フルーツ バスケット 16 話。 フルーツバスケット (漫画)

【フルーツバスケット15話感想】ジェイソンは熊じゃない

フルーツ バスケット 16 話

JKの水着選び、参加したい 夜遅くに自宅に帰るのは、特攻服のような衣服を着た金髪の女性。 家の中には暗闇でテレビを見る、酒浸りの父親の姿。 女性が自分の部屋に入り溜息をついて…といったところからスタート。 フルバのアニメで特攻服を着るような人物は限られてるし、きっとアイツだな! オープニング明けでは場面が変わり、学校のプールに浸かる透の親友・ありさと咲。 咲の長い髪が水面で揺れてワカメみたい…というよりはこれは、殺人現場みたいだ…。 透たちの学校は水着指定がないらしいけど、セクシーな水着着てる人たちばかりでいいですね(ニッコリ) しかし透はブレずにスクール水着だ! まぁ水着とか買う余裕があったら他に回してそうだもんね…。 由希と夾の水着の好みは…? 透も連れて水着屋に訪れる一行。 由希と夾はすごく恥ずかしそうだ…。 そりゃ口を出したら自分の性癖がバレちゃうしねぇ! ありさはそんなことを気にせず 「ビキニかワンピースかどちらが好みか」 と由希と夾に聞いてしまう事態。 少しは察してあげて! あ、僕は競泳水着がいいです(マニアック) せめて透に合う色くらいは言ってみろ、とありさが話しかけたところ 由希「青」 夾「オレンジ」 とバラバラの意見。 まぁどっちも似合いそうだけど、それ自分たちの好きな色じゃなくて? 青!オレンジ!と言い争う由希と夾を止めたのは、割って入ってきた咲。 咲の「ピンク」という凄みのある意見に由希と夾は引き下がらざるを得ない。 って咲が決めるなら最初から聞くなぁ! ありさたちの会話を影から見守るのは、族抜けしたありさをよく思わない不良集団。 しかしそんな不良集団も、ありさの傍にいる由希と夾のイケメンっぷりにはメロメロだー! チョロそうだなこいつら。 不良時代のありさと赤い蝶との出会い 透の水着を買い終えて食事処に入った一行。 透とはいつから仲がいいのか、という由希の質問から、ありさは中学生?の頃の不良時代の話をすることに。 レディースに入って殴ったり殴られたりの日々を送っていたありさだが、透のお母さんにはかなり憧れていた様子。 噂でしか聞いたことなかった特攻隊長(透の母)が近所に住んでると知り、更には娘がありさと一緒の歳ということで、同じ中学に通っているかもしれないと期待を寄せるありさ。 あの方の娘ならさぞかし凄い奴なんだろうなぁ? とありさがワクテカしてる最中に、さりげなく透とのファーストコンタクトが完了! 学校の廊下にて大量のノートを運んでいる透がありさにぶつかってしまい、乱暴な言葉を投げかけるありさ。 お約束な展開通り、透がありさにぶつかった衝撃で、透が持っていた大量のノートは廊下に散乱。 ありさは気にせずノートを踏んでいく男子生徒に怒鳴りつけノートを拾うのを手伝うと、根は優しいキャラ感バリバリだー! 透が名字を名乗ったことで、赤い蝶の娘を無事に発見できたぜ! 噂に聞いていた赤い蝶の娘とは思えないありさだが、透が招待してくれたことで透の家へ向かうことに。 透の純粋な目を見つめるありさはすでに心が動かされちゃってるぜ…。 住宅街の道を歩く透とありさだが、いきなり透に後ろから抱きつくある人物。 もしかして事案ですか!? と思ったけど赤い蝶こと透の母だったわ、よかったよかった。 ということで憧れの赤い蝶との出会いを果たしたありさ。 しかし実際の人物はありさの想像とは程遠く、所帯臭くて娘を溺愛する親馬鹿。 ありさは『カッコ悪い』と透の母に言葉をぶつけてしまうも、優しい笑顔を返されて戸惑ってしまった模様。 赤い蝶も大人になれたということでよかったね…世間には大人でも子供みたいな人が大勢いますからねぇ、僕のことです。 後日、ありさはダルそうに自宅に帰り…ということでここが冒頭のシーンかな。 母親は過去に男をつくって出ていき、父親とはまともに会話もしないありさ。 ありさは幸せそうな透の過程と自分の置かれている状況を比較して、苦悩してるってところかな。 というところで今週は終了、えぇ来週まで続くのかよ! と思ったらエンディング後にCパートあったわ。 Cパートはありさの後をつけていた不良3人組に絡まれるある人物、意外な人選! なるほど、不良に絡まれたらこういう風に対応すればいいのか。 勉強になりますねぇ!.

次の

【フルーツバスケット】アニメ第16話 あらすじネタバレ!

フルーツ バスケット 16 話

初回ログインならもらえる50%OFFクーポン 初めてYahoo! 小学生のときアニメで号泣 作者が休んでたから たしか高校くらいで漫画終わったけど 漫画も号泣。。 ほんとオススメ。 草摩家の分家宅に居候することになった主人公・本田透と、動物憑きの奇妙な体質を持つ草摩家の面々との交流を中心に描かれている。 二度もアニメ化されている人気作で、2007年には「もっとも売れている少女マンガ」として、ギネスブックに認定された。 あらすじ 唯一の家族だった母親を事故で亡くした女子高生・本田 透は、ひょんなことから同級生の草摩 由希とその親戚である草摩 紫呉の家に居候することに。 共に暮らす内に透は不思議な雰囲気をもつ草摩家の秘密を知ってしまう。 彼らは代々十二支の物の怪憑きで、異性に抱きつかれると憑かれた獣に変身してしまうという体質だったのだ。 第1話にて ラストの由希、紫呉、夾が変化しちゃった時の透の『あぁ~、はー、はぁ…?』の3段活用が何回見てても笑える。 2話見たけどOPも微妙…前のOPが神曲過ぎた。 せめてOPとEDはまんま使って欲しかったなぁ。 紫呉のオールバック貴重w — 綺蘭 wolfkirankiran その後、ねずみに変身する由希をライバル視している夾(ねずみに騙され十二支から外れることになった猫に変身する)とも同居することになった透。 歪な呪いに傷つき絶望している草摩の十二支たちと交流していく内に、彼らに寄り添う透は呪いの解呪を願うようになる。 『フルーツバスケット』ティザーPVで、草摩由希 CV:島﨑信長 、草摩夾 CV:内田雄馬 、草摩紫呉 CV:中村悠一 の声を初公開! — アニメイトタイムズ公式 animatetimes 2. 主要人物 本田 透(ほんだ とおる) 本作の主人公。 父親と幼い頃死別し、母と二人暮らしであったが、物語が始まる直前に母も亡くなるが、アルバイトで自活する直向きで逞しい少女。 ひょんなことから居候することなった紫呉宅では家事全般を担う。 優しく懐の大きい性格だが、すこしずれたところもある。 少し変わった敬語を話す。 紫呉宅で透と同居している。 十二支の鼠(子)の物の怪が憑いている。 眉目秀麗、成績優秀、文武両道なため、学校内では「王子」とも呼ばれている。 夾とは犬猿の仲だが、彼の人を惹き付ける人格を羨ましいとも思っている。 中立的なイメージだから久川さんが演じる方が由希って感じで好きです。 — にゃも nyamotm 草摩 夾(そうま きょう) 透と同じ高校に通う同級生。 紫呉宅で透と同居している。 十二支に入れなかった猫の物の怪が憑いている。 短気でぶっきらぼうな少年で、格闘技が得意。 恵まれているようにみえる由希を幼い頃から激しく憎悪していたが、同時に何でもそつなくこなす由希を羨ましいとも思っている。 小説家。 十二支の犬(戌)の物の怪が憑いている。 同じ十二支で同級生のはとり(辰)、綾女(巳)とは親友同士。 年長者として真面目な持論で彼らを諭すこともあるが、普段はふざけた言動ばかりで、本心をはぐらかし考えを明らかにしない胡散臭いところがある。 フルーツバスケット 「生き方がつたなくて、おぼれないように必死でもがいて。 力を抜けば浮くのにね」 草摩 紫呉 人生を泳ぎに例えるなんて……。 透たちと同じ高校に通う同級生。 透を溺愛している。 よく夾をからかって遊んでいる。 — 陸奥とおる X6YGYPSwWTBI2ST 十二支の呪いも解け、皆それぞれが複雑な想いを抱えながらも、未来へ向けて歩み始める。 十二支同士で結ばれる者や、遠い地で再出発を果たす者、愛する人と歩み出す者など新たに旅立って中、透たちは卒業式を迎えていた。 透と夾は一緒に地元を離れ就職。 由希は遠くの大学に通い、一人暮らしをすながら、真知が追いかけてくるのを待ち望んでいる。 紫呉は小説家をやめ本家に戻り、慊人の側で生きていく。 愛しい日々を思えば旅立ちは寂しいけれども、それは新たな宴会の始まりなのである。 感想 個人的に最終回で描かれた中で嬉しかったのは、師匠の家にまかないとしてもぐりこみ、虎視眈々と師匠の隣を狙っている花ちゃんと、はとりが繭と幸せそうに希望を語っていたことです。 シリアスでありながら、愛情深く、そして最後までクスリと笑える物語でした。 数々の名言で知られている「フルーツバスケット」ですが、その一部を紹介致します。 名作を、ぜひ振り返って楽しんでみてくださいね。 U-NEXTは1ヶ月無料のトライアルをやっていて、600円分のポイントがすぐにもらえます。 実は解約も簡単で、 無料トライアル中に解約しても違約金がありません。 最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。 最近発売された、読みたい漫画の新刊! なんとか電子書籍でお得に読めないものかなぁ… というお悩みをお持ちではありませんか? 実は、 電子書籍業者もかなり猛キャンペーンを実施していますので、 かなりお得に漫画を読むことができるんです。 ポイントは漫画購入に使える。

次の

【フルーツバスケット15話感想】ジェイソンは熊じゃない

フルーツ バスケット 16 話

それが縁で家主の草摩紫呉、そして紫呉の親戚で眉目秀麗な王子様的存在のクラスメイトである草摩由希と仲良くなるが、由希はどうしてか猫が嫌いなようで……。 アクシデントで草摩夾に抱きついてしまった透は、草摩家にまつわるとんでもない秘密を知る。 それは何百年も前から続く十二支の呪い……忌まわしき宿命……透に秘密がバレたことは、紫呉から草摩の当主である慊人に報告されるという。 文化祭まで一ヶ月。 透のクラスは『オニギリ亭』を開店することに決定。 同じ高校に通うはめになった夾は、クラスメイトに信頼されている由希を羨ましく思う。 透はそんな夾を皆と打ち解けさせるため、花島と魚谷を交えて大貧民をしようと提案。 一方、由希は夾が皆の輪の中になじんでいる様子を遠くから眺めるだけで……。 夾を訪ねて女性がやって来た。 名前は草摩楽羅。 草摩ということは……思った通り十二支の一人だ。 が、楽羅は夾を見つけた途端に「会いたかったぁ!!」とグーパンチ&怒涛のラッシュで攻め立てる。 透のもとにおじいさんから電話が。 娘夫婦と同居するための家の改築が終わったという。 透は新しい家の住所を残して、草摩家を去って行った。 そもそも改築が終わるまで居候していたにすぎない。 由希と夾も、透の存在が心に引っ掛かっていた。 文化祭、当日。 先輩達に頼まれて、由希は女装するはめに。 草摩一族の草摩紅葉、草摩はとりもそんな由希の姿を一目見ようと訪れて、透のクラスは大賑わい。 そんな中、花島と魚谷だけは妙に親しい透と由希の関係を怪しんでいた。 2人から隠し事でもあるのかと言われた透は、草摩家で厄介になっていると漏らしてしまい……。 はとりに呼び出されて草摩の本家にやってきた透は、紅葉の案内で屋敷の中へ。 しかし、わざわざ訪ねてきた透に対して、はとりは紫呉の家から出ていくよう勧める。 草摩家は呪われている……慊人に利用される前に、関わった事を後悔する前に出ていけと言うのだ。 はとりがそう言いだしたのは、自身の過去に関係があった。 年の暮れ。 帰る場所のない透は正月もこの家にいさせてほしいと紫呉にお願いする。 紫呉はもちろんと認めるが、草摩家は正月に一族が集まってお祝いをするしきたりがあるという。 本家に帰りたくないとゴネる由希と夾に、留守は自分にまかせて帰りを待っている両親に会いに行くよう透は促す。 由希達は仕方なく家を出るが……。 三学期が始まるも、由希は少し風邪気味の様子。 明日は持久走もあるし学校を休んだ方がいいのではと透が言ったその時、「持久走……つまりは勝負事か!」と夾が食いついてしまう。 こうして始まった持久走は、トップを争う由希と夾の独壇場に。 一方、透は土手で横になっていた白髪の男に草摩の家を知らないかと尋ねられ……。 バレンタインデー前日。 夾は校門前で待っていた楽羅を見た途端、一目散に逃げ出した。 猛追する楽羅は、バレンタインデー当日にデートをしようと誘いに来たという。 だが、夾は断固拒否。 そこで楽羅は、透と由希も交えたWデートを提案。 デート未経験の透が嬉しそうに目を輝かせるので、夾は渋々Wデートをすることに。 「明日は何日でしょー」と透に質問する紅葉。 明日は3月14日……ホワイトデー! そんな訳で、透に温泉旅行をプレゼントすると言いだした。 由希と夾も誘われるが、夾は気分が乗らないらしい。 しかし、紅葉がクラス会で読んだという本の話を聞き、ホワイトデーのお返しの代わりとして自分も一緒に温泉へ行くと透に伝える。 新学期が始まり、透達も2年生に。 新入生として草摩潑春と草摩紅葉も入学してきた。 が、紅葉は女子の制服を着用、潑春もアクセサリーをジャラジャラと付けている始末。 そこに現れた生徒会長の竹井誠が2人を注意したことで、潑春がブラック化! 何とか事態は収まるも、今度は紅葉が由希と夾に話があると呼び止めて……。 透は由希の秘密基地から帰ってくる途中に、脱ぎ捨てられた服を見つける。 すると、何かが足元から体を這い上がってきた。 透の悲鳴を聞きつけた由希が目にしたのは、一匹の蛇。 なんと、この蛇の正体は十二支のひとりで由希の実兄、草摩綾女だという。 だが、由希は自分本位で王様気質の綾女とは反りが合わないようで……。 透は5月1日に外出してもいいか紫呉に尋ねる。 その日は母親の一周忌にあたるのでお墓参りに行きたいというのだ。 話を聞いていた由希は一緒に行きたいと申し出るが、夾は黙り込む。 草摩の人からは両親の話をあまり聞かないと思った透は、紅葉に両親のどちらがドイツ人かと尋ねる。 紅葉は笑顔で「Mutti!」と答えるが……。 お泊りをしようと紫呉が急に言い出したので、はとりの運転する車で透達は別荘へやって来た。 別荘から見える湖に感激する透だったが、お墓参りをした日から妙に塞ぎ込んでいる由希と夾のことが気になって仕方ない。 湖まで散歩に出るも2人の空気は重いまま。 耐え切れなくなった透は、自分に不手際があったと思い込み……。 プールの授業。 校則では何を着用しても自由だが、高いし勿体ないので透はいまだにスクール水着を着続けていた。 不憫に思った魚谷と花島は水着をプレゼントすることに。 その仲睦まじい様子を見た由希は、いつからの付き合いかと尋ねる。 三人の仲は中学校からだという。 そして、その頃の魚谷は手に負えない問題児だった。 中学生の時は現役の不良だった魚谷。 高校生とケンカをして、追われている最中に透とぶつかってしまう。 透は魚谷を守ろうと咄嗟に手を握って家まで走る。 また本田家に戻ってきた魚谷は、自分の本当の気持ちに気づき……なーんて、こっぱずかしい青春を語っちまったと話をやめる魚谷だったが、その話にはまだ続きがあった。 透と由希が雨宿りをしていると、びしょ濡れの潑春が歩いてきた。 どうやら探し物をしていたらしい。 見てみると、腕の中に虎の子供が! 透は思わず「かわいい猫さんです……!」と手を伸ばすがガブッと咬まれてしまう。 この虎の名前は草摩杞紗。 十二支のひとりだ。 だが、杞紗は中学校に入ってから話すことが出来ないという。 満が原稿を受け取りに来た。 が、家には誰もいない様子。 電話をすると紫呉はたこ焼き屋にいると言うので、満は猛スピードで去っていった。 そこへ透が帰宅。 玄関の前で荷物を散乱させている和服の人が目に入る。 咄嗟に拾うのを手伝うと、その人は「ごめんなさいーっ!」と頭をおさえて絶叫! その仕草から透はハッとして……。 透はバイトへ向かう途中にひとりの少年と出会う。 草摩家のひとり、草摩燈路だ。 しかし、燈路は可愛らしい外見とは裏腹に屁理屈をまくし立てて透を困らせる。 更には、わざわざ会いに来たから食事でも奢ってくれと要求。 透は所持金が少ないと言うも、財布を見せてと強引にカバンを取り上げられて手帳を奪われてしまう。 透と魚谷は珍しい光景に足を止める。 花島が由希のファンクラブ『プリンス・ユキ』のメンバーに声をかけられていたのだ。 聞いてみると、学校新聞で電波の特集を組みたいので家へ行ってもいいかと取材を申し込まれたという。 花島は「売られた電波は買わなくちゃ」と了承するが、プリユキの真の目的は別にあって……。 しかし、幼い頃はコントロールすることが難しく、頭に響く声に苦しめられていた。 家族に迷惑をかけたくないと小学生の時から他人と距離を置くも、周りからは「魔女」と呼ばれてイジメられる日々。 それがエスカレートしたことで、とある事件が起こってしまい……。 期末試験の結果、透は一教科だけ赤点を取って追試が決定。 由希に勉強を教わったのに情けないと頭痛がするほどの落ち込みようだ。 夾にも赤点のことを指摘され、高校卒業という母親との約束が守れるか心配で倒れこんでしまう。 なんと、本当に風邪をひいていたらしい。 皆の優しいフォローに透の情けなさは倍増するも……。 道場をこれ以上は空けておけないと、夾の武術の師匠である草摩藉真が修行から戻ってきた。 藉真は夾との再会を喜ぶ。 というのも、藉真の祖父は猫憑きだった。 夾の立場を一番理解し、本当の父親のように大切に思っているのだ。 が、藉真は道場へ帰ってもいいかと聞く夾にこう言い放つ。 「お前はここで暮らしていくんだ」と。 夾が目覚めると、藉真の姿はもうなかった。 透が送っていったと紫呉から言われ、夾は家を飛び出す。 そして、透と話している藉真に追いつくなり殴りかかって、今まで言えなかった胸の内をぶつける。 藉真もそれに応え、ようやく二人の心が触れ合えたようだった。 一方、由希も自分の中に閉じ込めている感情と向き合い……。

次の