イー ライン 矯正 歯科。 イーライン矯正歯科|各地域の矯正歯科医院|大人のための裏側矯正

横浜・矯正歯科ブログ

イー ライン 矯正 歯科

2-1. 「美しく調和のとれた横顔・口元のバランス」に影響を与える要素 「美しく調和のとれた横顔・口元のバランス」= 「イー・ライン(Eライン)」と「上下の口唇」の位置関係 であることを見てきました。 このうち矯正治療で、コントロールできるのが「上下の口唇の位置」です。 理由は、「上下の口唇の位置」は「前歯の位置」と関係があるからです。 2-2. 口唇の位置に影響を与えるもの 「上下の口唇の前後的な位置」に影響を与える要素の1つは、「上下の前歯の前後的な位置」です。 そのため「上下の前歯の前後的な位置」に悪影響を与えるような歯列不正がある場合には、「美しく調和のとれた横顔」に影響を与える場合があります。 上顎前突(出っ歯)図4-1. 2、下顎前突(受け口)図5-1. 2、上下顎前突 図6-1. 2などの歯列不正が該当します。 4-1. イー・ライン(Eライン)と歯列のデコボコ 次のような場合は、どのような治療プランを考えたら良いでしょう? 「イー・ライン(Eライン)に対して、理想的な口元のバランスをしているが、歯列にはデコボコが強くみられる。 」 このような場合は、口元のバランスを極端に崩すことなく、デコボコを改善する必要があります。 そもそも、デコボコは歯が並ぶ隙間がないことで生じていることがほとんどです。 少し専門的には「歯と歯槽基底(歯が並べる骨)の大きさの不調和が生じている」となります。 そのため、デコボコを並べるのに必要な隙間の量を計算して「それを作り出す」ことになります。 そこで一番多い解決方法が「抜歯」です。 前から4番目の第一小臼歯を抜歯してデコボコを並べるのです。 4-2. 抜歯をするのには理由があります。 ここでしっかり理解していただきたいことは 「歯列矯正で抜歯をする場合は、必ず理由がある」 ということです。 「抜歯をしないと治療目標が達成できない、もしくは抜歯をしたほうがより多くのメリットを得られる」 このような場合に矯正医は抜歯を選択するのです。 インターネットでは「歯を抜かない矯正」を「極端に宣伝」しているクリニックもあります。 患者様の誤解を招くような表現も見受けられます。 *当然歯を抜かない矯正をしっかりマスターし実践しているドクターも多数います。 歯列矯正に関して十分に理解している歯科医師であれば誰しも「可能な限り歯は抜きたくない」と考えていますし、そのようなトライもします。 しかし「歯を抜かないこと」が治療目標ではないですよね? 歯列不正を改善し健康に咬めること。 それが長期にわたって安定していること。 口元のバランスがとれていること。 などを達成するのが治療目標です。 歯を抜かないことにこだわりすぎたために、口元が極端に突出したり、顎関節症を訴える方も多くいらっしゃいます。 歯列矯正は、矯正歯科専門医での受診をお勧めします。 横浜・矯正歯科ブログ一覧• 2018年10月12日• 2018年9月18日• 2018年1月30日• 2018年1月29日• 2018年1月28日• 2018年1月27日• 2018年1月26日• 2018年1月25日• 2018年1月24日• 2018年1月23日• 2018年1月22日• 2018年1月21日• 2018年1月20日• 2018年1月18日• 2018年1月17日• 2018年1月16日• 2018年1月15日• 2018年1月14日• 2018年1月13日• 2018年1月12日• 2018年1月10日• 2018年1月9日• 2018年1月8日• 2018年1月7日• 2018年1月6日• 2018年1月5日• 2018年1月4日• 2018年1月3日• 2018年1月2日• 2018年1月1日 Filed Under:.

次の

イーライン矯正歯科|各地域の矯正歯科医院|大人のための裏側矯正

イー ライン 矯正 歯科

2-1. 「美しく調和のとれた横顔・口元のバランス」に影響を与える要素 「美しく調和のとれた横顔・口元のバランス」= 「イー・ライン(Eライン)」と「上下の口唇」の位置関係 であることを見てきました。 このうち矯正治療で、コントロールできるのが「上下の口唇の位置」です。 理由は、「上下の口唇の位置」は「前歯の位置」と関係があるからです。 2-2. 口唇の位置に影響を与えるもの 「上下の口唇の前後的な位置」に影響を与える要素の1つは、「上下の前歯の前後的な位置」です。 そのため「上下の前歯の前後的な位置」に悪影響を与えるような歯列不正がある場合には、「美しく調和のとれた横顔」に影響を与える場合があります。 上顎前突(出っ歯)図4-1. 2、下顎前突(受け口)図5-1. 2、上下顎前突 図6-1. 2などの歯列不正が該当します。 4-1. イー・ライン(Eライン)と歯列のデコボコ 次のような場合は、どのような治療プランを考えたら良いでしょう? 「イー・ライン(Eライン)に対して、理想的な口元のバランスをしているが、歯列にはデコボコが強くみられる。 」 このような場合は、口元のバランスを極端に崩すことなく、デコボコを改善する必要があります。 そもそも、デコボコは歯が並ぶ隙間がないことで生じていることがほとんどです。 少し専門的には「歯と歯槽基底(歯が並べる骨)の大きさの不調和が生じている」となります。 そのため、デコボコを並べるのに必要な隙間の量を計算して「それを作り出す」ことになります。 そこで一番多い解決方法が「抜歯」です。 前から4番目の第一小臼歯を抜歯してデコボコを並べるのです。 4-2. 抜歯をするのには理由があります。 ここでしっかり理解していただきたいことは 「歯列矯正で抜歯をする場合は、必ず理由がある」 ということです。 「抜歯をしないと治療目標が達成できない、もしくは抜歯をしたほうがより多くのメリットを得られる」 このような場合に矯正医は抜歯を選択するのです。 インターネットでは「歯を抜かない矯正」を「極端に宣伝」しているクリニックもあります。 患者様の誤解を招くような表現も見受けられます。 *当然歯を抜かない矯正をしっかりマスターし実践しているドクターも多数います。 歯列矯正に関して十分に理解している歯科医師であれば誰しも「可能な限り歯は抜きたくない」と考えていますし、そのようなトライもします。 しかし「歯を抜かないこと」が治療目標ではないですよね? 歯列不正を改善し健康に咬めること。 それが長期にわたって安定していること。 口元のバランスがとれていること。 などを達成するのが治療目標です。 歯を抜かないことにこだわりすぎたために、口元が極端に突出したり、顎関節症を訴える方も多くいらっしゃいます。 歯列矯正は、矯正歯科専門医での受診をお勧めします。 横浜・矯正歯科ブログ一覧• 2018年10月12日• 2018年9月18日• 2018年1月30日• 2018年1月29日• 2018年1月28日• 2018年1月27日• 2018年1月26日• 2018年1月25日• 2018年1月24日• 2018年1月23日• 2018年1月22日• 2018年1月21日• 2018年1月20日• 2018年1月18日• 2018年1月17日• 2018年1月16日• 2018年1月15日• 2018年1月14日• 2018年1月13日• 2018年1月12日• 2018年1月10日• 2018年1月9日• 2018年1月8日• 2018年1月7日• 2018年1月6日• 2018年1月5日• 2018年1月4日• 2018年1月3日• 2018年1月2日• 2018年1月1日 Filed Under:.

次の

イー・ライン(Eライン)

イー ライン 矯正 歯科

e-line. 口コミ評判や料金について紹介します。 イーライン矯正歯科の口コミ 「矯正治療後4年たちましたが、今でも歯並びがキレイなままです。 小さなことにも相談にのってくれるし、ちょっとしたトラブルも即対応と、とても良心的でした。 スタッフと患者との食事会のようなイベントもあり、フレンドリーです」 「担当の先生と助手の方がよく変わりますが、どの先生も誠実で技術に長けていました。 装置を付ける前の準備期間も含めると、3年位かかりましたが、満足しています」 「裏側矯正なので人目を気にすることもなく、いつの間にかキレイになれて嬉しいです。 装置が小さいおかげで、ほとんど痛みを感じることもありませんでした。 見た目もかみ合わせも良くなり、こちらで矯正を受けて本当に良かったと感じています」 「歯医者さんが勧める歯科医としておすすめされました。 医師の技術力やスタッフの対応もすべてが高水準だと思います。 待ち時間もほとんどなくスムーズでした。 装置が目立たない裏側矯正なので、ストレスなく治療することができました」 「現在通っています。 抜歯をしたのですが、仮歯をキレイに付けて頂けました。 患者一人一人に衛生士さんが一人付く体制なのですが、これがVIPのようでなんだか楽しいです」 イーライン矯正歯科の特徴 日本初の裏側矯正専門クリニック イーライン矯正歯科は日本で初めて 裏側矯正の専門クリニックとしてスタートして30年あまり。 これまでに 5,000名を超える患者を治療してきた実績があり、裏側矯正においての症例数は、断トツで日本一を誇ります。 裏側矯正の第一人者である院長をはじめ、医師は全て裏側矯正のエキスパート。 スタッフ全員で素敵な笑顔づくりを手伝う チーム医療で、最高水準の治療を行います。 裏側矯正専門クリニックだからこその魅力は、最新の装置を取り扱っていることです。 STbの開発者である院長が2015年、究極の 舌側矯正装置「ALIAS」を開発しました。 特許を取得した世界初のスクエアスロット、セルフライゲーションブラケット、ストレートワイヤーシステムにより、「確実」「早い」「快適」を実現します。 このALIASは、STbを原型モデルとした装置で、まさに最新のシステム。 今まで裏側矯正をしたくても「時間がかかりそう」「話しづらそう」というデメリットが気になっていた方は、このALIASの誕生でイメージがガラリと変わるかもしれません。 裏側矯正の権威が治療を担当 イーライン矯正歯科の竹元院長は、世界舌側矯正歯科学会の発足メンバーです。 第1回 大会長、第2回世界学会会長の大役も果たしている 裏側矯正の世界的権威のため、矯正治療においては指導者的立場となっています。 日本矯正歯科学会の 専門医でもあり、治療への信頼感は抜群。 現在はイタリアのフェラーラ大学をはじめとする世界20ヶ国で教育活動を行っていたり、開発した「舌側矯正STb装置」の研究改良を行っています。 日本・世界ともに講演も多く、国際的に高い評価を得ているのも特徴。 講演会には質の高いプロフェッショナルな治療技術を学ぶために、世界からのべ5,000名以上の矯正歯科医が参加したというから、その実力がうかがえます。 イーライン矯正歯科の費用目安• カウンセリング 無料• 検査料 32,000円• 診断料 9,000円• 矯正治療 裏側矯正400,000円~、歯列全体の矯正(S. b-SL使用)1,020,000円~ イーライン矯正歯科の基本情報 クリニック名 イーライン矯正歯科 所在地 東京都千代田区九段南2-5-7 電話番号 03-3264-8814 アクセス JR「市ヶ谷駅」、東京メトロ東西線・半蔵門線「九段下駅」2番出口、営団地下鉄半蔵門線「半蔵門駅」5番出口。 いずれも駅(出口)から徒歩7~8分。 診療時間 月~水・金曜日 13:00~19:00/土曜日 9:00~17:00 休診日 木・日・祝.

次の