グローバル ニッチ トップ。 グローバルニッチトップ助成事業|東京都知的財産総合センター

京都市:京都市企業立地促進制度補助金について

グローバル ニッチ トップ

【ヨミ】グローバルニッチトップキギョウ グローバルニッチトップ企業 「グローバルニッチトップ企業」とは、比較的ニッチな分野に特化することにより、国際市場で競争優位を確保している超優良企業のことです。 2014年3月、経済産業省は、グローバル展開に取り組む国内企業のうち、特定分野の製品や技術等に強みを有し、世界トップレベルのシェアと利益率を両立していると認められる企業100社を「グローバルニッチトップ企業100選」として、初めて選定しました。 グローバルニッチトップ企業には地方の中堅・中小企業が多く、高い技術力を誇る一方、全国的な知名度が低いため、人材確保に苦労しているなどの共通点があります。 人口減少や産業の空洞化が進む中、もともと内需に依存してきた中堅・中小の製造業が成長を持続させるには、グローバル化を避けて通ることはできません。 政府も国際展開に優れ、日本経済の新しい牽引役となり得る企業を積極的に支援、育成していく方針です。 経産省はその具体策の一環として、特定の製品や技術に強みを持ち、世界で高いシェアと利益を確保している超優良企業を「 グローバルニッチトップ企業」に認定。 その経験知を一般化し、グローバルニッチトップを目指す企業に向けた経営の羅針盤を示す取り組みとして、「 グローバルニッチトップ企業100選」を選定しました。 選定にあたり、「特定の商品・サービス等について、過去3年以内に10%以上の世界シェアを確保したことのある中小企業」などの条件で候補企業を募ったところ、2週間で300件近い応募があったといいます。 さらに外部の有識者で構成する選定評価委員会が「世界シェアと利益の両立」「独創性と自立性」「代替リスクへの対処」「世界シェアの持続性」などの基準に照らして定性・定量評価を行い、応募企業を100社まで絞り込みました。 そのうち94社を中堅・中小が占め、部門別の内訳では機械・加工部門52社、素材・化学部門20社、電気・電子部門15社などとなっています。 グローバルニッチトップ企業100選には、漁船上で使用される「全自動イカ釣り機」の製造販売で世界シェアの約7割を占める東和電機製作所(北海道)や、40分の1ミリという超極細糸を活かした織物を製造する天池合繊(石川県)、ドラ焼きをつくる器具を「サンドウィッチパンケーキマシーン」の商品名で海外展開するマスダック(埼玉県)、カニカマ製造装置のヤナギヤ(山口県)など、ユニークな企業が名を連ねました。 技術力とシェアは世界トップレベルにありながら、一般的な知名度はけっして高いとはいえず、そのために人材の確保が大きな経営課題となっています。 経産省が グローバルニッチトップ企業を対象に実施した調査で、新卒採用・教育の課題についてたずねたところ、「自社の知名度が低く、応募者が集まりにくい」と答えた企業が31. 6%で最も多く、「採用基準に達する応募者が少ない」と回答した企業(17. 3%)を加えると約半数に達しています。 記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。 以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。 『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。 予めご了承ください。 ・第三者の名誉または信用を毀損するもの ・第三者を誹謗・中傷するもの ・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの ・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの ・第三者の権利または利益を侵害するもの ・公序良俗に反する内容を含んだもの ・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの ・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの ・差別につながるもの ・事実に反する情報を記載するもの ・営利目的の宣伝・広告を含んだもの ・その他、内容が不適切と判断されるもの 3. 氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。 絶対に記載することのないよう、ご注意ください。 掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。 ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物 メールマガジン、印刷物 などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。 日本は世界有数の長寿企業大国といわれ、東京商工リサーチの調査によると、創業100年以上の企業は2012年時点で2万7,441社あることがわかっています。 そのうち東証など国... 「企業内弁護士」とは、企業が雇用する専任の弁護士のことで「社内弁護士」とも呼ばれます。 弁護士資格を有しながら、企業に従業員や役員として在籍し、自社の法務問題の処理などに従事する専門人材です。 グローバル化やコンプライアンス(法令順守)重視などの経営環境の変化に伴い、拡大・多様化する法務リスクに対応する... 若者雇用促進法に基づき、若者の採用・育成に積極的で若者の雇用管理状況などが優良な中小企業を、厚生労働大臣が「ユースエール認定企業」として認定する制度が2015年10月から新しくスタートしました。 「ユースエール」とは、この認定企業が取得・使用できる認定マークの愛称。 若者(youth)にエールを送る事業... 関連する記事 分類:[ ]•

次の

グローバルニッチトップ

グローバル ニッチ トップ

転職はしたいと思っているけれど、具体的にどんな企業が良いのか、正直あまり具体的なイメージはないんだよね・・・という方におすすめの選択肢の1つが「グローバルニッチトップ企業」。 普段の生活ではあまり名前を聞くことはないけれど、よく調べてみたらスゴイ!という企業は全国に結構あるものです。 今回は「グローバルニッチトップ」という選択肢についてご紹介していきたいと思います。 グローバルニッチトップ企業100選という情報もある 世間一般的な知名度がある企業ではないものの、よく調べてみたらこれはスゴイ!という企業は実は全国に結構あるものです。 そして今回はそんな中からグローバルニッチトップという切り口で、企業を探す方法をお教えしたいと思います。 今回のテーマでもある「グローバルニッチトップ」とは、「グローバル(世界に通用する、展開する)」「ニッチ(特定の狭い商品やサービスで)」「トップ(No1シェアもしくは市場で高いシェア)」というもの。 決して知名度のある大企業ではないものの、特定の分野では誰もが知っているような優良企業。 日本国内にはそんな優良企業がたくさんあったりします。 経済産業省が選定した「グローバルニッチトップ企業100選」というものをご存知でしょうか?これはまさに国際市場の開拓に取り組んでいる企業のうち、ニッチ分野において高いシェアを持ち、良好な経営を実践している企業という定義で選定されたものです。 そしてこのグローバルニッチトップ企業100選では全国各地の中小企業を中心に様々な企業が選定、紹介されています。 今回は経済産業省のホームページで公開されているグローバルニッチトップ企業の一部を以下にご紹介です。 経済産業省ホームページ:グローバルニッチトップ企業100選から抜粋、引用 グローバルニッチトップ企業って何が良いの? これからの転職先の選択肢の1つとして、誰もが知っているような超大手企業だけでなく、グローバルニッチトップ企業をおすすめする理由はいくつかありますが、例えば以下のような点が挙げられると思います。 【1】安定収益が安定経営を生み、安定雇用にもつながる 特定の分野で世界No1もしくは圧倒的に高いシェアを持っており、その製品やサービスの需要が廃れない限りは継続的に高い収益性を持っています。 大手企業の方が安定しているというイメージになりがちですが、例えばソニーやパナソニックなどの例を見ても、大手企業だからという理由で安定雇用は望めない時代になっています。 また、特定の製品やサービスでNo1シェア、圧倒的シェアを持つ企業が他の企業を駆逐して市場を独占する傾向が強くなっていて、ニッチ世界シェアというのは重要な指標にもなっています。 ここを押さえた企業は高い収益性、安定経営、そして安定雇用を実現しています。 【2】意外と知られていないので、採用の競争倍率が高くない 誰もが知っているような大手企業の場合であれば、当然転職の選択肢として興味を持つ人も多くなります。 その結果もちろんですが、応募する人の数も多くなってしまいます。 いわば採用の競争倍率も高くなってしまう傾向で、それらを勝ち抜いて入社できる人は多くはありません。 一方で、グローバルニッチトップ企業は、BtoBの分野である事も多く、世間一般での知名度はそんなに高くない事が多いです。 そのため、転職サイトなどで求人広告を掲載したとしても、意外とスルーされがち。 優良企業なのに知名度がないために、採用する人材の確保には結構苦戦している、そんな企業があったりもします。 上記はグローバルニッチトップ企業を転職の選択肢として考えるメリットの一例ではありますが、こういった視点で全国の優良企業を探してみると、意外と新たな発見があったりもするものです。 今の時代は知名度や規模だけで企業を選ぶ事はおすすめできません。 知名度、規模のある大手企業という事だけで転職先を選んだものの、いざ入社してみたら、かなり辛い職場環境だったという経験を持つ方もたくさんいると思います。 企業の看板だけでなく、中身を見た企業選びが重要です。 グローバル企業への転職支援 JACリクルートメントの口コミ評判 転職サイトランキング(タイプ別9ジャンル).

次の

グローバルニッチトップ(ぐろーばるにっちとっぷ)とは

グローバル ニッチ トップ

経済産業省は、世界市場のニッチ分野で勝ち抜いている企業や、国際情勢の変化の中でサプライチェーン上の重要性を増している部素材等の事業を有する企業などを「新グローバルニッチトップ企業100選」として選定するため、候補企業の募集を開始します。 1.新グローバルニッチトップ企業選定の背景・目的 我が国には国内外で高い競争力を有している企業が数多く存在します。 特に、その中には、ニッチ分野において、適切なマーケティング、独自性の高い製品・サービス開発、厳格な品質管理などにより差別化を行い、グローバル市場でもトップの地位を築いている企業が存在します。 経済産業省では、我が国の国際競争力向上の観点から、こうしたニッチ分野で差別化を行い高い実績を上げている企業群を一つの成功類型として着目し、2013年度(平成25年度)には、国際展開に取り組んでいる企業のうち、差別化要因を有しニッチ分野で高いシェアを確保している者を集め、「グローバルニッチトップ(GNT)企業100選」として選定しました。 その後、日本企業を取り巻く事業環境は変化してきています。 こうした状況を踏まえ、新たな厳しい経済環境の中においてもニッチ分野で勝ち抜いている企業や、国際情勢の変化の中でサプライチェーン上の重要性を増している部素材等の事業を有する企業などを「新グローバルニッチトップ(GNT)企業100選」として選定します。 経済産業省としては、今回の選定を通じて、対象企業の知名度向上や海外展開を支援するとともに、新たにグローバルニッチトップを目指す企業における経営上の羅針盤として活用いただくことを目的として、候補企業の募集を開始します。 2.応募方法 応募要領をご参照の上、次のURLにアクセスいただき、必要項目の記入および必要書類の提出をお願いいたします。 他薦の場合は、推薦後に対象企業から審査に必要な書類を提出いただく必要があります。 新グローバルニッチトップ100選のHPへのリンクは。 新グローバルニッチトップ企業100選応募要領は。 3.問い合わせ先 本事業はエム・アール・アイ リサーチアソシエイツ株式会社への委託事業として実施しています。 ご不明な点がございましたら下記の連絡先までお問い合わせ下さい。 応募方法について エム・アール・アイ リサーチアソシエイツ株式会社 マネジメント事業推進部 GNT100担当 問い合わせメールアドレス: 電話:03-6858-3530 本制度の趣旨について 経済産業省 製造産業局 GNT担当 問い合わせメールアドレス: 電話:03-3501-1689 担当 製造産業局 総務課長 藤本 担当者:笠間、綾部 電話:03-3501-1511(内線 3641~3644) 03-3501-1689(直通) 03-3501-6588(FAX).

次の