歓迎会。 新入社員は「歓迎会」をどう乗り切るべきか

【歓迎会・送別会特集】歓迎会・送別会におすすめ!

歓迎会

歓迎会や送迎会といった歓送迎会では、挨拶の前後に贈り物や記念品が渡されます。 歓送迎会の場合にはプレゼントの品物はない場合もありますが、送別会の場合には勤続年数が長くなるほど喜ばれる記念品は必須となります。 歓送迎会で渡す男性向けの喜ばれるプレゼントとして選ばれる贈り物は、どのようなものなのでしょうか。 ここでは歓迎会や送迎会といった歓送迎会で男性向けの喜ばれるプレゼントについて紹介します。 高機能な実用品の贈り物が喜ばれる 歓送迎会での男性向けプレゼントは、毎日の生活の中で、使えるような品物を贈ると非常に喜ばれます。 例えば歓迎会や送迎会といった歓送迎会には、革の小銭入れや筆入れ、ネクタイ、ハンカチ、傘などが贈り物として喜ばれます。 以前の贈り物として人気商品であった万年筆に代わり、やや高級なボールペンが非常に人気です。 選択肢が広い革製品もプレゼントとしてオススメ 歓送迎会のプレゼント選びでは革製品も選択肢が広く、予算に合わせて選べるカードケースやコインケースも非常にオススメです。 また、プレゼントを受け取った側も実用性がありその日から使えるということで非常に喜びます。 歓迎会・送迎会で主役へ渡すプレゼントは何が良いか【女性編】 続いて歓迎会や送迎会といった歓送迎会で、女性に渡すプレゼントにどのような贈り物を選べば喜んでもらえるのでしょうか。 紹介しますので、参考としてください。 プレゼントの定番としてオススメなのは花束 歓迎会や送迎会といった歓送迎会で女性に喜ばれる贈り物といえば、1番の定番はなんといっても花束です。 歓送迎会にオススメの花束を1つ紹介するとすれば、最近人気が高い「サンダーソニア」の花です。 サンダーソニアの花言葉には「祈りや信頼」といった意味があります。 黄色で愛らしい花を受け取った女性はきっと喜んでくれるはずです。 やや高級な日用品か消耗品が喜ばれる 女性に渡す歓迎会や送迎会といった歓送迎会でのプレゼントは、ハンカチや傘、使いやすいボールペンなどが、好みに関わらず使えて嬉しいです。 お化粧品やアクセサリーは余程好みを把握していないと、難しいので避けた方が良い贈り物ですが、もしその人がいつも使っている物が分かれば、歓迎会や送迎会で同じ物を贈ることもできます。 歓送迎会で男性・女性に共通で喜ばれるプレゼントとは? 歓迎会や送迎会といった歓送迎会では何人かの主役がいて、性別が異なる場合もあります。 そんなとき、全員に同じプレゼントを渡すのが無難でしょう。 では全員に同じプレゼントを選ぶとして、どのようなものがオススメかを紹介します。 商品券や旅行券のプレゼントはハズレなし 歓迎会や送迎会といった歓送迎会でのプレゼントとして、何をプレゼントすればいいかなど品物を決められない時や、主役のメンバーの好みがまちまちな時には、思い切って商品券や旅行券などをプレゼントすると、かさばらない上に自由に使えて、歓送迎会のプレゼントとして男性・女性に共通して喜ばれるでしょう。 歓迎会・送迎会で渡すプレゼントとして男性は高機能な実用品!女性は花束などがオススメ 歓迎会や送迎会といった歓送迎会で、主役の方に渡したい贈り物・プレゼントについて紹介してきましたが、いかがでしたか?歓送迎会の贈り物やプレゼントは、予算内で贈られる側に合った物か、おしゃれな文具や日用品などが良いでしょう。 普段使う物で、普段の物よりやや高価な品物が歓送迎会のプレゼントで、1番無難な品物です。 その人がいつも使うブランドなどが分かれば、失敗のないようにそのブランドのものを歓送迎会でプレゼントするのもいいですし、身近で使いやすいものが良いですよ。

次の

カレー沢薫のほがらか家庭生活(190) 歓迎会

歓迎会

最もポピュラーなのは居酒屋で酒を酌み交わしながら交流を深めるスタイルや、ディナーをメインにしたスタイルだろう。 立食形式の歓迎会もある。 最近は、酒を伴わないランチスタイルの歓迎会というのも増えている。 子育てなどで、夜の宴席への出席が難しい社員がいるからだ。 「どんなタイプの歓迎会でも、『歓迎会の目的』は同じ。 それを念頭に置いて行動すれば、大きな失敗はないでしょう」と話すのは、人材派遣・紹介サービスや教育事業を手掛けるキャプランの教育部門、Jプレゼンスアカデミー事業本部のチーフインストラクター・伊東絹子氏だ。 新入社員が「配属先にどんな先輩たちがいるのか」と思う一方で、会社の先輩も「今年はどんな新人が入ってくるのだろう」と、気にしているハズだ。 歓迎会の目的は、このような要望に応えるためのお互いの自己紹介という位置づけだ。 加えて新入社員は、今後、仕事を覚えていく過程で数々の失敗を重ねることになる。 言ってみれば、これから先輩たちに多大な迷惑をかけるわけだ。 そのときに気持ちよくフォローしてもらえる、関係づくりの場としても活用したい。

次の

歓迎会の挨拶!迎える側の例文4選!パターン別文例紹介!

歓迎会

漫画家・コラムニストとして活躍するカレー沢薫氏が、家庭生活をはじめとする身のまわりのさまざまなテーマについて語ります。 今回のテーマは「歓迎会」である。 そうは言っても、今の状況である。 本来ならこの季節、スーツ姿の一目で新社会人とわかる無個性集団を見かけるものだが、入社式が中止という人もいるだろうし、入る会社が休業中という人もいるかもしれない。 入社したとしても当然歓迎会などは自粛であろう。 会社に早く馴染むチャンスがなくなった、と落ち込んでいる新入社員の方もいるかもしれないが、安心してほしい、馴染めない奴は10年在籍しても馴染めない。 よって、たかが1回の歓迎会で馴染めるわけがないのだ、つまり歓迎会があろうがなかろうが関係ない、ということである。 逆に、馴染む奴は、会があろうがなかろうが初日で馴染むので問題ない。 ただし、コミュ症ほど「あの時歓迎会さえあれば」と10年ぐらい引きずるし、むしろそういうところがコミュ症なのだが、ここは逆に「俺が未だに同期に敬語なのは歓迎会がなかったせいだから仕方がない」と、前向きに捉えよう。 だが、ウィルスの影響で歓迎会などの諸々の会が中止になったことを正直ラッキーと感じている人もいるのではないだろうか。 不謹慎かもしれないが、これだけコロナのせいで悪いことが起こっているのだ。 1つぐらいコロナのおかげで良いことが起こっても罰は当たらぬはずである。 歓迎会はまだ意味があるとしても、この騒動のおかげで「一片の曇りもない不要不急の集まり」略して「いらん会」がやっと中止になったということもあるのではないか。 そういう会ほど何故か「この土地に住み続けたければ、命に代えてでも馳せ参じろ」という鎌倉武士みたいな信念で続けられたりするのだが、本当に命に代えるような事態になってさすがに中止や延期になっているようだ。 今回の件により「これ不要不急の集まりじゃね? 」と薄々誰もが思っていた会合が、モノホンの不要であったことが各地で判明したと思う。 しかし、事態が収束したあと「あの会いらなかったから、もうやめよう」となるのではなく「安心して不要不急で無意味極まりないことが出来るようになったことだし、さあやろう」という最高に日本人な展開になることは何となく予想がつく。 私が歓迎会というものに参加したのは、新卒で入った会社で行われた2回のみであると記憶している。 1回は全社員との焼肉、2回目は新入社員と社長他偉い人との飲み会である。 新入社員と言っても、田舎の中小企業なので4人しかいなかった。 正直言ってこの人数が一番まずい、なぜなら「比較しやすくなってしまう」。 しかも男2人、女2人という、素晴らしく男女平等雇用機会均等に則ったフォーメーションだったため、私は自ずともう1人の女子新入社員と比べられることになる。 もう1人の女子社員はコミュ強であった。 「歓迎会」というよりは、実質私の「社会的通夜会場」である。 もう1人の女子が積極的に動き、偉い人たちの武勇伝を「深い…」という顔で慶弔している間、私は親戚のババアに「カレー沢ちゃんはいくつになったの? 」と話しかけられるのを待っている、人見知り小学5年生の顔で鎮座である。 このように歓迎会が終わりの始まりになる、ということもめずらしくはないので、歓迎会が中止になったことは、会社に溶け込む機会の損失ではなく、むしろ延命されたと言ってもいい。 いつかは小学5年生であることがバレるのだが、それが入学式でバレるか、ゴールデンウイーク前にバレるかの差がある。 それに、歓迎会と言うのは歓迎する側も結構面倒なものなのではないか。 去年「忘年会スルー」という言葉が流行ったように、不要の飲み会をスルーする動きが大きくなっているが、真にスルーしにくい飲み会はこの歓迎会な気がする。 忘年会とか新年会というのは「年」という漠然としたもの勝手に忘れたり、迎えたりするただの奇祭なので、そりゃスルーしても良いだろうという気がする。 しかし「歓迎会」というのは、具体的に迎える人間がいるため、不参加を決め込むと、相手を歓迎してないと見なされかねない。 もちろんコミュ症が歓迎会に参加したところで、新入社員と1回も目を合わさないため、どちらにしても「歓迎されていない」と思われるだけだし、あとから「参加してたっけ? 」と非実在を疑われることも良くある。 それでも、何となく不参加はしづらいのだ。 だが新入社員だって、歓迎会で仲良くなりたいのは偉い人、もしくは頼れるパイセンや、給湯室の重鎮なはずである。 しかし最初は誰が力を持っているかなどわからない、そういう烏合の衆の中から、ハートのエースやジョーカーをみつけださねばならないのに、そこに自分のようなクローバーの2が混ざられるのは新入社員の効率を悪くさせるだけである。 今コロナの影響により、どうしてもしなければならない集まりも、主要メンバーだけに絞るなどして行われている。 おそらくそれだけでも十分会は成り立っているだろう。 会自体はなくさなくても良い。 ただ「クローバーの2まで呼ばなくても良い」ということを、この状況から学んではいかがだろうか。 筆者プロフィール: カレー沢薫 漫画家・コラムニスト。 1982年生まれ。 会社員として働きながら二足のわらじで執筆活動を行う。 デビュー作「クレムリン」 2009年 以降、「国家の猫ムラヤマ」、「バイトのコーメイくん」、「アンモラル・カスタマイズZ」 いずれも2012年 、「ニコニコはんしょくアクマ」 2013年 、「負ける技術」 2014年、文庫版2015年 、Web連載漫画「ヤリへん」 2015年 など切れ味鋭い作品を次々と生み出す。 「やわらかい。 課長起田総司」単行本は全3巻発売中。 予めご了承ください。 連載一覧 第192回 第191回 第190回 第189回 第188回.

次の