いちご 収穫 量。 いちご(イチゴ・苺)の都道府県別生産量(収穫量)/グラフ/地図/一覧表|統計データ・ランキング|家勉キッズ

Q&Aいちご

いちご 収穫 量

スポンサーリンク いちごの収穫量を増やすコツは要因の因数分解 いちごの収穫量を増やすコツは、いきなり収穫量を考えないことです。 収穫量は、実は複数の要因の掛け合わせでできています。 イチゴの収穫量を簡単に数式で表すと、こうなります。 あなたはそれぞれの要因を把握していますか? 収穫量を増やしたければ、まずはそれぞれの要因を把握しましょう。 株数 株数は育てているイチゴの株数です。 家庭菜園ならプランターで育てていますよね。 農家なら土耕栽培や高設栽培でしょう。 芽数 芽数は一株あたりの成長点の数です。 苗の状態では芽数は一つだけですが、生育に伴って増えていきます。 花房数 花房数は芽あたりの花房数、もしくは株あたりの花房数です。 イチゴの花は複数の花が一緒に、房の状態で出てきます。 果実数 果実数は花房あたりの果実数、もしくは株あたりの果実数です。 果重 果重は一つの果実の重さです。 イチゴの収穫量を増やす方法 いちごの収穫量を決める要因については理解できたでしょうか。 次に、それぞれの要因を具体的に考えてみましょう。 花房から収穫する果実の数を増やす 2. 果実のサイズを大きくする 3. 収穫期間を長くして花房の数を増やす 4. 芽数を増やして花房の数を増やす 5. 株数を増やして収穫量を増やす 6. 栽培面積を増やして収穫量を増やす 1. 花房から収穫する果実の数を増やす 花房から収穫する果実の数を増やせば、収穫量は増えます。 例えば、花房に着く花の数を増やしたり、摘花する数を減らせば果実の数は増えます。 果実のサイズを大きくする 果実のサイズを大きくすると、収穫量を増えます。 肥料や土作り、水管理を調整することで果実のサイズは大きくなります。 収穫期間を長くして花房の数を増やす 収穫期間を長くすることで、花房の数が増やせます。 例えば、夜冷短日処理で収穫期間を早めたり、春の冷房処理で収穫期間を伸ばせます。 芽数を増やして花房の数を増やす 芽数を増やせば花房数を増やせます。 例えば、一芽ではなく二芽や三芽にすれば、花房数は増えます。 株数を増やして収穫量を増やす 株数を増やせば、収穫量を増やせます。 例えば、株間を狭くしたり、通路を狭くしたり、二段ベンチを使えば株数を増やせます。 栽培面積を増やして収穫量を増やす 栽培面積を増やせば収穫量を増やせます。 単純に考えて、栽培面積を二倍にすれば収穫量は二倍になります。 なので、収穫量を増やそうとするとデメリットも起きます。 ・果実のサイズが小さくなる ・果実の糖度が下がる ・病害虫が増える ・生産コストが増える ・作業性が悪化する そのため、収穫量を増やすことだけを考えてはダメです。 いちごの収穫量を決める要因の範囲 いちごの収穫量を決める要因の範囲はこの程度です。 通常の土耕栽培なら7,000〜9,000株、高設栽培なら6,000〜7,000株ほどです。 通路幅を狭くしたり、二段ベンチを導入することで栽培株数を増やせます。 脇芽をまったく取らない放任栽培もあります。 半促成栽培では3本ほど、自然環境で育てる家庭菜園では1本か2本でしょう。 株の栄養状態が良ければ20個以上の花が咲きますし、悪ければ3個くらいです。 これも株の栄養状態が関わります。 苺の収量を増やす工夫 苺の収穫量を増やす工夫を考えてみましょう。 株数:システム、植え方 2. 芽数:栽培管理 3. 花房数:夜冷短日処理、冷暖房 4. 果実数:肥培管理 5. 果重:肥培管理 1. 株数:システム、植え方 株数を増やすためには、栽培システムを変更したり、植え方を変えることで対応できます。 芽数:栽培管理 芽数は一株あたりの栽培管理を変えれば増やせます。 花房数:夜冷短日処理、冷暖房 花房数は夜冷短日処理をしたり、冷暖房を使うことで増やせます。 果実数:肥培管理 果実数は肥料や土作り、水管理(肥培管理)で増やせます。 果重:肥培管理 果実の重さも肥料や土作り、水管理(肥培管理)で増やせます。 YouTubeでもいちごの栽培方法を解説 YouTubeでもイチゴの収穫量を増やす方法と考え方を解説しています。 166• 126• 1 アーカイブ•

次の

いちご(種類、収穫量、栄養、効能、保存法)

いちご 収穫 量

都道府県 収穫量 収穫量割合 出荷量 出荷量割合 作付面積 作付面積割合 10a当たり収量 - 全国 163,700 t - 150,200 t - 5,280 ha - 3,100 kg 1 25,100 t 15. 農家さんが投稿された情報に対するご意見・ご質問に関しては、運営事務局側では回答致しかねますので、農家様に直接お問い合わせいただきますようお願いいたします。 「いちご」の産地(都道府県)の一般情報に関しては、次に記載の "「いちご」の産地(都道府県)に関する一般情報" をご覧ください。 「いちご(苺,イチゴ)」 の 産地(都道府県)に関する一般 情報 [ジャパンクロップス]で提供している情報は、総務省統計局等の機関から公表されている情報及び、[ジャパンクロップス]運営事務局の独自の視点・調査から提供している情報の2つから構成されております。 ページの中で出典が記載されていない情報は、当運営事務局の独自の視点から提供された情報となります。 運営事務局では、日本で生産された農作物の「いちご」に関して、国内外の多くの消費者の方に興味をもっていただけるよう、今後も農作物や農業に関する様々な情報を追加していく予定です。 もし、こんな情報もあったらいいな等のご意見や、サイトの記載に誤りを見つけましたら、[ジャパンクロップス]のよりご連絡いただけますと幸いです。 「いちご(苺,イチゴ)」 を 生産・販売されている 農家様へ [ジャパンクロップス]では、日本で「いちご」を生産・販売されている農家様を募集しております。 当サイトでは、「いちご」に関する商品情報だけでなく、ご自身の情報や、その他の「いちご」の販売促進につながるようなお知らせを無料で登録・発信いただけます。 これらの情報は、農家様が農業を営んでいる産地(都道府県)や特定の地域、また品種(種類)と紐づけて情報を発信することができます。 インターネットをご利用できる環境さえあれば、会員登録を行っていただければお使いになれます。 パソコンだけでなくスマートフォンやタブレットでも操作が可能です。 また、海外向けにも情報を発信することができるようになっております。 ご興味の際は、のリンクから新規会員登録を行っていただきますようお願い致します。 または、ご質問や、ご確認事項、もう少し詳細を知りたい方は、[ジャパンクロップス]のよりお気軽にご連絡ください。 また、「いちご」に関する情報をご登録いただくと、ご希望に応じて、「JapanCROPs」運営事務局で運営する公式フェイスブック上でも、その情報を無料で投稿致します。 これにより、ご登録いただいた情報を、より多くの方にご覧いただく機会や、農家様のメッセージが伝わる機会が増えると考えております。 「JapanCROPs」公式フェイスブックページへの無料での投稿サービスは、期間限定のサービスと考えておりますので、是非この機会に、「いちご」に関連する農家記事を登録いただき、サービスをご活用いただければと思います。 公式フェイスブックページ.

次の

いちごの収穫量を増やす方法と考え方とプロが解説!コツは因数分解

いちご 収穫 量

栃木県の自然環境は、いちごの生育にとても適しています。 栃木のいちごは、豊富に降りそそぐ陽光ときれいな水、そして肥沃な大地に育まれます。 また、内陸型の気候は、夏と冬、そして昼と夜に大きな寒暖の差をもたらします。 この寒暖の差が、いちごを鍛え、甘くておいしいいちごをつくるのです。 これらに加え、首都圏に近いことから、新鮮ないちごをいち早く大消費地にお届けできることも栃木の特徴です。 栃木のいちごは、長く収穫量日本一の座を保ってきていますが、これには生産者、農業団体、そして行政が一丸となって、たゆまぬ栽培技術の進化と品種改良を重ねてきた歴史があります。 作付面積は昭和47年頃をピークに減ってきていますが、収穫量は当時の2倍ほどまで増えています。 こうしたことからも、栃木がいちごの生産に並々ならぬ力を注いできたことがお分かりいただけるのではないでしょうか。 今から約200年前、オランダで交配されたのが、現在のいちごのルーツです。 日本には、江戸時代末期にオランダから長崎に伝来しました。 栃木でいちごが本格的につくられるようになったのは、昭和30年代に入ってからのこと。 当時は畑でいちごを栽培する「露地栽培」が一般的で、収穫時期も5月〜6月と限られていました。 その後、促成栽培の研究が進み、施設も「トンネル栽培」から「ハウス栽培」へと進化していきました。 さらに栽培技術や、品種の改良が進み、現在のように11月頃からでもいちごが食べられるようになったのです。 昭和59年に栃木で生まれた新品種「女峰」は、収穫時期を早め、育てやすく食味のよい品種として、またたく間に全国で人気のブランドとなりました。 平成8年に誕生した「とちおとめ」は、女峰のよさを受け継ぎ、さらに粒が大きく甘みを増して、現在、栃木を代表する品種としてたくさんの皆さまに愛されています。

次の