アメリカ と 中国 戦争。 今アメリカと中国との冷戦状態にあります。本当の戦争になったら、戦地は日本になるのでしょうか?そして日本は朝鮮半島のように分断するのでしょうか?

もしアメリカと中国が戦争したら?軍事シミュレーション コメント付き 海外動画

アメリカ と 中国 戦争

選挙期間中から「トランプ・リスク」がささやかれ、当選後も、その一挙手一投足が注目されたトランプ氏だが、いよいよトランプ政権がスタートした。 アメリカで政権交代が行われ、 中国では秋に共産党全国代表大会が開かれるなか、フランスで大統領選挙、ドイツやオランダで総選挙が行われるヨーロッパでは、イギリスが3月末までにヨーロッパ連合(EU)離脱を通告する予定だ。 今後、世界はどう動くのか。 1月26日発売の『』(徳間書店)の著者で経済評論家の渡邉哲也氏に聞いた。 渡邉哲也氏(以下、渡邉) 一言でいえば、「トランプ大統領が中国を叩き潰す」ということになりそうです。 私は、今年はアメリカと中国の「経済戦争」の元年だと思っています。 トランプ政権の中国に対する姿勢は、閣僚人事を見れば明らかです。 新設された国家通商会議のトップには、ピーター・ナバロ氏が起用されましたが、ナバロ氏は過去に「中国製品を買うべきではなく、購入すれば国家安全保障上の脅威となる」と発言している人物です。 また、通商代表部の代表に起用されたロバート・ライトハイザー氏も、中国製鉄鋼のダンピング(不当廉売)輸出を批判するなど、対中強硬派として知られています。 今後、トランプ政権の通商戦略は、このナバロ氏とライトハイザー氏が司令塔となって進められます。 また、台湾を中国の一部とみなす「ひとつの中国」の原則を見直すことを表明するなど、トランプ大統領は各方面から中国を揺さぶっています。 オバマ政権とは打って変わって、トランプ政権の対中政策はかなり厳しいものになることは間違いないでしょう。 渡邉 これは、中国の経済基盤と産業構造を否定するものです。 しかし、それは同時に先進国で大量の失業者を生むことにつながり、世界各国で紛争の原因にもなりつつあります。 資源や食糧は有限のため、人口の多い新興国が発展すれば、資源や食糧の枯渇、やがては奪い合いにつながります。 中国が急成長することで、地球が発展の限界を迎えていると言い換えてもいいでしょう。 トランプ大統領は、そうした流れにも「待った」をかけているわけです。 本書で詳しく述べていますが、この対立構造においてはアメリカのほうが圧倒的に有利です。 中国側は有効なカードを持っていないに等しいのですが、習近平国家主席は求心力を失いたくないために引くに引けないのも事実。 しかし、中国は、国家運営の根幹となる穀物もアメリカからの輸入に頼る構造になっており、環境問題の悪化によって食糧問題が悪化することがあっても、改善する可能性は低い。 だからこそ、南シナ海の領土拡張など海外侵略を狙っているわけですが、これもアメリカとの大きな対立要因になっています。

次の

21世紀の世界覇権国争い「アメリカvs中国」について ‐「米中戦争前夜」を読んだ考えたこと‐

アメリカ と 中国 戦争

フランスの生理学・医学の権威でノーベル賞受賞者のリュック・モンタニエ博士は「武漢コロナは生物化学兵器関連の人工のもの」と断定し、欧米は同博士の見解に賛意を示した。 豪政府は「WHO抜きの調査団を派遣せよ」と発言した。 今や中国は四面楚歌、「中国之夢」は悪夢となった。 元凶説を中国は真っ向から否定するが、もはや欧米は聞く耳を持たない。 そして、中国への賠償訴訟が次々と提示され、民間の弁護士や団体ばかりか、ついに米ミズーリ州の司法長官が正式に提訴した。 米国では、上院のトム・コットン議員やジョシュ・ホーリー議員、下院のランス・グッデン議員やジム・バンクス議員らも、感染拡大を隠蔽した中国当局の高官を処罰し、損害賠償を求める決議案や、最初に告発して犠牲となった医師の名前を冠して「李文亮法案」「ストップCOVID19法案」などを提出した。 英国、エジプト、インド、オーストラリア、ブラジル、トルコ、ポーランドなどでも提訴の動きが表面化している。 中国の死者数を超え、被害が最悪となった米国のドナルド・トランプ大統領は「中国の発表数字はおかしい」と疑問を投げつけた。 これまで親中路線を歩んだアンゲラ・メルケル独首相も「情報の透明性が必要」と中国を諭した。 メルケルは、側近が感染したため自主的に2週間の隔離状態にあった。 ボリス・ジョンソン英首相は一時危篤状態だった。 志村けんの死亡は日本と台湾に衝撃を運んだが、中国は「志村けんの死因は『台湾肺炎』による」とフェイク情報を流した。 また「中国に責任はない。 米軍が持ち込んだのだ」と中東、アフリカで嘘放送のキャンペーンを張っている。 賠償請求の動きに関しては「エイズは米国から発生したが、米国の責任を問うたか。 米国は賠償したか。 中国も今回は被害者である」と嘯いた(中国外交部、4月20日)。 中国経済、マイナス成長で失業者2億人に ともかく「武漢コロナ」の世界的流行、感染拡大によって、2020年第1四半期の中国GDP(国内総生産)は公式にマイナス6. 8%となった。 本当はマイナス30%以下だろう。 毎年高度成長を遂げて弾丸列車のように驀進してきた 中国経済に急ブレーキがかかった。 中国の至るところで失業者があふれ出し、暴動予備軍となっている。 中国の雑誌「財新」でさえ、失業は2億人と見積もっている。 3月に開かれる予定だった全人代(全国人民代表大会)は開催の目処も立たず、4月の国賓としての訪日は流れ、習近平国家主席は窮地に追い込まれた。 もし5中全会(中央委員会第5回全体会議)を開催すると、責任問題が噴出し、習近平は詰め腹を切らされるというシナリオが急浮上した。 しかし、中国の死者より米国、イタリア、スペイン、フランス、英国、イランの犠牲者数が多くなり、とりわけ欧米先進国は病院崩壊の危機対策に追われて、中国バッシングどころではなくなった。

次の

米中貿易戦争のウラで、いま中国で起きている「ヤバすぎる現実」(週刊現代)

アメリカ と 中国 戦争

米中首脳会談(2017年4月7日)• - の期間中、のちにになるは、選挙期間中に、中華人民共和国との間の膨大な貿易不均衡を問題として取り上げ始めた。 4月7日 - ()が訪米して行われた米中首脳会談では、貿易不均衡の問題を解消するための米中包括経済対話メカニズムの立ち上げが合意されるとともに、アメリカの対中輸出を増やすための100日計画策定が取り決められた。 しかしながら同年7月に行われた閣僚級による包括経済対話メカニズムの交渉は進展を見ないまま頓挫した。 2017年8月1日 - トランプ政権は、中国に対し不公正な貿易慣行がないかアメリカ通商法に基づく調査を始める検討に入った。 2017年9月18日 - のは講演中で、外国企業が中国に進出する際に技術移転を強要し、その上で不公正な補助金で輸出を促進する中国が国際的な貿易体制の脅威になっていると主張。 これに対して中国の高峰報道官が企業間の取引の話であり、中国政府による干渉は一切ないと反論を行った。 2017年11月9日 - トランプ大統領が訪中して行われた米中首脳会談では、対中貿易赤字削減のために総額2535億ドルの商談が調印されるも殆どは覚書や協議書であった。 2018年の動き [ ] 追加関税措置発動前 [ ] 米中通商協議で訪米した副首相と会見するトランプ大統領(2018年5月)• 1月12日 - 中国税関総署が2017年の対米貿易額を発表。 対米額は2,758億1,000万ドルと過去最高を更新。 2016年にアメリカが輸入した太陽光発電パネルの国別シェアは1位がで、2位が中国。 3月1日 - アメリカが232条に基づき、製品に追加関税を行う方針を発表。 アメリカの安全保障を理由にするもので、中国を含めたほとんどの国が対象となった。 3月23日 - アメリカによる鉄鋼、アルミ製品への追加関税措置が発動。 中国商務省は、128品目のアメリカ製品に対し約30億ドルの追加関税をかける報復措置の計画を発表。 4月3日 - はとやなどといった輸入額の大きい消費財を除外しつつ、や 、、、などの中国製品1,300品目の特定を発表。 4月16日 - は、がアメリカによる措置に違反し、イランにアメリカ製品や技術を輸出していたとして、アメリカ国内において向こう7年間の販売禁止措置を発表。 5月3日 - 北京にて貿易摩擦解消のための米中閣僚級会議が開催。 5月17日 - ワシントンにて米中閣僚会議が開催。 5月22日 - 中国が閣僚会議を受けて輸入される自動車および自動車部品などの関税の引き下げ措置を発表。 6月2日 - 閣僚会議を受けてアメリカはZTEの販売禁止措置解除を発表。 6月11日 - アメリカは知的財産の保護を目的に科学技術を学ぶ中国人に対するの発給を厳格化。 6月16日 - アメリカ側が中国から輸入されるや情報技術製品、など1,102品目に対し、7月6日から段階的に500億ドル規模の追加関税措置を行うと発表。 中国側も課税された際の対抗措置として自動車や農産物など659品目(後に2回合計878品目に変更)について追加関税措置を行うと発表。 6月20日、アメリカは中国製、製、製、製、製の一部品目を対象に鉄鋼輸入制限の初の除外を発表。 貿易戦争の開戦と休戦 [ ]• 7月6日 - アメリカが中国から輸入される818品目に対して340億ドル規模の追加関税措置を発表。 当初のリストからなどの515品目を除いた。 中国も同規模の報復関税を発動した。 545品目の米国製品に追加関税25%を適用したことで、に対する輸入関税は3%から28%に増大したため、大豆油抽出後の脱脂大豆価格が高騰し、これを飼料として用いる豚、牛、羊、鶏などのの価格の上昇に繋がった。 中国商務省は「史上最大の貿易戦争を仕掛けた」と非難した。 7月10日 - アメリカは中国の報復関税に対する追加措置として、中国からの衣料品や食料品など6,031品目に対し2,000億ドル規模の追加関税を検討することを発表。 リストアップされた品目には、近年アメリカに輸入されていないものも含まれており、課税対象品目は上限に達しているものと考えられている。 7月13日 - アメリカはZTEの販売禁止措置を解除。 中国税関総署は2018年上半期の対米貿易額を発表。 上半期の対米貿易黒字額は1,337億ドルと前年同期比で13. 8月23日 - 米中が第二弾の関税措置を発動。 9月18日 - アメリカの第三弾の関税措置の発動予告をうけ、中国はに申し立てを行った。 9月21日 - 中国がアメリカとの貿易協議を拒否。 9月24日 - 米中が第三弾の関税措置を発動。 当初は6031品目の予定だったが、5745品目に減らした。 アメリカはなど、中国はなどを草案から外した。 中国は米中貿易戦争に関する白書を発表し、外資系企業に技術の強制移転を求めているとアメリカが主張する件に関しては、強要しておらず事実の歪曲だと主張した。 10月4日• 副大統領がハドソン研究所で講演を行い中国を強く批判した。 中国が政治及び経済において自由が拡大することを期待して、中国がアメリカ経済にアクセスすることを許可し、WTOに加盟させたが、不適切な貿易慣行・関税・輸入枠があり、通貨操作し、技術を強制移転させ、知的財産を窃盗し、不適切に補助金を配布し、自由で公正な貿易とは相容れない行動を行っていると批判した。 さらには軍事技術まで取得しようとしていると述べた。 南シナ海や尖閣諸島など軍事力を行使していると述べた。 監視社会を構築し、国民の自由と人権を奪っている。 キリスト教・チベット仏教・イスラム教などを宗教弾圧している。 借金漬け外交を行い、借金を返せなくなった国から港などを取り上げようとしている。 また、の超小型埋め込み疑惑やの ()なども牽制し 、アメリカでスパイ活動や宣伝工作を行い、中間選挙に干渉したと述べた。 はアメリカのが材料や部品の調達で中国に過度に依存かつ中国からのハッキングに脆弱だとする報告書を発表した。 10月17日 - アメリカは中国への優遇を理由にからの脱退を表明し 、中国はこれに反発した。 10月24日 - 米欧州陸軍の元司令官ベン・ホッジスが避けられないわけではないが、15年以内にアメリカが中国と戦争になる可能性は極めて高いと述べた。 10月31日 - 2018年10月は世界同時株安になり、アメリカのは下落率-6. 98、10月終値2711. 74)で2011年9月以来の下落率だった。 は下落率-9. 04、10月終値21920. 46)で2016年6月以来の下落率。 は下落率-7. 35、10月終値2602. 78)。 が毎週発表する新規失業保険申請件数(季節調整済み)は2009年3月28日以降減り続けているが、2018年9月15日の20. 2万件を底にして第三弾の関税措置を発動以降は増加傾向(景気悪化)になった。 11月1日 - トランプ大統領と習近平国家主席(総書記)が電話会談を行い、貿易問題や北朝鮮問題で非常に良好な対話が出来、12月1日のでの米中首脳会談で良い対話が出来るとで投稿した。 11月9日 - 財務長官と副首相が電話会談を行ったが進展は無かった。 米大統領補佐官が、金融機関は米中の貿易問題の早期解決を促すような圧力をかけるなとワシントンで講演した。 この講演以降再び世界同時株安となったが、トランプ大統領は11月12日に、民主党による大統領ハラスメントの見通しが株価下落の原因であるとTwitterに投稿した。 11月13日 - 首相がアメリカ側と交渉する意思があり、双方が受け入れ可能な解決策を見つけ出す知恵が双方にあると確信していると述べた。 国家経済会議委員長が、結論は分からないが、あらゆるレベルで協議を続けているとのテレビインタビューで答えた。 11月16日 - トランプ大統領が中国が貿易合意を求めており、追加関税を課す必要がなくなる可能性もあるが、現時点での中国側の提案は互恵的ではなく受け入れることが出来なく、142項目に加えて重要な4〜5項目を追加で回答して欲しいと発言した。 トランプ大統領の発言の直後、の役人が、話し合いがすぐにまとまる見通しの訳ではないので、発言を深読みしないで欲しいとも言った。 11月17日 - で国家主席(総書記)が保護主義と単独主義が世界経済に影を落としていると述べてアメリカを牽制し、副大統領が中国が不公正な貿易慣行を是正するまで関税を続ける方針を表明した。 マイク・ペンス副大統領は、貿易慣行・関税・輸入枠・技術の強制移転・の侵害・南シナ海などの航行の自由・イスラム教徒弾圧などの人権問題が米中の間で問題になっていると述べた。 11月18日に閉幕したが、米中の対立が深く、アジア太平洋経済協力会議では1993年からの首脳会議を開催以来初めて首脳宣言を採択できなかった。 11月19日に報道官が、アメリカが怒った態度でスピーチをし、建設的な雰囲気を破壊したため、首脳宣言を採択できなかったと述べ 、外相もアメリカが保護主義を正当化して押しつけたのが原因だと述べた。 11月23日に5日遅れで議長声明を公表し、恒例として首脳宣言に盛り込んでいた「保護主義と貿易をゆがめる手段と闘う」とする記述は削除された。 11月19日 - が人工知能・ロボット・マイクロプロセッサなどに対する輸出規制のパブリックコメントの募集を始めた。 特定の国は明記されていないが、中国を念頭に置いたものであるとされる。 11月20日 - アメリカ通商代表部が通商法301条に基づく報告書 UPDATE CONCERNING CHINA'S ACTS, POLICIES AND PRACTICES RELATED TO TECHNOLOGY TRANSFER, INTELLECTUAL PROPERTY, AND INNOVATION にて、中国が不当な慣行を是正していないとの見解を表明した。 中国は建設的に対応しておらず、政策を変更する意思がないことを中国側は明確にしたと書いた。 11月22日に報道官は根拠のない批判であると述べた。 11月21日 - が、もし、米中が第四弾の関税措置を発動して全商品に関税をかけた場合、2021年にかけてアメリカは1. 11月22日• アメリカ政府が日本などの同盟国に対しての通信機器を使用しないように要請したとウォール・ストリート・ジャーナルが報道した。 イギリス政府は11月6日 に、オーストラリアは8月23日 に、ニュージーランドは11月28日 に、ファーウェイの機器を国内で使用しないように要請していると報道されていた。 ドイツ政府は12月7日に排除しないと表明した。 11月23日 - の王受文 副部長がWTO改革に関する記者会見で、中国はであり、中国は貿易において特別な優遇をされる必要があり、とは異なるルールで貿易を行って良いと改めて主張した。 欧米諸国は世界第2位の経済大国であるが故に貿易で中国を特別扱いするべきではないと主張している。 11月26日• トランプ大統領は、が7工場閉鎖することに対して 、アメリカの4工場は閉鎖するが、中国の工場は閉鎖しないため、中国での生産を停止しオハイオ州に戻るように補助金を出さないと予告 する形で圧力をかけていると述べた。 ウォール・ストリート・ジャーナルはゼネラル・モーターズが中国工場を停止できないのは、トランプ大統領が仕掛けた関税合戦のため中国向けは中国で製造しなくてはいけなくなっているからであると分析している。 11月27日• 国家経済会議委員長が、米中首脳会談は12月1日の夕食会になる予定と述べ、依然意見は対立しているが、取引できる可能性がかなりあると考えており(なお同一の会見を楽観的と要約したメディアと懐疑的 と要約したメディアがある)、行き詰まりを打開する好機であり、習国家主席(総書記)は本腰を入れて、新しい考えをわれわれに提示することができると述べた。 ただし、中国側はアプローチを大きく変えていないため、これまでの反応に失望しているとも述べた。 財務大臣が、10月4日の副大統領のハドソン研究所での講演がアメリカ政府としての主張であり、中国政府は公式に反論していなく、それゆえ、アメリカの対中戦略が進んでいき、対立が長期化すると述べた。 そして、対中強硬論はトランプ大統領の思いつきではなく東部エスタブリッシュメントの意見として捉える必要があり、11月12日にペンス副大統領が来日した際に日本政府に説明したと述べた。 米議会の報告書によると、ではイスラム教徒100万人が再教育施設に強制収容されているが、駐米大使は、あくまでもと同等であるテロリストへの再教育であり、アメリカが本件で制裁の発動に踏み切れば中国側も報復措置に出ると警告した。 また、貿易摩擦において、中国政府が世界で最も保有するを武器として使うことを真剣に検討しているとは思わないと述べた。 また、中国が意味のある改革案を携えて交渉のテーブルに着こうとしていないと述べた。 11月29日 - トランプ大統領が、中国との通商交渉妥結に近づいているものの、自分が望んでいるかは定かでないと発言した。 報道官が、米中首脳会談で前向きな結果を期待していると述べた。 11月30日 - 中国当局者はコンセンサスが着実に高まっているとの認識を示した。 アメリカ株はが11月最後の週で4. 12月1日 - 米中首脳会談で貿易問題が議論された。 議論を延長し、90日間まで(2019年2月28日まで )は関税のこれ以上の引き上げを延期することとした。 中国が農産品、エネルギー、工業製品などを大量に購入することで合意し、農産品はすぐに輸入を開始することに合意した。 によるの買収は、中国独禁当局が一度拒否したが、再度申請されれば審査するとした (クアルコムは12月3日に再申請しない旨を表明した )。 米国側は下記5点を90日以内に解決したいとしている。 米企業への技術移転の強要• 知的財産権の保護• サービスと農業の の柱である産業補助金の見直しや分野での政策見直しは、中国側の反発により、協議の対象から外された。 貿易問題ではないがペンス副大統領がAPECの際に上げていた、南シナ海およびイスラム教徒の問題も議題から消えた。 上記5点のうち技術移転の強要とサイバー攻撃は行っていないと中国は主張している。 中国商務部の王受文 副部長は第一弾、第二弾の500億ドル分の関税を「取り消す方向で協議する」と述べた。 問題については、1つの中国という原則をアメリカが維持していくことも申し合わせた。 ブルームバークは中国は大豆などは輸入する必要があり、その輸入先がアメリカに切り替わるだけで、輸入額は変わらないだろうと分析している。 また、アメリカ側も、中国が購入する分だけ、他の国がアメリカ以外から購入するようになり、結果として、米中共に輸出入額の総額はあまり変化しない可能性もある。 アメリカ側は論点を5点上げているのに対して、中国側は貿易問題とのみ発表している。 12月2日 - トランプ大統領が、中国は自動車への輸入関税の引き下げ・撤廃に同意したとTwitterに投稿した。 12月3日• 中国外交部報道官が、米中首脳が関税措置全廃への取り組みを経済チームに指示したと述べた。 2019年2月28日まではアメリカ側の交渉責任者はライトハイザー通商代表に変更になった。 知財権侵害と技術移転の強要に関して合意にかなり近づいていると述べた。 ムニューシン財務長官は、詳細は詰めていないが、中国は1. 2兆ドルを超える輸入拡大の意向を示したと述べた。 12月4日• トランプ大統領は、自分は Tariff Man 関税の男 であるとTwitterに投稿した。 90日の猶予期間については延長する可能性もあると示唆し、延長されなければ追加関税を課すと明言した。 ポンペオ国務長官は、ロシア・中国・イランなどの厄介者が利益を得る事態に歯止めを掛ける観点から、国際協定からの脱退を進める方針を示した。 のカール・ブラウナー事務局次長は、世界的な貿易システムは危機的な状態にあるとの認識を示した。 誰もが好き勝手に行動すれば、すべてが終わりになると警告した。 世界同時株安になり、アメリカ株のは1日で3. 2018年10月10日の3. 12月5日• 中国とアメリカには発表のずれがあったが、中国側が交渉期限が90日以内であることを初めて公式に認めた。 交渉内容の詳細は12月6日以降に発表するとした。 中国が大豆との輸入再開の準備を始めた。 しかし、関税がどうなるかは未確定。 12月6日• アメリカ政府の要請でカナダ司法省は、アメリカがを科すに製品を違法に輸出した疑いで、の創業者の娘で副会長兼CFOのを逮捕した(逮捕自体は12月1日の米中首脳会談の頃 )。 駐カナダ中国大使館は重大な人権侵害だと批判した。 取引は、アメリカ連邦政府が任命した担当監視官がHSBCにて発見した。 アメリカ商務省が発表した2018年10月の貿易収支の赤字額は2008年10月以来の大きさであった。 モノとサービスの輸出が0. 赤字縮小のために、中国に対して関税措置を行ったが、逆効果であった。 孟晩舟の逮捕以降、中国国内では彼女の逮捕やファーウェイの排除に対抗してなどのアメリカ製品に対するが広がっていると報じられており、香港の紙のは12月8日、「中国の複数の企業が、米Apple社のスマートフォンであるの使用を中止するよう従業員に通知した」と報道した。 12月7日 - 日本政府は、セキュリティ上の懸念から、中央省庁や自衛隊などが使用する製品・サービスからファーウェイとZTEを事実上排除する見通しであると報道された。 12月8日• の楽玉成副部長は、ファーウェイの件で、カナダの駐中国大使を呼び出し、釈放しなければ重大な事態を招き、その全ての責任はカナダが負うと抗議した。 12月9日、アメリカの駐中国大使を呼び出し、米国の行為は中国国民の合法的かつ正当な権益を重大に侵害していると強烈な抗議を申し入れ、中国は米国の行動を見極めてさらなる対応をすると述べた。 の大佐は、航行の自由作戦で南シナ海をアメリカの戦艦が通過した際に、2隻の軍艦を派遣し、武力攻撃をすべきだと述べた。 中国の2018年11月の対米黒字は過去最大を更新した。 12月10日• 中国は、カナダの元外交官マイケル・コブリグ および北朝鮮との文化交流を行っているカナダ人のマイケル・スパバ を拘束した。 報道されたのは、マイケル・コブリグが12月11日、マイケル・スパバは12月13日。 日本の携帯電話キャリアはファーウェイおよびZTEの基地局を使用しない方針と報道された(携帯電話端末は対象外)。 ソフトバンクは既存のの基地局も、ファーウェイからエリクソンやノキアに切り替えるとした。 携帯通信インフラの市場シェアは、2017年はファーウェイが1位、ZTEが4位。 12月11日• トランプ大統領は、ファーウェイCFO逮捕の問題が、貿易交渉や安全保障に影響するならば米司法省に介入すると述べた。 ただし、このようなことを行うと、将来の経済問題で、アメリカとの交渉を有利に進めるために、アメリカ人の拘束が進むと非難された。 カナダの裁判所は、ファーウェイCFOの保釈を認めた。 12月13日• 中国が大豆の輸入を開始したとブルームバークが報道した。 日本政府は、ファーウェイやZTEを念頭に、電力・水道・金融・情報通信・鉄道などインフラ14分野で、民間企業・団体に情報漏洩や機能停止の懸念がある情報通信機器を調達しないよう求めると報道されたが 、官房長官は、この報道に関して、政府調達のみで、現段階で民間企業に要請を行う予定はないと述べた。 大統領補佐官は、にて講演を行い、中国は賄賂や不透明な合意を利用して諸国を戦略的に借金漬けにし、隷属状態にしているが、アメリカは世界史上最も非帝国主義的な超大国であり、アフリカ大陸全般に無差別に援助することはせず、独立・自立・成長というビジョンで、アメリカの国益にかなう国々に優先的に投資すると述べた。 12月14日• 12月17日• アメリカのシアWTO大使は、中国の不公平な競争の慣行は外国企業や労働者に悪影響を与えWTOルールに違反していると指摘した。 中国の張向晨WTO大使は、国家の安全保障上の懸念を口実にした保護主義だと指摘した。 EUのファンヒューケレンWTO大使は、WTOが深刻な危機状態にあり、アメリカの貿易制限政策を批判した。 日本・スイス・カナダもアメリカの通商政策を批判した。 WTOはアメリカの貿易政策の焦点が、自国の安全保障を支え、自国経済を強化するための政策に移っていると指摘する報告書をまとめた。 アメリカ農務省は、貿易戦争で打撃を受けている農家を支援するため、最大120億ドルの第二弾の補助金の支払いを始めたと発表した。 農家はトランプ氏の大統領選勝利を後押しした支持層の1つ。 12月18日 - ムニューシン財務長官は、米中両国は90日間の期限内(2019年3月1日まで)に合意事項を文書化することに注力していて、1月に会合が実施されると予想していると述べた。 12月28日 - アメリカ通商代表部は対中追加関税の品目別適用除外を発表。 12月31日 - 習国家主席(総書記)は新年の挨拶で米中の貿易戦争を念頭にの堅持を演説した。 2019年の動き:事態の泥沼化 [ ] での米中首脳会談• 2月24日 - トランプ大統領は3月1日とした交渉期限を延長させることを表明。 3月11日 - を受けて中国が世界に先駆けての運航を禁止、米中貿易交渉のカードや国産航空機の市場戦略が目的ともされる。 3月28日 - アメリカ通商代表部は対中追加関税の品目別適用除外の第二弾を発表。 4月18日 - アメリカ通商代表部は対中追加関税の品目別適用除外の第三弾を発表。 協議で訪米していた劉鶴副首相は「必ず報復する。 中国は原則に関わる問題では決して譲らない」「やの余地は十分にある」と述べた。 最初の取引から日本株が大きく下げる中、中国の株価はV字回復しており、「」と呼ばれる政府系が買い支えて官製相場を演出したと観測された。 5月13日• アメリカ通商代表部は中国製品3,805品目に対し3,000億ドル規模の追加関税の第四弾を検討することを発表。 関税対象に対中依存度が8割や9割超のパソコン、スマホ、が入り 、ほぼ中国からの全輸入品となったが、レアアースやはリストから外された。 中国の国営メディアは貿易戦争で最後まで戦うことを国民に呼びかける記事や動画を一斉に配信した。 5月15日• が4カ月ぶりに安値となったことを受け 、トランプ大統領は関税を相殺しようとする中国のに対抗してに「同等の措置」を講じることを要請し 、ファーウェイによる米国からの部品調達を制限する大統領令に署名。 習国家主席(総書記)はアジア文明対話での演説での ()が米中の対立をとの「」と位置付けたことに対しての優位性を説いて他国に改革を強いる試みは「愚か」と非難した。 中国外交部報道官は、米中の貿易問題を従来の「貿易摩擦」から「貿易戦争」に表現を変更し、中国は自衛措置を講じていると述べた。 5月20日 - は北米市場で80%のシェアを占めるなどを念頭に中国政府にデータが渡る可能性があるとして中国製の購入に注意喚起した。 5月23日 - アメリカ商務省は中国などを念頭に通貨安誘導やを行った貿易相手国に対して相殺関税を課す方針を発表。 5月28日 - 中国のは米国が世界の7割を生産する中国からの輸入に8割依存しているレアアースについて声明で「米国への対抗手段となるだろうか。 言えることは、仮にレアアースを使用した製品で誰かが中国の発展を抑え込もうとするのならば中国人民は嬉しくないということだ」と述べて輸出規制を示唆した。 5月29日 - アメリカ国防総省はドローンやロボット といったハイテク製品だけでなく、や のような防衛装備品にも必要なレアアースの対中依存対策として国内生産への資金援助をやに要請した。 6月2日• 中国の国防相では8年ぶりにに出席した兼国防部部長は「貿易摩擦で米国が対話を望むならドアは開いている。 米国が戦いたいなら戦う用意はできてる」と演説した。 1日にアメリカの代行は米中の貿易問題を「貿易戦争と認識していない。 通商交渉が続いてるだけだ。 米中は最終的に問題を解決するだろう」とアジア安保会議で演説していた。 中国は米中貿易摩擦で「原則に関わる問題では絶対に譲歩しない」とする白書を発表した。 6月3日 - アメリカ通商代表部とアメリカ財務省は共同声明で中国の白書を「事実と異なることを伝える非難合戦の追求に米国は失望した」と批判した。 6月4日 - アメリカ商務省は「レアアースなしで現代の生活はあり得ない。 供給を断たれないよう米国は前例のない措置をとる」とする報告書を発表した。 6月10日 - トランプ大統領はCNBCのテレビインタビューでを支配下に置く習国家主席(総書記)は為替安誘導や金融緩和で関税を相殺して「何でも思うがままにやれている」としてと対照的に政治的に独立するFRBを「私の言うことを聞かず、中国を優位にしてる」と批判し 、で習国家主席(総書記)との首脳会談がなければ中国の全輸入品に関税を課す第四弾を直ちに発動するとも述べた。 6月17日• 中国の国家発展改革委員会はレアアース政策の策定準備を発表した。 国営のはアメリカの軍需産業を狙い撃ちする可能性を報じた。 アメリカ通商代表部が第四弾の関税をめぐる7日間の公聴会を開始した。 、、は連名の公開書簡でアメリカが9割を中国から輸入しているゲーム機を第四弾の関税対象から外すことを求めた。 6月18日 - トランプ大統領は習国家主席(総書記)との電話会談でG20大阪サミットでの米中首脳会談の開催と米中通商協議の再開で合意したと発表した。 6月21日• は、ファーウェイに続き、中国でを開発する5団体をで事実上の禁輸措置対象に指定することを発表。 、、マイクロソフト、は共同声明で第四弾の関税対象からアメリカで販売する9割を中国で生産しているパソコンを外すことを訴えた。 前日はが第四弾の関税に反対すると表明した。 6月29日 - 米中首脳会談。 G20大阪サミットのための訪日中に行われ、習国家主席(総書記)とトランプ大統領は、貿易交渉再開とファーウェイに対する禁輸措置解除と第四弾の関税の見送りで一致した。 7月9日 - 再停戦後初の電話での米中閣僚級協議を行った。 7月30日 - 再停戦後初の米中通商協議をで行った。 8月1日 - ドナルド・トランプは大阪サミットで合意された農産品の大量購入を中国は履行していないとして対中関税第四弾を9月1日に発動することを表明した。 8月5日 - 人民元が2008年以来11年ぶりに対ドルで7元台まで下落したことを受け 、アメリカ財務省は1994年7月以来初となる認定を中国に行ったと発表した。 8月6日 - 中国商務部はアメリカからの農産品の購入を中止したことを発表した。 8月13日 - アメリカ通商代表部は第四弾の関税対象からパソコン、スマホ、ゲーム機など一部品目を12月15日まで除外することを発表した。 8月23日• 9月1日 - アメリカ通商代表部は第四弾リスト1の1200億ドル分に15%の対中関税を発動し、12月15日にほぼ全輸入品の残り1600億ドル分に関税を課すことを表明した。 中国も第四弾を2回に分けてほぼ全輸入品となる計750億ドル分の5~10%の対米報復関税を表明した。 9月11日 - 中国財政部は医薬品や潤滑油など対米関税対象から初めて除外する品目を発表した。 9月20日 - アメリカ通商代表部はコンピュータ部品など437品目を追加関税の対象から除外することを発表した。 10月11日 - トランプ大統領は米中が部分合意に達したことから10月15日の関税引き上げの見送りを発表した。 12月13日 - トランプ大統領とライトハイザー通商代表は米中が第1段階の合意文書で妥結したとして12月15日に予定した第四弾リスト2の1600億ドル分の対中関税を無期限に延期し、9月1日に発動した第四弾リスト1の1200億ドル分の対中関税を7. 15日、中国国務院は予定した報復関税および対米関税の上乗せを見送ることを発表した。 2020年の動き:米中経済貿易協定の締結とコロナ禍 [ ] 米中経済貿易協定の署名式(1月15日)• 1月13日、第1段階の合意文書でを回避するとしたのコミットメントが確認されたことで中国への為替操作国認定が解除された。 1月15日 - トランプ大統領と劉鶴副首相は米中経済貿易協定に署名した。 2月1日 - 中国政府はを受け、マスクや防護服などを報復関税から除外すると発表した。 2月7日 - トランプ大統領と習近平国家主席は電話会談で米中経済貿易協定の履行を再確認した。 新型コロナウイルス感染症の流行に対して米中経済貿易協定にある災害条項の適用が取り沙汰されていたが 、中国からの正式な要請はなかったとされる。 また、は中国に約18トン分のマスクや防護服などの支援物資を空輸し、最大1億ドルの資金援助も行うことを表明した。 2月14日 - 第1段階の合意が発効され、米中は互いの輸入品に上乗せした関税を初めて引き下げた。 3月6日 - アメリカ通商代表部はを受けてマスクや、手袋など一部の医療用品を対中関税から除外した。 3月26日 - G20は共同声明で新型コロナウイルス克服のために国境を越える不可欠な医療物資のサプライチェーンを確保するという文言を盛り込んだ。 医薬品供給への影響が懸念されるなか 、新型コロナウイルスの呼称や発生地などをめぐって応酬していた米中が新型コロナウイルスは人類共通の脅威と認識して国際的な感染防止のメカニズムの構築をG20では優先することで一致したと報じた。 3月27日 - 習近平国家主席とトランプ大統領は電話会談で新型コロナウイルス対策で緊密に連携することで一致し 、米国は中国が医療物資を供与したことに謝意を伝えたとされる。 関税対象金額 [ ] アメリカ合衆国は交渉の進展に応じて、追加関税の適用範囲を4段階に分けて拡大する方法で中国に譲歩を迫った。 しかし、交渉は決裂し続け、2019年には米中双方が互いのほぼ全輸入品に追加関税を課すことを表明するに至った。 関税は中国企業だけでなく、中国で生産してアメリカに輸出している各国企業にも適用されるため、サプライチェーンを通して世界経済に大きな悪影響が生じることが指摘されていた。 に、副大統領がハドソン研究所にて講演した内容にてこれらの主張がまとめられている。 中国の経済に関するもの• 関税、貿易赤字• ()や強制的な技術移転、補助金などの• 中国の政治に対する批判• 、活動、アメリカの世論操作や選挙介入を目的とした宣伝工作• やなどを抑圧する、• の取り締まりやなどへの弾圧• による借金漬け、など的、的な外交政策 トランプ政権は、貿易赤字に関する問題は、中国が関税を適正化することで解決すると考えているが、経済学においては、アメリカの過剰消費および貯蓄率の低さが原因であると考えられている。 稼ぐ以上に消費するため赤字になる。 のではとの研究者であるによる論や 、のでもアメリカの貯蓄率の低さ・過剰消費体質が問題にされていたが 、その後一時的に貯蓄率は上がるも再び低下し、2018年には貯蓄率の低さ・過剰消費体質が問題になり 、貿易赤字の原因にもなっている。 脚注 [ ] []• 東洋経済オンライン 2018年4月12日. 2018年7月14日閲覧。 毎日新聞 2018年4月8日. 2018年7月14日閲覧。 日本経済新聞 2017年8月1日. 2018年7月14日閲覧。 NNA ASIA 2017年9月22日. 2018年7月14日閲覧。 2017年11月9日. 2018年7月27日閲覧。 ロイター通信 2018年1月12日. 2018年7月14日閲覧。 CNN 2018年1月23日. 2018年7月14日閲覧。 2018年7月14日閲覧。 日本経済新聞 2018年3月2日. 2018年7月14日閲覧。 2018年7月14日閲覧。 CNN 2018年4月2日. 2018年7月14日閲覧。 2018年4月6日. 2019年5月13日閲覧。 2018年4月4日. 2019年5月13日閲覧。 2018年4月4日. 2019年5月13日閲覧。 2018年4月4日. 2019年5月13日閲覧。 ロイター 2018年4月17日. 2018年7月14日閲覧。 産経新聞 2018年5月23日. 2018年7月14日閲覧。 2018年7月27日. 2019年5月18日閲覧。 2018年8月10日. 2019年5月18日閲覧。 毎日新聞 2017年6月17日. 2018年7月14日閲覧。 2018年6月22日. 2018年6月23日閲覧。 2018年6月20日. 2019年5月13日閲覧。 日本経済新聞 2018年7月7日. 2018年7月13日閲覧。 北村豊 2018年10月1日. 現代ビジネス(講談社). 2019年9月26日閲覧。 2018年7月6日. 2018年7月13日閲覧。 日本経済新聞 2018年7月11日. 2018年7月13日閲覧。 CNN 2018年7月12日. 2018年7月13日閲覧。 毎日新聞 2018年7月14日. 2018年7月27日閲覧。 産経新聞社 2018年7月13日. 2018年7月14日閲覧。 日本経済新聞 2018年9月22日. 2018年9月25日閲覧。 2018年9月20日. 2018年9月23日閲覧。 2018年9月20日. 2019年4月3日閲覧。 2018年10月5日. 2019年5月31日閲覧。 2018年10月5日. 2019年5月31日閲覧。 2018年10月18日. 2019年4月3日閲覧。 2018年10月18日. 2019年4月3日閲覧。 コリアワールドタイムズ. 2019年11月28日. 2020年5月18日閲覧。 2019年3月28日. 2019年5月11日閲覧。 2019年5月12日閲覧。 2019年2月25日. 2019年5月11日閲覧。 JBpress 2019年3月14日. 2019年5月16日閲覧。 ブルームバーグ 2019年3月15日. 2019年5月16日閲覧。 2019年3月16日. 2019年5月16日閲覧。 2019年4月18日. 2019年5月11日閲覧。 2019年5月15日. 2019年5月15日閲覧。 2019年5月15日. 2019年5月15日閲覧。 2019年5月7日. 2019年5月15日閲覧。 2019年5月11日. 2019年5月11日閲覧。 2019年5月10日. 2019年5月16日閲覧。 2019年5月14日. 2019年5月14日閲覧。 2019年5月15日. 2019年5月15日閲覧。 2019年5月14日. 2019年5月14日閲覧。 2019年5月16日. 2019年5月15日閲覧。 2019年5月14日. 2019年5月16日閲覧。 2019年5月17日閲覧。 2019年5月16日閲覧。 2019年5月16日閲覧。 2019年5月16日閲覧。 2019年5月18日閲覧。 2019年5月24日閲覧。 2019年5月24日閲覧。 2019年5月24日閲覧。 2019年5月29日閲覧。 2019年5月30日. 2019年6月24日閲覧。 2019年5月30日. 2019年6月24日閲覧。 2019年5月30日. 2019年5月31日閲覧。 2019年6月2日. 2019年6月2日閲覧。 2019年6月1日. 2019年5月31日閲覧。 2019年6月2日. 2019年6月2日閲覧。 2019年6月2日. 2019年6月2日閲覧。 2019年6月4日. 2019年6月6日閲覧。 2019年6月5日. 2019年6月6日閲覧。 2019年6月12日閲覧。 2019年6月12日閲覧。 2019年6月12日閲覧。 2019年6月24日閲覧。 2019年6月24日閲覧。 2019年6月27日閲覧。 2019年6月27日閲覧。 2019年6月24日閲覧。 2019年6月23日閲覧。 2019年6月24日閲覧。 2019年6月24日閲覧。 2019年6月29日閲覧。 2019年6月29日閲覧。 2019年6月29日閲覧。 2019年8月1日閲覧。 2019年8月1日閲覧。 2019年8月6日閲覧。 2019年8月10日. 2019年11月10日閲覧。 2019年8月6日. 2019年8月6日閲覧。 2019年8月6日. 2019年8月6日閲覧。 2019年8月13日. 2019年8月14日閲覧。 2019年8月23日. 2019年8月26日閲覧。 2019年8月25日. 2019年8月27日閲覧。 2019年8月24日. 2019年8月27日閲覧。 2019年8月25日. 2019年8月26日閲覧。 2019年9月1日. 2019年12月14日閲覧。 2019年9月1日. 2019年12月14日閲覧。 2019年9月11日. 2019年9月26日閲覧。 2019年9月12日. 2019年9月12日閲覧。 2019年9月23日. 2019年9月24日閲覧。 2019年10月12日. 2019年12月14日閲覧。 2019年12月14日. 2019年12月14日閲覧。 2019年12月13日. 2019年12月14日閲覧。 2019年12月15日. 2019年12月15日閲覧。 2020年1月16日. 2020年1月17日閲覧。 bloomberg. 2020年1月14日. 2020年1月15日閲覧。 2020年1月16日. 2020年1月17日閲覧。 2020年1月16日. 2020年1月16日閲覧。 2020年1月15日. 2020年1月17日閲覧。 2020年2月1日. 2020年2月11日閲覧。 2020年2月6日. 2020年2月11日閲覧。 2020年2月8日. 2020年2月11日閲覧。 2020年2月8日. 2020年2月11日閲覧。 2020年2月8日. 2020年2月11日閲覧。 2020年2月23日. 2020年2月14日閲覧。 2020年3月24日. 2020年3月7日閲覧。 2020年3月21日. 2020年3月26日閲覧。 「」『』、2020年3月27日。 2020年3月30日閲覧。 「」『』、2020年3月26日。 2020年3月30日閲覧。 「」『』、2020年3月26日。 2020年3月29日閲覧。 「」『』、2020年3月27日。 2020年3月30日閲覧。 「」『』、2020年3月28日。 2020年3月30日閲覧。 日本経済新聞 電子版. 2019年5月23日閲覧。 2017年1月12日. 2019年11月6日閲覧。 2009年3月3日. 2019年11月6日閲覧。 2018年6月15日. 2019年11月6日閲覧。 2018年1月29日. 2019年11月6日閲覧。 関連項目 [ ]• - 世界第2の経済大国日本と米国の貿易摩擦.

次の