剣盾ニンフィア育成論。 ニンフィアの育成論・調整|ポケモン育成論ソードシールド|ポケモン徹底攻略

【ポケモン剣盾】ニンフィアの育成論と対策【ポケモンソードシールド】

剣盾ニンフィア育成論

相手が耐久2倍になってるんだから普通に考えてこっちも 火力2倍以上出さないと火力足りない そしてこれが2つ目の理由だけど、そもそも ヨとックスとの相性が悪い ここでックスの仕様について簡単におさらい• 耐久2倍• 1試合につき1回のみ・3ターン限定• 自分はたぶん使わないけど 使用率上位との相性 で拾った画像 ヨにックス切らないの前提で、A特化全振り型で考察 前作の育成論記事でも書いたけど 相性は絶望的に悪い 仮に1発耐えられたところで間違いなく先制取られてるから 対面からの突破は無理 特化鉢巻き持ちでも影うちでH4振りを31. 6~151. 6~122. 1~43. 2~73. 9~63. 9~63. 7~90. 8~82. 毒々・気合いパンチ没収• ックスとの相性悪い• ックスされたら勝てなくなる相手が多すぎる•

次の

【育成論】ニンフィアの調整案【ポケモン剣盾】:げんそのちから

剣盾ニンフィア育成論

は草・氷という唯一無二の存在です。 そんなの育成論を書きます。 C 252 S 252 D 4 わざ こごえるかぜorがんせきふうじ ふぶき とくせい ゆきふらし もちもの の剣盾での変化 簡単にいいますとメガ進化がなくなりオーロラ ベールをおぼえるようになりました。 しかしユキ ノオーを使う人は自分以外いないというほど使わ れていなくライバルのの方が強いんじ ゃないかという説も出てきています(自分の中で)。 との差別化は後々書きます。 このの役割について 役割として基本的には初手で出して使います。 理由と してはどんながきても一定以上に仕事ができ る型だからです。 主な役割対象としてや 水などがあります。 もし苦手な対面がきても大 丈夫でタスキで耐えを貼ることもでき 後続の起点にもできます。 また火力を舐めてきたポケ モンには必中ふぶき、をおみまいして あげましょう。 (特防高いやつには無理)。 心配なのはロックブラストを初手に使ってくるパルシェ ンと弱保ックスとのろいです。 でひるまされるのもダメです。 他にはすなあ らしでがはれない場合もあります。 また にも気をつけてください基本的にはこんな 感じです。 対面についてだけ こごえるかぜからはいることによって化けの皮を 剥がしながら素早さを逆転できます。 そっからひ かえめふぶきでふきとばしましょう。 もしックスをきられたとしても素早さを逆転 できるし相手はSダウンックスになってしまい いくらでも処理できます。 対面 もし変えてこなさそうなら、めんどくさいことされる 前に、ックスで倒すのもてです。 特化以外は倒せるはずです。 H252 D252なら68パーセントの確率で倒せます。 技について ふぶきは確定で、差別化をはかるためのリーフストー ム。 は後ろに積めるがいたり すると便利です。 問題はこごえるかぜです。 自分はこ ごえるかぜで使ったのですがほのおタイプがきた時に やることが壁貼る以外なくなってしまうためがんせき ふうじがいい可能性もあります。 だけどダメージが たりない可能性もありますしタイプ一致で撃てる方が いい場合もあります。 Aのために100レベルにするのも あれだしせいかくも考えなきゃいけないため自己責任 でお願いします(逃げる) について 自分は調整とかめんどくさいのでブッパです。 まあこの の理由をあげるとするならばSを下げた時にリザ ードンを1抜けるのでブッパかなと、そうすると技が がんせきふうじがよいってなってしまうしック スされたら確定三発になるためそこまで関係ないです が… 使ってて意外と耐えてくれたのでうまく調整すればタ スキじゃなくてもいいかもしれません。 ですが炎技や 目の前で積まれたきなどのためにタスキでそうすると 特攻、素早さブッパがいいと思います。 で良いのでは? あえてそこまでフォローしません。 この型ならより特攻と素早 さが高いでいいのでは? 対面の時もで4倍だし技もオー ロラベール覚えるしこごえるかぜも覚えます。 い ろいろ調べてこのことに自分は気づきました。 も し この型を作るならでいいと思います。 た だし、のメリットを聞いてからでも 遅く は ないはずです。 メリットひとつめとして最初 に書いたように草・氷である点。 これによってねむ りごな、、キノコのほうしが無効で す。 しかも地面タイプに半減できます。 他にはダイ マックスした時にだとただの氷属性 になってしまいますが、だとそのま ま草タイプになります。 他には水を若干受けら れるようになる点とという名前と顔の威圧 感、は意外と器用なので、どういう型かわ からない点。 あとはがんせきふうじを覚える点です。 で、などにも弱 点をつけることも忘れないでください。 結論 この型でがんせきふうじも使わないならバイバニ ラでいいかもしれません。 他の要素としては氷・ 草タイプということで現環境意外と刺さります。 これ 以外の 型 で もいろいろ使えますのでユキノオ ーが 意外と便 利なこと をみなさんに知ってほしい です。 長くなりましたがここまで全部読んでくださ った人はいるのでしょうか。 kuralol.

次の

【ポケモン剣盾】ムゲンダイナ育成論・技構成・厳選について

剣盾ニンフィア育成論

ニンフィアでキョダイラプラス対策! 特殊攻撃への耐性が高い!! ニンフィアの種族値の強みは高い「HP」「とくこう」「とくぼう」種族値です。 特に「とくぼう」種族値は、「130」ととても高く、特殊攻撃を打点とするラプラスを対策するこにとても向いています! ラプラスから「ばつぐん」打点がない! ニンフィアはラプラスが持つ攻撃技のでは、「こうかはばつぐん」を取る事は難しく、高いとくぼうでダイマックスしたラプラスの攻撃も、余裕を持って耐えることができます。 ニンフィアの種族値 種族値 HP 95 攻撃 65 防御 65 特攻 110 特防 130 素早さ 60 合計種族値 525 キョダイラプラスの対策はターン稼ぎ キョダイラプラスは、攻撃をしながらオーロラベールを張ってきます。 尚且つ高火力の「みず」「こおり」「でんき」技を叩き込んできます。 オーロラベールを張れるのは一回のみ! ラプラスがオーロラベールを張れるのは、キョダイマックスをしているときのみなので、必然的に1試合に1回のみになります。 ダイマックスとオーロラベールのターンを上手く凌いでしまえば、一度ラプラスに切ったダイマックスはその対戦中ではポケモンで使う事は出来ませんので、こちらのダイマックスを駆使して切り返す事は容易です! 「あくび」「ねがいごと」でターン稼ぎ! 前回の記事では、「とつげきチョッキ」で耐久を上げたニンフィアで、ラプラスの攻撃をしのぎきってオーロラベールターンを枯らすこと立ち回りについて書きました 「あくび」「ねがいごと」を駆使して、ターンを枯らす立ち回りを解説します。 「とつげきチョッキ」を持たせた場合、交代でニンフィアからの打点がない物理ポケモンを出された場合、ニンフィアが後手に回ってしまいます。 この「あくび」「ねがいごと」型では、「あくび」を「キョダイラプラス」に当て交代を誘発し、「あくび」連打でオーロラベールを枯らす立ち回りをします。 上手く相手のダイマックスとオーロラベールターンを枯らすことができれば、あとはコチラのダイマックスを通して一気に倒しましょう! このニンフィアを使うにあたって 持ち物は回復アイテム系がオススメ 「たべのこし」や「オボンのみ」などの回復アイテムを持たせることで、実質の耐久力を上げ、できるだけ長く居座ることができます! 技構成 「ねがいごと」「あくび」「ハイパーボイス」+「まもる」もしくは「マジカルフレイム」 「マジカルフレイム」で更に受けやすく 「マジカルフレイム」は、ほのおタイプの攻撃技ですが、追加効果に相手の「とくこう」ランクを1段階下げる非常に有用な技です。 この技があると、キョダイラプラスなどの特殊ポケモンへの受けが非常に安定しますが、「まもる」を採用してしまうと、技スペース的に「マジカルフレイム」を切ることになります。 「まもる」で安定してターン稼ぎが可能 物理ポケモンに交代されたタイミングで「ねがいごと」を打ってしまった場合。 「まもる」を採用していないと安定して回復ができません。 「まもる」があれば、相手のダイマックスや「オーロラベール」のターンを枯らすことができる為非常に有用です。 ラプラスの裏には必ず物理ポケモンがいると思って良いので、「まもる」があるのとないのでは立ち回りやすさが全然違います。 「まもる」には危険な面も. 「ねがいごと」「まもる」のコンボは読まれやすいので、プレイがうまい人相手は「まもる」を読んで「つるぎのまい」などの積み技をしてきます。 立ち回りに読みが大切! その場その場の状況と相手の思考に大きくゆだねられますが、強いのは確かです! 是非このニンフィアを使ってみてはいかがですか? 他のキョダイラプラス対策.

次の