コロナ じんましん。 第19回 やっかいなじんましん

新型コロナウイルス感染症について

コロナ じんましん

名称 、 WHO は、中国武漢で発生している疾患の原因であるウイルスを 2019-nCoV( 2019 novel corona virus の略称)と暫定的に命名した。 この呼称は公式ウェブサイトのほか 、作成の「病原体検出マニュアル 2019-nCoV」と 、これを基にした「2019-nCoV 遺伝子検査方法」にも使用されているため 、体外医薬品の名称などにみられる。 同年、 ICTV が SARS-CoV-2( Severe acute respiratory syndrome corona virus 2 の略称)と正式命名した。 日本語ではこれに対応する用語として、 サーズコロナウイルス2 とも表記される。 日本の国家機関や主要な報道機関は単に「 新型コロナウイルス」と呼んでいる。 疾患の名称 WHOは2020年2月11日、新型コロナウイルスによるを ( Corona virus disease 20 19 の略称)と命名している。 呼称に関する論争 詳細は「」を参照 などでは発生地の名前を付けて「 武漢ウイルス」「 中国ウイルス」などと呼ぶべきと主張する意見が出るなど論争となっている。 2019-nCoVという呼称 国際ウイルス分類委員会の命名によって新型コロナウイルスの正式な英語表記はSARS-CoV-2であるものの、世界保健機関によって命名された2019-nCoVが改名されたわけではなく、2019-nCoVという呼称を継続して使用する地域や公的機関 、分野などがある。 厚生労働省公式ウェブサイトの英語表記ページには「3. 国立感染症研究所は同研究所作成の「2019-nCoV 遺伝子検査方法」で呼称するほか 、公文において「新型コロナウイルス 2019-nCoV(SARS-CoV-2)」とも併記している。 宮城県はこのウイルスに関する一般電話相談窓口開設の案内において「新型のコロナウイルス 2019-nCoV 」と併記。 同様に青森県は「週報青森県感染者発生情報」において、感染者の人数を「新型のコロナウイルス(2019-nCoV):〇〇人」と表記している。 東京都は「新型コロナウイルス感染症FAQ」にて、国立感染症研究所「新型コロナウイルス(2019-nCoV)」をリンクしており 、愛知県の「新型コロナウイルス感染症対策サイト」にも同様のリンクがされている。 また体外医薬品においては、本体に2019-nCoVとだけ表示されている製品もあることなどから 、2019-nCoVとSARS-CoV-2はともに新型コロナウイルスの英名であるという理解が必要である。 分類と系統 「」も参照 新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)は、ゲノムとしてを持つ、に属している。 この仲間は哺乳類や鳥類に感染する非常に多数の種を含むが、人に感染症を引き起こすものだけでも、重篤な肺炎の原因となる SARS-CoV や MERS-CoV 、季節性の風邪を引き起こす HCoV-229 や、HCoV-NL63、HCoV-HKU1などがある。 SARS-CoV-2は、2019年に、に対してを有する7番目のコロナウイルスとして出現した このウイルスは ICTV により、SARSコロナウイルス SARS-CoV と同じ種(の姉妹系統)と見なされており、属の SARSr-CoV という種に属している。 ただし、SARSコロナウイルスの直接の子孫ではない。 元々などのが保因していたものが、それぞれ独立してヒトに伝播、ヒトへの感染能力を獲得したと考えられている。 ゲノム配列 ゲノム情報 organisation of SARS-CoV-2 ゲノムID 29,903 bases 2020 このの完全は上海公共衛生臨床センター、武漢中心医院、、武漢市疾病予防控制中心、感染症予防管理所、中国疾病管理予防センター、らの協力によって解読され、シドニー大学のエドワード・C・ホルムズ教授の協力の下、上海公共衛生臨床センターの張永振教授によって2020年1月11日に Virological. org 上に公開された。 その後、1月14日には国際核酸配列データベースで正式に公開されている。 構造 オレンジの付着物が。 ウイルス粒子()は、50〜200 ほどの大きさである。 一般的なコロナウイルスと同様に、S(スパイク)タンパク質、N()タンパク質、M(膜)タンパク質、E()タンパク質として知られる4つのたんぱく質と、RNAにより構成されている。 このうち、Nタンパク質がRNAと結合してを形成し、脂質と結合したS、EおよびMタンパク質がその周りを取り囲んでを形成する。 エンベロープの最も外側に位置するSタンパク質は、細胞表面の受容体に結合してへの感染を可能とする。 ヒトへの感染にACE2受容体を利用する点は(SARS-CoV)と共通しており、受容体を利用する(MERS-CoV)や、 () APN を利用するヒトコロナウイルス229Eとは異なる。 ウイルスゲノムは29,903 で、である。 タンパク質やRNAのSARSコロナウイルスとの相同性は、Sタンパク質が76. 一方で同じベータコロナウイルスの中でも別種 のMERSコロナウイルスとは、それぞれ4. SARS-CoV-2には、SARSコロナウイルスと異なり、Sタンパク質に感染力と病原性を高める切断部位が存在する。 これはサルベコウイルスの中では他に例が無いが、コロナウイルス科全体で見れば珍しいものではなく、多くの(MHV-JHMやMHV-A59)やヒトコロナウイルス(、)などが同様の部位を保有している。 この節のが望まれています。 ( 2020年2月) 基本再生産数 SARS-CoV-2の( R 0)の見積もりに関する未査読の多くの研究は、数字の差異および評価が分かれているが、1. 4 - 3. 9と推定されている。 これは無防備な状態では、SARS-CoV-2は通常、感染者1人当たり1. 4から3. 9人の新規感染者を生じさせるという意味である。 これにより、SARS-CoV-2は少なくとも4人を連鎖的に感染させる事が確認されている。 他の未査読の研究では、基本再生産数を3. 30 - 5. 47とするもの 、2. 13 - 4. 82 とするものがある。 動物への「感染」 ベルギー保健当局は感染者から飼いにウイルスが伝染する事例があるとした。 その他、犬 や からもSARS-CoV-2が検出された事例がある。 中国の研究チームの報告によると、猫はSARS-CoV-2への感受性が高く、飛沫感染により猫-猫感染を起こすケースもあったという。 猫のほかにはも感受性が高いが、犬や、、では増殖しなかった。 ウイルス学者であるは、マウスよりもハムスターへの感染症状が顕著に出るという結果を出している。 複数型の存在 中国からの報告 2020年3月、このウイルス(中国内外の103例)をなど中国の研究チームが解析した結果、由来のウイルスに近く古くからあるとみられるS型(全体の3割)と毒性の強弱は不明だが頻度が高いとみられるL型(全体の7割。 武漢市の流行では大半を占めるが、市外の流行では現在は減少傾向にある)というの異なる2つの型に分類できることが分かった。 患者の多くは片方の型にしか感染していないものの両方の型に感染した例も確認されており、ウイルスに一度感染し症状が治っても別の型に「再感染する」と言う報道もあるが。 再感染の可能性および原因については議論があり今後の研究・検討を要する。 2020年3月23日の時点では以下の事が判明している。 本ウイルスの主要な株は L型(L亜型)と S型(S亜型)に分かれる。 ウイルスのRNAの第28,144番目のの違いにより指定されるアミノ酸が(L型)か(S型)かによって区別される。 L型 中国武漢市での初期流行ではL型が支配的。 当初の報告ではL型はより攻撃的で、より急速に蔓延するとされていた。 そのため、流行対策による人的介入のため選択圧が掛かり割合的に減少したと見られている。 ただし、後に「感染力が強い」と言う点については修正され、「頻度が高い」に表現が改められている。 S型 進化的に古く、変異前(先祖型)のものと見られている。 攻撃性が低いため選択圧が弱く、相対的に割合が増加したと見られる。 イギリス・ケンブリッジ大学などからの報告 2020年4月のイギリス・ケンブリッジ大学などによる報告では、このウイルスはA、B、Cの3つの型に分けられるとした。 Aは中国のコウモリ由来のウイルスに近く、中国や日本の感染者でも見つかったが、米国やオーストラリアの感染者が多かった。 Aから変異したBが武漢市を中心として中国や近隣諸国で爆発的に増えたとみられ、欧米などに飛び火した例は少なかった。 Bから変異したCはイタリア、フランス、英国など欧州で多かった。 日本バイオデータからの報告 株式会社日本バイオデータによる査読前論文では、ウイルスのRNA配列のうち第8782番目、第28144番目、第29095番目の塩基に着目し、本ウイルスをTCC、TCT、CTCの3つの型に分類した。 TCCおよびTCTは中国のグループの示すS型、イギリスのグループが示すA型に相当する。 またCTCは中国のグループが示すL型、イギリスのグループが示すB型およびC型に相当する。 培養されたヒト細胞から放出されているSARS-CoV2ビリオン(黄色)のカラー化写真。 免疫細胞への感染能力 新型コロナウイルスは免疫細胞であるへの感染能力が存在することが示唆されている。 T細胞の細胞株であるMT-2細胞株およびA3. 01細胞株それぞれに対し、(SARS-CoV)と新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)を感染させ比較したところ、SARS-CoVは細胞に感染しなかったのに対し、SARS-CoV-2は細胞へ感染した。 ただし細胞内でのウイルスの複製はできなかったと報告されている。 発見と拡大 発見 新型コロナウイルスは11月に中国武漢で発生が確認され、同年に最初に WHO に報告された。 その後2019年から翌にかけて発生したにおいて患者の陽性患者サンプルにより、配列が決定された。 2020年、を調査している・ NHC 専門家のグループ長は、でヒトからヒトへの感染(ヒト - ヒト感染)が確認されたと発表した。 新しいコロナウイルスに対する特定の治療法はないが、既存のを流用することはできるとしている。 2020年1月下旬時点での主要なはに限局されていたが 、その後は・を中心とし世界各地に拡散した(も参照)。 感染の拡大 感染者1—99人 この株による最初の既知のヒトへの感染は2019年11月下旬に発生した。 新型コロナウイルス SARS-CoV-2 の拡散は、2019年11月中旬に中国ので最初に発生。 その後、中国の全ての省に蔓延し、また、、、、など他の160以上の国にも拡散した。 このウイルスのヒト - ヒト感染による拡散は、を除く これらすべての地域で確認されている。 2020年1月31日、このウイルスの感染拡大が懸念されることから世界保健機関 WHO は「 」 PHEIC を宣言した。 なお、季節性疾患としての自然終息や定着の可能性について議論が続いている。 3月7日現在も感染拡大が止まらず、世界で感染者数が100,000人を超えたと発表した。 3月11日にはこのウイルスの感染拡大について、WHOが(世界的流行)相当との認識を初めて示した。 4月2日には、世界全体の累計で100万人を超え死者も5万1000人を上回った。 感染者が見つかった世界177カ国・地域のうちアメリカが16万人超と世界最多となり、続いてイタリアが10万人を突破した。 4月16日時点では、世界全体の累計で感染者数が200万人を超え、死者も13万3000人を超えている。 アメリカの感染者数は61万人を超え、次いでスペイン17万人超、イタリア16万人超となっている。 症状 「」も参照 無症状者 当ウイルスに感染していても病気の症状が現れない者がいる。 これを「 無症状病原体保有者」と言う。 無症状病原体保有者は、その保有する当ウイルスを他者に感染させる可能性がある。 嗅覚の麻痺・味覚の麻痺 感染者がやを失ったとの報告が世界各地で見られる。 イギリスの耳鼻咽喉科学会は声明で韓国や中国、イタリアで新型コロナウイルス感染者の多くが嗅覚障害を訴え、ドイツでは感染確認者の3分の2以上に症状が出ていると指摘。 (発熱・咳などの)他の症状を伴わないのに嗅覚異常が出る場合もあり、イギリス、イラン、アメリカでも報告が増えている、という。 アメリカの耳鼻咽喉科学会も「嗅覚や味覚障害の報告が急激に増えている」と認めている。 アメリカ・イギリスの専門家からは感染予防のためにも(嗅覚異常者を)ウイルス検査の対象に加えるべきだ、との声が出ている。 一方で日本の医師によると、でも嗅覚や味覚が一時的に失われる事はあると言う。 新型コロナウイルス感染における嗅覚や味覚の麻痺が、ふつうの感冒とは異なる性質をもつのかどうか、世界の50か国にまたがる約600人の医師や科学者が国際コンソーシアムを結成し、日本を含む各国で調査を開始している。 これに関連して、プロ野球・の選手ら数名が、発熱やせきなどの症状がなかったのにもかかわらずを感じなかったので、当ウイルスへの感染を疑い、PCR検査を受けたところ陽性で当ウイルスに感染していたことが判明した。 阪神の投手は発熱やせきなどの症状はないが、(3月26日の)数日前からトレーナーに「コーヒーやワインのにおいを感じない」 と嗅覚の異常を訴え、兵庫県内の病院で3月24日および25日に診察を受け、医師の判断で新型コロナウイルス感染を調べるPCR検査の受診が決まり、検査の結果、陽性反応が出たことを26日、関係者が公表した。 阪神では、他にも2名が「みそ汁の味がしない」と訴え、PCR検査を受けたところ陽性が判明した。 他に、、吐き気、筋肉痛等を催すと報告されている。 顕著な合併症はである。 しかし症状がないまま濃厚接触をしてしまう事が度々ある。 2月20日までのWHOと中国の専門家による調査では、典型的な症状・徴候として発熱(87. 9%)、咳(67. 7%)、疲労(38. 1%)、痰(33. 4%)、息切れ (18. 6%)、のどの痛み(13. 9%)、頭痛(13. 6%)、筋肉痛・関節痛(14. 8%)、悪寒 (11. 4%)などが報告されている。 他のコロナウイルス科ウイルス感染症 との鑑別は外観所見上からは難しい。 ただし、発熱せずに死亡した患者もいるので、発熱検知装置だけで検出できない可能性もある。 また、が感染能を持つ可能性もある。 入院患者ではや胸の圧迫感も多い。 また、入院時のは比較的安定している。 予後 詳細は「」を参照 2020年、 NIID は特設サイトを設け 、対策、積極的調査をはじめとする対応を行っている。 院内感染対策 - インフルエンザ等の一般的な呼吸器感染症の病原体の微生物学的な検査を行いつつ、疑似症サーベイランスの届出について保健所へ相談する。 積極的疫学調査 - 「患者(確定例)」と「濃厚接触者」について、基本情報・臨床情報・推定感染源・接触者等必要な情報を収集。 患者(確定例)対面調査を行う際は、眼の防護具 、長袖ガウン、必要に応じてではなく を着用するとしている。 2020年3月18日、世界保健機関 WHO は感染予防と拡散抑止の方策として、「こまめに水と石鹸による手洗い」「公共の場などで1mほどの間隔をとる」「目、口、鼻などにできるだけ触れない」「他者のため肘やティッシュや布などで鼻と口を覆う」「発熱や咳(せき)、呼吸困難の症状が出ている場合、医療機関に相談する」「最新で確実な情報にもとづき判断し、また地域の医療従事者等の助言に従う」と表記した。 予防法 ここではの症状の(対症療法的な)治療法は説明しないようにして下さい。 物の表面に付着したウィルスがどの程度の期間生存できるかについては、各機関で意見が分かれており、WHOは数時間 、ドイツ研究は4〜5日間 、は14日間 とした。 CDC は、2020年1月時点では「中国からの輸入品において新型コロナウイルスに感染するリスクは非常に低い」との見解を発表 するにとどめていたが、2020年3月に日本の横浜港に検疫のため停泊していたクルーズ船の船内調査を行い、その調査報告書において「全乗客を下船させてから最長17日後まで微量のウイルスが残存していた」としている。 また室内の励行 、人の多い場所に行かない 、咳や発熱などの症状のある人に近づかない なども重要である。 「3密」といわれる「密閉・密集・密接」を避けることが推奨される。 の着用については、組織によって見解が異なり、「マスクをしないと感染者が咳をする時に自分の口をつい手で覆ってしまい、その手で様々な物に触れることが感染の原因となる」、「マスクをすることで他者への感染を減らす」という意味で感染予防となる。 脚注 [] 注釈• 後述のとおりICTVによって「SARS-CoV-2」と正式命名されているが、混乱を避けるため、それ以前に公開されたWHOの資料は「2019-nCoV」のまま変更しないとしている。 "L type, which might be more aggressive and spread more quickly. " doi:10. WHOは同年の緊急委員会でPHEICに該当するかどうかの判断を先送りしていた。 状況推移(記事「」も参照)• 2019年12月31日、の健康モニタリングプラットフォーム「BlueDot」がの可能性を警告。 2020年1月6日、の CDC が下記同様の情報を発表。 1月9日、WHOが中国でに似た症状が相次いで発生していることを公表。 1月20日、中国・国家衛生健康委員長のが人から人への感染(ヒト - ヒト感染)の確認を報告。 1月23日、WHOが新型肺炎の感染は中国ではだとしながらも「国際的な公衆衛生上の緊急事態 PHEIC と判断するには時期尚早」と判断した。 1月31日、WHOが新型肺炎について中国国外にも感染拡大の懸念が出てきていることから、一転して「国際的な公衆衛生上の緊急事態」 PHEIC を宣言。 、ほか• ゴーグルまたはフェイスシールド• WHOでは、「物の表面で数時間生き残る事が示唆されている。 単純な消毒剤で失活させることができる。 」としている。 ドイツの研究グループでは、「表面についたウイルスを消毒しないままでいると、平均4〜5日間生存する可能性がある 」としている。 中国では、紙幣を14日間密閉し長期間の生存を視野に入れて消毒対策をしている (住宅街にも消毒剤を散布 )。 BBC NEWS 2020年2月12日• 厚生労働省. 2020年4月24日閲覧。 NHK. 2020年4月24日閲覧。 日本経済新聞. 2020年4月24日閲覧。 読売新聞. 2020年4月24日閲覧。 産経新聞 産経ニュース. 2020年4月24日閲覧。 Nature: 1—4. February 2020. ロイター. 2020年3月12日. NHKニュース. 2020年3月12日. 日本経済新聞. 2020年3月12日. 2020年5月4日閲覧。 who. 2020年5月13日閲覧。 Kelly Young 2020年1月10日. www. cdc. gov. 2020年1月16日閲覧。 News Japan. 2020年2月6日閲覧。 厚生労働省. 2020年5月4日閲覧。 国立感染症研究所. 2020年5月5日閲覧。 国立感染症研究所. 2020年5月5日閲覧。 アークエイム株式会社 2020年3月23日. 2020年5月5日閲覧。 株式会社. 2020年5月5日閲覧。 株式会社 2020年3月27日. 2020年5月5日閲覧。 www. jwatch. org. NEJM Group 2020年2月12日. 2020年2月12日閲覧。 International Committee on Taxonomy of Viruses ICTV. 2020年2月12日閲覧。 Global Biodefense. 2020年2月12日閲覧。 www. mhlw. 厚生労働省 日本. 2020年3月26日閲覧。 WHO 2020年2月11日. 2020年2月12日閲覧。 Nature 2020年1月21日. 2020年1月22日閲覧。 J-CASTニュース 2020年3月10日. 2020年3月11日閲覧。 The New York Times 2020年3月19日. 2020年3月20日閲覧。 CNN 2020年3月26日. 2020年3月27日閲覧。 国立感染症研究所. 2020年5月12日閲覧。 宮城県庁公式ウェブサイト 2020年2月3日. 2020年5月9日閲覧。 2020年5月9日閲覧。 東京都庁公式ウェブサイト. 2020年5月9日閲覧。 愛知県庁公式ウェブサイト. 2020年5月9日閲覧。 2020年2月12日閲覧。 30: 1—6. 19 March 2020. New England Journal of Medicine 382 8 : 727—733. January 2020. Andrew Rambaut. 2020年1月16日閲覧。 National Center for Biotechnology Information. 2020年1月16日閲覧。 cc東網 2020年1月11日. 2020年1月16日閲覧。 Chen N, Zhou M, Dong X, Qu J, Gong F, Han Y, Qiu Y, Wang J, Liu Y, Wei Y, Sia J, You T, Zhang X, Zhang L 2020-03-14. Lancet 395 10223 : 507—513. Acta Pharmaceutica Sinica B. February 2020. Methods in Molecular Biology Springer 1282: 1—23. 2015. "See Table 1. 2020. Viruses 12 3. : 1—3. 17 March 2020. 2020年4月8日閲覧。. Coutard, B. , et a;. 2020. Antiviral Res. 176 104742. New England Journal of Medicine. January 2020. Euro Surveill. 25 4. January 2020. Liu, Tao; Hu, Jianxiong; Kang, Min; Lin, Lifeng 25 January 2020. bioRxiv. Read, Jonathan M. ; Bridgen, Jessica RE; Cummings, Derek AT; Ho, Antonia; Jewell, Chris P. 28 January 2020. MedRxiv. License:CC-BY-NC-ND 4. Saey, Tina Hesman 2020年1月24日. 2020年2月3日閲覧。 Zhao, Shi; Ran, Jinjun; Musa, Salihu Sabiu; Yang, Guangpu; Lou, Yijun; Gao, Daozhou; Yang, Lin; He, Daihai 2020-01-24. bioRxiv: 2020. 916395. Leung, Gabriel 2020年1月27日. Wuhan-coronavirus-outbreak AN UPDATE. 2020年1月29日閲覧。 news. 163. com 2020年2月13日. 2020年3月2日閲覧。 Yang, Yang; Lu, Qingbin; Liu, Mingjin; Wang, Yixing; Zhang, Anran; Jalali, Neda; Dean, Natalie; Longini, Ira et al. 21 February 2020. MedRxiv: 2020. 20021675. 2020年3月28日. 2020年3月29日閲覧。 www. env. 2020年4月4日閲覧。 Shi. , et al. 2020. Science: eabb7015. Yahoo! ニュース 個人(水島宏明) 2020年4月13日. 2020年5月13日閲覧。 - 時事通信(JIJI. COM), 2020年3月6日• - ロイター, 2020年3月5日• Virological 2020年3月5日. 2020年3月17日閲覧。 日本呼吸器学会. 2-3. 2020年3月31日閲覧。 February 2020. 国家科学評論. 日本医事新報社. 2020年4月4日閲覧。 Forster, Peter; Forster, Lucy; Renfrew, Colin; Forster, Michael 2020-04-28. Proceedings of the National Academy of Sciences 117 17 : 9241—9243. 時事ドットコム. 2020年4月29日閲覧。 Matsuda, Tomoko; Suzuki, Hikoyu; Ogata, Norichika 2020-02-28. arXiv:2002. 08802 [q-bio]. April 2020. 2020年1月5日. 2020年1月7日時点のよりアーカイブ。 2020年1月6日閲覧。 www. chinacdc. 2020年1月9日閲覧。 Xinhua. 2020年1月9日. 2020年1月9日閲覧。 platform. gisaid. org. 2020年1月12日閲覧。 CBC News. 2020年1月20日. 2020年1月21日閲覧。 Reuters. 2020年1月14日. 2020年1月21日閲覧。 straitstimes 2020年1月21日. 2020年1月20日閲覧。 Berkeley Lovelace Jr. 2020年1月22日. CNBC. 2020年1月22日閲覧。 9news. 2020年1月22日. 2020年1月22日閲覧。 Channelnewsasia. 2020年1月22日. 2020年1月22日閲覧。 The Guardian. Associated Press. 2020年1月24日. 2020年1月24日閲覧。 The Straits Times 2020年1月24日. 2020年1月24日閲覧。 読売新聞オンライン 読売新聞. 2020年1月27日. 2020年1月28日閲覧。 NHKニュース. 2020年1月28日. 2020年1月28日閲覧。 時事ドットコム. 2020年1月28日. 2020年1月28日閲覧。 飯塚真紀子 2020年1月27日. Yahoo! ニュース 個人. 2020年1月27日閲覧。 Google Docs 2020年1月23日. 2020年1月27日閲覧。 WHO 2020年1月12日. 2020年2月1日閲覧。 Cohen, Jon January 2020. Science. gisanddata. maps. arcgis. com. 2020年3月1日閲覧。 2020年2月15日. 2020年2月15日閲覧。 Lancet 395 10223 : 514—523. January 2020. Engl. Med.. January 2020. 30 January 2020. 2020年1月30日閲覧。. Khalik, Salma 2020年2月4日. 2020年2月5日閲覧。 日本放送協会 2020年1月31日. NHKニュース. 2020年1月31日閲覧。 Wee, Sui-Lee; McNeil Jr. , Donald G. 2020年1月30日. 2020年1月30日閲覧。 プレスリリース , 2020年1月30日 , 2020年1月30日閲覧。 Bloomberg 2020年1月23日. 2020年1月23日閲覧。 日本語版. 2020年1月29日. BBCニュース. 2020年4月3日. 王忠東、孫海燕. 2020年3月28日閲覧。 東京新聞 TOKYO Web. 2020年3月27日閲覧。 日本経済新聞 電子版. 2020年3月27日閲覧。 化学感覚研究のための国際コンソーシアム. 2020年4月21日閲覧。 読売新聞オンライン 2020年3月27日. 2020年3月27日閲覧。 中日新聞 CHUNICHI Web. 2020年3月27日閲覧。 Wang, Chen; Horby, Peter W. ; Hayden, Frederick G. ; Gao, George F. 24 January 2020. Wikipedia. 2020-02-01. www. msn. com 2020年1月23日. 2020年1月23日閲覧。 NHKニュース. 2020年1月30日閲覧。 www. mhlw. 厚生労働省 日本. 2020年1月27日閲覧。 WHO Kobe. 2020年3月16日閲覧。 ,WHO,2020-2-24• 令和2年1月20日. 2020年1月23日閲覧。 ; Holbrook, Myndi G. ; Gamble, Amandine; Williamson, Brandi N. ; Tamin, Azaibi; Harcourt, Jennifer L. et al. 2020-03-17 英語 , , : , 2020年3月24日閲覧。 日本放送協会 2020年2月9日. NHKニュース. 2020年3月1日閲覧。 国立感染症研究所• - 国立感染症研究所、国立国際医療研究センター 国際感染症センター 2020年1月21日• - 国立感染症研究所 2020年1月24日• www. hazardlab. jp 2020年2月11日. 2020年2月18日閲覧。 www. who. int. 2020年2月5日閲覧。 www. hazardlab. jp 2020年2月11日. 2020年2月18日閲覧。 Newsweek日本版 2020年2月17日. 2020年2月18日閲覧。 DeepClips. com. 2020年2月18日閲覧。 福井新聞ONLINE 2020年1月28日. 2020年1月28日閲覧。 MIT TECHNOLOGY REVIEW Japan 2020年3月26日. 2020年4月14日閲覧。 関連項目 ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 ウィキスピーシーズに に関する情報があります。 COVID-19• - 発生源とされる市場。 同じのウイルスによって引き起こされる重疾患• SARS• MERS• (コロナ・ショック)• 外部リンク• ウィキメディア・コモンズには、 に関するカテゴリがあります。 (英語) - WHO• (日本語) -• (英語) - CDC• (英語) - ホワイティング校(Johns Hopkins University Whiting School of Engineering)•

次の

第19回 やっかいなじんましん

コロナ じんましん

今注目が集まっている医療や健康情報を病院検索ホスピタが厳選して分かりやすくお届け! 今回は『 で「じんましん」が出る?』をご紹介させて頂きます。 顔や首が「花粉の時期だけ」痒くなる? スギ、ヒノキ、ヨモギ、ブタクサなどの辛い は、 (1)くしゃみ (2)鼻水 (3)目のかゆみ といった症状で知られますが、人によっては、そこに「じんましん」を引き起こすことがあります。 「 じんましん」と呼ばれることもある症状です。 春先や秋口など、花粉が飛ぶ時期に、体にじんましん(あるいは、皮膚に強い痒み)があらわれるという人は、 じんましんの疑いがあります。 一見すると、 とじんましんは、無関係のように感じるかもしれませんが、どちらもアレルギー反応によって起こる症状です。 「ミミズ腫れ」のような腫れが特徴 一般的なじんましんは、皮膚にできた赤いボツボツが、蚊に刺されたときのようにプックリと膨らんで、強い痒みを伴います。 ところが、 じんましんは、「ミミズ腫れのような状態」が肌にあらわれ、それと同時に強い痒みを感じます。 ときには、チクチクと焼けるような痛みを感じることがあります。 そして、痒みのある皮膚を掻くと線状に赤く腫れるのが、この症状の特徴です。 これは「赤色描記症(せきしょくびょうきしょう)」と呼ばれる現象です。 爪を当てる程度の強さで掻いても、赤くはっきり痕が浮かび上がるので、始めはさぞかし驚くことでしょう。 痒みに我慢できず、掻きむしると炎症がひどくなります。 小さな子どもは特に注意が必要です。 じんましんの症状は、夕方に多く、 (1)顔 (2)首もと (3)首のまわり に出やすいといわれています。 発症しても、だいたいは数十分から数時間で消えるでしょう。 症状が長引くと、半日から1日程度続くことがあります。 花粉は「皮膚から」も侵入する? とじんましんは、どちらも「ヒスタミン」という物質の過剰分泌が原因で起こるアレルギー症状です。 そもそも、じんましんは、その原因を特定するのが難しい病気です。 原因となる物質が数多く存在するからです。 しかし、 の時期に決ってじんましんがあらわれるなら、原因は「花粉」であると考えられるでしょう。 じんましんは、アレルゲン(アレルギーの原因物質)となる「花粉」が、皮膚の表面からも体内に入り込むことによって、痒みなどの症状が起こると考えられています。 そして、じんましん体質の人の多くは、 にかかりやすいとの報告もあります。 市販の「塗り薬」は効き目がない じんましんの症状が見られたら、スマートフォンなどで写真を撮っておくと診断に役立ちます。 じんましんの多くは、発症する時間帯が限られているため、赤いボツボツが出たときに診察を受けられるとは限らないからです。 医師の多くは、症状の状態(レベル)を見て、その後の治療を選択します。 症状がひどくなるまえに、「アレルギー科」や「皮膚科」を受診しましょう。 じんましんは、花粉が体内に侵入することで症状が起こるため、市販の塗り薬ではあまり効き目がありません。 処方された「内服薬」を飲むことになるでしょう。 また、花粉の多い季節は、できるだけ露出の多い服装は控えることで、一定の予防が期待できます。

次の

お酒の飲みすぎで「じんましん」が起こることってあるの?

コロナ じんましん

次に、 風邪症状が1週間ぐらい続いて、倦怠感と息苦しさが出てくるもの。 体がむくんだり、下痢が重なる人もいるようです。 高齢者や基礎疾患のある方において、この経過をとる人が多いのですが、健康な壮年層にも見られることがあります。 一方、この経過を子どもがとることは極めて稀とされています。 感染してから発症するまでの潜伏期間は5日(1-11日)ぐらいで、入院を要するほどに重症化するのは、さらに10日(9. 1-12. 5日)経ったころだと見積もられています。 感染力が強いのは、発症から3、4日目ぐらいだと考えられていますが、重症化すると感染力も維持されて院内感染を引き起こしやすくなっています。 若者と高齢者で臨床経過が異なるので、重症化率と致命率についても世代別に考えた方がよいと思います。 いまだ、世代別の疫学報告はありませんが、私個人のざっくりとした印象で言うと…、若者の重症化率と致命率は、統計的に見れば、ほぼゼロ%でしょう。 一方、感染した高齢者の1割ぐらいが重症化して、1%ぐらいが死亡するのではないかと感じています。 これは、やや甘めの見積もりであって、要介護高齢者や入院患者では、さらにリスクが高まるものと考えてください。 高齢者や基礎疾患のある人の感染を防ぐ というわけで、これから私たちは何をすべきか。 もはや、流行を抑止することは主たる目的ではなくなってきました(やれることはやるべきですが)。 むしろ、重症化する人を減らし、とくに新型コロナに感染して死亡する人をできる限り減らすことに力を注ぐべきです。 つまり、 高齢者や基礎疾患のある人に感染させないようにしましょう。 そして、 院内感染を防ぎましょう。 これに尽きます。 なお、 基礎疾患のある人とは、糖尿病や高血圧、腎臓病など慢性疾患があって、定期の内服薬を要する人だと考えてください。 以下、これらの方々をハイリスク者と呼びます。 ハイリスク者がいる家庭では、ウイルスを外から持ち込まないように、玄関先にアルコールを置いて帰宅時の手指衛生を徹底してください。 アルコールが手に入らないなら、おしぼりでもいいです(やらないよりはマシです)。 とにかく、ドアノブなどあちこちを触ってから、洗面台に行っても手遅れということです。 同居する家族が風邪をひいたら、ハイリスク者と接触しないよう症状が治まるまで家庭内で隔離してください。 そして、風邪をひいている人が部屋を出るときは、マスクを着用させて、アルコールで手指衛生をしてください。 部屋の外では、できるだけ余計なものは触らないこと。 トイレに行った後は、触った場所をアルコールを染みこませたペーパータオルで拭うこと。 お風呂は最後に入ること。 バスタオルは絶対に共用しないこと。 こうした対応を、発症してから7日間は頑張ってください。 それが困難であるなら、一時的にハイリスク者を親族の家などに疎開させることも考えてください。 新型コロナかどうかの確認で救急外来受診は避ける なお、 風邪症状に過ぎないのに新型コロナかどうかを確認するためだけに、救急外来を受診することは避けてください。 そこには、体調を悪化させたハイリスク者がたくさん受診しているのです。 彼らへ感染させないように協力してください。 また、救急外来には新型コロナの重症患者もいるかもしれません。 あなたが「ただの風邪」だったとしても、救急外来を受診することで新型コロナに感染して帰ってくることになるかもしれません。 流行期には、ハイリスク者の方々が人混みを避け、なるべく自宅で過ごしていただくことも大切ですね。 感染リスクのある病院に行く回数を減らすためにも、1カ月おきの外来受診を3カ月おきなど、長期処方とともに予約延長してもらうことも考えられます。 かかりつけの先生に相談してみてください。 極めて重要な高齢者施設の感染管理について 高齢者施設の感染管理は極めて重要です。 100人の入所者がいる施設で新型コロナがアウトブレイクした場合、30人以上が発症し、10人以上が救急搬送を要して、数人がお亡くなりになるというイメージが必要です。 このような事態を避けるためにも、全力で感染管理に取り組みましょう。 まず、 外から持ち込ませないこと。 流行期にあっては、 原則として面会はすべて中止。 物品の搬入なども玄関先で行います。 どうしても入らなければならないのなら、玄関先でアルコールによる手指衛生を行って、トイレも含め共用の場所には立ち入らないように求めます。 職員についても、当然ながら玄関先で手指衛生。 そして、 毎朝の検温と症状確認を自己申告ではなく、管理者による指差し確認を行います。 もし、軽微であっても発熱や咳などの症状があれば、絶対に休ませてください。 絶対にです。 勤務中であっても症状を認めたら、絶対に休ませてください。 もう一度言います。 絶対にです。 なお、流行期においては、出勤できる職員数が半減することも想定しなければなりません。 このとき、すべての業務を継続させようとしたり、現場の判断で場当たり的に仕事をさせるのではなく、優先的に継続させるべき中核業務を決定しておくことが必要です。 入居者の協力のもと、どこまで業務をスリム化できるかが勝負です。 一方、悩ましいのは通所サービスですね。 ここでの感染管理を徹底することは不可能でしょう。 デイケアやデイサービスをどのように運用するのか…。 最善の方法は、流行期にはすべて休止させることです。 もちろん、その分、訪問サービスを充実させる必要があります。 通所サービスの職員に、利用者宅を巡回させるなど工夫してください。 これは事業者だけで解決できる問題ではないので、市町村が主導するなどして、どうすべきかを急ぎ話し合っていただければと思います。 いま、話し合ってください。

次の