デュエマ プレイス ツイッター。 【デュエマプレイス】青黒ハンデス(アクアンブラック)の最新デッキレシピ【デュエルマスターズプレイス】

【デュエマプレイス】トッププレイヤー使用デッキ紹介

デュエマ プレイス ツイッター

デュエル・マスターズ プレイス [ ] 2019年12月18日に一般配信開始したのスマートフォン用ゲームアプリ。 AndroidとiOSに対応する。 のトミーサイドと数多くのソーシャルゲームを手掛けているDeNAが共同で開発をしている。 またも開発協力に参加した。 スマートフォン端末では以来2度目の対戦ゲームとなるが、本作はプレイヤー間対戦とアプリ内課金の要素があるソーシャルゲームとなった。 正式名称は「DUEL MASTERS PLAY'S」と英語表記で、公式による略称は「デュエプレ」。 このwikiではTCG版と並べて紹介する場合には「TCG版」、「デュエプレ」とそれぞれ表記する。 ゲームは1試合が7分で終わるようにデザインされている。 このためか、時点での枚数を増やすカードが1枚も出ていない。 ゲームシステム [ ] 基本的にTCG版のルールが踏襲されている。 その上で主にゲームテンポの向上や操作の省略を目的としたルール変更がいくつかある。 また、カードのスペックやレアリティにTCG版から調整が加えられているものが多く存在する。 詳細は下記を参照。 カード・デッキ編成 [ ] カードの入手方法 [ ] プレイヤーが入手できるカードを以下に記述する。 ゲームゲーム開始時点で配布される、各種4枚ずつののカード。 種類は一定。 様々な方法 で入手できるゲーム内専用通貨「ゴールド」、配布や報酬で入手できる「パックチケット」、課金アイテム「ジェム」のいずれかによって購入したのカード。 種類はパックによるがランダム。 課金アイテム「ジェム」によって購入したのカード。 種類はデッキによるが一定。 シティバトル・メインストーリー・レジェンドバトル・レベルアップの報酬として入手できるカード。 種類は報酬によるが一定。 シティバトル・レジェンドバトル・ランクマッチの報酬か、カードのによって得られる「DMポイント」を消費するによるカード。 種類は指定可能。 カードパックの内容 [ ] 1パックの封入カード枚数は5枚。 本家同様、カードにはからまでの5種類のが設定されており、中身はランダム。 各レアリティごとの排出率は下表のとおり。 レアリティ 排出率 1. 「何パック購入すれば確定で~」といったような最低保証システムは無い。 プレミアムカードは外見が異なるほか、分解したときに得られるDMポイントが通常版の約3倍と高い。 シークレットカードの差異は外観のみ。 分解時のDMポイントは通常版と同様。 プレミアムとシークレットは独立した仕様であり、両立しうる。 カードパックからは入手できず、またはメインストーリーでのみ入手できるイラストのカードが存在する。 カードの生成・分解 [ ] 他のデジタルカードゲーム(DCG)と同様に、欲しいカードをしたり、不要なカードをしたりできる。 それぞれのコストは「DMポイント」でやり取りする。 DMポイントはカードの分解のほか、シティバトルやランクマッチなどの報酬でも入手できる。 カードの生成に必要、および分解で得られるDMポイントの量は下表の通り。 レアリティ 生成 分解 ノーマル 分解 プレミアム 2400 600 1700 800 200 550 300 70 200 100 20 60 50 10 30 1枚も持ってないカードでも生成できるが、生成できるのはノーマルカードのみ。 プレミアムカード、シークレットカードは生成できない。 ベーシックセットに収録されているカード、および入手条件が特殊な「プライズカード」は生成・分解することができない。 つまり、イラスト的に特殊な仕様を除けば全種類のカードが生成で入手可能。 デッキ編成 [ ] 所持しているカードでデッキを組むことができる。 デッキを組む際のルールは本家に準ずる。 所持カードは複数のデッキで共有できるため、カードは最大4枚所持しておけばデッキ編成に不自由することはない。 デッキは、• 自分で一から作る• 作成済みのデッキをコピーして作る• デッキコードから作る• 公式が用意したデッキレシピから作る の4つの方法で編成できる。 でデッキレシピを作ることも可能。 プレイヤーが所持できるデッキは30個まで。 現在、に相当する措置は無い。 強力すぎるカードが出た場合、他のゲームアプリと同様にカードの効果調整で対処するものと思われる。 ゲームモード [ ] ゲームモードはストーリーモードや、複数人で戦う、などの対人戦も実装される。 デュエマシティという架空の都市を舞台に独自のストーリーが展開される。 プレイヤーは自身のアバターを自由にカスタマイズすることが可能。 登場キャラクター [ ]• レジェンドデュエリスト 原作キャラクターのこと。 から、、、、、、、、が参戦。 自身のアバター CVは男:岩端卓也,女:稗田寧々 にスキンとして投影させることができるのは勝舞、黒城、白凰のみ。 メインストーリーには牛次郎、白凰、ミミ、バケツマンが登場。 シティバトルにはミミ、ジョージ、ルート、バケツマン、黒城が登場。 2020年3月31日に追加されたメインストーリーにおいてが新たに参戦した。 本作のオリジナルキャラクター。 を擬人化した女の子。 ナビゲーターとして登場する。 条件を満たせばアバターとしての使用も可能。 デュエマシティのデュエリストたち シティバトルに登場する他、現在はコタロウのみメインストーリーで対戦可能。 五守護 メインストーリーとシティバトルに登場。 ボスバトルに登場• その他• 塔の番人• ジャマー団 クリーチャーの声・効果音 [ ] にはそれぞれ声または効果音が設定されている。 固有の声が設定されているものと、共通の声または効果音が設定されているものが種族単位で分かれている。 前者の種族のみ、カード情報の欄にCVの記載がある。 後者の種族は、基本的に一つの種族に対して専用の効果音が数種類割り当てられている。 効果音の種類は収録弾によって異なる。 ただし、複数の種族に同じ効果音が割り当てられていることもある(&&など)。 多種族の場合は、固有の声が設定されている種族を含むと、そちらに合わせて固有の声が設定される。 固有の声が設定されている種族• 共通の声または効果音が設定されている種族• (を除く)• を除く• (を除く)• 単独種族で登場していないため、不明な種族• 本来は専用ボイスが無いはずだが、例外的にボイスが存在するもの• を持つ一部クリーチャー• 専用カード 拡張パック [ ]• その他 [ ]• 権利元はTCGと同じタカラトミーだが、などのアプリや「遊戯王デュエルリンクス」などの他TCGアプリとは異なり、DeNAとの共同開発のために原作で登場したキャラクターはアニメや漫画での松本しげのぶ氏の作画ではない今作オリジナルキャラのイラストに合わせたものになっている。 や シークレット や等ゲームオリジナルカード イラスト やコッコ・ルピコなど女性のオリジナルキャラクターはややセクシーなイラストである。 低年層よりかつてデュエマをやっていた古参プレイヤーを意識しているのだろう。 参考 [ ]• 公式リンク [ ]•

次の

デュエプレ(デュエマプレイス)攻略

デュエマ プレイス ツイッター

ランキングの基準 Tier1 環境最上位デッキ 高いデッキパワーを誇り、現環境で最も注目されているデッキ。 そのため対策されやすく、デッキの中身や戦略もばれやすいが、それでもなお高い勝率を誇るデッキが多くランクインする。 Tier2 準最強クラスのデッキ Tier1のデッキに匹敵するデッキパワーを持つが、環境上位デッキとの相性差により、相対的な勝率はやや落ちる。 Tier3 中堅デッキ Tier1、Tier2のデッキと比べるとデッキパワーで劣り、見かける機会はあまり多くないデッキ。 環境次第では上位に上がることもある。 Tier4 発展途上のデッキ 研究が進まず構築が固まっていないデッキや、そもそものデッキパワーが足りていないデッキ。 新カードの追加やカード調整次第ではTier上位に食い込むこともある。 Tier1デッキ デッキ名 評価 変動 9. 5 - 9. 5 - 9. 5 - 9. 0 - 9. 0 - Tier2デッキ デッキ名 評価 変動 8. 5 - 8. 5 - 8. 5 - 8. 5 - 8. 0 - Tier3デッキ デッキ名 評価 変動 7. 5 - 7. 5 - 7. 5 - 7. 5 - 7. 5 - 7. 5 - デッキの紹介 リースボルバル リースカラーのボルバルデッキ 赤白緑のリースカラーを採用した軸のデッキです。 、で盤面処理を行いながら10ターン目に繋ぎ、の追加ターンで勝利を目指します。 イニシエートにタッチ イニシエートにタッチすることでを採用し、序盤の攻防でも遅れを取らないような構築になっています。 デアリガズガルザーク ガルザークを軸とした赤黒緑のドラゴンデッキ 場に火のドラゴン・闇のドラゴンがいることで追加効果を得るを活かすドラゴンデッキです。 そのための赤・黒に加えてマナブースト兼の緑を採用しています。 除去と攻めを両立するデッキ の効果で相手のクリーチャーをマナ送りにする除去を連打することができます。 の闇ドラゴンが破壊された時の効果は自身が破壊された場合でも起動するので、相手のクリーチャーを道ずれにすることができます。 青緑リーフブリザード ブリザードにリーフを採用 を軸としたデッキにを採用したデッキです。 が成立すればにアクセスしやすくなり、が成立すれば浮いたマナでの進化速攻&ドローで追撃することができます。 速攻の意識 進化元になる軽量クリーチャーが多いので、序盤から攻める速攻を意識しておきましょう。 青緑速攻 2コストで3枚ドロー は2マナ3000、3枚ドローできる進化クリーチャーです。 でリソース補充をしながら速攻を狙っていくデッキです。 緑のパワーが高い 、はクリーチャーが場に出る度にそのターン中パワーが高くなるので、相手のターンでもパワーアップします。 相手のブロッカーを乗り越えながら、相手に処理されづらいパワーの高いクリーチャーです。 赤緑速攻 速攻に寄せきったデッキ 赤緑の速攻に寄せきったデッキです。 、を召喚して1ターン目から攻めていきましょう。 優秀な小型クリーチャーが追加 2マナでパワー4000のや1マナのが追加されました。 速攻に適したクリーチャーが増えたので強化されています。 青白イニシエート クラウゼ・バルキューラによる制圧 イニシエートの進化クリーチャーであるは場に出た時相手クリーチャーを2枚までタップできるので、一方的にクリーチャーを討ち取ることができます。 パワー7500のW・ブレイカーなので、クリーチャーの処理だけではなく攻める力も兼ね揃えています。 グライス・メジキューラの追加 強力な進化クリーチャーであるが追加されました。 2マナで序盤から繰り出し、攻撃を止めることができます。 追加された多色カードは優秀なイニシエート2種に加えフィニッシャーのと、大幅に強化されました。 青黒バロム ドロー&ハンデスからのバロム 青のドロー、黒のハンデスでアドバンテージに差をつけ、終盤はで一掃していくデッキです。 ゲームをコントロールして明確なフィニッシャーに繋げます。 多色カードで安定した動きを 青黒の多色には優秀なカードが多く、の安定したプレイにも繋がります。 しかし多色カード特有のチャージしたターンはマナが使えない、というデメリットが気になる場面を訪れるので、気になる場合は多色カードの一部を単色カードに差し替えましょう。 除去ボルバル 除去でコントロールしてボルバルザークで勝つ 除去・ハンデス等でゲームをコントロールし、の追加ターンで勝利するデッキです。 10ターン目まで凌ぎ、追加ターンを得るまでロングゲームを狙いましょう。 ボルメテ・二角とフィニッシャーが多い 、と大型クリーチャーを多く採用しています。 は除去コントロールと相性が良く、追加ターンによる攻めが決まった時点で場にいればS・トリガーをほぼ無視することが可能です。 デアリガズ連ドラ 強力なドラゴンが増えた連ドラ からドラゴンを連打していく通称「連ドラ」が、等優秀なドラゴンの追加によって強化されました。 環境的にが処理されづらいのも追い風です。 ドラゴンの配分を多めに からドラゴンが捲れやすく、で2マナブーストする確率を上げる為にドラゴンを多く採用しています。 安定性を求めて呪文やS・トリガーを採用するのもアリです。 青白ガーディアン ガーディアンを進化・強化させて戦う ガーディアンの進化クリーチャーであるは、5マナ8500W・ブレイカーの高いスペックに加えて相手がS・トリガーを使うたびにシールドを増やす効果を持ちます。 を軸にガーディアンをで強化していきましょう。 フィニッシャーのブルーメルキス 追加されたはブレイクしたシールドの呪文を唱えるという凄まじい効果を持ちます。 対面次第ではシールド攻めをに任せるよう立ち回りましょう。 デュエル・マスターズ プレイス関連記事 デッキ まず最初に読みたい記事.

次の

【デュエマプレイス】青黒ハンデス(アクアンブラック)の最新デッキレシピ【デュエルマスターズプレイス】

デュエマ プレイス ツイッター

デッキの概要 デッキの特徴 ハンデスカードを大量に搭載しながら、自身はを使用することでリソース差をつけていくデッキです。 除去、ハンデスで消費したカードをで補充していきましょう。 小型クリーチャーを活かす パワーの低いクリーチャーが多いですがによるバフ、によるスレイヤー付与等で小型クリーチャーを強化していきます。 元々パワーが低い分優秀な効果を持つクリーチャーが多いですが、さらに強く使っていくことができます。 デッキレシピ マナカーブ カード レア マナ 枚数 UC 2 4 B 2 2 C 2 4 B 3 4 SR 4 4 C 4 2 R 4 4 B 4 4 R 5 2 VR 5 2 VR 6 4 VR 6 4 キーカード解説 アクアン このデッキのリソースカードです。 青8枚黒32枚なので、それなりの期待値で手札に加えることができます。 暗黒皇女メガリア 「すべての」クリーチャーにスレイヤーを付与します。 相手のクリーチャーもスレイヤーを持ってしまいますが、自身の、等がスレイヤーを持つメリットを取って採用しています。 入れ替え候補 候補 理由 が引けていないことを想定してさらにリソース補充カードを増やしたい場合採用します。 を使い回すことができればかなりのアドバンテージとなります。 攻撃に参加することができるブロッカーとして採用もアリです。 立ち回り解説 序盤 序盤から攻める 、で序盤から攻めていきます。 積極的にハンデス のアタックもそうですが、やでハンデスしていきます。 リソースを減らしに行き、シールドを割ってもアドバンテージ差が付かないようにしましょう。 中盤 アクアンによるリソース補充 ハンデスカードは自分もカードを消費してしまうので、で補充しましょう。 運が絡みますが2枚~3枚のドローは見込むことができます。 シャドウ・ムーンで全体強化 で闇のクリーチャーを強化していきます。 のパワーが4000となる為、反撃されづらくなります。 終盤 相手の大型クリーチャーをスレイヤーで処理 を召喚し、自分の小型クリーチャーで相手の大型クリーチャーを討ち取りにいきます。 相手のクリーチャーもスレイヤーとなるので、出し所には注意しましょう。 時には攻撃しない選択も ハンデスによって相手の手札が無くなった場合、1度攻撃の手を止めて次のターン盤石な場を作ってから攻撃しに行くこともあります。 デュエル・マスターズ プレイス関連記事 デッキ まず最初に読みたい記事.

次の