イー デザイン 損保 cm。 イーデザイン損保の自動車保険の評判は?実際の声を元に評判を徹底解説!

【2020年版】イーデザイン損保の評価は?評判・口コミを徹底解説!

イー デザイン 損保 cm

Contents• ネット自動車保険CM 自動車保険はネットの時代と言われてから、もう、既にかなりの時がたちました。 今はネット自動車保険にとっては、テレビCMは顧客獲得のポイントとなっているようです。 なので、CMが流れる回数も多く、あなたもきっと見た事のあるCMではないかと思います。 そんなネット自動車保険のテレビCMに出演している女優さんにスポットを当て、見ていく企画なのですが、どのネット自動車保険もCMの方向性というか、訴えかけることが『安心と信頼』になっているのだと強く感じます。 企業としては、どの女優さんがそれを伝えてくれやすいか?ということになるのでしょうね。 そしてそのCMの多くが実際の現場で起こるオペレーターとのやり取りとなっているのも興味深いですね。 それでは、各社CMの女優さんを見ていきましょう• まとめ 今日のお話は、自動車保険のCMで、気になるCMに出演している女優さんにスポットを当ててみてきました。 自動車保険のCMとしてテレビCMで流れているのは、今の時代はネット自動車保険が多いようです。 そしてこうして調べてみて思うのが、どのCMも自動車保険に加入にあたっての『信頼性や安心』にターゲットを絞ってCM作りしていると思いました。 なので、その出演女優としてはそのイメージに合う方ということになりますね。 今回ご紹介の、女優さんは皆さん綺麗な方ばかりでしたが、テレビCMというのは、短時間に視聴することで興味を持ってもらうという役割があるため、女優さんのもつイメージが重要になってきますね。 今後の新しいCMにも、注目していきたいと思います。 追記: 三井ダイレクト損保 三井ダイレクト損保のCMに本田翼さんが出演しています。 実は、最新ってわけでもないのですが、漏らしていたので今回ご紹介です。 別記事でも書いているので,こちらもご覧ください。 業界最大規模の指定修理工場数」 本田翼「充実のサポートなのに保険料が安い。 だから保険料満足度が98. 6% これが真実」 男性ナレーション「自動車保険は三井ダイレクト損保」 わたしのイメージでは女優の「本田翼」さんといえば、いつも笑顔のかわいい女性というイメージです。 今回のこのCMも可愛さは健在。 自動車保険のCMはちょっと意外でしたが、緑のカラーがとても似合っていますね。 SBI損保 SBI損保の最新CMにタレントの小島瑠璃子さんが出演しています。 ~「こじるり登場」篇~ 小島瑠璃子「自動車保険 選ぶなら SBI損保」 小島「SBI損保の自動車保険 知ってますか?」 男性「ネット自動車保険ってどこも同じじゃ?」 小島「比べてください 車両保険付きでもこの保険料!」 女性「安いのはうれしいけどもしもの時は大丈夫ですか?」 小島「ご安心ください SBI損保は補償もこんなに充実 さらにロードサービスは業界最高水準です」 小島「保険料納得度は98%なんです!」 小島「次はあなたもSBI損保で検索」 スポンサーリンク セゾン自動車火災保険 セゾン自動車保険のおとなの自動車保険の最新CM「24時間安心」篇、 「納得の保険料」篇、 「かけつけて安心」篇が公開され、俳優の香川照之さん、女優の泉里香さん、女優の岡田彩花さん、女優の花澄さんが出演しています。 ~「24時間安心」篇~ 食卓に座りキッチンで料理をする母親に話しかける泉里香さん。 youtube. 子供という設定ではないんですよね。 岡田将生ナレーション:自動車保険、アクサに入っててよかった。 谷垣有唯:「凄い、凄い、凄い、凄い…」 岡田:「お~、あっ、流れ星」 谷垣:「えっ?」 谷垣君が肩にかけていた天体望遠鏡を車にぶつけます。 ドンッ!! 岡田:「どうした?」 谷垣:「ごめんなさい」 岡田:「大丈夫!気にするな」 岡田ナレーション:守られている だから前を向ける! 岡田:「もしもし…」 アクサの女性オペレーター:はい、アクサダイレクトです。 岡田ナレーション:アクサダイレクト ネット割最大20000円はアクサだけ!.

次の

最近の自動車保険CMのかわいい女優や俳優は誰?アクサ・イーデザイン・ソニー・セゾン・SBI自動車!最新ランキングからのキャストは?!

イー デザイン 損保 cm

イーデザイン損保の評判・口コミについて色々な角度から徹底解析してみます。 イーデザイン損保は、国内最大手の東京海上グループの企業で、通販型 ダイレクト の自動車任意保険のみ取り扱っています。 イーデザイン損保の自動車保険は、本当に保険料が安くて事故対応・顧客の評判も申し分ないものなのか?気になりますよね。 そこで、この記事では• 気になるイーデザイン損保の事故対応・顧客対応の評判・口コミについて!• イーデザイン損保『3つの特徴』とは?• イーデザイン損保とソニー損保のあらゆる項目を徹底比較! イーデザイン損保は、保険料ランキングではあまり名前が挙がっていませんが、実際はかなり保険料が安いと評判です。 自動車の任意保険を選ぶときに、まず保険料が安いか?どうかというのが気になるポイントですから、良い評価の一つといえます。 そして次に補償内容や、実際に事故にあった最悪の時の事故対応や処理能力が気になることでしょう。 そして気になる、事故対応・顧客の実際の体験に基づく評判・口コミも載せておきましたので是非、ご覧ください。 アンケートの情報• 対象者:イーデザイン損保のサービスを利用した事がある人• アンケートの方法:インターネットにてアンケートを実施• イーデザイン損保では、全ての契約に『セコム事故現場サービス』が付帯!• 弁護士特約が自動付帯!『もらい事故』にも対応!• 全ての契約にロードサービスが自動付帯! 口コミからもわかるように、イーデザイン損保は、事故対応や顧客対応の評判も良く高評価を受けています。 窓口の対応も、オペレーターの方も好感の持てるものばかりで、サービスは充実しているという印象を受けました。 ランキング調査で知られる『オリコン』のランキングでは、『事故対応満足度』で第1位を獲得しています ソニー損保は2位です。 Power社の2018年の『事故対応満足度調査ランキング』では5位の評価を受けています。 イーデザイン損保は、ダイレクト型自動車保険で保険料を抑えながら、質の高いサービスを要望する人に適した保険会社です。 『事故現場コール』 これはイーデザイン損保のスマートフォンアプリで、お使いのスマートフォンに専用のアプリをダウンロードしておけば、いざという時に簡単操作で、すぐにイーデザイン損保につながります。 全く土地勘のない知らない旅行先・出張先でもGPSで現在位置を通知し、迅速に セコム事故現場急行サービスや ロードサービスを要請できます。 セコム事故急行サービスは、一見するとなんのメリットがあるのか?と考える方もいるかもしれませんが、事故の相手方に物騒な考えを持つ悪い人がいる事もあるのです。 そういった不穏な事故の相手などに脅されたり、威圧されて必要以上の要求を承諾させられたりしないように守ってくれるのです。 事故を起こして不安な時に、駆けつけてくれたらきっと、こころ強いに違いありません。 弁護士費用等補償保険 弁護士費用特約 他社ではオプションとして扱われる事の多い 弁護士特約が自動セットされているのもイーデザイン損保の特徴です。 特にこちらに全くの過失がない 『もらい事故』の場合、保険会社が代わりに交渉する事が法的に認められていないので、弁護士に依頼しなければならないのです。 弁護士に依頼した場合に、かかる一切の弁護士費用を『弁護士費用等補償保険』 弁護士費用特約 が補償してくれます。 またCMなどで馴染みのある事故を起こした時に『専任の担当者』がつくのも、これと類似した特徴です。 イーデザイン損保は『もらい事故』に強い!何回・保険・使用でも等級はそのまま! ただし、過失なしの『もらい事故』に限ります。 ) レッカーサービス 無料けん引距離 ・イーデザイン損保指定の最寄り修理工場 距離制限なし ・契約者指定の修理工場や自宅の場合 60kmまで無料 応急対応サービス ・バッテリー上がり時のジャンピング ・キー開場 落輪・縁石乗り上げ時の引き上げ・引き下ろしサービス クレーンを使用した場合は自己負担 燃料切れ時ガソリン配達サービス ガソリンまたは軽油10Lを無料でお届け 保険期間中1回に限る 故障相談サービス 電話でスタッフがアドバイス 情報提供サービス ・帰宅手段案内 ・修理入庫先案内 ・24時間営業ガソリンスタンド案内 ・緊急宿泊先案内 ・レンタカー案内など イーデザイン損保のロードサービスの評判が良いのは、東京海上アシスタンス株式会社を通じて提供されているからです。 レッカー移動は、 会社指定の修理工場までなら 距離無制限、 ユーザー指定の修理工場でも 60kmまでなら無料です。 万が一のガス欠時に、 ガソリン無料配達サービスも、加入した初年度から利用可能です。 バッテリーのジャンピングは、以前までは回数無制限でしたが、2017年12日1日以降の契約から 『保険期間中1回のみ』に変更になりました。 ガソリン配達・ジャンピング以外のサービスは、すべてのサービスが 回数無制限です。 ロードサービスの充実しているイーデザイン損保の保険契約者にとってJAFに加入する事は、サービスが重複してかえって、デメリットかもしれません。 費用さえ負担すれば、より良いサービスを提供するという事でしょう。 自動車事故以外の日常のトラブルに対する補償も充実しています。 自動車保険以外の損害保険やクレジットカードについている場合があります。 ソニー損保 74. 21点 ランキング4位 イーデザイン損保 74. 03点 ランキング6位 イーデザイン損保・ソニー損保、どちらも『ダイレクト型』自動車保険のコストカットによる経費の削減で、『ダイレクト型』の中でも比較的安い保険料金で提供しています。 走行距離区分 イーデザイン損保は、 過去1年間の走行距離を基準にして保険料を算出しています。 これに対してソニー損保は、 今後1年間の予定走行距離を申告する方式で契約を行います。 このため過去1年間の利用状況が今後1年間と大きく異なる場合は、両者の保険料に差が生じる場合があります。 ソニー損保は、契約満了時に予定走行距離が、 1,000km以上余っていた場合に限り、継続申込時点で 『くりこし割引』として翌年の保険料から割り引くシステムを採用しています。 逆に予想走行距離より長い距離を走行した場合には、契約距離区分を変更手続きし変更日から満期日までの差額保険料を支払います。 ロードサービスの違い インターネット割引 新規 初年度 更新 2年目以降 ソニー損保 10,000円割引 1年目一律5,000円割引 2年目以降一律2,000円割引 イーデザイン損保 10,000円割引 10,000円割引 *2年目以降で、割引額の減少するソニー損保に対して、イーデザイン損保は新規契約時と同じ10,0000円の割引が受けられます。 継続割引 2年目以降の継続で、保険料が安くなるサービスを提供しています。 イーデザイン損保は、前年が無事故であれば保険料が割引になるサービスも提供しており継続で 最大5. 保険料の割引サービスについては、イーデザイン損保が評判通り高い評価を受けています。

次の

イーデザイン損保のcmの土屋太鳳はうざい?それともかわいい?

イー デザイン 損保 cm

東京海上グループ『イーデザイン損保』の新CMが、SNS上で話題となっている。 同CMはドライバーからのSOSに対し、同社がいかに対応し解決していくのかをドラマ仕立てで展開。 同社マーケティング部の安藤愛美さん、原田憲治さんに加え、CMの企画や制作を担当したクリエイティブディレクター・小霜和也さんに話を聞き、同CMの全貌を探った。 ドライバーの疑問に立ち向かい、悩みながらも解決策を考案していく社員役を、織田裕二さんが熱演されていますが、反響はいかがですか? 安藤さん おかげさまで、大変盛り上がっております。 織田さんには2015年から出演いただいておりますが、これまでの作品と異なり、今作では熱い演技が多いため、そこに注目している視聴者の方が多い印象ですね。 ドライバーの皆さんが普段、自動車保険に対して抱いている疑問点や課題を解決していきたい、今後もお客様に寄り添った商品を提供し続けていきたいという決意を込めて考えました。 そこで「イーデザイン損保は、ネット損保や自動車保険の課題をデザインしなおしていく会社なのだ」というテーマを発案しました。 ネット損保を申し込もうと思ったときに社名を想起してもらうことは重要ですが、単に社名を連呼するだけではなく、社名が持っている意味を添えることで、強くターゲットの脳裏に刷り込むことができるということです。 イーデザイン損保に対して、普段どのように思っているのか、自動車保険に対して改善してほしい点などご意見をいただき、それらをもとに制作していきました。 例えば「弁護士費用等補償保険」を全件付帯しているのは、インターネットを通じて販売するダイレクト型自動車保険だと、イーデザイン損保だけなので、CMで描かせていただきました。 前作CMまで織田さんは、事故受付の専任担当・真島誠司という役柄でしたが、今作から、イーデザイン損保の新たなサービスを提案していく商品開発部に異動した設定で描いています。 僕が今作で見せたかったのは、契約者が自動車保険に抱いている「ここがちょっと変」という想いに対し、当事者の気持ちに寄り添ってこれまでにないサービス開発をしようと努力する社員の姿。 CM的にはやや過剰に表現する必要がありますから、織田さんには、悩み過ぎて壁をバンバン叩いたり、髪の毛をかき乱したりと苦悩するさまを演じていただきました。 逆の言い方をすれば、あのような熱い演技がハマる人は、織田さんしかいませんし。 安藤さん 熱い織田さんの演出、弊社も大賛成でした。 原田さん 織田さんといえば、『世界陸上』や『踊る大捜査線』シリーズの熱血漢の印象が強く、そういったイメージともマッチしていると思いました。 熱い演技は、決してかっこいいものではないですし、ある意味、いじられること前提のものです。 すごく前向きに仕事に向かい合ってくれる方で、コンテにも監督も僕も気付かない見落としを指摘してくれたり、現場でも控え室に戻らないでずっとモニターチェックしていたり。 織田さんの協力には、感謝しかないですね。 小霜さん ホットな織田さんに対し、受け止める側はクールな方がいいなと。 そこでクールビューティーの宮本さんにお願いしました。 原田さん そのアイディアには、弊社も納得でした。 熱い織田さんというキャラは当社のイメージとしても良いのですが、そういった社員ばかりいると思われるのも…(笑)。 弊社は保険という商材を扱っているので、お客様に信頼していただくのが重要です。 オペレーター役として、ドライバーのSOSに対し冷静に受け止める宮本さんの姿は、社内でも評判が良いですね。 小霜さん 撮影を通して、宮本さんは頑張り屋さんだなと思いましたね。 CM終盤のスクリーンの前でシーンは、アドリブで演技してもらっていまして。 織田さんのアドリブに対し、宮本さんも熱いアドリブを披露したりと、織田さんに食いついていこうとする姿勢を垣間見せていました。 一見、クールビューティーに見えますが、内面は熱い人なんだなと感じました。 織田さんが苦悩のあまりバンバンと叩いている壁に「静かに!」と書かれた貼り紙があったり(笑)。 周りはちょっと困ってるんでしょうね。 なので織田さん以外の社員は平然と仕事をしていたりと、いろいろな裏設定も描いているので、ぜひCMの隅々まで見て、そういった演出を楽しんでほしいですね。 FacebookにYouTube…それぞれメディアに合わせたCMを展開• 原田さん テレビCMを軸に、Facebook やYouTubeなどで展開しているのですが、テレビCMの素材をそのまま他メディアに展開せずに、例えばFacebookなら、動画は無音で再生される傾向が高いため、字幕を入れたものを配信したり、YouTubeの場合はスマホで視聴する人が多いため、画角をあらかじめスマホサイズに合わせたものを流したりと、それぞれのメディアに合わせてCMを展開しています。 弊社の商材は、インターネット上から申し込みができる保険なので、テレビをあまり見ないお客様や、普段からネットを活用するお客様に知ってもらえるよう、工夫を凝らしています。 小霜さん さまざまなメディアの画角に合わせられるよう、撮影時から、長方形と正方形バージョンで撮りました。 結果、50パターン以上制作しましたね(笑)。 またテレビCMは15秒ですが、WEBは縛りがないので20秒ぐらいで展開し、織田さんの苦悩を長く見せるなど調整しています。 弊社にとって2019年は、開業から10年という節目の年でもあります。 自動車保険に入りたいと思ったときに、イーデザイン損保を想起してもらえるように、これからもCMを通して新しい商品やサービスを提案していくことができればと思います。

次の