ウオ ミサキ ホテル 心霊。 熱海のホテルの怖い話

熱海温泉ウオミサキホテル【酒飲み放題の夕食バイキング:あれ?意外といい!?伊東園ホテルグループ】: バイキング馬鹿一代

ウオ ミサキ ホテル 心霊

熱海市和田浜南のウオミサキホテル(菊間一光代表取締役)が14日、静岡地裁沼津支部に自己破産を申し立て、同ホテルを閉鎖した。 負債総額は23億3800万円。 信用調査会社などによると、今年の県内倒産で3番目の規模になった。 同ホテルは熱海港前絶好の立地で、本館(8階建て)、南館(11階建て)があり、客室は計69室。 ここ数年、宿泊客の減少が続き、今年1月、熱海市が固定資産税など市税、下水道の利用料滞納に対し、差し押さえを実施。 さらに、上水道料未納に給水停止も通知していた。 突然の破産で、ホテル前に来た燃料業者は「13日に4000リットルの灯油を納入し、支払いは1500万円もたまっている」と困惑。 従業員の多くも14日朝に知らされ、「新しい勤め先を探さなければ……」と自分の荷物を運び出していた。 菊間代表取締役(71)は市観光協会長を92年から7期14年務めるなど熱海観光の中心にいた。 【鈴木道弘】 毎日新聞 2008年5月15日 地方版 ホームページがそのままなんだけど・・・ 熱海再生にはもっと外湯をつくって・・・・・・・ 女性が好むようなお店や美術館を 熱海秘宝館じゃちょっとね。 時代遅れですねん。

次の

熱海温泉 ウオミサキホテル【伊東園ホテルズ】の口コミ・評判

ウオ ミサキ ホテル 心霊

伊東園ホテルグループの熱海温泉ウオミサキホテルに泊まってきました。 一泊2食アルコール飲み放題で7800円(税抜)。 このホテルってば、バイキングのクチコミが悪くて、どうせたいした事がないなあと思っていたんですが、良い意味で期待を裏切ってくれました。 冬の期間は平日ならカニ食い放題なのですが、土曜宿泊だったため対象外。 まあ立地場所が熱海の海のそばですし、土曜日はキャンペーン料理を出さなくても宿泊客が埋まるんでしょうな。 席は指定席。 紙に部屋番号が書かれていて、自分の部屋番号に座る形式。 2つの会場があって、部屋によって会場が分かれる。 マグロはなかったけど、マグロは刺身として出ていました。 うどん。 あれ?さりげなく置いているんだけど、これカニの食い放題じゃね?(笑)。 しかも味が付いていて旨い。 鍋セット。 あれ?しゃぶしゃぶフェアじゃないのにしゃぶしゃぶ食い放題!出汁に豆乳も選択できる。 なんというか、予想を超える食材に目が点状態。 ここのバイキングのクチコミって伊東園ホテルグループでも最下位レベルだったはず。 といってもじゃらんの5段階評価で3ぐらい。 伊東園ホテルの場合、バイキングの評価は、3〜4の間に収まっている事が多い。 ちなみに、大江戸温泉物語グループは流石で4以上をキープする場合が多い。 ヤフーオークションを見ると分かるのですが、3に匹敵する「どちらでもない」評価は実は何か問題があったりする場合につける悪い評価なわけです。 で、夕食バイキング。 どうしちまったんだ? 評価とは違って、思っていたよりもずっといい・・・。 もつ鍋。 これが美味い。 料理の種類もそこそこ多い。 やはり、熱海、伊東の伊東園ホテルグループのホテルのバイキングレベルはほかの地域よりも高いですね。 豚汁にカレー。 味噌汁よりも一段上の豚汁が出てくるあたり、バイキングに金がかかっている証拠。 もちろん最大の楽しみは酒の飲み放題。 ビールはもちろん、日本酒、ワイン、焼酎、ウイスキーが飲み放題! 総論:来る前と来たあとではガラリと印象が違うバイキングですね。 伊東園ホテルグループ全体から見ると、中の上クラスのバイキングなのは間違いないんですが、じゃらんとかのクチコミ評価が物凄く低いのは何故だ? 夕食のクチコミ悪さで伊東園グループトップクラス。 まあ、クチコミと実際の料理のクオリティーが必ずしも一致しない場合が多々あります。 スタッフの接客が優れている場合それだけで、バイキングはたいしたことがないのに、高評価のホテルもあるようで。 実際に体験してみないと本当のところは分からないもんですよ。 もしかして、ウオミサキホテルの場合、あまりに評価が低いから最近、バイキングに力を入れだしたとか、スタッフの接客に問題があるとか色々考えられますね。 多分、両方だと思いますが。 会場のスタッフから挨拶もなかったし・・・なんというか事務的で冷たい。 接客態度もクチコミ評価に響いている気がします。

次の

ウオミサキホテル。リニューアルオープン

ウオ ミサキ ホテル 心霊

ウオミサキホテル自己破産を申請 熱海 負債総額23億円 熱海市観光協会長などを歴任した菊間一光氏が社長を務める同市の「ウオミサキホテル」が十四日、静岡地裁沼津支部に自己破産を申請した。 信用調査会社の帝国データバンク沼津支店によると、負債総額は二十三億三千八百万円で、倒産負債規模は今年に入ってから県内で三番目の大きさ。 同ホテルは一九五九年に熱海中央ホテルとして設立された。 八〇年代に熱海港近くの現在地にあったホテルを買収するなどして規模を拡大。 八九年にウオミサキホテルに商号変更し、本館と南館に計六十九室を備える中堅の温泉旅館として営業していた。 バブル期の年間売上高は十五億円を計上したが、その後の宿泊客数の減少などで二〇〇七年三月期の年収入高は八億円を下回り、債務超過に陥っていた。 関係者によると、上下水道料金をはじめ、納入業者などへの支払いが滞り、以前から経営難が伝えられていた。 一時は売却も検討されたが、不成立に終わったという。 菊間社長は、九二ー〇六年に市観光協会長、九三-九六年には当時の熱海温泉旅館組合長をそれぞれ務めた。 (静新平成20年5月15日 木 朝刊) タイセイ観光バスが民事再生手続き申請 負債総額は11億円 タイセイ観光バス 清水町 は十四日までに、民事再生法に基づく再生手続きを静岡地裁沼津支部に申し立てた。 東京商工リサーチ沼津支店によると、負債総額は十一億千三百万円。 同社は平成四年に貸し切りバス事業を開始。 小型や大型など三十一台を保有し、長距離ツアーバス事業などを展開していた。 近年の価格競争の激化に伴う業績不振に加えて、道路運送法違反の行政処分や東名高速での追突事故などが重なり、経営難に陥っていたという。 (静新平成20年5月15日 木 朝刊)•

次の