ささみ ジャーキー。 猫の手作りおやつ♪簡単で安全なレシピ集!

ささみジャーキー(ささみの燻製)の作り方【写真レシピ】

ささみ ジャーキー

鳥のささみ肉を燻製して、ささみジャーキーを作ってみました。 スポンサーリンク ささみジャーキー 材料• 鳥ささみ肉:6本• 醤油:100ml• 酒:50ml• みりん:50ml• しょうがチューブ:小さじ1• にんにくチューブ:小さじ1• 砂糖:大さじ1 スポンサーリンク ささみジャーキー 作り方 最初にささみ肉を漬け込むソミュール液を作ります。 醤油、酒、みりん、しょうがチューブ、にんにくチューブ、砂糖を鍋に入れて火にかけ、軽く煮立てます。 その後、火を止めて冷ましたらソミュール液の出来上がり。 まずは鳥ささみ肉の下処理をします。 鳥ささみ肉の筋を取りを包丁で開いてやります。 やり方がわからない場合は以下の動画を参考にしてください。 スポンサーリンク ささみ筋取り 開いた鳥ささみ肉をラップで包んで、めん棒で軽く叩いて伸ばします。 下処理が終わった鳥ささみ肉はジップロックに入れてやります。 最初に作っておいたソミュール液をジップロックの中に入れ、封をします。 これを冷蔵庫に入れて4時間程度寝かせます。 4時間寝かせたささみ肉をジップロックから取り出し、キッチンペーパーでソミュール液を拭き取ります。 風通しの良い場所に置いて1時間程度、風乾します。 風乾が終わったささみ肉に燻製用のフックを付け、燻製器の中に吊るしてやります。 小型の燻製器で吊るせない場合はアルミホイルの上に乗せてやってください。 その後、燻製器を電熱器の上に乗せて、温度を弱にセット。 5、60度の温度で1時間、ささみ肉を乾かします。 この時はまだ、煙は出しません。 その後、ヒッコリーのスモークウッドとピートスモークを入れて煙を出し、燻製スタート。 5、60度の温度で1時間、温燻してやります。 1時間、温燻後燻製器から取り出した鳥ささみ肉のジャーキー。 いい色が付きました。 これを冷蔵庫に入れて一晩寝かせたら完成です。 漬け込みの時間はかかりますが、初心者でもほぼ失敗せずに作れるのでおすすめですよ! お酒のおつまみに最適な一品です。

次の

犬のおやつ「手作りジャーキー」の作り方と注意してほしいこと

ささみ ジャーキー

藍にささみジャーキーを上げようと思ったら襲われた件 無添加で安心、おいしいおやつを用意しておきたい、という方におすすめなのは、ささみで簡単に作れるジャーキー。 この簡単な作り方をご紹介します。 ささみジャーキーを作るために必要なもの• ささみ(鶏胸肉や砂肝でもOK) 300g• オーブンシート(なければ、なしでもOK• オーブンを使います。 これだけです。 とってもシンプルです! ささみジャーキーの作り方• オーブンを予熱しておく。 (温度は170度)• 天板にオーブンシートを敷く。 (ない場合は、天板に薄く油をひいておきましょう。 ささみを2-3ミリの薄切りにして、2の上に並べる。 オーブンで20分程度焼く。 焼き上がり目安は、水分が十分飛んでいればOK。 これだけです。 もし、「水分がまだ残っているかなぁ~」と感じたら、裏返して5~10分焼いてください。 ささみを薄切りに• 天板に並べる• オーブンシートの上のささみ• できあがり! オーブンを持ってない方もささみジャーキー作れます オーブンがない方も大丈夫。 フライパンで蓋をせず、ゆっくり弱火で加熱しても作れます。 最近のコンロは高性能で、「弱火」と言っても、希望するより火力が強くなってしまう場合もありますが、その場合は、フライパンにアルミホイルを敷いて、少しフライパンから浮かせて作ると大丈夫です。 保存する場合は、冷凍をお勧めしますが、おいしくて人間も食べちゃったりするので、すぐになくなるんじゃないか?と思います。 ささみ以外でもジャーキー作れるの? ささみ以外でもジャーキーは作れます。 例えば、砂肝、鶏の胸肉などがよいです。 水分や脂分があまり多くないものがおすすめです。 脂分が多いと、焦げてしまってうまくジャーキーにならないので、同じ鶏肉でも足の部分はジャーキーには向いていません。 人間が食べるときにお勧めしたいささみジャーキーのアレンジ おいしいので、できあがったら、本当に人間が食べてしまいます。 ささみのうまみが凝縮されていて、軽く塩コショウをすれば、さらにおいしさアップ。 ビールのおつまみにぴったり。 お好みで、レモンをかけたり、タバスコを付けたりとアレンジして召し上がってみてください。 手作りジャーキーを作る時間がない、という方におススメ 無添加で手作りしたいけど、時間がない・・・。 そんな時に、我が家はこちらを愛用しています。 和歌山県産の「梅鶏」から作られています。 梅鶏は、2008年食肉産業展で、最優秀賞を受賞した鶏だから、うまみたっぷり。 酸化防止剤や日持ち向上剤、着色料は無添加です。 「手作りジャーキーの作り方」記事まとめ• 無添加の「手作りジャーキー」は、簡単に作れて犬にあげるのも安心• 実は、人間のおつまみにもなって、一石二鳥!• それでも、やっぱり手作りする時間がないなぁ、なら買ってしまえばOK では、引き続き、楽しいわんライフを送りましょう。

次の

【燻製レシピ】ウィスキーたっぷり大人の鶏ささみジャーキー

ささみ ジャーキー

ささみを5㎜位の薄さに縦方向に切ります• 表面をキッチンペーパーで軽く押さえて余分な水分を拭き取ります• 天板にオーブンシートを敷き、肉同士がくっつかないようにシートに均等にささみを並べます。 150度のオーブン 余熱あり で40分、その後100度に温度を下げて、再度10分~15分焼きます。 準備から1時間・・・・あっという間に完成です! ささみが焼けたら一旦冷ましてジップロック等に入れ、冷蔵庫で保存して下さい。 作る分量は、季節にもよりますが「5日間~1週間」位で食べきるようにしてください。 ささみの厚さはマチマチになってしまっても大丈夫。 薄い所はカリカリに、少し厚い所は柔らかめの仕上がりになります。 ただ、柔らかいと水分がおおく、鮮度が落ちやすいのでカリカリに焼いた物よりは日持ちしませんのでそこだけ気を付けて下さいね。 アレンジ• 胡麻をまぶす... 香りも芳ばしさも栄養もup!• 切ったささみをネジネジしたり、三つ編みにして焼いても面白い! その時はなるべく薄~く細長~く切って下さい• ささみ以外の砂肝や鳥むね肉もオススメ。 毛色がホワイトなのでとても目立ちました。 病院で点眼薬での治療もしましたが、なかなかよくならず悩んでいました。 何とか治してやりたくて色々調べて知ったのが、市販のおやつやドックフードに添加されている保存料や着色料、発色剤等が一因していると言うことでした。 これがきっかけで、おやつや食事を手作りするようになりました。 そしてなんと、今はすっかり涙焼けが治っています。 おかげで可愛さ倍増です 笑 人もワンコも、食べ物って大事です。 喜んでくれること間違いナシです!! 私ももたまに手作りジャーキーやります。 香りが素晴らしく、市販品と比べ物にならないほど!もちろん人間もおいしくいただけます。 人間の場合は七味マヨネーズなんかをつけると最高ですよ。 私は、胸肉を出来るだけ薄く切って、天板に間隔を広めに並べたら、ラップかオーブンシートを上から乗せて、麺棒などで薄く伸ばします。 出来るだけ薄く伸ばして(透けそうなほど)、オーブンの最低温度(我が家のオーブンの場合は80度)で2,3時間ゆっくり水分を飛ばしています。 天板2枚分作れば、1週間ほどのオヤツ量になりますが、保存料などが入っていないためあっという間にカビが生えてしまいます。 保存袋に入れて、基本的には冷凍庫で保存しています。

次の