アクアライン 構造。 東京湾アクアライン・海ほたる アクアライン探検隊 プレミアムコース

東京湾アクアライン トンネル

アクアライン 構造

東京湾の「夢の架け橋」 東京湾の「夢の架け橋」として期待された東京湾アクアラインは,平成29年12月18日に開通から20周年を迎えた。 アクアラインは,東京湾の中央部を横断し,神奈川県川崎市と千葉県木更津市を結ぶ延長約15. 1kmの有料道路であり,首都圏中央連絡自動車道,東京外環自動車道等と一体となって東京都市圏の環状道路網を構成する。 首都圏の発展に重要な役割を担ってきた道路である。 東京湾を道路で繋ぐこのプロジェクトは,調査に約20年,建設に約10年をかけ,総事業費約1. 4兆円の大型プロジェクトであった。 設計から施工まで,当時の最先端の技術とノウハウを集結し,数多くの新技術・新工法が開発,実用化され,その後のさまざまなプロジェクトに活かされている。 また,建設にあたっては,海底の軟弱地盤,風や潮または地震等の自然条件,湾内の船舶航行,環境保全など多くの困難を乗り越えて進められた。 走行時間が大きく短縮周辺ネットワークも拡充 アクアラインに期待された役割は,京浜地区と房総地区を直結して両地域の交流を促進すること,東京湾を環状に連絡し,湾岸各都市の連携強化に貢献すること等であった。 神奈川県の京浜地区と千葉県の房総地区との移動は,従来は,東京湾沿いをほぼ半周しなければならなかったが,アクアラインの開通により,移動時間が大きく短縮された。 羽田空港の最寄の空港中央ICから木更津JCTへ走行した場合,東京湾沿いの湾岸線ルート(宮野木JCT経由)とアクアラインルートを比較すると,走行距離で約60km,所要時間では約45分もの短縮となる。 また,都心および神奈川方面と千葉房総方面を結ぶルートの選択肢が増え,リダンダンシー(多重性)が確保されることとなった。 《転機となったシールドトンネル工法の採用》 東京湾では,京浜港・千葉港などの大規模港湾への船舶航行に加え,漁業なども活発に行われており,特に川崎側では船舶の航行が過密状態であった。 そのため,沈埋トンネルと橋梁による当初案では,トンネル工事に伴う海底掘削・埋戻し作業,沈埋函の曳えい航こうや沈設作業のための航行制限が必要となり,環境も含め多大な影響や困難が予想された。 また,橋梁部については,川崎側は水深が25mと深く,海底から30mは軟弱地盤のため,経済的な基礎構造を選ぶことができなかった。 そのほか,吊り橋も検討されたが,近接する羽田空港の離発着への影響から,川崎側の架橋は技術的に困難と判断され,川崎側はシールドトンネル工法へと舵が切られた。 これにより,プロジェクトは大きく前進する。 《軟弱地盤を克服》 計画ルートは高水圧下であり,しかも,極めて軟弱な地質が海底下20〜30mの厚さで堆積していたため,工事は地盤改良から始まった。 トンネルは,川崎側の浮島取付部から斜路部を経由して海底に達し,風の塔を経て,再度斜路部を経由して海ほたるに達する。 浮島取付部,風の塔および海ほたるの人工島がそれぞれシールドマシンの発進基地となった。 海底トンネル「アクアトンネル」の直径は13. 9mで,外側から厚さ65cmのセグメントという外壁があり,その内側に厚さ35cmの鉄筋コンクリートを巻き付けた構造である。 トンネル上半部が片側2車線の道路空間で,下半部は中央部が管理用道路兼避難通路,両側は通信,電力線などを収容する空間となっている。 施工にあたっては,高水圧,軟弱地盤での長距離掘進という条件下での切羽の安定と止水を確保するため,直径14. 14m,長さ13. 5m,重量約3,000tの円筒状の密閉型大口径シールドマシンが開発された。 さらに,掘削,泥水の給排水,セグメントの組立は全て自動化された。 《風の塔》 風の塔は,大塔・小塔の換気塔を備えるほか,内部には換気設備等の各種施設,外側に防災設備として船舶接岸施設を有している。 付近には羽田空港発着の飛行機や京浜港などへ向かう船舶が頻繁に往来しているため,他の構造物と同様,慎重な維持管理を行う必要があり,航空障害灯および航行援助設備の点検・補修交換を定期的に実施している。 鋼製ジャケット部は,海中点検・電位測定を定期的に実施しながら,陽極を交換することで防食機能を維持しており,開通から20年が経過する現在も電気防食が機能し,構造物の健全性が確保されている。 《アクアトンネル》 トンネルの防水は基本的に一次覆工(RCセグメント)の止水シールで保持されているが,高水圧下であることから,二次覆工との間に防水シートを設置し,漏水は速やかに排水できる構造となっている。 また,地震時の変位を吸収させるため,可とうセグメントや繊維補強ゴム製ワッシャーを設置し,定期的な点検・補修を実施している。 これらの漏水対策や耐震機能を備えたアクアトンネルでは,東日本大震災時でも損傷や異常は生じなかった。 そのほか,トンネル施設に関しては,防災・換気設備等の設備群についても適切な点検整備や機能強化がなされている。 20年間で,トンネル内での車両火災は8件発生しているが,いずれもトンネルに設置された水噴霧設備等により消火がなされ,避難通路まで使用されるケースは出ていない。 20周年記念事業 NEXCO東日本関東支社および東京湾横断道路(株)では,この20年間の感謝の気持ちを込めて,「ありがとう20年,そしてこれからも」をキャッチフレーズに記念事業を展開した。 アクアラインという注目度の高い社会資本について,その役割や使命,地域にもたらす効果,それらを支える高度な技術力等の認知度をさらに高めるため,誰にでも分かりやすく,効果的な広報を念頭に記念事業を展開してきた。 主な例を挙げると,海ほたるからクルーザーに乗船し,アクアラインの橋梁部を巡り,風の塔に上陸するアクアライン初のツアーを企画・開催した。 より効果的に事業理解を深めていただくため,東京湾の爽快な景観を楽しむとともに,実際の構造物の見学と合わせて,その構造や技術について解説を行った。 ツアーは,設定した出発日4日間すべてにおいて乗船定員に達する応募があり,合計311名が参加し好評を得た。 【多くの参加者でにぎわうクルージングツアーの様子】 また,近年のスマートフォンやSNSの爆発的普及を踏まえ,アニメーション動画を製作した。 アニメーションでは,アクアラインが東京湾の両岸をつなぎその交流を促進する役割を表現し,YouTube()をはじめ各種媒体で広報したほか,アクアラインを走る高速バスへのラッピングを行った。 昨年12月17日には,記念事業に関するほぼすべての情報を海ほたるに集結し,集大成となるイベントを開催した。 当日は,テレビや新聞など報道機関が取材に訪れたほか,記念事業を通じて積極的にパブリシティ活動を展開した結果,多数のメディアでアクアラインの建設技術や地域への効果を取り上げる記事が組まれることになった。

次の

東京湾アクアライン・海ほたる アクアライン探検隊 プレミアムコース

アクアライン 構造

その地は、関係者以外立ち入り禁止。 海で船釣りを楽しむ人が、近寄って見ることができるだけ、そんな近くて遠いところでした。 ところが、機会に恵まれ、めったにできない風の塔の取材をさせていただけることになりました。 とはいえ、今年は残念なことに台風の当たり年。 何度かの雨天順延を経て、秋晴れの11月上旬にようやくの取材の日がやってきました。 待ち合わせの「海ほたる」に行くと、NEXCO東日本の広報担当者さんたちは「クルマを用意していますよ」と。 そういえば高速道路の上にあるんだから、つながっていて当然ですね。 思い込みはいけません。 真っ暗な地下から地上へ。 最初の感想は「広い!」ということ。 地下部分の直径は100mですが、地上部は、周りの船が衝突したときのために、さらに100mの保護エリアがあるため、あわせて直径200mの島になっていたのです。 そして、そこにそびえる2つの塔。 三角? と思って、よく見れば、円柱を斜めにカットしたような形。 大きい方が高さ90mで、小さい方でも75mもあります。 なぜだが斜めになっていてアート作品のよう。 以前、大阪で見た「太陽の塔」(大阪万博のために作られた巨大なオブジェ)を思い起こさせます。

次の

東京湾アクアライン

アクアライン 構造

その地は、関係者以外立ち入り禁止。 海で船釣りを楽しむ人が、近寄って見ることができるだけ、そんな近くて遠いところでした。 ところが、機会に恵まれ、めったにできない風の塔の取材をさせていただけることになりました。 とはいえ、今年は残念なことに台風の当たり年。 何度かの雨天順延を経て、秋晴れの11月上旬にようやくの取材の日がやってきました。 待ち合わせの「海ほたる」に行くと、NEXCO東日本の広報担当者さんたちは「クルマを用意していますよ」と。 そういえば高速道路の上にあるんだから、つながっていて当然ですね。 思い込みはいけません。 真っ暗な地下から地上へ。 最初の感想は「広い!」ということ。 地下部分の直径は100mですが、地上部は、周りの船が衝突したときのために、さらに100mの保護エリアがあるため、あわせて直径200mの島になっていたのです。 そして、そこにそびえる2つの塔。 三角? と思って、よく見れば、円柱を斜めにカットしたような形。 大きい方が高さ90mで、小さい方でも75mもあります。 なぜだが斜めになっていてアート作品のよう。 以前、大阪で見た「太陽の塔」(大阪万博のために作られた巨大なオブジェ)を思い起こさせます。

次の