浦島 坂田 船 ライブ 映像。 浦島坂田船、約6000人のcrewが熱狂したツアーファイナル・両国国技館公演をレポート

【2018】浦島坂田船幕張公演2days ダイジェスト映像

浦島 坂田 船 ライブ 映像

センラ 今回、結成5周年を祝した『浦島坂田船 SUMMER TOUR 2018 ~俺SUMMERと、宇CHU 旅行 ~ 5th Anniversary』と題された日本武道館公演2デイズの初日を観て、観客の熱狂度に度肝を抜かれた。 彼らが人気を得ている理由は単純に1+1+1+1=4みたいな数式を超えたところにある。 わかりやすい例を上げると、メンバー同士が見つめ合ったり、肩を組んで一緒に歩いたり、メンバー間の絆や友情が繰り広げられる場面で、耳をつんざく大きな歓声が沸き上がる。 この4人でしか生まれないパフォーマンスやストーリーこそが肝であり、その人間ドラマが音楽に乗ることで、さらなる興奮と共感を呼び起こす。 もはや全エンタメを相手にしても負けない、音楽のワンダーランドがここにはあった。 「Starry Cruise」で幕を開けると、観客と早くもコール&レスポンスを交わし、導火線ナシで一気に盛り上がていく。 続いて「太陽系デスコ」ではノリのいい曲調に相まって、武道館が激しく揺れ、メンバーも興奮を抑えられない様子だった。 「360度やべえな」(うらたぬき)、「客席が近い、鼻もほじれない」(センラ)の発言に会場も和やかな笑いに包まれる。 それから各ソロ・パートをリレー形式で繋いだ「わいふぁい暴想ボーイ」を経て、「ハロウ!ゴーストシップ」に入ると、円形ステージのさらに中心部分にある小ステージが浮上してメンバー4人が歌い、武道館ならではの演出効果に片時も目が離せない。 志麻 後半、「Mermaid」を歌い終えると、「まさかの出来心で動画を投稿して……4人集まって、5年で武道館なんて誰も想像してなかった。 ここまで来れたのは我々のおかげです! 冗談です!(笑)」(センラ)、「こういう景色を4人で見たいと思ってた。 みんな応援してくれて、ありがとう。 ここがスタートか、ゴールかわからない、泣きそうです」(となりの坂田。 )、「「Mermaid」を歌ってるときに自分のパートで泣きそうになった。 元々1人だったけど、この4人でやったら馬が合うんちゃうって。 皆さんが応援くれなかったら、ここに立ててない」(志麻)、「全部言われた(笑)。 オリコンウィークリー1位獲得、これからも支えてください!」(うらたぬき)とメンバーそれぞれ胸中を告白すると、本編ラストは「年に一夜の恋模様」でビシッと締め括る。 Starry Cruise 02. 太陽系デスコ 03. わいふぁい暴想ボーイ 04. ハロウ!ゴーストシップ 05. 最強ライバル 06. 千本桜 -guitar rock arrangement- 07. Peacock Epoch 14. ポワゾンKISS 15. 花鳥風月 16. メドレー(Dreamer/アイドルっぽい曲を作った/プリンセスに口づけを/ 嘲笑ポラロイド/厨病激発ボーイ/Carry Forward/君まであと何メーター/Dreamer) 17. Sailor's High 18. Mermaid 19. 年に一夜の恋模様 <アンコール> 20. SHOW MUST GO ON!! SAILING!!!!!

次の

浦島坂田船、1万3,000人のcrewが熱狂した武道館公演 『こういう景色を4人で見たいと思ってた』

浦島 坂田 船 ライブ 映像

廃墟を思わせるメインステージにはジャック・オ・ランタンがあしらわれ、期待に胸を高鳴らせるcrew(浦島坂田船のファンの呼称)を怪しく誘う。 定刻を迎え、厳かなナレーションが語り始めたのは、共栄していくはずだった2つの名家と、開催されるはずだった舞踏会の物語。 悲劇によって未来と平和は奪われ、300年が経った今もなおさまよい続ける魂が今夜、ここ横浜アリーナに集ったという。 そしていよいよ、失われた舞踏会の幕が上がる。 オープニングを飾るのは、今年のハロウィン曲「HORRORISM」。 最初は浦島坂田船の姿がなく、映像と音声のみの登場という、まさしく幽霊を思わせる演出。 曲の途中にモニターが上下に分かれ、その間から4人の姿が現れた。 寸劇を経て、10月18日に発表された新曲「ハングリー・ゴースト」。 「舞踏会」というテーマを体現するように、今回の公演は振付のある楽曲が多い。 ダンサー陣も交えて横長の空間を贅沢に使い、様々なエンタメが飛び出す彼らのステージは、それこそ魅惑的なお菓子箱のようだ。 4人は浦島坂田船としてのライブに加えてソロライブやペアライブ、そして個々のゲスト出演など、ライブ尽くしの1年を過ごしてきた。 小気味好いMCトークも含め、そのステージングには貫禄すら漂い始めている。 取材・文/ヒガキユウカ 撮影/小松陽祐 ODD JOB 、堀卓朗 ELENORE <セットリスト> 01. HORRORISM 02. グリムメイカー 03. ゴーストルール 04. 拝啓ドッペルゲンガー 05. Mrs. Pumpkinの滑稽な夢 06. Happy Halloween 07. ハロウ!ゴーストシップ 08. Trip-Trap, Love Trap!! ハングリー・ゴースト 11. Starry Cruise 12. Fortune!! ARK 14. Beetle Battle 19. ポーカーフェイク 20. 花吹雪 21. 千本桜-guitar rock arrangement ver. - 22. Snow melody 23. カレンダーリマインダー Encore En-1. Shouter En-2. あわせて読みたい•

次の

【2018】浦島坂田船幕張公演2days ダイジェスト映像

浦島 坂田 船 ライブ 映像

第2制作株式会社 [D2P Inc. ] 「個」の魅力を現像し、世界を変えていく。 一人一人が意志を持って情報を発信し続ける社会。 その社会が到来した時に僕らは、一人一人の意志を受け止め、パッケージ化されたものではなく、その魅力がきちんと引き出された映像作品、プロモーション作品を世に送り出して行きたいと考えています。 もう少し大きなくくりでは、ひとつの企業であったり、ひとつのローカルエリアは既にしっかりとした意志を持って情報を発信するようになってきています。 一億総ディレクター社会の到来へ。 今まで情報を発信することがなかった、できなかったマーケットが目覚めようとしている中で僕らD2Pは船出を迎えました。 2017年7月移転しました! (電話番号も変更となっております) 代表取締役 立石賢司 設立 2015年5月 資本金 3,000,000円 事業内容 LIVE収録(企画制作) 法人向け総合プロモーション企画制作 ミュージックビデオの企画制作 コンセプトムービーの企画制作 取引銀行 三菱UFJ銀行 高円寺支店 大東京信用組合 高円寺支店 西武信用金庫 本店 取引先 株式会社デュアルタップ 株式会社Dualtap International 菊池建設株式会社 エグジットチューンズ株式会社 株式会社ポニーキャニオン エイベックス・エンタテインメント株式会社 株式会社Beyond-MAX 有限会社Sirene 株式会社サウンドクルー 株式会社エコス 株式会社クリアストーン 株式会社セルワールドエンタテイメント 株式会社ルフラン東京 株式会社blue clover 株式会社WINPRO 特定非営利活動法人 和塾 Origami Crane Records 株式会社メディアブレイン 株式会社NATiON 株式会社うぼん 株式会社 CITTA' WORKS 株式会社文協 株式会社矢動丸プロジェクト 株式会社AOI Pro. 早稲田大学第一文学部卒業後、株式会社リクルートエージェント(現:リクルートキャリア)入社。 取引先であった撮影用特殊機材会社に転身後、制作事業部の立ち上げに参画。 多くの映画、LIVE、プロモーションビデオでアシスタントプロデューサー、制作主任を経験。 2010年からは事業部の責任者(プロデューサー)として多くの作品に参加。 2015年に独立、第2制作株式会社(D2P)を立ち上げ、未だに、企業総合プロモーション、ミュージックビデオやコンセプトドラマ、ライブ収録に、演出兼プロデューサーとして参加している。 ~」OP・幕間映像/プロデューサー/撮影/編集 センラ/「SENRA LIVE TOUR S STILO!!! :RE」ライブ用OP映像/制作/編集 After the Rain/アルバム『イザナワレトラベラー』特典映像/企画/制作/編集 志麻/実写ドラマ「Sakura Bullet 〜別れの弾丸〜」ライブ用映像/演出/プロデューサー そらる/『奏(かなで)Studio Session』特典映像/撮影/編集 そらる/『366日(HY)cover』/撮影/編集 そらる/『25コ目の染色体(RADWINPS)cover』/撮影/編集 そらる/『たばこ(コレサワ)cover』/撮影/編集 そらる/『おかあさんの唄(アン・サリー)cover』/撮影/編集 そらる/『楓-cover- Studio Session』特典映像/撮影/編集 そらる『そらるが贅沢キャンプに行ってみた』アルバム特典映像/演出/プロデューサー まふまふ/メットライフドームライブ演出用映像/プロデューサー 浦島坂田船/2018年夏実写OP/幕間映像/演出/プロデューサー 浦島坂田船/2019年夏実写OP映像/演出/プロデューサー DaizyStripper/『彼女はエメラルド』PV/プロデューサー GACKT/『サクラ、散ル』PV/ラインプロデューサー FEST VAINQUEUR/『奇跡の翼』PV/構成/プロデューサー P. 富士急ハイランド〜』/富士急ハイランドコニファーフォレスト/LIVE送出・収録 DaizyStripper/渋谷公会堂/LIVE収録 ダンス向上委員会(パパイヤ鈴木)/O-EAST LIVE収録 GACKT/横浜アリーナ 3DAYS公演/LIVE収録 田原俊彦/中野サンプラザ /LIVE収録 SHU-I『やっと、ZEPPツアー』ZEPP東京/ LIVE収録 P. 』/LIVE収録 MY FIRST STORY /O-EAST/『HIGHEST LIFE PARTY Vol. TRY FOR POINT vol. VICTON 1st SPECIAL LIVE』/豊洲ピット/カメラ送出 「2017サマナーズウォー ワールドアリーナチャンピオンシップ」日本本戦/ベルサール秋葉原/カメラ送出/生配信 ETA運動会2017/横浜文化体育館/カメラ送出 他多数.

次の