソープで、足の臭いに限らず体臭が気になる場合、まずは普通の石鹸に変えてみると効果があったりするかもしれません。 ・消臭の定番!重曹足湯 あらゆる臭い消しや汚れ落としに定番の重曹は、足の爪の臭いに関しても効果を発揮してくれます。 あとは丁寧に洗って汚れを落とした足を15分から30分ほど浸けておけば、名前通り酸性であるイソ吉草酸に対しアルカリ性の重曹が中和へと働きかけてくれます。 古い角質を除去する効果もあるため、浸透した臭いも改善することができるでしょう。 また、これにクエン酸(またはお酢)を小さじ1杯加えると炭酸の足湯となり、さらに効果的に汚れを落とすことができます。 炭酸ガス(二酸化炭素)が発生するため行う際は換気に気をつけてくださいね。 ・ハッカ油は足の爪の臭いに効く? 夏といえば入浴にハッカ油を使うのも人気ですね。 お風呂に1、2滴垂らすだけで湯上がりに爽快な清涼感を楽しめるすぐれものですが、殺菌作用や消臭効果もよく知られています。 お風呂でなくても、桶に張ったお湯の中にハッカ油を1滴落とし、音楽でも聴きながらのんびり足湯。 こちらも15分から30分ほど。 これだけで皮脂汚れや臭い対策になります。 ただし、残念ながら効き目があるのは軽度の臭いだけ。 角質まで浸透した強い臭いに対してはハッカ油の成分では効果が不足しています。 効き目を期待して何滴も入れるのは肌への刺激になるだけですので、やめておきましょう。 先にご紹介した重曹+クエン酸の足湯にハッカ油を足すと、炭酸ガスとメントールで清涼感抜群です。 いずれも入れすぎると肌荒れや刺激につながるため、くれぐれも分量に注意してお試しください。 一手間でキレイ!つやつやネイルケア 爪垢が溜まらないようにするためにはネイルケアも大事です。 足の爪の手入れは入浴後、温められて柔らかくなったときに行うのが基本。 このとき大切なのは、指先に沿うようにして丸く切る手の爪とは違い、足の爪は極力スクエア型に切ること。 こうすることで巻爪を防ぎ、爪垢を取りやすくします。 尖った端の部分はヤスリでケアしましょう。 ・ブラシで爪のケア 爪の端に入り込んだ黒い爪垢を取り除くのに適しているもの、それは他でもない爪ブラシです。 と言いたいところですが、足の爪の場合は人によっては小回りが利きづらく感じることも。 こんなときに便利なのが歯ブラシ。 大事なのは、毛先が曲がった使い古しではなく清潔な新品を使うことです。 デリケートな歯肉を対象として作られたアイテムのため、安物でも充分ケアアイテムとして力を発揮してくれます。 毛先は柔らかめより硬めがおすすめ。 ・消毒用エタノールで爪と皮膚をケア? 菌が繁殖して臭いのもとになる。 それならエタノールで殺菌すれば繁殖を抑えられ、結果的に臭いを抑えることになるのではないでしょうか?この考え、決してすべて間違っているわけではありませんが、実はあまりおすすめできません。 消毒用エタノールは強い殺菌・除菌効果があります。 しかし足にかく汗をどこかへ蒸発させるわけではありません。 また、爪の間に入り込んだ垢やニオイのもとが浸透した角質を落とす効果も期待できません。 足から雑菌がいなくなることで一時的に臭いが発生しなくなる状態にはなるものの、根本的な解決にまでは至らないのです。 さらには消毒液をかけることで肌荒れを引き起こし、ウイルスや菌を跳ね返す良い常在菌まで一網打尽になってしまいかねないリスクも。 どうしても必要になったとき選択肢のひとつとして入れておくことは可能ですが、長期的に使えるものではないことを覚えておきましょう。 手間いらず!簡単シューケア 一番効果的なのは定期的に靴を洗うことなのですが、そう簡単にはいかないものですよね。 できるかぎり簡単に、帰宅後にさらっとできるシューケアをご紹介します。 ・消毒用エタノールで簡単シューケア まずは、先ほど足に使うのはおすすめできないと書いた消毒用エタノール。 靴に対してはその限りではありません。 靴の中に残っている雑菌やニオイのもとを除菌するのはまぎれもなく有用な手段ですし、スプレーボトルで常備しておけば肌が荒れる心配もなし。 靴の材質によっては劣化するおそれがあるため、その点に関してはしっかり確認しておきましょう。 ・重曹で簡単シューケア 足の消臭にも使える定番アイテムは、もちろん靴にも使えます。 使用していない靴下の中にそれぞれ重曹を100gほど入れ、口を結んで靴の中に入れておくだけ。 一晩置いたら汗の臭いも湿気もさっぱりと消し去ってくれているはずです。 交換の目安は3ヶ月程度。 使用後の重曹も洗濯やお風呂の掃除に使えたりと、大活躍してくれますよ。 ・新聞紙で簡単シューケア また、吸湿性の高い新聞紙を使う方法もとても簡単です。 丸めた新聞紙を靴の中に詰め、さらにその靴を新聞紙で包みます。 こちらも一晩置いておくことで消臭効果が期待できるでしょう。 ただし靴が濡れている場合は避けてください。 インクが移る可能性があります。 <番外編>編集部おすすめ!足専用消臭スプレー「LLMフットシャワー」 瞬間的に足の臭いを消臭してくれる医薬部外品の消臭スプレー「LLM(エルエルエム)フットシャワー」。 ミョウバン主体の有効成分(硫酸アルミニウムカリウム)が、制汗・抗菌・消臭効果を発揮し、ひと吹きで足のニオイを瞬間消臭!検証実験で効果を実証済みの実感力の高い足専用の消臭スプレーです。

次の