松任谷 由実。 「松任谷由実」 (1 / 4)

イルカ、松任谷由実、藤ヶ谷太輔、SixTONESら、医療従事者へメッセージを発信

松任谷 由実

今週・11月6日 水 に発売となったの最新ライブ映像作品『TIME MACHINE TOUR Traveling through 45years』の発売を記念して、伝説のSHANGLIRAシリーズ含むLIVE映像38曲を本日YouTubeにて公開。 16,2002』等、これまで日本のライブエンターテイメントを牽引してきたユーミンのライブを楽しむことができる内容となっている。 【収録内容】 オープニング 1. ベルベット・イースター 2. Happy Birthday to You ~ヴィーナスの誕生 3. 砂の惑星 4. WANDERERS 5. ダンデライオン ~遅咲きのたんぽぽ 6. 守ってあげたい 7. Hello, my friend 8. かんらん車 9. 輪舞曲 10. 夕涼み 11. 春よ、来い 12. Cowgirl Blues 13. もう愛は始まらない 14. Carry on 15. セシルの週末 16. ハートブレイク 17. 結婚ルーレット 18. 月曜日のロボット 19. ダイアモンドダストが消えぬまに 20. 不思議な体験 21. Nobody Else 22. ESPER 23. COBALT HOUR 24. 宇宙図書館 Encore 25. カンナ8号線 26. DESTINY 27. ひこうき雲.

次の

イルカ、松任谷由実、藤ヶ谷太輔、SixTONESら、医療従事者へメッセージを発信

松任谷 由実

松任谷由実公式サイト• ユーミン全曲配信• 松任谷由実45周年記念ベストアルバム「ユーミンからの、恋のうた。 」特設サイト• NEW ALBUM 「宇宙図書館」• インターネットラジオ 松任谷由実はじめました(通称:うそラジオ)• YUMING LINEスタンプ• 東京FM「Yuming Chord」• オールナイトニッポンGOLD• EMI Record Japan• 書くユーミン• Yumi Matsutoya in iTunes Store• Yumi Arai in iTunes Store.

次の

松任谷由実の楽曲一覧

松任谷 由実

解説 [ ]• 「愛の」をテーマにしたアルバム。 ブックレット及びコンサートパンフレット用にヌードにオーロラテープを巻いただけの写真を撮影した。 1983年のベストアルバム賞を受賞。 収録曲 [ ] CD [ ] 全作詞・作曲: 松任谷由実、全編曲: 松任谷正隆。 タイトル 作詞 作曲・編曲 時間 1. 「 REINCARNATION」 松任谷由実 松任谷由実 5:41 2. 「 オールマイティー -Almighty- 」 松任谷由実 松任谷由実 4:24 3. 「 NIGHT WALKER」 松任谷由実 松任谷由実 5:04 4. 「 星空の誘惑 -Temptation of the Starry Sky-」 松任谷由実 松任谷由実 4:48 5. 「 川景色 -River View-」 松任谷由実 松任谷由実 3:35 6. 「 ESPER(album version)」 松任谷由実 松任谷由実 4:10 7. 「 心のまま -As My Heart Leads-」 松任谷由実 松任谷由実 4:43 8. 「 ずっとそばに -Always By Your Side-」 松任谷由実 松任谷由実 4:25 9. 「 ハートはもうつぶやかない -My Heart Will Never Beat Again-」 松任谷由実 松任谷由実 4:57 10. 「 経(ふ)る時 -Time Passing-」 松任谷由実 松任谷由実 4:14 楽曲解説 [ ]• ライブビデオ『』に収録された「REINCARNATION」とは別歌詞。 尚、プロモーション用に製作された非売品のアナログシングル盤では、曲の終わりがフェードアウトで終了するバージョンを聞くことが出来る。 オールマイティー 前の曲のラストののギターソロから流れるように続く。 NIGHT WALKER• 星空の誘惑• 川景色 の川景色を歌った曲とされている。 1982年のへの提供曲。 (album version) エフェクトの掛った英語のセリフで始まる。 にリリースされた14枚目のシングル曲を、リニューアルした作品。 TBS『』で、主演でドラマ化された(第22話)。 なお間は他のエピソードでもチョイ役で出演している。 心のまま ブックレットに(RIBII世号に捧ぐ)と書かれてあるが、これは女性だけのクルーで太平洋横断に挑戦していた船の名前である。 この船のラジオドキュメンタリーのために作られた曲。 ずっとそばに 曲の終わり部分はフェードアウトせずに次の曲に繋がっている。 本作の発売2ヶ月後にがカヴァー(『』のB面で、歌詞に若干の繋がりがある)。 の『』エンディングテーマ。 ハートはもうつぶやかない• 経(ふ)る時 に営業を終了した、沿いのフェヤーモントホテルのティールーム「ブラスリー・ドゥ・ラ・ヴェルデュール」から見た四季の風景を綴った曲。 この中に出てくる老夫婦は『』の老夫婦がモデルとされていて、この曲や「理想の夫婦」を語る際この映画を例に挙げている。 参加ミュージシャン [ ]• ドラム:• ベース:• キーボード:• エレクトリック・ギター:、、、• アコースティック・ギター:、• パーカッション:、、• トロンボーン:新井英治• ストリングス:日色グループ• コーラス:、、桐ヶ谷仁、桐ヶ谷"Bobby"俊博、、平塚文子、松任谷由実• シンセサイザー・プログラミング: 脚注 [ ] [].

次の