仕返し 類語。 「意趣返し(いしゅがえし)」の意味とは?使い方や類語も徹底解説

意趣返し(いしゅがえし)の意味や語源とは?報復/復讐/仕返し/類語

仕返し 類語

公開日: 2018. 10 更新日: 2018. 10 こじんまり?こぢんまり?意味と使い方、漢字、類語、英語表現 「こじんまり」「こぢんまり」という言葉をご存知でしょうか。 「こじんまりとした家だ」「こぢんまりとしているカフェ」などと使います。 日常会話でもよく使う言葉のため、見聞きしたことがあるという方が多いかもしれません。 では、「こじんまり」「こぢんまり」はどのような意味なのでしょうか。 「こじんまり」「こぢんまり」は良い意味として使うことができるのでしょうか。 また、「こじんまり」と「こぢんまり」ではどちらが正しいのでしょうか。 色々と疑問に思うことが多いですよね。 そこで今回は「こじんまり」「こぢんまり」の意味や使い方、語源、類語について解説していきます。 正しく知って、上手く使えるようにしましょう! こじんまり?こぢんまり?正しいのはどっち? 「こじんまり」と「こぢんまり」では違いはないように思いますが、どちらが正しいのでしょうか? 正しいのは「 こぢんまり」です。 「じ」と「ぢ」は発音が同じなので、誤って「こじんまり」と書くことがありますが、「こじんまり」が正しい表現です。 ただ、「小締まり(こしまり)」の音変化で「こじんまり」と使われるようになった説があるため、「こじんまり」も間違いではありません。 「ぢ」と「じ」の区別が難しいことから、『現代仮名遣い』では「こぢんまり」は「じ」を用いて書くことを本則とし、「ぢ」を用いて書くこともできる、とも言われています。 しかし、基本的に「こぢんまり」でも「こじんまり」でも問題ありませんが、 「こぢんまり」と表記するのが良いです。 「こぢんまり」の使い方と例文 小さいながらちょうどよくまとまり、安心感がある様子を表す場合に「こぢんまり」を使います。 「こぢんまり」は家や店に対して使うことが多いです。 「アットホームである」「利便性が良い」ということを表したい時には「こぢんまり」が適します。 例えば、「このお店はこぢんまりとしていて落ち着きがある」と言えます。 「こぢんまり」は 褒め言葉として用いることができます。 「こぢんまり」と言うと、「小さい。 ちまちましている」という意味で失礼な感じがしますが、「小さくてもまとまりがある」という意味で決してバカにしているわけではありません。 ただ、人によってはマイナスな意味で捉えてしまう可能性があるので、人や状況によって使うかどうか判断しましょう。 例文 「小さいながらよく整っている」という意味 ・こぢんまりとした店ですが、よかったら是非お越しください。 ・行きつけのカフェはこぢんまりしていて、リラックスすることができる。 ・私たち夫婦は人がそこまで多くいない山奥の方で、こぢんまりと暮らしている。 ・こぢんまりとした店内には、有名人のサインやレトロ雑貨がたくさん並んでいる。 ・あの二人は庭付きの豪邸から、こぢんまりとした家に引っ越したようだ。 ・彼女の部屋はこぢんまりとまとまっていて、ゆっくりと落ち着くことができる。 「小さくまとまっていて不十分だ」という意味 ・若い頃からこぢんまりとした行動ばかりすると、あとで後悔するよ。 ・そんなこぢんまりと行うのではなく、もっと大々的に行って良い。 「こぢんまり」の類語 ちょこなん (意味:小さくまとまっていること) 「彼は隅の方にちょこなんと座っている」 ちんまり (意味:小さいながらよくまとまっていること) 「そのお店はちんまりと建っている」 ひっそり (意味:目立たないが、落ち着いてること) 「庭には花がひっそりと咲いている」 小スケール (意味:物事の規模が小さいこと) 「その映画は小スケールだが面白い」 小規模 (意味:ものの仕組みなどが小さいこと) 「小規模な喧嘩を繰り返す」 コンパクト (意味:小さいながら整っていること) 「コンパクトミラーを持ち歩く」 小型 (意味:形が小さいこと) 「小型カメラを持っている」 落ち着いた (意味:冷静さを持っていること) 「このレストランは落ち着いた雰囲気が魅力的だ」 心地よい (意味:快適で過ごしやすいこと) 「彼の家はとても心地よい」 「こぢんまり」の対義語 大々的 (意味:大掛かりに行動をすること) 「その問題は大々的に報道された」 盛大 (意味:物事が極めて立派であること) 「パーティーを盛大に行う」 壮大 (意味:規模が大きくて優れていること) 「壮大な仕掛けが施されている」 大規模 (意味:ものの仕組みが大きいこと) 「そのイベントは大規模に行われた」 派手 (意味:物事がオーバーであること) 「派手に事故を起こし、怪我をする」 遠大 (意味:未来まで見通しできること) 「遠大な企画を考える」 華やか (意味:物事が際立っていて目立つさま) 「今日の彼女は華やかな格好をしている」 大仕掛け (意味:ものの仕組みが大掛かりであること) 「大仕掛けな設備に驚く」.

次の

労いの言葉の例文・読み方・類語・敬語での目上の人への使い方

仕返し 類語

「意趣」 1 恨みを含むこと。 人を恨む気持ち。 2 意向。 心の向かうところ。 3 意地。 無理を通そうとすること。 4 理由。 上記の事から「意趣返し」の意味は、仕返しをして恨みをはらすことです。 報復や復讐も意味しています。 「意趣返し」の誤用「趣旨返し」と「遺趣返し」 「意趣返し」の誤用で多いのは、「趣旨返し」や「遺趣返し」などの似たような言葉の間違いです。 「趣旨」は実在する言葉ですが、意味は、あることをする理由や目的であるため、「意趣」とは全く異なっています。 「遺趣返し」という言葉を使う人少なくありませんが、「遺趣」という言葉は元々存在していないため誤用です。 「意趣」を「趣き」や「味わい」といった意味で使用したり、「意趣返し」を「皮肉」という意味と取り違えて使用している場面もあります。 しかし、「意趣」や「意趣返し」には上記の意味は含まれていないため注意が必要です。 「意趣返し」の例文 「意趣返し」の正しい使い方は以下の通りです。 「意趣返し」の類語 「意趣返し」の類語は「復讐」「仕返し」など 「意趣返し」の類語としてよく使われるものには、「報復」「復讐」「仕返し」「敵討ち」「リベンジ」などがあります。 どれも日常生活の中でよく使われていますが、どれも「意趣返し」とは少し意味が異なります。 「意趣返し」と「仕返し」の違いは事態の重さ 類語の一つである「仕返し」は、復讐や、やりなおしという意味です。 「意趣返し」と同じ「復讐」という意味だけでなく、「やりなおし」という意味合わせ持っています。 「仕返し」と「意趣返し」の使い方にはっきりとした違いはありませんが、「仕返し」の方が様々な状況に対して使用されています。 子供から大人まで、内容は小さなことでも大きなことでも、全て「仕返し」という言葉であらわすことができるためでしょう。 大人同士、政治や歴史に関わるような国家や施政者間でのやり取りでは「意趣返し」が使用されることが多いです。 「意趣」に「恨み」という意味があることから、「仕返し」と比較してより重大な復讐を示唆する意味があるためです。 「報復」や「敵討ち」など同じ復讐をあらわす言葉でも、状況に合わせてよりふさわしい言葉が選ぶことが大切です。 「仕返し」を使った例文.

次の

「意趣返し」の意味とは?類語や語源に「仕返し」との違いも解説

仕返し 類語

「恩義に報いる」の意味とは? 「恩義に報いる」を分解して解釈• 「恩義に報いる」の言葉の使い方• 「恩義に報いる」を使った例文・短文 解釈• 「恩義に報いる」の英語• 「恩義に報いる」の似た意味・類語や言い換え 「恩義に報いる」の意味とは? 「恩義に報いる」は、良くしてもらったことのある相手のためになることをする、恩返しをする、返礼する、義理を果たす、といった意味を持つ言葉です。 過去に助けてもらったり、協力してもらったり、贈り物をいただいたりした相手のために、何かをしたり、何かを贈ったりすることなどが挙げられます。 自分が困っているときに助け船を出してくれた相手が悩んでいたら、今度は自分が助け船を出す、というのが、恩義に報いるということになります。 又、いつも贈り物をしてくれる相手に返礼品を贈るというのも、恩義に報いるということになるでしょう。

次の