エンドウ 豆 ご飯。 エンドウ豆ご飯のレシピ・作り方

豆ご飯や豆は冷凍できるの?グリンピースとえんどう豆って一緒??

エンドウ 豆 ご飯

どちらも、エンドウ豆ですが、完全に熟して豆として収穫するのか、まだ若いさやの状態だが、中の豆がある程度膨らんでから、そのグリーンの柔らかい豆の状態で収穫するのか、はたまた、完全に若いさやの状態で、さやごと食べられる位に若採りするのかで「エンドウ豆」「グリーンピース」「サヤエンドウ」の違いが出来ます。 ここではグリーンピースなど、実は膨らんでいるがまだ未熟で柔らかい状態で収穫するタイプを紹介します。 これらは、実が十分に膨らんで、まだサヤが青いうちに収穫し、その中の実だけを食用にするものです。 グリーンピースをはじめ、スーパーでエンドウ豆としてサヤごと売られているものとがあります。 実エンドウは全国各地で広く作られていますが、最も多く作っているのはダントツで和歌山県となっています。 次いで鹿児島県です。 鹿児島県産は春先の早い時期に市場に出回り、それに続いて和歌山産が出てきますね。 さやえんどうなどは全国で栽培されハウス栽培などもあり通年手に入りますが、フレッシュのグリーンピースはほとんどが露地物になるため流通も旬の時期に限られています。 当然ですが、冷凍、缶詰にはない風味おいしさがあるので、立派な季節メニューに取り入れられます。 関東以南では冬に種をまき、春に収穫が始まります。 冬の寒さが厳しい北海道や東北では主に春先にまき、初夏から夏にかけて収穫されています。 品種 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 エンドウ ウスイエンドウ グリーンピース.

次の

美味しい豆ご飯の作り方(炊き方)!人気のレシピはこちら!

エンドウ 豆 ご飯

豆ごはんの下ごしらえ はじめに2合の米は、炊飯器の内釜などに入れて研ぎます。 研いだら水を何度か入れ替えて水気を切り、 2合の目盛りに合わせて水を入れ、30分から1時間そのまま置いて浸水させます。 ここではどんな炊飯器でも美味しくふっくら炊けるよう事前に浸水する工程をとっています(浸水したら『普通コース』で炊きます)。 えんどう豆はさやから出すと皮が少し硬くなってくるので、 できればさや付きのものを購入しましょう。 2合に対して、さや付きで150g(実だけで75g)が目安の分量で、さや付き200g(実だけで100g)なら具だくさんな仕上がりになります。 実は炊く前にさっと洗って水気を切っておきます。 塩を溶かし終えてから、最後にえんどう豆を上に広げて炊飯します。 ごはんが炊き上がれば、全体を底からさっくり混ぜ合わせて完成です。 ゆでた豆を後から加えるレシピも多いですが、多少色が悪くなっても、 ごはんと豆の風味がしっかり混ざり合うこの炊き方のほうが豆ごはんらしい、美味しい味わいが楽しめると思います。 白ごはん. comの炊き込みご飯全般について言えるのですが、 ご飯だけを食べて美味しいよう、しっかりめの塩気にしています。 塩気を強く感じる、減塩したい場合などは、適宜塩を減らして作ってみてください。 料理屋さんによっては、豆の香りを移すために、豆を取り出した後の「さや」も一緒に炊き込む方法もあるようですが、自家菜園の無農薬のものならまだしも、そこまでやる必要もないように思います。

次の

風味が引き立つ!豆ごはんのレシピ/作り方:白ごはん.com

エンドウ 豆 ご飯

春の味覚、豆ご飯。 作り方は大きく分けると、塩味で豆の香りを生かす場合と、出汁と醤油で味付けして旨味を強調していく2つのパターンがあります。 今日は前者のパターン。 一つはエンドウ豆のさやからとった出汁で炊くこと。 二つ目は豆は別に煮て、最後に混ぜることです。 理由は後述します。 えんどう豆です。 未熟なエンドウ豆をグリーンピースと呼びますが、スーパーで鞘付きで売られているのは完熟させたえんどう豆です。 豆ご飯にしておいしいのは後者。 そら豆と同様に鞘から外すと、その瞬間から鮮度が一気に落ちるのでできたら鞘付きを購入します。 以前、この鞘でコンソメをとりましたが、香りも味もある部位です。 鞘は捨てないようにしましょう。 水500ccとエンドウ豆のさやをいれて火にかけます。 弱火でことことと5分間。 味と香りが充分に出たら、エンドウ豆の出汁の出来上がりです。 旨味が欲しければ煮出すとき一緒に昆布を入れてください。 豆のさやに充分な旨味があるので、必要ないとは思いますが……。 弱火でことことと5分間煮ます。 必ず豆の硬さをここでチェック。 柔らかく煮えたら火から下ろします。 氷水や流水で鍋ごと冷ましましょう。 液体の中で冷やすことで豆にシワが寄りません。 通常の豆ご飯は、出汁、米、豆を入れて一緒に炊き込みますが、その方式だと豆にシワがより、食感も悪くなります。 (加熱しすぎになるので)そこで料理屋さんでは炊いた豆を最後に加えるのですが、それだとご飯に豆の代わりが移らず一体感が出ません。 この方法で炊くことで豆にはシワを寄らせず、しかも一体感のある仕上がりになります。 あとは米二合とさきほど冷やした煮汁を入れて炊飯器で普通に炊くだけです。 水が足りなければ調整。 炊きあがりにさきほどやわらかく炊いた豆を加えて出来上がり。 ふっくらとした豆が特徴の豆ご飯。 出汁を使っていないので豆の味が素直に楽しめます。 ちょっと手間ですが、週末の時間のあるときにでもつくってみてください。

次の