顔 描き方。 表情の描き方講座!喜怒哀楽の顔のコツ|お絵かき講座パルミー

男性キャラクターの描き方講座

顔 描き方

「人物の表情を描く時にいつも同じになる... 」「描きたい表情が描けない!」そんなことを感じたことはありませんか? この講座は表情の描き方を顔の筋肉を理解しながら学ぶ講座です。 喜怒哀楽の表情のコツを学んでいきましょう! 顔の表情のパーツを描く はじめに、キャラクターの表情の変化に影響を及ぼす顔のパーツを把握していきましょう。 表情のコツ!目の描き方 まずは驚いた時の目の描き方です。 驚いた表情の目を描く時は、目のサイズを一回り大きくし、目の形を丸くします。 白目の部分を大きくし、まぶたが持ち上がるように描くのがコツです。 次にまぶたが下がった時の目について解説します。 まぶたが下がった状態の目は、特別な表情を表します。 目の変化で怒ったり泣いたりといった表情を表現できます。 そうでない場合は筋肉がゆるみ、リラックスをしている表情となります。 最後にまぶたを完全に閉じた時の目を見てみましょう。 このような状態になります。 表情のコツ!眉毛の描き方 眉毛の形は目の周りの筋肉とひたいの筋肉の変化で作られています。 以下のイラストのようにひたいの筋肉が上に持ち上がるとき、眉の描き方としては、内側を上に持ち上げるように描きましょう。 一方、眉間(みけん)にシワが寄る際は、眉の内側を目の方に近づけて描きます。 顔の表情のコツ!口の描き方 続いては口の描き方についてです。 口の変化には様々な顔の筋肉が影響を与えています。 笑う際の口は、口角を頬(ほほ)の方に引っ張って描きましょう。 ネガティブな感情を表す時、口角が真下に引っ張られます。 口を描く際は表情に合わせて、口角を意識しましょう。 顔の筋肉を理解する!顔のパーツを組み合わせる 目や眉、口といった顔のパーツの組み合わせて色々な表情を表現できます。 逆に言うと、それらのパーツの組み合わせが表情を作っています。 実際に、以下の図にある顔のパーツを使って顔の表情を描いていきます。 喜びの表情の描き方 喜んだ顔を表現する際は、頬に向かって口角を上げる筋肉の大頬骨筋(だいきょうこつきん)が影響します。 特に笑顔の描き方のコツとしては、口角を意識して口を描くことです。 頬が押し上げられることによって、目の形も変わる場合があります。 悲しい表情の描き方 悲しい時の表情は、三角筋によって口角が下がります。 目の周りの筋肉にぎゅっと力がはいることで目の形が変わります。 泣く時の筋肉は口角を真横に引っ張りましょう。 口を横に引っ張ります。 怒った時の表情の特徴は、眉間に力が入ることです。 この時、目の形や眉の形を眉間に合わせて描きましょう。 驚きの表情の描き方 驚いている表情を表したい時は、最初に作った目のパーツを使い、瞼(まぶた)と額(ひたい)を上に引っ張ります。 こうすることで驚いた表情を作ってみましょう。 まとめ 表情の描き方講座はいかがでしたか? パルミーには今回紹介した喜怒哀楽以外の「あくび」「ドヤ顔」などの表情を解説した講座もありますので、ぜひ参考にしてみてください。

次の

【イケメン】男の描き方!基本を抑えて色んなタイプの男の人を描こう!

顔 描き方

絵を描くとき、 どうもバランスが悪い、でも何が悪いのか分からないと思ったことはありませんか? 今回は そんなときに読みたいワンポイント講座です。 前半は 「初心者が間違いがちな頭部の描き方」をご紹介。 以下の項目に引っかかるなと思った方はチェックしてみましょう。 耳の位置がどこにあるかわかっていない• 前髪の流れを意識していない• 目のパーツが左右異なってしまう• 眉毛の位置が左右異なってしまう• アゴが前に出すぎてしまう• ほっぺたの位置がよくわからない• 鼻の位置に違和感がある 後半では、 頭部の描き方と髪の描き方をご紹介します。 ビギナーの方は今回の記事を通して頭部と髪の毛の描き方をマスターしましょう。 何かがおかしい頭部の例 はじめにこちらの女の子をご覧ください。 この女の子、何か違和感がありませんか? どこの部分がおかしいのか、 顔を描くときに注意したい7点をまとめました。 耳の位置は目と平行でアゴの付け根あたりに 自分自身の耳を触ってみると、 耳はアゴの付け根あたりからついていることが分かります。 今回のサンプルの女の子は耳がかなり上になっていますね。 前髪の生え方を揃える 前髪の生え方、流れがバラバラで違和感があります。 何か意図がない限り、 髪の毛の流れは規則的にした方が自然です。 目の大きさ、見ている方向を左右で合わせる 左右の目の大きさは、顔に角度がついている状態でも、漫画のように絵全体にパースがかからない限り 高さはほぼ同じになります。 また、右目が横を向いているのに対して、左目が真正面を向いてしまっているので、方向を合わせましょう。 眉毛の高さを合わせる 目からの高さを比べてみると眉毛の高さが違うことが分かります。 例えば片目を閉じていたり、表情を作るために片眉だけ高さを変えたりするなどありますが、そうでない場合は、 基本的に両目とも目から同じ高さを意識するようにしましょう。 アゴの位置は口の下に 首の位置に対してアゴが前に出てしまっています。 このくらいの斜めの角度であるなら、もっと引いたほうがいいです。 この場合、口に合わせたほうが自然にみえます。 頬のふくらみは目のすぐ下に 基本的に 下まつげの下あたりからが頬のふくらみになります。 これでは下まつげと頬の間が空きすぎてしまっています。 意図したデフォルメではない限り、気をつけましょう。 鼻と口とアゴは顔の中心線に 中心線を引いたときに鼻の位置がズレていることがわかります。 一見、目と目の中心部分にあるので合っていると思いますが、鼻の頂点は斜め横を向いたときに左側へ寄りますので、この場合目と目の丁度真ん中にあるとおかしいということになります。 顔の中心線には鼻、口の真ん中、アゴがあたることを意識しましょう。 まとめ ポイントをまとめました。 自身のイラストを比較してチェックしてみましょう。 頭の形をしっかりと描くには 頭部の形を簡単に取るには、 丸を描いてから頬を描き、アゴをつけていく感じで描くときれいに形を取ることができます。 しっかりと 形を取る癖をつけて少しずつ描きなれると、自然にバランスが取れるようになります。 また、頭はこのように 補助線などを引いて、立体感がちゃんと出ているか確認してみると違和感が分かりやすくなります。 慣れるまでは、このようにしっかりと確認をするようにしましょう。 髪の毛が中々上手く描けない……そんなときは 髪は、 髪の毛の束を頭に貼り付けていくイメージで描くと良いです。 このような感じの束をペタッと貼り付けていくイメージがつければ、 髪の毛の流れなどを意識しやすいでしょう。 ぺたぺたと貼り付けたイメージがこちらになります。 パーツを分割したように貼り付けていく感じで描いてみましょう。 この手法で髪の毛を描くと、 頭の頂点から自然に髪の毛が生えているように描けます。 「見えない部分」も意識してみよう 髪の毛で隠れた頭部など、見 えない部分も描くことで全体のバランスをしっかりとおさえることができます。 例えば、この女の子の前髪を取ってしまった状態でも、絵が破綻しないように前髪の下の頭部も考えて描くようにします。 左の状態から前髪をはずしても、右のように前髪の裏までイメージできるようになれば、横顔を描く時も、 パーツごとの形状を理解できるので、違和感なく描くことができます。 いかがでしたか? 「描く前後にしっかりと確認をしない」「実物や見本を参考にしない」などが初心者にありがちなミスです。 確認しながら描けばもっとバランス良く描けたのに……と、もったいない思いをする前に、是非チェックポイントを参考にしてみてください。 参考資料を見ながら描くことは悪いことではなく、むしろ良いことです。 「何も見ないで描く」よりも、よく見て調べて確認してしっかりと描き上げる、それこそが上達への近道です! [著・画:乃樹坂くしお] Twitter 2009年から絵を描き始め、2013年からフリーランスとなった駆け出しイラストレーター。 大人になってからイラストを1から始めるなんて遅くない、と証明するために日々積み重ねています。

次の

【イラスト講座】アタリを使った顔の描き方

顔 描き方

「人物の表情を描く時にいつも同じになる... 」「描きたい表情が描けない!」そんなことを感じたことはありませんか? この講座は表情の描き方を顔の筋肉を理解しながら学ぶ講座です。 喜怒哀楽の表情のコツを学んでいきましょう! 顔の表情のパーツを描く はじめに、キャラクターの表情の変化に影響を及ぼす顔のパーツを把握していきましょう。 表情のコツ!目の描き方 まずは驚いた時の目の描き方です。 驚いた表情の目を描く時は、目のサイズを一回り大きくし、目の形を丸くします。 白目の部分を大きくし、まぶたが持ち上がるように描くのがコツです。 次にまぶたが下がった時の目について解説します。 まぶたが下がった状態の目は、特別な表情を表します。 目の変化で怒ったり泣いたりといった表情を表現できます。 そうでない場合は筋肉がゆるみ、リラックスをしている表情となります。 最後にまぶたを完全に閉じた時の目を見てみましょう。 このような状態になります。 表情のコツ!眉毛の描き方 眉毛の形は目の周りの筋肉とひたいの筋肉の変化で作られています。 以下のイラストのようにひたいの筋肉が上に持ち上がるとき、眉の描き方としては、内側を上に持ち上げるように描きましょう。 一方、眉間(みけん)にシワが寄る際は、眉の内側を目の方に近づけて描きます。 顔の表情のコツ!口の描き方 続いては口の描き方についてです。 口の変化には様々な顔の筋肉が影響を与えています。 笑う際の口は、口角を頬(ほほ)の方に引っ張って描きましょう。 ネガティブな感情を表す時、口角が真下に引っ張られます。 口を描く際は表情に合わせて、口角を意識しましょう。 顔の筋肉を理解する!顔のパーツを組み合わせる 目や眉、口といった顔のパーツの組み合わせて色々な表情を表現できます。 逆に言うと、それらのパーツの組み合わせが表情を作っています。 実際に、以下の図にある顔のパーツを使って顔の表情を描いていきます。 喜びの表情の描き方 喜んだ顔を表現する際は、頬に向かって口角を上げる筋肉の大頬骨筋(だいきょうこつきん)が影響します。 特に笑顔の描き方のコツとしては、口角を意識して口を描くことです。 頬が押し上げられることによって、目の形も変わる場合があります。 悲しい表情の描き方 悲しい時の表情は、三角筋によって口角が下がります。 目の周りの筋肉にぎゅっと力がはいることで目の形が変わります。 泣く時の筋肉は口角を真横に引っ張りましょう。 口を横に引っ張ります。 怒った時の表情の特徴は、眉間に力が入ることです。 この時、目の形や眉の形を眉間に合わせて描きましょう。 驚きの表情の描き方 驚いている表情を表したい時は、最初に作った目のパーツを使い、瞼(まぶた)と額(ひたい)を上に引っ張ります。 こうすることで驚いた表情を作ってみましょう。 まとめ 表情の描き方講座はいかがでしたか? パルミーには今回紹介した喜怒哀楽以外の「あくび」「ドヤ顔」などの表情を解説した講座もありますので、ぜひ参考にしてみてください。

次の