ヤング ブラック ジャック ドラマ。 ヤングブラック・ジャックふつうにおもしろくないすか: むりやりハリボテェ

ヤング ブラック・ジャック(テレビアニメ)

ヤング ブラック ジャック ドラマ

ジャンル 、、 漫画 原作・原案など (原作) (脚本) 作画 出版社 掲載誌 レーベル ヤングチャンピオンコミックス 発表号 No. 24 - 2019年No13 巻数 全16巻 話数 全136話 その他 医療監修:後藤伸正 アニメ 原作 手塚治虫、田畑由秋 大熊ゆうご、後藤伸正 監督 シリーズ構成 キャラクターデザイン 片山みゆき、三浦菜奈 音楽 、、秋山健介 アニメーション制作 製作 ヤング ブラック・ジャック製作委員会 放送局 TBSほか 放送期間 10月 - 12月 話数 全12話 - プロジェクト 、 ポータル 、、 『 ヤング ブラック・ジャック』は、脚本・、漫画・によるの作品、およびそれを原作としたテレビアニメ(詳細はの節を参照)。 医療監修は後藤伸正。 の『』を原作とした漫画で、『』()にて、No. 24から 2019年No13まで連載された。 本作は原典同様、 BJ こと間黒男を主人公としているが、彼の若かりしころを舞台とした的な物語で、時代背景には1960年代後半の世相や国際情勢(やなど)が多く取り入れられており、社会派の様相を呈している。 間が在籍中にを取得するための勉強をしていた当時のエピソードを中心とし、さまざまな事情や成り行きにより、無免許で手術を行うことになる過程が描かれるほか、彼の高校生時代やBJとして活動し始めてからのエピソードも描かれる。 なお、本作の内容はあくまでも田畑や大熊の創作物であり、原典へ直接続くわけではないが、その登場人物のほか、『』 や『』といった手塚の他作品の登場人物や、として他作品の登場キャラクターをモチーフとした登場人物が多数登場しており、それらは単行本巻末の「手塚ワールドのキャラクター紹介」で具体的に紹介されている。 本作に先んじて2011年に同名のテレビドラマ『』が放送されているが、若かりしころのBJを主人公にしている点こそ同じであるものの本作とは無関係である。 あらすじ [ ] 時代は。 が勃発し、が激しさを増す中、とある大学の医学部に1人の奇妙な男が在籍していた。 半白の髪、全身に残る無数の傷、傷跡を境に皮膚の色が違う顔面。 医師免許を取得するため、勉強に励むその青年の名は、 間 黒男(はざま くろお)。 その天才的な手腕によって、数々の奇跡を起こすことになる彼は、後に ブラック・ジャックと呼ばれる。 恩師のに憧れ、まっとうな医師になることを志していた間黒男が、無免許医となり莫大な医療費を要求するようになった経緯がここに明かされる。 登場人物 [ ] 複数のエピソードに登場する人物、および本人として他作品に登場する人物を挙げる。 作中の登場人物は、背景の人物や犬・鳥・馬なども含め、すべて手塚作品に登場するキャラクターがモデルになっている。 メインになるキャラクターは田畑が決め、サブキャラを誰にするかは大熊が選ぶことが多いが、話によっては大熊にメインキャラの選択を任せることもあるという。 主要人物 [ ] 間 黒男(はざま くろお) 声 - 、 若き日の。 物語開始時点(1968年)で22歳の医学生。 母と自身の医療費のため、3億円という多額の借金を背負っている。 横浜市立浜川高校在卒業後に、三流医科大学である本越大学(通称・ポン骨大学)に進学。 在学中から魚や食肉などを用いて手術の練習をしており、医師免許未取得の段階で高い技術を身につけた。 表沙汰にできない患者を相手にその腕を活かし、違法な医療行為を行ってはその報酬を生活費と借金返済に充てている。 自宅は風呂なしのボロアパートで、手術練習に用いた魚を飼っている。 藪 正人(やぶ) 声 - 中毒の医者。 で、として軍隊に同行した際、ろくな設備も医薬品も無い中、苦しみ続ける戦友たちを助けることもできない地獄に直面し、戦地から帰った後は血を見ることもできない藪医者と成り果ててしまう。 トラウマから逃れるため、ヒロポンに手を出して借金漬けになるが、人の命を救うために懸命な間の姿を目の当たりにした後、己のトラウマを克服しようとベトナムに渡り、医者として再出発を試みる。 ベトナムでは、たびたび危険な目にあいながらも、医師としての自信と力量を取り戻す。 日本を離れた後も、藪の消息を尋ねにベトナムに来た際や、訪米した時、藪が一時的に日本に帰国した時などに、間とはたびたび再会している。 モデルは『ブラック・ジャック』の「きたるべきチャンス」に登場した 綿引博士である。 岡本 舞子(おかもと まいこ) 声 - 本越大学における間の先輩で、すでに医師免許を取得し、となっている。 違法手術を行うことになった間の助手を務めたことがきっかけで彼と親しくなり、よく行動を共にすることになる。 ただし、違法手術を平然と行う間の姿勢には批判的であるため、衝突もしている。 立入 灯郎(たちいり とうろう) 声 - 借金の取り立て屋。 間や藪の債権を握っており、時には彼らに無理難題を吹っかけて借金返済を迫る。 外見は手塚治虫の諸作品に登場する をモデルにしている。 患者の命を救うことに情熱を燃やし、そのためなら自分の生命の危険も顧みない。 若き日の である。 複数のエピソードに登場する人物 [ ] レイモンド 声 - 単行本1巻エピソード、テレビアニメ版第2話『拉致』に登場した男性。 の娘の治療費を稼ぐため日本に密入国し、を患った「救国教」の教祖・ 金山貯蔵(かねやま ためぞう、声 - )に心臓を提供するドナーに志願する。 移植手術の直前に金山は死亡するが、執刀することになった間が、娘を救いたいというレイモンドの願いを叶えると同時に自身や藪の命を救うため、整形手術でレイモンドの顔や身体を金山そっくりに偽装する。 それ以後、金山として生きていくことになり、幅広く慈善事業を行う。 テレビアニメ版では上記の一件で間や藪に恩を感じるようになり、間が消息を絶った藪を探しにベトナムへ行こうとした際には金山としての権限を利用して間にビザを用意するなど、彼を援助している。 原典では、「裏目」で陰謀に巻き込まれて大怪我を負う青年・ サミーとして登場している。 ヒューゴ 声 - 感情を表に出さないの男。 リーゼンバーグの過去を知っている。 医学生でありながらベトナム戦争脱走兵の手術を行ったという間に興味を持ち、その手腕を評価している。 CIAによる特殊軍事訓練で無痛症となったジョニーを、人体実験の事実を隠蔽するためにも始末しようと考えたが、リーゼンバーグが無痛症を治したことで実験の証拠は失われ、ジョニーの命は救われる。 モデルは『』の 釜石桐郎。 青山(あおやま) 声 - ベ由連(ベゆうれん、)の一員。 第1巻エピソード、テレビアニメ版第3話「脱走兵」でアメリカ軍のを匿った一件から、間と知り合う。 後に、より過激な革命運動へと身を投じる。 モデルは『』の 岩根山ルリ子。 今上 エリ(いまがみ エリ) 声 - 学生運動に身を投じる女子大生。 顔の傷を治療してもらったことがきっかけで間に恋心を抱いて近づくが、次第にすれ違いが多くなり、やがて彼の心がすでに他の女性 に向いていることを察し、失恋する。 その後、加わったで「」と称するリンチを受けた仲間をかばったため、自身がリンチを受けてしまう。 仲間の手を借りて逃げるもすでに危篤状態となっており、駆けつけた間の手術の甲斐もなく(テレビアニメ版では手術は成功するものの警察の狙撃によって)死亡する。 モデルは『』の。 百樹 丸雄(ひゃっき まるお) 声 - 本越大学医学部にやってきた講師。 以前は帝都大学で働く優秀な外科医だったが、交通事故で四肢を失って職を追われる。 両手足には自身が開発した義肢を装着している。 や彼の患者だった間とは旧知の間柄。 かつて患者だった 澪 (声 - )という恋人がいる。 外科医として再起するため、手術器具を格納した特殊義肢とそれを自在に操作する機器を開発し、それらを自身に組み込み、これを用いた司法解剖をやり遂げる。 しかし、機械仕掛けの人間に手術をされることを怖れた患者にその後の手術の予定をキャンセルされ 、再起の道を絶たれる。 その直後、かつての事故の原因が人為的なもの だったことを知り、真相を知る 多野 (声 - )を車中で問い詰めた際、彼を事故死させてしまう。 事件の関係者への復讐を決意すると、 宝 (声 - )を負傷させ(テレビアニメ版では左腕を切断し)、 鯖目 (声 - )の左足を切断して死に至らしめた後、首謀者である 大剛景光 (声 - )を襲撃するが、逃亡する際に警官隊の発砲で右目を失う。 間に治療された後に逮捕され、証言を翻した大剛や宝の偽証によって死刑を宣告されるが、義眼に仕込まれた道具を用いて脱獄する。 最後は、療養中の大剛のもとに押しかけて彼をショック死させ、報復を恐れて海外に逃亡した宝を追って戦地へ渡る(テレビアニメ版では脱獄後に間のもとへ現れるだけで、大剛や宝の顛末については描かれていない)。 モデルは『』の主人公・ 百鬼丸。 百樹が主人公的な存在として活躍する「無残帳編」は、実在の人物で両腕の無い探偵をモデルにした話を作ろうと、考え出されたものである。 手塚治虫の他の作品に登場する人物 [ ] リーゼンバーグ教授 声 - 間がアメリカ滞在中に師事する脳医学の権威。 専門は脳医学だが、骨折などの外科治療も行え、その手術の腕は間を感心させるほどである。 かつては「 ドクター・リンゲ」と呼ばれ、の化学兵器実験に関わっていた過去を持っており、で多くの人体実験にも関与したとされている。 そのために組織から狙われているらしく、からは過去の研究結果と引き換えに偽名とアメリカ国籍を与えられていた。 医師としての高度な知識や技術も過去の経験によるもので、作中ではかつて自身が開発に関わった特殊な神経ガスの副作用で無痛症となった ジョニー (声 - )に特殊な薬物注射と電気治療を施すことで、彼の痛覚を正常に戻す。 スター・システムではなく、『』に登場するリーゼンバーグ教授である。 戦地での出来事が原因でとなり、戦地で知り合った藪と共にリーゼンバーグのもとを訪れ、間や舞子と知り合う。 ジョニーとはベトナムへの派兵前に同じ小隊にいたが、彼が輸送機に乗っていなかったことから、アメリカで再会するまではずっと裏切られたと思い込んでいた。 リーゼンバーグと同様にスター・システムではなく、『』の終幕に登場する「ピエロのトミー」であり、役者業を始める前の姿である。 書誌情報 [ ]• 原作:手塚治虫・脚本:田畑由秋・漫画:大熊ゆうご 『ヤング ブラック・ジャック』 秋田書店〈ヤングチャンピオンコミックス〉、全16巻• 2012年5月18日発売、• 2012年10月19日発売、• 2013年4月19日発売、• 2013年9月6日発売、• 2014年2月20日発売、• 2014年6月20日発売、• 2014年11月20日発売、• 2015年5月20日発売、• 2015年9月18日発売、• 2016年4月20日発売、• 2016年10月20日発売、• 2017年4月20日発売、• 2018年7月20日発売、• 2018年12月20日発売、• 2019年4月19日発売、• 2019年8月20日発売、• 『「ヤング ブラック・ジャック」大熊ゆうごイラスト集』 秋田書店• 2019年8月20日発売、 テレビアニメ [ ] スタッフ 原作 、、 (「」連載) 医療監修 後藤伸正 監督 シリーズ構成 スーパーバイザー キャラクターデザイン 総作画監督 片山みゆき、三浦菜奈 美術デザイン 美術監督 柴田正人 色彩設計 荒井めぐみ 撮影監督 染谷和正 CGディレクター 秋元央(第1話 - 第2話) 軽部優(第3話 - 第12話) 編集 渡部珠未 音響監督 音楽 、、秋山健介 音楽制作 音楽プロデューサー 藁科知之 プロデューサー 田中潤一朗、橋本信太郎、植村俊一 市川真衣、福田順、佐藤誠、高野泰博 井川佑 アニメーション制作 製作協力 手塚プロダクション、 秋田書店、、 ビーイング、、グルーヴ 製作 ヤング ブラック・ジャック製作委員会 TBS 2015年10月から同年12月まで、、、などにて放送された。 毎回の冒頭では、ネガポジを反転させた止め絵などに合わせ、OVA版『』以降のアニメ作品でを演じているによるで作中当時の世相が語られるが、最終話ではこれがブラック・ジャックの独白だったということが明かされる。 キャラクターデザインは原作のの絵柄を元にしながらも、原典のの絵柄に近づけられており、作画スタッフにもOVA版『ブラック・ジャック』やよみうりテレビ版『』に参加していた面々が多数参加している。 原作を補完するようなアニメオリジナル要素が追加された話がある一方、原作の要素が大幅にカット・改変された話もある。 『ミッドナイト』にはBJも重要なサブキャラクターとして登場している。 大塚は本編アニメシリーズにてブラック・ジャックを演じており、最終話にてテレビアニメのナレーションが、後年ブラック・ジャックと名乗るようになった間の過去語りであることが明らかになる。 この女性は、後に本作にも登場する 如月めぐみである。 モデルは『どろろ』の みお。 「手術のキャンセル」は、大剛院長派閥の宝と多野が、百鬼が検死解剖で特殊義肢を使っている時の写真を患者に送りつけたことによるものだった。 帝都大病院長の椅子を巡る派閥争いで、本来は大剛の対立相手である命尾副院長を狙ったものだったが、不幸な偶然が重なり百樹が事故に遭うこととなった。 命尾が病死したため、派閥争いは大剛の勝利に終わる。 モデルは『どろろ』の 田之介。 モデルは『どろろ』の 多宝丸。 モデルは『どろろ』の 鯖目。 モデルは『どろろ』の 醍醐景光。 モデルは『』の ジェームズ・ブロック。 実際は無痛症ではなく、ジョニーがの離島で行われていた特殊軍事訓練を受けた際に負った特殊神経ガスの副作用。 実験を行っていた事実を隠蔽するためにCIAがジョニーの始末を目論んだため、リーゼンバーグはジョニーの命を救うべく実験の証拠となる無痛症を治療した。 出典 [ ]• Amazon. 2015年10月11日閲覧。 」より。 まんたんウェブ. 2015年9月8日閲覧。 2016年8月26日閲覧。 ねとらぼ. 2016年2月6日閲覧。 TVアニメ「ヤング ブラック・ジャック」公式ウェブサイト. 2015年9月13日閲覧。 テレビ放送対象地域の出典:• 2009年10月9日. 2018年10月24日閲覧。 告示第六百六十号. 1988年10月1日. 2018年10月24日閲覧。 2018年10月24日閲覧。 TBS CS[]. 2015年9月13日閲覧。 2016年11月1日閲覧。 アニマックス. 2017年6月1日閲覧。 2015年10月6日時点のよりアーカイブ。 2016年11月1日閲覧。 外部リンク [ ]•

次の

ブラック・ジャック (実写版)

ヤング ブラック ジャック ドラマ

ブラック・ジャック創作秘話 〜手塚治虫の仕事場から〜 ジャンル 漫画 原作・原案など 作画 出版社 掲載誌 レーベル ・エクストラ 発表号 2009年 No. 48 - 2012年 No. 08 (週刊少年チャンピオン) 2012年7月号 - 2013年6月号 (別冊少年チャンピオン) 2013年 No. 42・No. 43、2014年 No. 27・No. 28 (週刊少年チャンピオン) 巻数 全5巻 話数 全24話 - プロジェクト ポータル 、 『 ブラック・ジャック創作秘話〜手塚治虫の仕事場から〜』(ブラック・ジャックそうさくひわ てづかおさむのしごとばから、 The Untold Story: How Tezuka created his "Black Jack")は、原作、漫画によるのである。 の『』および『』に掲載された。 概要 [ ] 副題のとおり、漫画家の制作現場の舞台裏を描いたである。 主題にある『』に限らず、手塚の様々な漫画、アニメの制作エピソードを題材にしている。 手塚の当時の担当編集者や、家族等関係者にインタビューを行い、その内容を回想として漫画化という構成を取っている。 編集者は秋田書店に限らず他の出版社にも及び、アシスタント経験者にはその後漫画家として活躍している者も多い。 かつて『ブラック・ジャック』の掲載誌であった『』()の2009年No. 48、ブラック・ジャック特集号に手塚治虫生誕80周年記念として前後編が掲載された。 その後、2012年No. 08まで不定期で掲載されてから、『』(同社)に移籍し、2012年7月号(創刊号)から2013年6月号まで連載された。 後述のテレビドラマ放送に合わせ『週刊少年チャンピオン』2013年No. 42、No. 43で新作が掲載された後、2014年No. 27、No. 28(最終話)の2話で完結した。 宮崎原作の『松田優作物語』(『』連載)の作画を担当したの作画で計画されていたが、高岩と連絡が取れなかったため、編集部の推薦する吉本による作画となった。 の『』2012年オトコ編1位を受賞した。 登場人物 [ ] 斜体はインタビューを受けた人物。 漫画家・アシスタント [ ]• (アシスタント)• (アシスタント)• (アシスタント)• (アシスタント)• (アシスタント)• (アシスタント)• 三船毅志(アシスタント、現・地蔵院(秋田市)住職、秋田県警刑事部鑑識課課長補佐・主任専門技術員)• (アシスタント)• (手塚が九州に出奔した際にアシスト)• (手塚が九州に出奔した際にアシスト、後にアシスタント)• (手塚が九州に出奔した際にアシスト)• (手塚が九州に出奔した際にアシスト)• (アシスタント)• 清水文夫(アシスタント)• (元・漫画家(旧名:篠原幸雄)、現・編集プロダクション経営)• (アシスタント)• (アシスタント)• (アシスタント、後に手塚プロダクションマネージャー)• 鈴木信一(アシスタント、現・歯科医師) 虫プロ・手塚プロ関係者 [ ]• (手塚治虫マネージャー、現・社長)• 清水義裕(アニメ部制作進行、現・手塚プロダクション著作権事務局局長)• (チーフディレクター・キャラクターデザイン・美術構成)• 柴山達雄(虫プロダクション制作進行)• 河井竜(虫プロダクション制作進行)• (助っ人として『』原画に参加)• (手塚治虫の長男、ヴィジュアリスト)• 今井義章(手塚治虫マネージャー、後に初代社長) 編集者 [ ]• 青木和夫(秋田書店『週刊少年チャンピオン』担当編集者)• 伊藤嘉彦(秋田書店『週刊少年チャンピオン』担当編集者、現・代表取締役社長)• 松岡博治(『』担当編集者、現・コミック出版事業部エグゼクティブプロデューサー)• 河野安廣(秋田書店『週刊少年チャンピオン』編集者、永井豪『』担当、『』初代担当)• 大和田俊司(秋田書店『週刊少年チャンピオン』編集者、永井豪『』担当)• 新井善久(『』担当編集者)• (講談社『少女クラブ』担当編集者)• 桑田裕(『』担当編集者)• 熊藤男(秋田書店『週刊少年チャンピオン』副編集長)• (秋田書店『週刊少年チャンピオン』副編集長、映画評論家)• (秋田書店『週刊少年チャンピオン』編集者)• 岡本三司(秋田書店『週刊少年チャンピオン』編集者、「ブラック・ジャック」初代担当)• 荒木勝時(秋田書店製作部長)• (小学館『』編集者、赤塚不二夫『』担当)• (講談社『』編集者、赤塚不二夫『』担当) その他 [ ]• (アニメーター、現館長)• ()(中国のアニメーター、『』監督)• ()(中国のアニメーター、『西遊記 鉄扇公主の巻』監督)• ()(中国のアニメーター、『 ()』監督)• (映画監督、『』監督)• 手塚悦子(手塚治虫の妻)• (手塚治虫の長女)• 手塚千以子(ちいこ)(手塚治虫の次女)• 手塚千以子の長男• (小説家)• (俳優、『瞳の中の訪問者』ブラック・ジャック役)• (タレント)• 壁村美津子(壁村耐三の妻) 発刊 [ ]• 原作:宮崎克、漫画:吉本浩二 『ブラック・ジャック創作秘話〜手塚治虫の仕事場から〜』 〈・エクストラ〉、全5巻• 2011年7月20日初版発行、2011年7月8日発売 、• 2013年1月20日初版発行、2013年1月8日発売 、• 2013年4月20日初版発行、2013年4月8日発売 、• 2013年9月20日初版発行、2013年9月6日発売、• 2014年8月20日初版発行、2014年8月8日発売、 テレビドラマ [ ] 神様のベレー帽 〜手塚治虫のブラック・ジャック創作秘話〜 ジャンル 脚本 演出 出演者 () 時代設定 - ・ 製作 プロデューサー 制作 放送 放送国・地域 放送期間 放送時間 21:00 - 22:48 放送分 108分 回数 1 『 神様のベレー帽〜手塚治虫のブラック・ジャック創作秘話〜』のタイトルでテレビドラマ化され、21:00 - 22:48の時間帯で制作によりで放送された。 関西テレビ放送開局55周年記念ドラマである。 視聴率は12. テレビドラマ化されフジテレビ系で放送されることは、2013年4月に発表された。 手塚治虫役は、『週刊少年チャンピオン』編集長のはが演じ、監督は、脚本はが担当した。 あらすじ [ ] 手塚治虫を知らない・手塚作品を知らない『週刊少年チャンピオン』の女性新人編集者が、謎の男により、当時の週刊少年チャンピオン編集部にタイムスリップしてしまう。 編集者の仕事に適当な姿勢だった彼女を待ち受けていたものは、手塚治虫本人と、新連載漫画『ブラック・ジャック』誕生の瞬間だった。 キャスト [ ]• 手塚 治虫 - 2013年現代 [ ] 秋田書店漫画編集部• 小田町 咲良(新人編集者) - ()• 石坂 嗣雄(編集者・小田町の指導係) -• 狭間 士郎(漫画家志望) - 1973年 - 1977年時代 [ ] 秋田書店漫画編集部• (週刊少年チャンピオン編集長) -• 赤城 和也(編集者・小田町の指導係) - 手塚プロダクション• 梅谷 幸隆(マネージャー) -• 福山 義一(チーフアシスタント) -• 水島 裕樹(アニメ部制作進行・大学生アルバイト) -• 坪田 茂雄(中学館編集者・手塚番) -• 穴井 浩二(講英社編集者・手塚番) - その他(テレビドラマ) [ ]• (漫画家) - ()• バーのママ(壁村が行きつけている店) -• 謎の男 - (友情出演) スタッフ [ ]• 原拠 - 手塚治虫• 脚本 -• 音楽 -• 演出 -• 演出補 - 大内隆弘、宮崎剛、片山雄一、安井陶也• 劇中イラスト - サトウ・ユウ()• スタントコーディネーター -• タイトルバック・CG - 田中貴志• VFX - 岩本麻依子• VFX・CG - 、、• 技術協力 - 、• 照明協力 -• 美術協力 -• スタジオ -• 撮影協力 - 虫プロダクション、琥珀• 映像提供 - 『ジャックと豆の木』(角川書店)• 監修 -• 制作協力 - 手塚プロダクション、• 編成 - 東田元、加藤達也• 企画 -• プロデューサー -• コンテンツプロデューサー - 堀部茂世• プロデュース補 - 山下有為、宮沢一道、阿部良太、松本明美• 制作協力 - ジニアス• 制作著作 - ネット局 [ ] 放送対象地域 放送局 系列 放送日時 備考 (KTV) 21:00 - 22:48 制作局 (uhb) (mit) (OX) (AKT) (SAY) (FTV) (CX) (NST) (NBS) (SUT) (BBT) (ITC) (FTB) (THK) ・ (TSK) (OHK) (TSS) (EBC) (KSS) (TNC) (STS) (KTN) (TKU) (TOS) フジテレビ系列 (UMK) フジテレビ系列 (KTS) フジテレビ系列 (OTV) (tys) 2013年 12:00 - 13:50 98日 (UTY) 11:55 - 13:54 101日遅れ (ATV) 2014年 13:00 - 14:50 159日遅れ 出典 [ ] [].

次の

ブラック・ジャック (実写版)

ヤング ブラック ジャック ドラマ

ジャンル 、、 漫画 原作・原案など (原作) (脚本) 作画 出版社 掲載誌 レーベル ヤングチャンピオンコミックス 発表号 No. 24 - 2019年No13 巻数 全16巻 話数 全136話 その他 医療監修:後藤伸正 アニメ 原作 手塚治虫、田畑由秋 大熊ゆうご、後藤伸正 監督 シリーズ構成 キャラクターデザイン 片山みゆき、三浦菜奈 音楽 、、秋山健介 アニメーション制作 製作 ヤング ブラック・ジャック製作委員会 放送局 TBSほか 放送期間 10月 - 12月 話数 全12話 - プロジェクト 、 ポータル 、、 『 ヤング ブラック・ジャック』は、脚本・、漫画・によるの作品、およびそれを原作としたテレビアニメ(詳細はの節を参照)。 医療監修は後藤伸正。 の『』を原作とした漫画で、『』()にて、No. 24から 2019年No13まで連載された。 本作は原典同様、 BJ こと間黒男を主人公としているが、彼の若かりしころを舞台とした的な物語で、時代背景には1960年代後半の世相や国際情勢(やなど)が多く取り入れられており、社会派の様相を呈している。 間が在籍中にを取得するための勉強をしていた当時のエピソードを中心とし、さまざまな事情や成り行きにより、無免許で手術を行うことになる過程が描かれるほか、彼の高校生時代やBJとして活動し始めてからのエピソードも描かれる。 なお、本作の内容はあくまでも田畑や大熊の創作物であり、原典へ直接続くわけではないが、その登場人物のほか、『』 や『』といった手塚の他作品の登場人物や、として他作品の登場キャラクターをモチーフとした登場人物が多数登場しており、それらは単行本巻末の「手塚ワールドのキャラクター紹介」で具体的に紹介されている。 本作に先んじて2011年に同名のテレビドラマ『』が放送されているが、若かりしころのBJを主人公にしている点こそ同じであるものの本作とは無関係である。 あらすじ [ ] 時代は。 が勃発し、が激しさを増す中、とある大学の医学部に1人の奇妙な男が在籍していた。 半白の髪、全身に残る無数の傷、傷跡を境に皮膚の色が違う顔面。 医師免許を取得するため、勉強に励むその青年の名は、 間 黒男(はざま くろお)。 その天才的な手腕によって、数々の奇跡を起こすことになる彼は、後に ブラック・ジャックと呼ばれる。 恩師のに憧れ、まっとうな医師になることを志していた間黒男が、無免許医となり莫大な医療費を要求するようになった経緯がここに明かされる。 登場人物 [ ] 複数のエピソードに登場する人物、および本人として他作品に登場する人物を挙げる。 作中の登場人物は、背景の人物や犬・鳥・馬なども含め、すべて手塚作品に登場するキャラクターがモデルになっている。 メインになるキャラクターは田畑が決め、サブキャラを誰にするかは大熊が選ぶことが多いが、話によっては大熊にメインキャラの選択を任せることもあるという。 主要人物 [ ] 間 黒男(はざま くろお) 声 - 、 若き日の。 物語開始時点(1968年)で22歳の医学生。 母と自身の医療費のため、3億円という多額の借金を背負っている。 横浜市立浜川高校在卒業後に、三流医科大学である本越大学(通称・ポン骨大学)に進学。 在学中から魚や食肉などを用いて手術の練習をしており、医師免許未取得の段階で高い技術を身につけた。 表沙汰にできない患者を相手にその腕を活かし、違法な医療行為を行ってはその報酬を生活費と借金返済に充てている。 自宅は風呂なしのボロアパートで、手術練習に用いた魚を飼っている。 藪 正人(やぶ) 声 - 中毒の医者。 で、として軍隊に同行した際、ろくな設備も医薬品も無い中、苦しみ続ける戦友たちを助けることもできない地獄に直面し、戦地から帰った後は血を見ることもできない藪医者と成り果ててしまう。 トラウマから逃れるため、ヒロポンに手を出して借金漬けになるが、人の命を救うために懸命な間の姿を目の当たりにした後、己のトラウマを克服しようとベトナムに渡り、医者として再出発を試みる。 ベトナムでは、たびたび危険な目にあいながらも、医師としての自信と力量を取り戻す。 日本を離れた後も、藪の消息を尋ねにベトナムに来た際や、訪米した時、藪が一時的に日本に帰国した時などに、間とはたびたび再会している。 モデルは『ブラック・ジャック』の「きたるべきチャンス」に登場した 綿引博士である。 岡本 舞子(おかもと まいこ) 声 - 本越大学における間の先輩で、すでに医師免許を取得し、となっている。 違法手術を行うことになった間の助手を務めたことがきっかけで彼と親しくなり、よく行動を共にすることになる。 ただし、違法手術を平然と行う間の姿勢には批判的であるため、衝突もしている。 立入 灯郎(たちいり とうろう) 声 - 借金の取り立て屋。 間や藪の債権を握っており、時には彼らに無理難題を吹っかけて借金返済を迫る。 外見は手塚治虫の諸作品に登場する をモデルにしている。 患者の命を救うことに情熱を燃やし、そのためなら自分の生命の危険も顧みない。 若き日の である。 複数のエピソードに登場する人物 [ ] レイモンド 声 - 単行本1巻エピソード、テレビアニメ版第2話『拉致』に登場した男性。 の娘の治療費を稼ぐため日本に密入国し、を患った「救国教」の教祖・ 金山貯蔵(かねやま ためぞう、声 - )に心臓を提供するドナーに志願する。 移植手術の直前に金山は死亡するが、執刀することになった間が、娘を救いたいというレイモンドの願いを叶えると同時に自身や藪の命を救うため、整形手術でレイモンドの顔や身体を金山そっくりに偽装する。 それ以後、金山として生きていくことになり、幅広く慈善事業を行う。 テレビアニメ版では上記の一件で間や藪に恩を感じるようになり、間が消息を絶った藪を探しにベトナムへ行こうとした際には金山としての権限を利用して間にビザを用意するなど、彼を援助している。 原典では、「裏目」で陰謀に巻き込まれて大怪我を負う青年・ サミーとして登場している。 ヒューゴ 声 - 感情を表に出さないの男。 リーゼンバーグの過去を知っている。 医学生でありながらベトナム戦争脱走兵の手術を行ったという間に興味を持ち、その手腕を評価している。 CIAによる特殊軍事訓練で無痛症となったジョニーを、人体実験の事実を隠蔽するためにも始末しようと考えたが、リーゼンバーグが無痛症を治したことで実験の証拠は失われ、ジョニーの命は救われる。 モデルは『』の 釜石桐郎。 青山(あおやま) 声 - ベ由連(ベゆうれん、)の一員。 第1巻エピソード、テレビアニメ版第3話「脱走兵」でアメリカ軍のを匿った一件から、間と知り合う。 後に、より過激な革命運動へと身を投じる。 モデルは『』の 岩根山ルリ子。 今上 エリ(いまがみ エリ) 声 - 学生運動に身を投じる女子大生。 顔の傷を治療してもらったことがきっかけで間に恋心を抱いて近づくが、次第にすれ違いが多くなり、やがて彼の心がすでに他の女性 に向いていることを察し、失恋する。 その後、加わったで「」と称するリンチを受けた仲間をかばったため、自身がリンチを受けてしまう。 仲間の手を借りて逃げるもすでに危篤状態となっており、駆けつけた間の手術の甲斐もなく(テレビアニメ版では手術は成功するものの警察の狙撃によって)死亡する。 モデルは『』の。 百樹 丸雄(ひゃっき まるお) 声 - 本越大学医学部にやってきた講師。 以前は帝都大学で働く優秀な外科医だったが、交通事故で四肢を失って職を追われる。 両手足には自身が開発した義肢を装着している。 や彼の患者だった間とは旧知の間柄。 かつて患者だった 澪 (声 - )という恋人がいる。 外科医として再起するため、手術器具を格納した特殊義肢とそれを自在に操作する機器を開発し、それらを自身に組み込み、これを用いた司法解剖をやり遂げる。 しかし、機械仕掛けの人間に手術をされることを怖れた患者にその後の手術の予定をキャンセルされ 、再起の道を絶たれる。 その直後、かつての事故の原因が人為的なもの だったことを知り、真相を知る 多野 (声 - )を車中で問い詰めた際、彼を事故死させてしまう。 事件の関係者への復讐を決意すると、 宝 (声 - )を負傷させ(テレビアニメ版では左腕を切断し)、 鯖目 (声 - )の左足を切断して死に至らしめた後、首謀者である 大剛景光 (声 - )を襲撃するが、逃亡する際に警官隊の発砲で右目を失う。 間に治療された後に逮捕され、証言を翻した大剛や宝の偽証によって死刑を宣告されるが、義眼に仕込まれた道具を用いて脱獄する。 最後は、療養中の大剛のもとに押しかけて彼をショック死させ、報復を恐れて海外に逃亡した宝を追って戦地へ渡る(テレビアニメ版では脱獄後に間のもとへ現れるだけで、大剛や宝の顛末については描かれていない)。 モデルは『』の主人公・ 百鬼丸。 百樹が主人公的な存在として活躍する「無残帳編」は、実在の人物で両腕の無い探偵をモデルにした話を作ろうと、考え出されたものである。 手塚治虫の他の作品に登場する人物 [ ] リーゼンバーグ教授 声 - 間がアメリカ滞在中に師事する脳医学の権威。 専門は脳医学だが、骨折などの外科治療も行え、その手術の腕は間を感心させるほどである。 かつては「 ドクター・リンゲ」と呼ばれ、の化学兵器実験に関わっていた過去を持っており、で多くの人体実験にも関与したとされている。 そのために組織から狙われているらしく、からは過去の研究結果と引き換えに偽名とアメリカ国籍を与えられていた。 医師としての高度な知識や技術も過去の経験によるもので、作中ではかつて自身が開発に関わった特殊な神経ガスの副作用で無痛症となった ジョニー (声 - )に特殊な薬物注射と電気治療を施すことで、彼の痛覚を正常に戻す。 スター・システムではなく、『』に登場するリーゼンバーグ教授である。 戦地での出来事が原因でとなり、戦地で知り合った藪と共にリーゼンバーグのもとを訪れ、間や舞子と知り合う。 ジョニーとはベトナムへの派兵前に同じ小隊にいたが、彼が輸送機に乗っていなかったことから、アメリカで再会するまではずっと裏切られたと思い込んでいた。 リーゼンバーグと同様にスター・システムではなく、『』の終幕に登場する「ピエロのトミー」であり、役者業を始める前の姿である。 書誌情報 [ ]• 原作:手塚治虫・脚本:田畑由秋・漫画:大熊ゆうご 『ヤング ブラック・ジャック』 秋田書店〈ヤングチャンピオンコミックス〉、全16巻• 2012年5月18日発売、• 2012年10月19日発売、• 2013年4月19日発売、• 2013年9月6日発売、• 2014年2月20日発売、• 2014年6月20日発売、• 2014年11月20日発売、• 2015年5月20日発売、• 2015年9月18日発売、• 2016年4月20日発売、• 2016年10月20日発売、• 2017年4月20日発売、• 2018年7月20日発売、• 2018年12月20日発売、• 2019年4月19日発売、• 2019年8月20日発売、• 『「ヤング ブラック・ジャック」大熊ゆうごイラスト集』 秋田書店• 2019年8月20日発売、 テレビアニメ [ ] スタッフ 原作 、、 (「」連載) 医療監修 後藤伸正 監督 シリーズ構成 スーパーバイザー キャラクターデザイン 総作画監督 片山みゆき、三浦菜奈 美術デザイン 美術監督 柴田正人 色彩設計 荒井めぐみ 撮影監督 染谷和正 CGディレクター 秋元央(第1話 - 第2話) 軽部優(第3話 - 第12話) 編集 渡部珠未 音響監督 音楽 、、秋山健介 音楽制作 音楽プロデューサー 藁科知之 プロデューサー 田中潤一朗、橋本信太郎、植村俊一 市川真衣、福田順、佐藤誠、高野泰博 井川佑 アニメーション制作 製作協力 手塚プロダクション、 秋田書店、、 ビーイング、、グルーヴ 製作 ヤング ブラック・ジャック製作委員会 TBS 2015年10月から同年12月まで、、、などにて放送された。 毎回の冒頭では、ネガポジを反転させた止め絵などに合わせ、OVA版『』以降のアニメ作品でを演じているによるで作中当時の世相が語られるが、最終話ではこれがブラック・ジャックの独白だったということが明かされる。 キャラクターデザインは原作のの絵柄を元にしながらも、原典のの絵柄に近づけられており、作画スタッフにもOVA版『ブラック・ジャック』やよみうりテレビ版『』に参加していた面々が多数参加している。 原作を補完するようなアニメオリジナル要素が追加された話がある一方、原作の要素が大幅にカット・改変された話もある。 『ミッドナイト』にはBJも重要なサブキャラクターとして登場している。 大塚は本編アニメシリーズにてブラック・ジャックを演じており、最終話にてテレビアニメのナレーションが、後年ブラック・ジャックと名乗るようになった間の過去語りであることが明らかになる。 この女性は、後に本作にも登場する 如月めぐみである。 モデルは『どろろ』の みお。 「手術のキャンセル」は、大剛院長派閥の宝と多野が、百鬼が検死解剖で特殊義肢を使っている時の写真を患者に送りつけたことによるものだった。 帝都大病院長の椅子を巡る派閥争いで、本来は大剛の対立相手である命尾副院長を狙ったものだったが、不幸な偶然が重なり百樹が事故に遭うこととなった。 命尾が病死したため、派閥争いは大剛の勝利に終わる。 モデルは『どろろ』の 田之介。 モデルは『どろろ』の 多宝丸。 モデルは『どろろ』の 鯖目。 モデルは『どろろ』の 醍醐景光。 モデルは『』の ジェームズ・ブロック。 実際は無痛症ではなく、ジョニーがの離島で行われていた特殊軍事訓練を受けた際に負った特殊神経ガスの副作用。 実験を行っていた事実を隠蔽するためにCIAがジョニーの始末を目論んだため、リーゼンバーグはジョニーの命を救うべく実験の証拠となる無痛症を治療した。 出典 [ ]• Amazon. 2015年10月11日閲覧。 」より。 まんたんウェブ. 2015年9月8日閲覧。 2016年8月26日閲覧。 ねとらぼ. 2016年2月6日閲覧。 TVアニメ「ヤング ブラック・ジャック」公式ウェブサイト. 2015年9月13日閲覧。 テレビ放送対象地域の出典:• 2009年10月9日. 2018年10月24日閲覧。 告示第六百六十号. 1988年10月1日. 2018年10月24日閲覧。 2018年10月24日閲覧。 TBS CS[]. 2015年9月13日閲覧。 2016年11月1日閲覧。 アニマックス. 2017年6月1日閲覧。 2015年10月6日時点のよりアーカイブ。 2016年11月1日閲覧。 外部リンク [ ]•

次の