滝口内科。 教授ご挨拶

消化器・一般外科

滝口内科

主な対象疾患と診療内容 院内がん診療体制をサポートすると同時に通院治療室(外来でがんなどの疾患に対して点滴などによる薬物療法を行う治療室で、他の病院では外来化学療法室などと呼ばれることもあります)の管理・運営に責任を持っております。 診療目標は、• 各診療科と連携した通院治療室における安全で質の高い外来化学療法の提供• エビデンスに基づく安全、有効、高効率の院内がん治療提供体制の確立• 厚生労働省、文部科学省、千葉県など国・県の行政機関と協調した、地域がん診療体制の構築、がん専門医療者の教育・養成 などです。 通院治療室では医師・看護師、薬剤師の緊密な協力が重要であることからチーム医療のモデル部署であると自負しています。 病院全体のがん診療発展のため尽力しています。 診療・研究内容 キャンサーボードを開催し、一人の患者さんを複数の領域の専門家が診断・治療方法について話し合い、より適切な治療方針を検討しています。 またオンコロジーカンファレンスなど専門家向けの教育セミナーを開催し病院全体のがん診療のレベルアップに努力しています。 さらに毎年がんに関する市民公開講座を開催し、新しいがん治療・がん診療の現状などについて市民・患者・家族の皆さまに分かりやすく学んでいただく機会を提供しております。 今後も患者会や患者支援団体、行政機関、学術団体などと緊密に連携を取りつつ、院内のがん診療レベルを高めると同時に地域医療に貢献したいと考えています。 研究内容の詳細は、千葉大学病院 臨床学腫瘍学のホームページをご確認ください。 医師名 役職・職位 専門分野 認定医・専門医等 滝口 裕一 部長、教授 腫瘍内科学、呼吸器悪性腫瘍 日本内科学会認定内科医・総合内科専門医・指導医 日本がん治療認定医機構がん治療認定医 日本臨床腫瘍学会がん薬物療法専門医・指導医 日本呼吸器学会呼吸器専門医・指導医 日本呼吸器内視鏡学会気管支鏡専門医・指導医 新井 誠人 准教授 腫瘍内科学、消化器悪性腫瘍 日本内科学会認定内科医・総合内科専門医・指導医 日本がん治療認定医機構がん治療認定医 日本消化器病学会消化器病専門医・指導医 日本肝臓学会肝臓専門医・指導医 日本消化器内視鏡学会消化器内視鏡専門医・指導医 日本消化管学会胃腸科専門医・指導医 太和田 暁之 助教 消化器内科学、消化器悪性腫瘍 日本内科学会認定内科医 日本消化器病学会消化器病専門医 日本肝臓学会肝臓専門医 沖元 謙一郎 特任助教 消化器内科学、消化器悪性腫瘍 日本内科学会認定内科医 日本消化器病学会消化器病専門医 日本消化器内視鏡学会消化器内視鏡専門医 日本消化管学会胃腸科専門医 清野 宗一郎 特任助教 消化器内科学、消化器悪性腫瘍 日本肝臓学会肝臓専門医 日本消化器病学会消化器病専門医 日本内科学会認定内科医 日本消化器内視鏡学会消化器内視鏡専門医 日下部 裕子 医員 腫瘍内科学、消化器悪性腫瘍 日本内科学会認定内科医・総合内科専門医 日本消化器病学会消化器病専門医 日本消化器内視鏡学会消化器内視鏡専門医 金山 健剛 医員 消化器内科学、消化器悪性腫瘍 日本内科学会認定内科医 太田 佑樹 医員 消化器内科学、消化器悪性腫瘍 日本内科学会認定内科医 日本消化器病学会消化器病専門医 日本消化器内視鏡学会消化器内視鏡専門医 横山 昌幸 医員 消化器内科学、消化器悪性腫瘍 日本内科学会認定内科医 日本消化器病学会消化器病専門医 日本肝臓学会肝臓専門医 松井 愼一郎 医員 血液内科学、血液悪性腫瘍•

次の

滝口皮フ科 予約受付

滝口内科

いつも混んでいる人気の耳鼻科で、花粉症の時期は2時間待ちは当たり前で、診察券を出して出直すか、閉まる直前に行っていました。 先生ははっきりとお話される明るい方で、医学事典のようなものを示してされる症状の... いつも混んでいる人気の耳鼻科で、花粉症の時期は2時間待ちは当たり前で、診察券を出して出直すか、閉まる直前に行っていました。 先生ははっきりとお話される明るい方で、医学事典のようなものを示してされる症状の説明も非常に明確で安心して受診出来ました。 風邪やめまい等にも適切に対処してくださり、広島在住の頃は他の内科に行く必要がなかったほどです。 待合い室は座る場所を探すほどいつも混んでいるので、体調が優れない時には待ち時間がとても辛い時間でした。 小さい頃から鼻血がよく出て困っていました。 何軒もの耳鼻科へ通いましたが、改善することはありませんでした。 滝口先生のところへ行くようになり、原因がわかり、適切な処置によりすっかり鼻血はとまりました。 小さい頃から鼻血がよく出て困っていました。 何軒もの耳鼻科へ通いましたが、改善することはありませんでした。 滝口先生のところへ行くようになり、原因がわかり、適切な処置によりすっかり鼻血はとまりました。 家族もめまいのため受診していますが、検査もきちんとしてくださり、めまいの原因をきちんと判断していただいて確実に改善しています。 それだけに患者さんの数も多く待ち時間は覚悟しなければなりません。 ただ予約も受け付けてくださるので無駄な待ち時間にはならないかと思います。 これからも元気でいていただきたい先生です。 最初はのどが枯れて、風邪かと思いました。 その次に眼が痛くなり、頭も痛くなったので、この耳鼻科に行きました。 診察でレントゲンを撮りすぐに蓄膿症だと言われました。 で先生から「じゃあ、針を刺して膿を... 最初はのどが枯れて、風邪かと思いました。 その次に眼が痛くなり、頭も痛くなったので、この耳鼻科に行きました。 診察でレントゲンを撮りすぐに蓄膿症だと言われました。 で先生から「じゃあ、針を刺して膿を吸い出そうか」と言われ、麻酔の為、鼻に綿を入れました。 30分後、再び診察室によばれて、鼻の穴から副鼻腔に向かって針をぶっさしました。 これが痛いのなんの、大の大人が涙をポロポロ流しました。 結局、1週間に3回、同じ治療をして治りました。 後でネットでこの病院を調べると、 この耳鼻科では、上顎洞洗浄(鼻の穴から上顎洞に針を刺して水で洗浄し、その後抗生物質を上顎洞内に直接投与する)という古い技術の方法で蓄膿症を治すらしく、他の病院ではあまりその方法ではやってないらしいです。 この方法のメリットは即効性が高いらしく、わざわざこの治療をやっている耳鼻科を探して治療をしてもらう人もいるらしいです。 確かに自分もすぐに治りました。 痛みは1~2日でひきました。 デメリットは、痛い・・・それだけです。 蓄膿症ではやく治したい人はおすすめします。 あと待ち時間が長いです。 予約も1週間先しか取れません。 風邪がなかなか治らず風邪の症状はおさまっても 咳だけなかなか止まらず困っていた時に この病院がいいと聞いて訪問してみました。 結局、風邪をこじらせてなかなか治らないと 勝手に思っていたのですが... 風邪がなかなか治らず風邪の症状はおさまっても 咳だけなかなか止まらず困っていた時に この病院がいいと聞いて訪問してみました。 結局、風邪をこじらせてなかなか治らないと 勝手に思っていたのですが 百日咳と言われました。 このまま放っておくと癖になるので早く来なさいと 言われました。 処方されたのは粉を吸引する薬が一週間分くらい。 いままで二ヶ月くらい 咳に悩まされていたのに 一週間で落ち着きました! とても感謝しております。 病院は耳鼻咽喉科以外に内科もあるので その時はゴホゴホ咳をされている患者さんもたくさんいて 他の病気が感染りそうヒヤヒヤしていました。 別の時に扁桃腺が腫れて熱が続くという時期があったのですが その時も何度も同じ症状が出る場合は扁桃腺を切る手術をしたほうが いいですよ、とアドバイスをしてくたり とても信頼できる先生だと思います。 [症状・来院理由] 右の鼻だけ何ヶ月もつまっていて苦しかったので来院しました。 [医師の診断・治療法] まず鼻から喉にかけて小さなカメラをいれてもらい、私の鼻の形や状態をみていきました。 私の鼻の... [症状・来院理由] 右の鼻だけ何ヶ月もつまっていて苦しかったので来院しました。 [医師の診断・治療法] まず鼻から喉にかけて小さなカメラをいれてもらい、私の鼻の形や状態をみていきました。 私の鼻の中は右だけ少し狭くなっているので、花粉の時期や乾燥している時期等つまりやすくなるそうです。 風邪もひいていたので白いつまり物も見えるのでこれも掃除しときましょうといわれ機械ですいとってくれました。 そしてアレルギーの薬を処方してもらいました。 [感想・費用・待ち時間・看護師などスタッフの対応] 鼻からカメラをいれる時に、麻酔をかけたのですが(注射ではなく薬みたいなもので)、入れる時にもまったく痛みはなく喉のほうまでカメラがきても全く違和感を感じずおえっとなることなく検査できました!他の胃腸科でやった時はかなり不快感だったので先生の腕がいいのだと思います。 何が原因でどういう症状をひきおこしているということを詳しく説明してくれて、とてもいい先生だなと思いました。 やはり人気があるので待ち時間は1時間以上... そこは何らかの形で改善してほしいという感じです。

次の

滝口皮フ科 予約受付

滝口内科

わたしたち獣医内科学教室では、「なぜか」にこだわる姿勢を大事にし、真摯に病気の動物と向き合うこと、そしてその病気の原因を明らかにすることを理念としています。 この理念に基づき、北海道大学動物医療センターに来院する様々な病気の動物たちの診療を行っています。 また、日々の診療をベースとした臨床的な研究を展開し、得られた成果を診療にフィードバックする、『臨床と研究のクロストーク』をモットーに研究を進めています。 よりよい診断法と治療法を確立するために、『診断精度の向上』『病態解明』『新規治療法の開発』をキーワードに様々な病気の研究を行っております。 日々の診療、未来への研究を通し、病気の動物を助けるため、わたしたち獣医内科学教室のスタッフ一同、研鑽に励んでいます。 1987年(昭和62年)• 北海道大学獣医学部 卒業• 1989年(平成元年)• 北海道大学大学院獣医学研究科 修士課程修了• 横浜動物医療センター 勤務• 1992年(平成4年)• Ohio State University, Visiting Researcher• 獣医学博士(北海道大学)• 1995年(平成7年)• 北海道大学大学院獣医学研究科 助手• 1997年(平成9年)• 文部省在外研究員(University of Illinois, Colorado State University, University of California Davis)• 2000年(平成12年)• 北海道大学大学院獣医学研究科 講師• 2004年(平成16年)• 北海道大学大学院獣医学研究科 助教授• 酪農学園大学獣医学部 教授• 2007年(平成19年)• 北海道大学大学院獣医学研究科 教授• 2010年(平成22年)• 北海道大学大学院獣医学研究科 附属動物病院長• 2013年(平成22年)• 北海道大学動物医療センター長 獣医内科学教室では『臨床と研究のクロストーク』を指針に、『診療』と『診療をベースとした研究』により、将来の獣医学教育を担う人材を育てています。 研究テーマを広く臨床から見出すため、大学院在籍者にも診療への積極的な参加が求められます。 診療に加えて、診療の中から生まれたテーマに基づく博士号取得プロジェクトとしての研究が必須です。 研究テーマは臨床研究、もしくは将来的に臨床に貢献できる研究テーマが中心となります。 指導教官の下、自ら考えたテーマを完遂するために、実験計画を立て、それを遂行します。 私たち獣医内科学教室と共に病気の動物を助け、将来の獣医医療の発展を目指しませんか? 見学は随時可能です。 見学ご希望の方はメールや電話などでお気軽にご連絡ください。 獣医内科学教室に配属後には獣医師の監督の下、動物医療センターでの内科診療に参加します。 実地獣医医療を体験することで、• インフォームドコンセントや必要な検査の進め方• 画像所見などの検査結果の評価• 最新の診断法や治療法 を学ぶことができます。 診療技術だけでなく、コミュニケーション能力も高めることができるため、将来の進路によらず貴重な体験となるでしょう。 診療と平行して卒業研究を遂行します。 臨床研究のみならず、細胞を使った新規治療法の効果判定の実験や分子生物学的な基礎研究に至る、多種多様なテーマがあります。 診療を体験しながら、研究成果の将来の発展を感じられる環境で研究を行えます。 卒業生の進路には、開業動物病院、伴侶動物研修医、産業動物臨床、大学院、海外留学、公務員、企業などがあります。 卒業生の皆さんは、獣医師としての社会的使命を果たすために、さまざまなフィールドでご活躍中です。 見学は学年に関係なく可能です。 興味のある方は総合研究棟2階の獣医内科学教室へお気軽にお越しください。

次の